また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1220266 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

奥穂高ゆっくり3日

日程 2017年08月16日(水) 〜 2017年08月18日(金)
メンバー
天候小雨ー曇りー雨時々晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
渋谷より高速バスで上高地往復
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
8時間42分
休憩
2時間9分
合計
10時間51分
涸沢小屋05:2906:05パノラマ分岐06:0606:58ザイテングラート06:5908:08穂高岳山荘08:1209:04穂高岳09:0709:52穂高岳山荘10:2911:25ザイテングラート11:2611:52パノラマ分岐11:5512:29涸沢小屋13:1113:54Sガレ13:5515:09本谷橋15:2416:05横尾岩小屋跡16:0616:20横尾 (横尾山荘)
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
二日目、ザイデングラード取り付き前にあまり天気がいいので花の写真を撮って寄り道してしまいました。崖の手前まで来て引き返しました。
槍見沢へは、山荘での食事の時話題に出て、行ってみたくなりデポで往復しました。
当初大正池まで行く予定でしたが、河童橋で昼食中に雨になり、中止しました。
コース状況/
危険箇所等
今回通りませんでしたが、パノラマコースは崩落のため通行禁止の看板があり。
梓川左岸徳澤から明神の間に、法面安定工事中の箇所あり。強風の中での作業お疲れ様です。
雨の日が多いため、コースはぬかるんでいましたが、通行に支障がある程度ではありません。スパッツの着用がおすすめ。
その他周辺情報いつもの上高地。雨の予報で思ったより空いていました。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ
備考 バンテリン、マッサージ器を持っていき、大いに役に立った。
GPS使用のため、携帯充電器を持って行ったが、重たすぎた。

写真

バスターミナル着。まだ薄暗く、雨が降っている中準備します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスターミナル着。まだ薄暗く、雨が降っている中準備します。
河童橋からの眺望はありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋からの眺望はありません。
明神着。雨が激しくなってきて、雨宿りしているハイカーもいます。ここからは傘をさして行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神着。雨が激しくなってきて、雨宿りしているハイカーもいます。ここからは傘をさして行きます。
少し小やみになってきました。傘からストックに持ち替えて進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し小やみになってきました。傘からストックに持ち替えて進みます。
徳澤園の素敵な建物がが見えてきました。小説にも出てくる憧れの宿です。路面はまだ歩きやすいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳澤園の素敵な建物がが見えてきました。小説にも出てくる憧れの宿です。路面はまだ歩きやすいです。
少し休憩して濡れた装備を整えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し休憩して濡れた装備を整えます。
徳澤のキャンプサイト。テントはまばらです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳澤のキャンプサイト。テントはまばらです。
もうすぐ横尾です。槍へ行くという先輩ハイカーの方。ペース配分がわからずお世話になりました。(午前中はいつもハイペースになってしまいます。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ横尾です。槍へ行くという先輩ハイカーの方。ペース配分がわからずお世話になりました。(午前中はいつもハイペースになってしまいます。)
横尾大橋。立派なつり橋を渡って涸沢方面へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾大橋。立派なつり橋を渡って涸沢方面へ
ヤマホタルブクロでしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマホタルブクロでしょうか?
ツリガネソウに似ています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツリガネソウに似ています。
横尾からはまた一人で行きます。本谷橋まではまだ楽な道が続きます。少し雨が上がってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾からはまた一人で行きます。本谷橋まではまだ楽な道が続きます。少し雨が上がってきました。
はっと目を引くピンクの花。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はっと目を引くピンクの花。
本谷橋からのぼりを経て、涸沢の標識です。11:50涸沢小屋。
この日は日が暮れるまでずっと雨が降っていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷橋からのぼりを経て、涸沢の標識です。11:50涸沢小屋。
この日は日が暮れるまでずっと雨が降っていました。
1
涸沢小屋からの夜明け。今日は晴れそうです!
3時半ごろは、三日月と秋の天の川が見えました。
今見えているのは金星でしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢小屋からの夜明け。今日は晴れそうです!
3時半ごろは、三日月と秋の天の川が見えました。
今見えているのは金星でしょうか?
4
少し山が赤く見えますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し山が赤く見えますね。
2
朝日が昇ってきました。ヘルメットをかぶり、元気に出発。
まずは穂高岳山荘を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日が昇ってきました。ヘルメットをかぶり、元気に出発。
まずは穂高岳山荘を目指します。
3
空は青く、雪は白く、咲く花は可憐です。
山っていいな〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空は青く、雪は白く、咲く花は可憐です。
山っていいな〜
1
名前はわかりません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名前はわかりません。
1
大丈夫、雨は降りそうにありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大丈夫、雨は降りそうにありません。
1
雲海です。朝日がまぶしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海です。朝日がまぶしい。
1
名前はわかりません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名前はわかりません。
フウロソウの仲間?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フウロソウの仲間?
ミヤマリンドウ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマリンドウ?
調べたら、ヨツバシオガ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
調べたら、ヨツバシオガ?
ちょっと寄り道しすぎました。ザイデングラード目指していきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと寄り道しすぎました。ザイデングラード目指していきます。
2
ここからは本格的な登り。ストックをしまい、手袋をはめていきます。○印と踏み後をたどって慎重に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは本格的な登り。ストックをしまい、手袋をはめていきます。○印と踏み後をたどって慎重に。
だいぶ登ってきましたが、まだ花が咲いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ登ってきましたが、まだ花が咲いています。
穂高岳山荘の送電線?目標にして来たらちょっとルートをそれました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘の送電線?目標にして来たらちょっとルートをそれました。
奥穂高山荘着。こんなにいい天気なのに、人はまばらです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高山荘着。こんなにいい天気なのに、人はまばらです。
1
山荘から見た雲海。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘から見た雲海。
3
涸沢岳の眺め。この時は晴れていますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢岳の眺め。この時は晴れていますね。
1
10分ほど休憩したらいよいよ奥穂高岳へ出発。小屋を見下ろす場所から撮影。風車を見ると、風はまだそれほど強くないようです。はやる気持ちを抑えつつ、ヘルメットのバンドを確認。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分ほど休憩したらいよいよ奥穂高岳へ出発。小屋を見下ろす場所から撮影。風車を見ると、風はまだそれほど強くないようです。はやる気持ちを抑えつつ、ヘルメットのバンドを確認。
1
鎖、はしごを通過。撮影の余裕はありません。はしごって冷たいんですね。この辺の石はすごく尖っています。
でも今日はもう乾いているみたいで安心しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖、はしごを通過。撮影の余裕はありません。はしごって冷たいんですね。この辺の石はすごく尖っています。
でも今日はもう乾いているみたいで安心しました。
かすかに頂上が見えた?まだまだ遠くです。前方の学生二人から、「ペース速い」との声かけがあり、ちょっとペースダウンして進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かすかに頂上が見えた?まだまだ遠くです。前方の学生二人から、「ペース速い」との声かけがあり、ちょっとペースダウンして進みます。
頂上が見えて来ました。意外と狭いんですね。人が五人ほどしか立てないみたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上が見えて来ました。意外と狭いんですね。人が五人ほどしか立てないみたい。
こんな標識があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな標識があります。
頂上の羅針盤です。やった〜登頂成功!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上の羅針盤です。やった〜登頂成功!
1
小さな祠に手を合わせます。3190m。無事に来られたお礼です。
頂上からの眺望はまずまずですかね。やはり風が強く、少し寒い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな祠に手を合わせます。3190m。無事に来られたお礼です。
頂上からの眺望はまずまずですかね。やはり風が強く、少し寒い。
2
下りは慎重に一歩一歩。少しのぼりはじめる人が増えてきたのですれ違いながら行きます。影も短くなってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは慎重に一歩一歩。少しのぼりはじめる人が増えてきたのですれ違いながら行きます。影も短くなってきました。
山荘からすぐの涸沢岳3110mへ。ちょっとガスってきて眺望がよくありませんが、ルートはまだよく見えます。下りは先輩登山者の後を勝手にまねして降りていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘からすぐの涸沢岳3110mへ。ちょっとガスってきて眺望がよくありませんが、ルートはまだよく見えます。下りは先輩登山者の後を勝手にまねして降りていきます。
1
奥穂高山荘に降りてから少し休憩して、今度はデポのある涸沢小屋までおります。上から見下ろす涸沢もとても見栄えがします。大自然の力を感じますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高山荘に降りてから少し休憩して、今度はデポのある涸沢小屋までおります。上から見下ろす涸沢もとても見栄えがします。大自然の力を感じますね。
2
涸沢小屋で大休憩を取った後、横尾までの下りです。天気は良かったですが、本谷橋までがなかなかきつく思えました。すれ違う多くのハイカーに元気に挨拶して乗り切ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢小屋で大休憩を取った後、横尾までの下りです。天気は良かったですが、本谷橋までがなかなかきつく思えました。すれ違う多くのハイカーに元気に挨拶して乗り切ります。
少しタイムオーバーですが、小休止して沢の水で顔を洗います。
「うひゃー冷たい」でも、シャキッとしました。
オオルリを発見。カメラを出す前に飛んで行っちゃいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しタイムオーバーですが、小休止して沢の水で顔を洗います。
「うひゃー冷たい」でも、シャキッとしました。
オオルリを発見。カメラを出す前に飛んで行っちゃいました。
本谷橋から横尾は一人もすれ違わずちょっと心細い。こんな時は歌を歌っていきます。「雪よ、山よ、我らーが・・・」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷橋から横尾は一人もすれ違わずちょっと心細い。こんな時は歌を歌っていきます。「雪よ、山よ、我らーが・・・」
まだ明るいです。今晩の宿、横尾山荘までもう少し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ明るいです。今晩の宿、横尾山荘までもう少し。
三日目。上高地まで戻る日です。横尾山荘の前の橋。
朝の天気は雨。でも九時ごろからは晴れる予報です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三日目。上高地まで戻る日です。横尾山荘の前の橋。
朝の天気は雨。でも九時ごろからは晴れる予報です。
朝食時にご一緒した先輩登山者からのアドバイスで、槍見沢往復コースに変更します。朝の森は気持ちがいいですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝食時にご一緒した先輩登山者からのアドバイスで、槍見沢往復コースに変更します。朝の森は気持ちがいいですね。
槍へ行く人達は、なんか張り切っているように見えます。
何時か行く日のために下見…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍へ行く人達は、なんか張り切っているように見えます。
何時か行く日のために下見…
一の俣まで来ました。名残惜しいですが、これでもう帰るしかありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の俣まで来ました。名残惜しいですが、これでもう帰るしかありません。
横尾でデポの荷物を取って、帰り道です。新村橋を通るころには雨は上がっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾でデポの荷物を取って、帰り道です。新村橋を通るころには雨は上がっていました。
新村橋もう日が当たっていますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新村橋もう日が当たっていますね。
河原からの眺め。遠くの山の眺望はまだありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河原からの眺め。遠くの山の眺望はまだありません。
徳澤の登山口です。蝶ケ岳、長堀山へはこちらから登り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳澤の登山口です。蝶ケ岳、長堀山へはこちらから登り。
徳澤と明神の間。法面安定工事。結構な強風の中作業員の方大変でしょうね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳澤と明神の間。法面安定工事。結構な強風の中作業員の方大変でしょうね。
明神橋。懐かしさがこみあげてきて、コース変更。右岸を行くことに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神橋。懐かしさがこみあげてきて、コース変更。右岸を行くことに。
穂高神社へお参り。なんだか以前来た時より身近な神様に思えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高神社へお参り。なんだか以前来た時より身近な神様に思えてきました。
1
狛犬もイケメンです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狛犬もイケメンです。
明神一の池。少し暑いですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神一の池。少し暑いですね。
右岸の遊歩道を行きます。木漏れ日が気持ちいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸の遊歩道を行きます。木漏れ日が気持ちいい。
やっぱりおサルがいました。子ザルをおんぶしているのもいます。人気者みたいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱりおサルがいました。子ザルをおんぶしているのもいます。人気者みたいです。
2
雨の後ですが、水は澄んでいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨の後ですが、水は澄んでいます。
穂高の見える河原。
最後の眺めはちょっとだけ雲に隠れていますが…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高の見える河原。
最後の眺めはちょっとだけ雲に隠れていますが…
穂高連邦の看板。さようなら〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高連邦の看板。さようなら〜
河童橋に帰ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋に帰ってきました。
バスまでの時間は、鳥を探したり、花を見たりして過ごします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスまでの時間は、鳥を探したり、花を見たりして過ごします。

感想/記録

雨が多い今年の八月、今回の山行は、本当にラッキーの一言でした。計画当初は雨が降ったら涸沢で一泊して引き返すつもりでしたが、思いがけず良い天気に恵まれました。登頂の日、朝日を見ながら山荘で会ったベテラン登山者に、
「今日は大丈夫、行っておいで。」
と背中を押され元気に出発。道中いろいろな人にアドバイスをいただき、登頂成功となりました。
道中で会ったたくさんの登山者、山小屋のスタッフの方、食事でご一緒した方、同室の女性、本当にたくさんの方に助けていただきました。山の神様にも、お礼を言いたい気持ちです。思い出の地上高地で、大満足の結果となりました。本当にありがとうございました。
訪問者数:504人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ