また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1139671 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

乗鞍岳(標高3026m) 千町尾根往復

日程 2017年05月14日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴→曇
アクセス
利用交通機関
車・バイク
乗鞍青少年交流の家駐車場を利用させて頂く。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

乗鞍青少年交流の家  23:54
丸黒山  2:14〜2:18
奥千町避難小屋 5:44〜5:58
皿石原  7:45
乗鞍岳  9:08〜9:53
奥千町避難小屋 12:03〜12:22
丸黒山  14:50〜14:58
ゴール地点  16:57
コース状況/
危険箇所等
まだ人の手が入っていないので倒木などあります。距離が長いのでエネルギー不足、天候の急変等に注意。笹や雪で夏道が分からない場合がある。雪が緩むと踏み抜きが多くなる。反対に、状況では固い雪や凍結あり。広い尾根は方向感覚が鈍るので注意(トレースは雪解けで残らない)。
過去天気図(気象庁) 2017年05月の天気図 [pdf]

写真

林道を歩く。霧があるが空は月が出てきた。
2017年05月14日 00:10撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を歩く。霧があるが空は月が出てきた。
日影平に到着。ここから山道。
2017年05月14日 00:17撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日影平に到着。ここから山道。
丸黒山まで案内板が整備。
2017年05月14日 00:35撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸黒山まで案内板が整備。
旧道を進む。アップダウンあり。なかなか標高が上がらない。
2017年05月14日 00:44撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧道を進む。アップダウンあり。なかなか標高が上がらない。
ここからいよいよ勾配が増す。
2017年05月14日 01:22撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからいよいよ勾配が増す。
ガンバル坂の木暖。下りは太腿に来ます。
2017年05月14日 01:25撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガンバル坂の木暖。下りは太腿に来ます。
まだ10kmあり。
2017年05月14日 01:54撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ10kmあり。
残雪が出てくるがすぐに地道になった。
2017年05月14日 02:10撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪が出てくるがすぐに地道になった。
丸黒山山頂
2017年05月14日 02:13撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸黒山山頂
小さな祠があります。
2017年05月14日 02:14撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな祠があります。
一旦、下山開始。
2017年05月14日 02:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦、下山開始。
下るにつれて荒れてくる。
2017年05月14日 02:30撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下るにつれて荒れてくる。
下りきるとまた案内板がある。この後は普通の登山道に戻る。
2017年05月14日 02:39撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りきるとまた案内板がある。この後は普通の登山道に戻る。
笹が濃い箇所がある。倒木などもありまだ荒れているところあり。
2017年05月14日 03:05撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹が濃い箇所がある。倒木などもありまだ荒れているところあり。
トラバース地点。雪の境目が凍っていて緊張しました。
2017年05月14日 03:34撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース地点。雪の境目が凍っていて緊張しました。
雪が連続してきたので軽アイゼンを着ける。
2017年05月14日 03:54撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が連続してきたので軽アイゼンを着ける。
空が明るくなりだした。月があり助かった。
2017年05月14日 04:04撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空が明るくなりだした。月があり助かった。
ようやく千町が原の一角に乗り上げる。
2017年05月14日 04:34撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく千町が原の一角に乗り上げる。
樹木の間をフリーで進む。
2017年05月14日 04:53撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹木の間をフリーで進む。
1
乗鞍岳方面が見えてきた。
2017年05月14日 05:12撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳方面が見えてきた。
雪が固くなり、アイゼン装着。
2017年05月14日 05:22撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が固くなり、アイゼン装着。
乗鞍岳全体がきれいに眺められる。
2017年05月14日 05:26撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳全体がきれいに眺められる。
北アルプス(笠ヶ岳方面)
2017年05月14日 05:42撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス(笠ヶ岳方面)
乗鞍から日の出。
2017年05月14日 05:42撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍から日の出。
2
足長おじさん。
2017年05月14日 05:44撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足長おじさん。
2
奥千町避難小屋と御岳
2017年05月14日 05:45撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥千町避難小屋と御岳
2
下界は雲の下。
2017年05月14日 05:45撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界は雲の下。
1
子の尾根で乗鞍岳以外によく見えた。
2017年05月14日 05:46撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子の尾根で乗鞍岳以外によく見えた。
4
奥千町避難小屋
2017年05月14日 05:56撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥千町避難小屋
さらに進むと雪稜が出てくる。
2017年05月14日 06:07撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに進むと雪稜が出てくる。
やせ尾根もあるが下から巻ける。
2017年05月14日 06:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やせ尾根もあるが下から巻ける。
森林限界が近い。
2017年05月14日 06:33撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界が近い。
1
笠ヶ岳方面の展望が良くなってきた。
2017年05月14日 06:35撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳方面の展望が良くなってきた。
ハイマツと御岳
2017年05月14日 06:58撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツと御岳
登ってきた稜線。
2017年05月14日 06:58撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた稜線。
1
ここを詰めて左側の山へアプローチ。
2017年05月14日 06:58撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを詰めて左側の山へアプローチ。
1
雷鳥の足跡。姿は見えなかった。
2017年05月14日 06:59撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥の足跡。姿は見えなかった。
突起状の奇岩。
2017年05月14日 07:04撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突起状の奇岩。
唯一出会った石仏。
2017年05月14日 07:36撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唯一出会った石仏。
夏道を歩くがまたすぐアイゼンを付けた。
2017年05月14日 08:01撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道を歩くがまたすぐアイゼンを付けた。
大日岳南面をトラバース。
2017年05月14日 08:32撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳南面をトラバース。
小さな雪庇を突破すると柔らかい雪。新雪のようだ。
2017年05月14日 08:36撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな雪庇を突破すると柔らかい雪。新雪のようだ。
1
穂高連峰。
2017年05月14日 09:12撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高連峰。
3
摩利支天岳を入れて。
2017年05月14日 09:15撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摩利支天岳を入れて。
2
ようやく山頂へ。
2017年05月14日 09:17撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく山頂へ。
1
朝日岳方面から登山者が上がってくる。
2017年05月14日 09:18撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳方面から登山者が上がってくる。
1
大日岳と御岳
2017年05月14日 09:18撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳と御岳
3
何枚とっても飽きない。
2017年05月14日 09:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何枚とっても飽きない。
1
南東の方角。層雲が濃くなってきた。
2017年05月14日 09:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南東の方角。層雲が濃くなってきた。
さらば、剣ヶ峰。
2017年05月14日 09:32撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらば、剣ヶ峰。
なかなか進まない。コースを探しながら下る。
2017年05月14日 09:35撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか進まない。コースを探しながら下る。
ここの下降も凍結があり注意しながら下る。
2017年05月14日 09:53撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの下降も凍結があり注意しながら下る。
1
剣ヶ峰と大日岳鞍部に到着。寒い。
2017年05月14日 09:54撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰と大日岳鞍部に到着。寒い。
剣ヶ峰と大日岳鞍部から高天ヶ原方面。この谷を素直に下降。踏み抜きに難儀。
2017年05月14日 09:56撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰と大日岳鞍部から高天ヶ原方面。この谷を素直に下降。踏み抜きに難儀。
1
剣ヶ峰を振り返る。
2017年05月14日 10:02撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰を振り返る。
1
この谷を詰めて降りる。左の峰(夏道)に適当なところで乗り上げ
2017年05月14日 10:51撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この谷を詰めて降りる。左の峰(夏道)に適当なところで乗り上げ
この谷を降りてくる。ハイマツに近づくと踏み抜く。
2017年05月14日 11:01撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この谷を降りてくる。ハイマツに近づくと踏み抜く。
乗鞍を振り返る。
2017年05月14日 12:22撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍を振り返る。
帰途、小屋により休憩。食料と水で一息。
2017年05月14日 12:22撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰途、小屋により休憩。食料と水で一息。
大きな尾根、行きのトレースは融けている。
2017年05月14日 12:51撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな尾根、行きのトレースは融けている。
笹が数河箇所がある。
2017年05月14日 13:59撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹が数河箇所がある。
丸黒山の登り返し
2017年05月14日 14:29撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸黒山の登り返し
丸黒山山頂より槍・穂高
2017年05月14日 14:54撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸黒山山頂より槍・穂高
3
丸黒山山頂より笠ヶ岳方面
2017年05月14日 14:54撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸黒山山頂より笠ヶ岳方面
3
丸黒山山頂より乗鞍岳方面
2017年05月14日 14:55撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸黒山山頂より乗鞍岳方面
2
日影平(登山道起点)
2017年05月14日 16:38撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日影平(登山道起点)

感想/記録

乗鞍岳は、長野県側から乗鞍高原や乗鞍スカイライン利用で多くの登山者が訪れるが、岐阜県側はそれに比べると少ない。。
千町尾根往復はアプローチが長く大変なコースのようで、静かな登山が期待できそう
だ。春山シーズンの締めとして出かけることにした。

このコースは距離が長いので一般的には二日間で往復か、片道に乗鞍スカイラインのバスを利用する。しかし、やるからには雪がある時期の一日での往復で行ないたい。
往復距離は30kmを超え、残雪もあるため、遅くとも夜の十二時スタートとする。
土曜日は雨で日曜日は晴れの予報が出され日曜日に照準を合わせた。

前日午後8時前に寝床に着くが目を閉じただけで午後9時前に起き上がる。睡眠はできなかったが少しは楽になっただろう。

車で乗鞍青少年交流の家に出かけ駐車させて頂く。23:54スタート。
前日の雨は上がって空には月と星が出ているが周辺は霧でモヤがかかっている。
日影平まで緩い上りの林道を歩き、0:18 日影平峠。そこから山道となり一旦下る。
旧道を歩く。木の階段のアップダウンがあるものの枯れ葉が堆積した歩きやすい道を進むが夜間なので景観はなし。
暗闇の中に小屋が現れる。1:06 枯松平に到着。小休止を取る。
さらに進むと木の階段が続く。がんばれ坂と根性坂。標高1900mを超えると稜線に出る。
本格的な雰囲気の平坦な山道を詰めると、2:14 丸黒山(標高1956m)に至る。山頂には小さな祠と三角点などがある。
広場となっており休息地には最適だろう。丸黒山まで登山道はしっかりと整備されている。
時々、残雪があったがまだ大したことはない。今夜は月夜なので多いに助かる。
丸黒山山頂から東進。標高差で100m下る。下るにつれて勾配が急になる。人が少ないので固定ロープ無し。
最後は木の枝や根っこを掴みながら降りる。暗闇の中、慎重に行動するが、帰りが心配になる。
鞍部からやや尾根が細くなる部分がある(標高1900m手前)。
尾根の北斜面を登山道が横切る形になっており、そこに残雪がありトラバースする必要がある。
まだ夜間なので雪が固く部分的い氷もあるようだ。約10mほどだが半分ほど進んで尾根へ乗り上げて回避。
すこし藪漕ぎをして夏道に合流(帰途は雪が緩み慎重に通過すれば支障なし)。
標高1900mを超えると残雪が出てくる。また、笹も道を覆いだした。
暗闇と深い笹と残雪で夏道がトレースできないときがあった。都度、GPSで方向を確認しながら進む。
標高1950m位から雪が繋がる。ここで軽アイゼンを付ける。今回は距離が長いので持参した。
雪が固くピンがよく効いた。夏道が東から南に進路が変わり標高2050mを超えると千町が原の一角に出る。
狭い尾根から解放され勾配が緩やかになり、林間を進むようになる。ようやく空が白み始める。
このコースはやたらと長いので歩いても時間の経過が遅く感じる。林の中を進んでも同じ景色が続いた。
標高2301m地点手前の坂をこなすと小ピークがある。北には笠ヶ岳方面、東方には乗鞍岳が姿を現す。
このピークの下り斜面は雪が固く軽アイゼンでは不安定となりアイゼンに切り替える。
次の標高2357mポイント手前の坂を登りきると奥千町避難小屋に達する(5:44)。
ここで余分な装備(ストック、帰りの食料・水など)を小屋に残置して乗鞍山頂を目指す。ここまで来ると乗鞍岳が眼前に聳える。
木々もまばらとなり素晴らしい景色が広がる。尾根を東進して標高を稼ぐと森林限界を超えハイマツが出てくる。雪はまだ固く締まっている。
夏道は標高2700mのピークに乗り上げてから進路を北寄りにするが、
今回はピークを迂回して谷に降りてから谷筋を詰める。
標高2750mから風が強くなる。南斜面のため雪が切れアイゼンを外して夏道を進む。
雪が切れているところで一か所、ようやく石仏を確認できた。
夏道といえど雪の切れ目に氷があり慎重に進む。大日岳の南斜面は広い雪の斜面が広がり、ここをトラバースする。
念のためアイゼンを再び装着。凍り付いた斜面が出てきた。やはり雪質の変化が激しい。
大日岳の斜面をトラバースしていくと不意に剣が峰が見えてきた。
大日岳と剣が峰の鞍部に突き上げる谷の手前に小さな雪庇があり、少し下って降りる。
どうも新雪のような感触があった。膝まで潜る所があったが大したことはない。
剣が峰の山頂に人の気配がする。
谷を遡るか剣が峰に直登するか。何とか剣が峰に登りあげれそうなので岩稜帯手前までアイゼンで進む。残り100m、岩をつなげて登れそうだと思ったが途中で残雪に行く手をふさがれる。
ハイマツを掴んだり、ピッケルを雪に差しながら登高を繰り返す。
3000m近い標高では岩を登るだけでも平地よりも体力を使わされる。心臓、肺も回復が遅いようだ。
頂上の神社裏手に乗り上げる。山頂で軽食を済ませ上着を着る。
靄がかかっているが穂高・槍、笠ヶ岳、御岳など眺めることができた。
長野県側から登山者やスキーヤーが続々と登ってくる。
急に人が多くなり面を食らったので、写真を取り大日岳方面へ下る。
ここも岩場の下降で全身運動となる。特に凍結している岩や氷があり気が抜けない。
ここでもかなり体力を消耗した。
9:55 剣が峰と大日岳の鞍部から谷に入る。雪が緩みだし踏み抜き多発で難儀する。
それでも下りなのでスピードは速い。今度は暑さと柔らかい雪との闘い。
下りは一気に高度を下げて大日岳のトラバースは避けた。このまま峠を越え、
登ってきた谷を下りて標高2550m辺りで夏道に合流した。
谷の中は直射日光で暑かったが細目に食料を取り、集中力を切らさないようにした。
ハイマツの近くは踏み抜きが多いので注意した。
12:03 奥千町避難小屋により、水分と食料を補給する。ここで軽アイゼンに切替。
広い尾根や林の中は方向感覚を失いやすい。絶えずGPSでコースを確認しながら下山する。
この後も長い尾根歩きをこなす。カロリーが切れてくると疲れが一気に出てくる。
標高2000mから2200m辺りが結構きつかった。下っても下っても距離感が出なかった。
丸黒山の登り返しは我慢の連続。山頂が近づくと開放感に満ち溢れた。
14:50 丸黒山到着。北アルプスの眺めが疲れを癒してくれた。
丸黒山の下山時、雪道に多くの靴跡があり、それなりの人出があった模様だが、
おそらく自分が一番早く登り、一番遅く下ってきたのだろう。

ゴール地点には午後5時前に到着。約17時間の試練であった。
山頂以外ですれ違う人もなく静かな登山であった。
このコース、無雪期にも訪れることになるだろう。

食料)
おにぎり 2個
スポーツドリンク 500
イロハス 500
カレーパン 1個
ゼリー 4個
カロリーメイト 2袋
プロテインバー 1個
飴 2個
バーム 1袋
粒クリームパン 3個
粒あん 4個
訪問者数:614人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ