また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1186499 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大雪山

富良野岳-旭岳

日程 2017年07月08日(土) [日帰り]
メンバー
 STH
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
旭岳駅に車一台デポ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

22:00 凌雲閣
23:30 富良野岳
01:10 十勝岳
02:10 美瑛岳
02:50 美瑛富士
04:30 オプタテシケ山
08:00 三川台
09:00 南沼で大休憩(水2.5L汲む)
09:30 トムラウシ山
11:00 化雲岳
13:00 忠別岳
15:10 白雲小屋で大休憩(水2.0L汲む)
15:40 白雲岳
17:40 旭岳
18:40 ロープウェー姿見駅
19:30 ロープウェー山麓駅
--
水は持込み2.5L, 南沼で2.5L汲む、白雲小屋で2.0L汲む。
食料はセブンの惣菜パン8個ほど。パンケーキ、コロッケパン、メンチカツパンなど。
甘いパンとしょっぱいおかずパンを半々くらい。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

満月のおかげで足取り軽い
2017年07月07日 23:11撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満月のおかげで足取り軽い
3
ベベツのあたりで空が明るくなる
2017年07月08日 03:51撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベベツのあたりで空が明るくなる
6
オプタテで朝を迎えた
2017年07月08日 04:28撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オプタテで朝を迎えた
18
十勝連峰振り返り。まだ半分以上ある。
2017年07月08日 04:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝連峰振り返り。まだ半分以上ある。
19
オプタテ直下の雪渓。朝は凍っていて滑る。
2017年07月08日 05:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オプタテ直下の雪渓。朝は凍っていて滑る。
6
逆ルートだと笹被りの悪路を歩いてきた後に"オプタテどーん"な登りを見たらテンション下がると思う。
2017年07月08日 05:21撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆ルートだと笹被りの悪路を歩いてきた後に"オプタテどーん"な登りを見たらテンション下がると思う。
5
笹汁が服に染み込む
2017年07月08日 05:32撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹汁が服に染み込む
6
トム見えた。見えてしまった。
2017年07月08日 06:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トム見えた。見えてしまった。
14
ツリガネ山はイイ形
2017年07月08日 06:26撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツリガネ山はイイ形
13
オプタテ-三川台間は本当に試練だと思う。全く面白くない。風は吹かなくて超暑い。
2017年07月08日 08:09撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オプタテ-三川台間は本当に試練だと思う。全く面白くない。風は吹かなくて超暑い。
13
三川台まで頑張れば楽園
2017年07月08日 08:18撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三川台まで頑張れば楽園
16
十勝連峰は遥か遠くに
2017年07月08日 08:55撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝連峰は遥か遠くに
9
南沼で大休憩。水、冷たすぎ。
2017年07月08日 09:00撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沼で大休憩。水、冷たすぎ。
5
トム山頂にて。目指す旭岳を視界に捉えて気合いを入れる。
2017年07月08日 09:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トム山頂にて。目指す旭岳を視界に捉えて気合いを入れる。
17
北沼は青くて美しかった。
2017年07月08日 09:43撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沼は青くて美しかった。
12
化雲まで楽しいロックガーデンタイム
2017年07月08日 09:48撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
化雲まで楽しいロックガーデンタイム
9
ウェアが自然と同化している
2017年07月08日 10:13撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウェアが自然と同化している
5
トム-化雲間は夏道も雪道も時間が変わらなかった
2017年07月08日 10:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トム-化雲間は夏道も雪道も時間が変わらなかった
5
今年初のリンドウ
2017年07月08日 10:55撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年初のリンドウ
6
大量のチングルマに癒される
2017年07月08日 10:59撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大量のチングルマに癒される
15
登らずにはいられない
2017年07月08日 11:07撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登らずにはいられない
20
お次は五色、忠別。だんだん旭岳が近づいてきた
2017年07月08日 11:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お次は五色、忠別。だんだん旭岳が近づいてきた
7
ウルップソウが見頃だった。エゾカンゾウも期待していたが、まだ無かった。
2017年07月08日 11:17撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウルップソウが見頃だった。エゾカンゾウも期待していたが、まだ無かった。
15
秋に沼ノ原行った時と同じ構図で
2017年07月08日 11:18撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋に沼ノ原行った時と同じ構図で
11
忠別へ。めっちゃ登る
2017年07月08日 12:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
忠別へ。めっちゃ登る
8
風が当たらなくてサウナ状態だった
2017年07月08日 12:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が当たらなくてサウナ状態だった
2
忠別岳から黄金が原の方を振り返る
2017年07月08日 12:43撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
忠別岳から黄金が原の方を振り返る
8
水場を目指して高根が原をゆく
2017年07月08日 13:14撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場を目指して高根が原をゆく
9
白雲小屋で休憩後は白雲へ。近くのピークはなるべく踏んでいこう。
2017年07月08日 15:32撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白雲小屋で休憩後は白雲へ。近くのピークはなるべく踏んでいこう。
5
この時期に雪渓に蹴り込むことになるとは
2017年07月08日 15:40撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期に雪渓に蹴り込むことになるとは
9
白雲にて。残る大きな登りは旭岳のみ。行くしかない。
2017年07月08日 15:43撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白雲にて。残る大きな登りは旭岳のみ。行くしかない。
22
北海岳にて。あと一回登れば終わりと言い聞かせて進む。
2017年07月08日 16:36撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北海岳にて。あと一回登れば終わりと言い聞かせて進む。
4
北海岳から下山まで誰にも会わなかった。遅い時刻に山を歩くのも悪くない。
2017年07月08日 16:56撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北海岳から下山まで誰にも会わなかった。遅い時刻に山を歩くのも悪くない。
4
北海道最高峰へ、本日最後の登り
2017年07月08日 17:23撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北海道最高峰へ、本日最後の登り
14
ミッション完了。ただのサラリーマンさ。
2017年07月08日 17:44撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミッション完了。ただのサラリーマンさ。
39
あそこから歩いてきたんだ
2017年07月08日 17:46撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこから歩いてきたんだ
23
あまり快適ではない登山道を歩いてゴール。腹減った。
2017年07月08日 19:27撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あまり快適ではない登山道を歩いてゴール。腹減った。
4
正確なコースタイム
みづらい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正確なコースタイム
みづらい。
18

感想/記録

前回僕の体調不良で敗退した十勝-大雪に再戦だ。敗退は無い。

凌雲閣を22時に出発。15度以上あって暖かい。雲はなく星と満月が綺麗な夜だった。
富良野-上ホロ-十勝と快調に進める。視界があるって素晴らしい。
風は強めだが涼しくてちょうどよかった。
十勝-美瑛鞍部は火山ガスの通り道になっていてシビれた。ガスが殺意を持っておる。
美瑛、美瑛富士と寄り道してピークを回収。徐々にあたりのガスは晴れていき、
オプタテで日差しを浴びて朝が来た。長い一日が始まる。
オプタテ-三川台間の笹は刈られていない。歩く人も少ないので伸びたい放題だが、
足の置き場はあるので藪漕ぎというほどでは無い。
この区間で6人も会った。ここを歩く人はみんな大雪から十勝へ抜ける人だ。ガッツがある。
三川台に上がればようやく大雪山らしく歩きやすい登山道になる。お花は見頃だ。

南沼で行程の半分くらい。長めの休憩を取ってトムラウシを踏み、化雲を目指す。
トムラウシ-化雲-五色の区間はお花がいっぱいで癒される。この区間が一番楽しかった。
忠別の登りは風が当たらなくて大汗をかきながら登る。
冷たい水が飲みたいが、次の水場の白雲小屋は豆粒のように遠い。
高根が原のあたりで行動時間は15時間を超えているものだから、
新しい景色や花が現れても感動なし。僕らはすっかり大雪山不感症になっていた。
もう淡々と歩くだけ。会話も減ってきた。
旭岳は運良くガスっていなくて、歩いて来た道のりが全てくっきり見えた。
涙のひとつでも出てくるかと思ったが「早く降りて冷たいコーラ飲みたい」
くらいしか考えられず、その後も淡々と降りて来た。

70km, +5,500m, 21時間の熱い戦いだった。
来年になれば思い出は美化されて辛い部分だけ忘れ、
また性懲りもなくやりそうな気がしないでもない。
もしやるなら美瑛、美瑛富士、白雲の寄り道はカットすれば20時間は切れるだろうから、
22時発18時下山で旭岳山麓のホテルに泊まり、
翌日は"いで湯号"と"ラベンダー号"と"十勝岳温泉線"を乗り継いで
凌雲閣まで戻るプランでいきたい。これならクルマを2台用意しなくてよい。
未来の自分への伝言。

感想/記録
by STH

先週成し遂げられなかった十勝大雪にチャレンジしてきた。
快晴涼風と天気にも恵まれて完走できたし、好調のパクに引っ張られる形で行動時間も24時間を切ることができた。
とにかく完走できてよかった。

風向きが悪く噴煙だだ被りで目をしょぼしょぼさせながら走った十勝岳、特濃ガスに包まれた美瑛岳、強風のせいで変な雲が発生していたオプタテ、登りは藪がウザい三川台、冷たい雪解け水でリフレッシュさせてくれた南沼、たくさんのチングルマが咲いていた化雲岳、五色から見ると絶望的な登りの忠別岳、長いだけで何も楽しくない高根が原、久しぶりに雪を蹴り込んで登った白雲岳、今日一番の核心はこの登りだと思ってたけど実は下りが核心だった旭岳。
この他にも色々あっていい思い出作りができた。
とはいえ、ハイキングは今日でお腹いっぱい(笑)
しばらくいいや…
訪問者数:3879人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ