また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1211875 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

夏!塩・間・北岳縦走(鳥倉から仙塩尾根、広河原まで)

日程 2017年07月29日(土) 〜 2017年07月31日(月)
メンバー , その他メンバー1人
天候全体的に不安定な天気・・
1日目:曇り→雨 2日目:雨→曇り→雨 3日目:晴れ→曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:
7:05立川駅南口 →10:32松川インター着の高速バス(実際は11時ごろ着)3500円
12:00松川インター →14:00鳥倉登山口着の伊那バス 1750円(運賃)+880円(手荷物代)
帰り:
14時半頃広河原発の乗合タクシーで芦安まで。1100円+100円(協力金)。
芦安で入浴後、16時発のバスで甲府駅まで。1090円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間15分
休憩
13分
合計
2時間28分
S鳥倉林道登山口14:0915:08豊口山のコル15:1115:45水場15:5516:19塩川・鳥倉ルート合流点16:37三伏峠小屋
2日目
山行
8時間6分
休憩
53分
合計
8時間59分
三伏峠小屋04:1304:30三伏山04:3105:25本谷山05:2607:05塩見小屋07:1308:17塩見岳08:5408:57塩見岳東峰09:20北俣岳分岐09:35北荒川岳キャンプ場跡地10:04北荒川岳10:1013:12熊ノ平小屋
3日目
山行
8時間27分
休憩
1時間43分
合計
10時間10分
熊ノ平小屋04:0004:40三国平04:4505:44三峰岳05:5606:45間ノ岳07:1007:33中白根山07:3508:20北岳山荘08:3509:58北岳10:1110:38北岳肩ノ小屋11:0511:20小太郎尾根分岐11:27草すべり分岐12:21大樺沢二俣12:2514:10広河原インフォメーションセンター14:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSログがうまく取れず地図、時間は手入力です。
コース状況/
危険箇所等
コースは明瞭で、特段の危険箇所はありません。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

高速バスで松川インターに到着。渋滞で時刻表から30分程度遅れ。余裕のある到着が良さそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高速バスで松川インターに到着。渋滞で時刻表から30分程度遅れ。余裕のある到着が良さそうです。
2
12時発の鳥倉登山口行。この日は、我々含めて6人。
ガラガラですが、伊那大島駅発と2台運行。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時発の鳥倉登山口行。この日は、我々含めて6人。
ガラガラですが、伊那大島駅発と2台運行。
3
鳥倉駐車場のゲートを通って、登山口まで行ってくれます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥倉駐車場のゲートを通って、登山口まで行ってくれます。
1
約2時間で到着。長い林道をありがとうございました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約2時間で到着。長い林道をありがとうございました!
1
14時にスタート。本日は、三伏峠まで行くだけ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14時にスタート。本日は、三伏峠まで行くだけ。
1
短い行程なので、余裕と思いつつ、やはりテント装備は重い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
短い行程なので、余裕と思いつつ、やはりテント装備は重い。
ワイルドな階段。南アルプスっぽい?
近場の南(甲斐駒と鳳凰)しか歩いたことがないので、なんか感動。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワイルドな階段。南アルプスっぽい?
近場の南(甲斐駒と鳳凰)しか歩いたことがないので、なんか感動。
1
小屋までの番号があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋までの番号があります。
6番の標識の先に水場があります。細いですが、十分に汲めました。ここで翌日の熊ノ平までの分を頂きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6番の標識の先に水場があります。細いですが、十分に汲めました。ここで翌日の熊ノ平までの分を頂きました。
4
ずっと樹林帯。ガスが出て、雨もパラパラと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっと樹林帯。ガスが出て、雨もパラパラと。
この辺は、完全雨です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺は、完全雨です。
やっと小屋が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと小屋が見えました。
三伏峠に到着。この看板、なんだかかっこいいよね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三伏峠に到着。この看板、なんだかかっこいいよね。
2
テン場を偵察・・。空きスペースは充分にありますが、この本格的な雨の中で、設営?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場を偵察・・。空きスペースは充分にありますが、この本格的な雨の中で、設営?
2
同行者と協議。・・小屋泊にしますか、オレタチ大人だしな。
ということで、初日終了。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同行者と協議。・・小屋泊にしますか、オレタチ大人だしな。
ということで、初日終了。
3
4時すぎにスタート。雨が降っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4時すぎにスタート。雨が降っています。
夜も、かなりしっかりとした雨が降っていました。地面もぬかるみ気味。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜も、かなりしっかりとした雨が降っていました。地面もぬかるみ気味。
雨がやんで、山頂での晴れ間を信じて歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨がやんで、山頂での晴れ間を信じて歩きます。
1
写真で見ると気持ちの良い樹林帯に見えますが、雨ハイクであまり覚えてなかったり・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真で見ると気持ちの良い樹林帯に見えますが、雨ハイクであまり覚えてなかったり・・。
1
ここでなんと空が見えました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでなんと空が見えました!
これは、ホントに晴れちゃうの?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは、ホントに晴れちゃうの?
遠くのガスも切れてきましたー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くのガスも切れてきましたー。
2
あのトンガリはもしや・・?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あのトンガリはもしや・・?
2
どーんと塩見岳!
2017年07月30日 07:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どーんと塩見岳!
13
塩見小屋の到着。期待してたものの、ここで本当に晴れてくれるとはね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見小屋の到着。期待してたものの、ここで本当に晴れてくれるとはね。
これを詰めて行くんですよー。いやー感動もの。
2017年07月30日 07:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これを詰めて行くんですよー。いやー感動もの。
4
岩場がスタートする頃には、またガス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場がスタートする頃には、またガス。
なかなか激しい急登。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか激しい急登。
1
辛い登りですが、お花がたくさん咲いています。
2017年07月30日 07:46撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辛い登りですが、お花がたくさん咲いています。
2
こっちにもお花。
2017年07月30日 07:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちにもお花。
そろそろ花の名前を覚えないとな・・。
2017年07月30日 07:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ花の名前を覚えないとな・・。
晴れ間は、一瞬でしたね。
2017年07月30日 07:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れ間は、一瞬でしたね。
眺望はないけど、お花ハイクも楽しい。
2017年07月30日 08:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望はないけど、お花ハイクも楽しい。
2
気の抜けない岩場は最後まで続きます。
2017年07月30日 08:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気の抜けない岩場は最後まで続きます。
山頂みえました。
2017年07月30日 08:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂みえました。
塩見岳山頂!いえい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳山頂!いえい。
13
ガスの中から、尾根。これから行く仙塩尾根かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの中から、尾根。これから行く仙塩尾根かな?
1
東峰も見えた。先は長いので進みましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東峰も見えた。先は長いので進みましょう。
東峰。進むころにはまたガスガス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東峰。進むころにはまたガスガス。
進む稜線も見えたり、隠れたり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進む稜線も見えたり、隠れたり。
1
艶めかしい稜線です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
艶めかしい稜線です。
振り返ると、こんな感じ。すてき。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、こんな感じ。すてき。
1
時折晴れ間も。白峰南陵の方。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折晴れ間も。白峰南陵の方。
ここから先は、樹林帯。なだらかな上り下りをしながら進みます。とにかく長い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから先は、樹林帯。なだらかな上り下りをしながら進みます。とにかく長い。
安倍荒倉あたりの岩場。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安倍荒倉あたりの岩場。
熊の平小屋に着きましたー。長かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊の平小屋に着きましたー。長かった。
1
もちろんビールで乾杯!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もちろんビールで乾杯!
2
水はたっぷり出ていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水はたっぷり出ていました。
5
今日はちゃんとテントを張りました。この後、雨が降ったり止んだり。明日も長いので早々に就寝。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はちゃんとテントを張りました。この後、雨が降ったり止んだり。明日も長いので早々に就寝。
5
この日も4時にスタート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日も4時にスタート。
この日は、間ノ岳と北岳を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日は、間ノ岳と北岳を目指します。
農鳥への巻き道分岐。ガスは多めですが、午前中が良い予報。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農鳥への巻き道分岐。ガスは多めですが、午前中が良い予報。
三峰岳までは岩稜の急登。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰岳までは岩稜の急登。
かなり切れ落ちてる場所も。慎重に進みました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり切れ落ちてる場所も。慎重に進みました。
あさイチからかなりハード。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あさイチからかなりハード。
1
チングルマ。(数少ない知ってる花)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマ。(数少ない知ってる花)
1
ふふふ、空が見えてきましたよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふふふ、空が見えてきましたよ。
富士山。農鳥岳も。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山。農鳥岳も。
8
間ノ岳はまだガスの中。でも目前なのは、わかる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳はまだガスの中。でも目前なのは、わかる。
1
間ノ岳に進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳に進みます。
1
後には、塩見と荒川。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後には、塩見と荒川。
5
下には農鳥小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下には農鳥小屋。
2
遠くには中央アルプス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くには中央アルプス。
歩いてきた仙塩尾根の全貌が見えた。長い・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた仙塩尾根の全貌が見えた。長い・・
6
間ノ岳山頂はもうすぐ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳山頂はもうすぐ。
1
間ノ岳山頂!
気持ち良すぎて、言葉にならない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳山頂!
気持ち良すぎて、言葉にならない。
16
いつまでも居たいけど、北岳へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつまでも居たいけど、北岳へ。
11
間ノ岳と遠くに塩見。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳と遠くに塩見。
3
で、でかい。近づくにつれて、大きさを実感しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、でかい。近づくにつれて、大きさを実感しました。
15
北岳山荘まで下り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山荘まで下り。
1
間ノ岳。前も後ろもすばらしい眺め!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳。前も後ろもすばらしい眺め!
最後の登り。近くに見えましたが、なかなか近づかない・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登り。近くに見えましたが、なかなか近づかない・・。
ここまで上がってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで上がってきました。
ふう、山頂みえました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふう、山頂みえました。
1
北岳山頂!いえい。
長かったけど、ここまで来れて良かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山頂!いえい。
長かったけど、ここまで来れて良かった。
14
広河原まで下れば、この山行も終了。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原まで下れば、この山行も終了。
素敵な稜線もそろそろ見納めです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素敵な稜線もそろそろ見納めです。
1
ガスが出始めています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが出始めています。
かなり蒸し暑く、滝汗。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり蒸し暑く、滝汗。
黙々と下りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黙々と下りました。
1
広河原。〆はいつものコーラっす。うめー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原。〆はいつものコーラっす。うめー。
3
よいハイクでした!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よいハイクでした!
7

感想/記録
by mokaka

夏の縦走企画。
昨年、白馬三山縦走をした会社の山仲間との恒例イベントです。

数ヶ月前の山行企画会議(飲み会)の場。
今年あたりチャレンジしてやろうと密かに狙っていた塩見から北岳のルート。
提案したところ、こちらに決定。(イエイ)

いつか行きたいと塩見岳ですが、何しろ登山口までが遠すぎる・・、
往復の時間を掛けて訪れてピストンじゃ、ちょっとモッタイナイ。
という訳で、NO3山・NO2山が一気に繋げて歩ける今回のルートって、なんだかとてもお得に感じたのでした。(もちろん距離もたっぷり歩けてお得ですww)

週末前の予報は、微妙でしたね。(皆さん悩んでたと思いますが・・)
雨は降られることは覚悟の上、後半の晴れ間を期待して、決行。
まあ、全部雨じゃなければ、OKって事で。


結果は、、計画どおりに歩けましたー。
ガスガス&雨の時間が多かったですが、それぞれの山頂では絶景を堪能。ながーい尾根歩きと山頂手前の急登はかなり堪えましたが、満足度も大。

眺望も歩きごたえも含めて、南アルプスのデカさを思い知らされたのでした。
良いハイクでしたー。
訪問者数:935人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ