ヤマレコ

記録ID: 1198031 全員に公開 ハイキング白山

白山~1300年目の祈り

日程 2017年07月14日(金) 〜 2017年07月16日(日)
メンバー
天候7/14 晴れ→雨
7/15 曇り→晴れ
7/16 曇り→雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
別当出合 無料駐車場 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち34%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間59分
休憩
31分
合計
3時間30分
S別当出合12:0012:48中飯場12:4913:33別当覗14:10甚之助避難小屋14:3014:49南竜分岐15:03南竜道・エコーライン分岐15:10南竜山荘15:2015:30南竜ヶ馬場野営場
3日目
山行
2時間18分
休憩
7分
合計
2時間25分
南竜山荘05:1505:26南竜道・エコーライン分岐05:39南竜分岐05:4105:59甚之助避難小屋06:0106:27別当覗06:58中飯場07:0107:40別当出合G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
■初日は横浜2時発。高速で途中2時間仮眠し、松本~安房トンネル経由で高山~白山ホワイトロードから別当出合まで約7時間。
■最終日は白山ホワイトロード経由で平瀬温泉で休息。荘川~高山~松本~横浜へ下道で12時間半。23:30到着。(大月から先の国道20号渋滞が試練だった。)

※白山スーバー林道は2015年から白山ホワイトロードに名称変更
 (開通40周年!)
※ガソリン代 約5000円、有料道路代 約8000円、温泉 600円、テント泊 600円
 その他、コンビニお土産等
コース状況/
危険箇所等
少し危険と感じたのは、南竜から別山に向かう油坂の雪渓のみ
その他はよく整備された登山道
その他周辺情報平瀬温泉 しらみずの湯
※下山が早かったため、白峰、中宮、一里野のすべての温泉が営業時間前。
 しかたなくしらみずの湯まで遠征。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 テント用具一式

写真

遠い道のりをたどり着いた別当出合 規制前日の駐車場はほぼ満車だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠い道のりをたどり着いた別当出合 規制前日の駐車場はほぼ満車だった
1
2度目の白山 開山1300年の重みを噛み締めて鳥居をくぐる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2度目の白山 開山1300年の重みを噛み締めて鳥居をくぐる
1
たくさんのお花がお出迎え
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たくさんのお花がお出迎え
1
滝を見上げながらひと登りで中飯場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝を見上げながらひと登りで中飯場
1
登山道で神主さんとすれ違う 香の良い香りがした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道で神主さんとすれ違う 香の良い香りがした
1
サンカヨウは今年も見れなかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サンカヨウは今年も見れなかった
1
真っ白なキヌガザソウが見事
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ白なキヌガザソウが見事
2
甚之助避難小屋 水洗トイレがあって超キレイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甚之助避難小屋 水洗トイレがあって超キレイ
1
南竜分岐から甚之助小屋をみおろす
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南竜分岐から甚之助小屋をみおろす
1
ガレ場をトラバースして
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場をトラバースして
1
雪渓を超えると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓を超えると
1
木道の先に南竜ヶ馬場が現れる 受付をして少し離れたテン場へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道の先に南竜ヶ馬場が現れる 受付をして少し離れたテン場へ
2
瑞々しいナナカマド
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑞々しいナナカマド
1
雨の中蝶もひと休み
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨の中蝶もひと休み
1
広々としたテン場にはミヤマキンバイが咲き乱れていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広々としたテン場にはミヤマキンバイが咲き乱れていた
1
この日のテントはざっと20張り 炊事棟などもあって至れりつくせりの300円
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日のテントはざっと20張り 炊事棟などもあって至れりつくせりの300円
2
南竜ビジターセンターの水洗トイレを借りに 雪渓を30メートルくだる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南竜ビジターセンターの水洗トイレを借りに 雪渓を30メートルくだる
1
翌朝 白山を目指して
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝 白山を目指して
1
会いたかったハクサンコザクラがたくさん咲いていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
会いたかったハクサンコザクラがたくさん咲いていた
2
コバイケイソウをまとって 小さいブーケのような
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コバイケイソウをまとって 小さいブーケのような
1
室堂へ到着する頃やっと霧が晴れてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂へ到着する頃やっと霧が晴れてきた
1
鳥居をくぐって山へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居をくぐって山へ
1
クロユリさんもたくさん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クロユリさんもたくさん
1
御前峰でようやく陽が差してきた 感動!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御前峰でようやく陽が差してきた 感動!
1
今年の目標達成!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年の目標達成!
1
お社の向こうに別山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お社の向こうに別山
1
大汝峰がにっこり ここで強風を避けて朝ごはん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大汝峰がにっこり ここで強風を避けて朝ごはん
1
別山方面は滝雲に覆われている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山方面は滝雲に覆われている
2
岩間道方面へつづく山並み
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩間道方面へつづく山並み
2
翠ヶ池は雪の筏を浮かべている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翠ヶ池は雪の筏を浮かべている
2
ガレ場を登って大汝峰へ 3つ目のお参り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場を登って大汝峰へ 3つ目のお参り
1
剣が峰と御前峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣が峰と御前峰
2
青空に映える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空に映える
2
大汝峰からの下りは一面のお花畑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大汝峰からの下りは一面のお花畑
1
気持ちのよい七倉山への稜線 背丈ほどのハイマツに覆われている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちのよい七倉山への稜線 背丈ほどのハイマツに覆われている
2
剣が峰を見上げる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣が峰を見上げる
2
室堂に帰って
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂に帰って
1
弥陀ヶ原をお散歩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥陀ヶ原をお散歩
2
天空の楽園と言わずしてなんと言おう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天空の楽園と言わずしてなんと言おう
2
コザクラと白山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コザクラと白山
2
何度も振り返ってしまう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度も振り返ってしまう
1
別山への登山道がクッキリ見えている あの雪渓の傾斜がやばかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山への登山道がクッキリ見えている あの雪渓の傾斜がやばかった
1
テントへ戻って温かい飲み物で疲れて癒してから別山へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントへ戻って温かい飲み物で疲れて癒してから別山へ
1
南竜からちょっとくだって油坂を登り返し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南竜からちょっとくだって油坂を登り返し
1
アップダウンの繰り返し 暑い!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップダウンの繰り返し 暑い!
1
カラマツソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カラマツソウ
1
桃色のキヌガサソウが群生していた 優しい色合い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桃色のキヌガサソウが群生していた 優しい色合い
2
別山への道には本場のハクサンイチゲがたくさん咲いていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山への道には本場のハクサンイチゲがたくさん咲いていた
2
ニッコウキスゲも至るところに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲも至るところに
2
白山シャクナゲは2,3個しか咲いていなかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山シャクナゲは2,3個しか咲いていなかった
1
かわゆすぎる♡
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かわゆすぎる♡
2
もう少しで別山 白山から遠かった~
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しで別山 白山から遠かった~
1
やった~別山 4つ目のお参り 時間も早いのでゆっくりとお昼ご飯
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やった~別山 4つ目のお参り 時間も早いのでゆっくりとお昼ご飯
2
山頂には3~4名ほど
チブリ尾根から登ってくる人はトレランが多かった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には3~4名ほど
チブリ尾根から登ってくる人はトレランが多かった
1
帰りは御舎利山に立ち寄り 歩いてきた道がくっきり見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは御舎利山に立ち寄り 歩いてきた道がくっきり見える
1
大好きなエイザンスミレも満開
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大好きなエイザンスミレも満開
1
南竜ケ馬場の湿原にはイワウチワも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南竜ケ馬場の湿原にはイワウチワも
2
テン場に戻るとテントが激増 ざっと100張り以上
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場に戻るとテントが激増 ざっと100張り以上
2
最終日は大荒れ予報のためとっとと下山
大勢の人が登ってこられるので立ち止まってばかり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終日は大荒れ予報のためとっとと下山
大勢の人が登ってこられるので立ち止まってばかり
1
一本橋を渡って無事下山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一本橋を渡って無事下山
1
別棟出合についたとたん雨が降ってきた その後どしゃ降りに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別棟出合についたとたん雨が降ってきた その後どしゃ降りに
1
お土産はピンバッジと旧社の古材で作ったお守り 大事にします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お土産はピンバッジと旧社の古材で作ったお守り 大事にします
2

感想/記録

今年の初めからずっと温めてきた1300年の白山への思い。
加賀禅定道やチブリ尾根から登ることも考えたが、自分の体力や経済力、時間と相談し、南竜テント2泊という贅沢な山行が叶った。
前回行けなかった別山にもお参りができて、とても満足している。
7月の白山は一面の花ざかりで、本場のハクサン○○にもたくさん出会えた。
本場のハクサンイチゲはとりわけ純白(な気がする)。
ハクサンコザクラの群生や、綿毛になっていないチングルマも久しぶりに見た。
花も多ければ虫も人も多い。子供からお年寄りまで大勢の方が頂上を目指していた。
遠かったけど来てよかった。たくさんの人が訪れる理由は語り尽くせず。
火山の荒々しさ、水の恵み、露をまとった可憐な花々、楽園のような弥陀ヶ原、天空の祈り。霊山ならではの魅力がここにある。
改めて、この貴重な山を守ってきた人々へ感謝。
そしてこの楽園があと1300年ずっと続きますように。
訪問者数:152人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ