ヤマレコ

記録ID: 1225032 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

南八ヶ岳縦走(硫黄岳横岳赤岳中岳阿弥陀岳)

日程 2017年08月13日(日) 〜 2017年08月14日(月)
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸口駐車場 1日500円×2日
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間13分
休憩
10分
合計
3時間23分
S美濃戸口08:4308:44八ヶ岳山荘09:41やまのこ村09:5109:53赤岳山荘09:59美濃戸山荘10:48堰堤広場12:06赤岳鉱泉
2日目
山行
10時間3分
休憩
1時間35分
合計
11時間38分
大同心沢(大同心ルンゼ)分岐05:4605:50ジョウゴ沢05:5206:57赤岩の頭06:5807:40硫黄岳07:4308:06硫黄岳08:1708:40硫黄岳山荘09:19台座ノ頭09:2009:49横岳(奥ノ院)09:5009:59無名峰10:12横岳(三叉峰)10:1510:26石尊峰10:2910:35鉾岳10:3710:47日ノ岳10:5010:57二十三夜峰10:5811:08地蔵の頭11:0911:13赤岳天望荘11:3812:13赤岳頂上山荘12:1512:24赤岳12:2612:42文三郎尾根分岐12:4413:06中岳13:1813:28中岳のコル13:2914:01阿弥陀岳14:1614:19西の肩(岩場)14:2314:25西ノ肩15:46不動清水16:21御小屋山17:24美濃戸口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
よく整備されていて歩きやすい
その他周辺情報yatsugatake J&N カレー1,200円ゴロっとした肉が柔らかくて美味しい
レストラン利用で入浴半額350円(温泉ではない)

写真

ガスってる・・・
2017年08月13日 09:27撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスってる・・・
1
赤岳鉱泉で一泊するので、北沢から行きます。
2017年08月13日 10:04撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉で一泊するので、北沢から行きます。
1
八ヶ岳は苔がキレイ。
2017年08月13日 10:26撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳は苔がキレイ。
キレイ。
2017年08月13日 11:03撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレイ。
1
赤岳鉱泉着。
2017年08月13日 12:11撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉着。
定番のマムートジョッキで昼間から飲んだくれ。
2017年08月13日 12:51撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
定番のマムートジョッキで昼間から飲んだくれ。
2
夕飯はステーキ!!
2017年08月13日 17:25撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕飯はステーキ!!
6
内装は綺麗でした。
2017年08月13日 19:12撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
内装は綺麗でした。
二日目スタート。まず、硫黄岳を目指します。
2017年08月14日 05:30撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二日目スタート。まず、硫黄岳を目指します。
稜線に出ました。ガスってる。
2017年08月14日 07:05撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出ました。ガスってる。
晴れてきた。
2017年08月14日 07:13撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れてきた。
1
北アの槍が見えた。
2017年08月14日 07:23撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アの槍が見えた。
2
硫黄岳の山頂は立ち入りできません。行けるのはここまで。
2017年08月14日 07:58撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳の山頂は立ち入りできません。行けるのはここまで。
1
爆裂火口。
2017年08月14日 08:04撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爆裂火口。
1
山頂標識付近。実際の山頂は、爆裂火口沿いに進んだ先。ガスったり、一瞬晴れたり。
2017年08月14日 08:16撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識付近。実際の山頂は、爆裂火口沿いに進んだ先。ガスったり、一瞬晴れたり。
おー、晴れてきた!
2017年08月14日 08:32撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おー、晴れてきた!
1
これから目指す稜線が見えた。横岳、赤岳、中岳、阿弥陀岳と縦走し、御小屋尾根で美濃戸口まで下ります。
2017年08月14日 08:37撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから目指す稜線が見えた。横岳、赤岳、中岳、阿弥陀岳と縦走し、御小屋尾根で美濃戸口まで下ります。
2
コマクサ。水滴がキレイ。
2017年08月14日 08:41撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサ。水滴がキレイ。
2
稜線の西側。
2017年08月14日 09:02撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の西側。
稜線の東側。
2017年08月14日 09:04撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の東側。
コマクサの群生。またまたガスってきた。
2017年08月14日 09:23撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサの群生。またまたガスってきた。
1
横岳山頂手前のトラバース。写真だと怖そうだけど、実際は多少高度感はあるものの、特に問題も無く通行可能。すれ違い時は注意。
2017年08月14日 09:39撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳山頂手前のトラバース。写真だと怖そうだけど、実際は多少高度感はあるものの、特に問題も無く通行可能。すれ違い時は注意。
横岳。岩々で楽しい。
2017年08月14日 09:51撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳。岩々で楽しい。
2
先を急ぎます。
2017年08月14日 10:04撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先を急ぎます。
振り返って。
2017年08月14日 10:12撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って。
もういっちょ振り返って辿ってきた稜線。
2017年08月14日 10:13撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もういっちょ振り返って辿ってきた稜線。
これから進む稜線。
2017年08月14日 10:16撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから進む稜線。
硫黄岳方面はガスが抜けてきた。
2017年08月14日 10:21撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳方面はガスが抜けてきた。
絶景なり。
2017年08月14日 10:23撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶景なり。
振り返って横岳。ゴツゴツ。
2017年08月14日 10:27撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って横岳。ゴツゴツ。
赤岳がやっと顔を出した。
2017年08月14日 11:08撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳がやっと顔を出した。
2
赤岳展望荘
2017年08月14日 11:16撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳展望荘
1
赤岳山頂への最後の急登。
2017年08月14日 12:00撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳山頂への最後の急登。
頂上山荘が見えた。
2017年08月14日 12:05撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上山荘が見えた。
着いた〜。
2017年08月14日 12:20撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着いた〜。
山頂標識。ガスッガスで展望なし・・・。
2017年08月14日 12:22撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識。ガスッガスで展望なし・・・。
2
狭い山頂に結構な人数がいたので、記念撮影したらさっさと退散。残すは中岳と阿弥陀岳。中岳は綺麗な形してるな〜。阿弥陀様は雲の中。
2017年08月14日 12:41撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狭い山頂に結構な人数がいたので、記念撮影したらさっさと退散。残すは中岳と阿弥陀岳。中岳は綺麗な形してるな〜。阿弥陀様は雲の中。
1
中岳山頂から赤岳を望む。しばらく待ったけど、これ以上は雲が抜けなかった。
2017年08月14日 13:20撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳山頂から赤岳を望む。しばらく待ったけど、これ以上は雲が抜けなかった。
控え目な中岳山頂標識。
2017年08月14日 13:21撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
控え目な中岳山頂標識。
阿弥陀様は相変わらず雲の中。
2017年08月14日 13:23撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀様は相変わらず雲の中。
中岳のコルから、阿弥陀岳へ取りつきます。
2017年08月14日 13:32撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳のコルから、阿弥陀岳へ取りつきます。
浮石だらけ。慎重に。
2017年08月14日 13:37撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浮石だらけ。慎重に。
阿弥陀岳山頂。展望なーし。休憩したら、御小屋尾根で下ります。
2017年08月14日 14:00撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳山頂。展望なーし。休憩したら、御小屋尾根で下ります。
2
西の肩。
2017年08月14日 14:23撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西の肩。
こんな細尾根なんかもあったりして、なかなか楽しい。
2017年08月14日 14:28撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな細尾根なんかもあったりして、なかなか楽しい。
撮影機材:

感想/記録

初めての八ヶ岳。赤岳鉱泉の名物、ステーキが食べたくて赤岳鉱泉で一泊し、硫黄岳、横岳、赤岳、中岳、阿弥陀岳と縦走し、御小屋尾根で下りました。

一日目はのんびり写真撮りながら赤岳鉱泉まで登り、ユルっと終了。
宿泊受付をしようと中へ入ると、黒板に夕食ステーキの文字が。
ヤッター!ステーキ目当てなのに、ステーキじゃなかったらどーしよう?
と思っていたので、よかったよかった。
昼飯にビーフカレーを注文し、マムートジョッキで乾杯。その後、持参した日本酒をちびちび。
赤岳鉱泉は綺麗な建物でした。トイレも清潔。ステーキは柔らかくて美味しかった。
また泊まりたい。

二日目。本番。
夜は雨が降っていたけど、上がってよかった。硫黄岳へは、最初はユルユル登り、段々急になり、森林限界を超えると間もなく稜線へ出る。
稜線へ出た直後は一面真っ白だったが、すぐに晴れてきて、綺麗な稜線を望めました。
硫黄岳山頂広場で爆裂火口のガスが晴れるまで暫し待機。気温10℃で風があり、寒いのでソフトシェルを着込みました。その後、御小屋尾根の樹林帯に入るまで脱がず。

ガスが抜けるのを待っていたら時間が押してきたので、横岳を目指します。
硫黄岳山荘方面へ下っていると、行先のガスが晴れ、横岳〜阿弥陀岳まで綺麗に見えてテンションあがりました。
硫黄岳山荘でトイレ休憩。チラッと大の方を覗くと、ウォッシュレット!すげー。
五右衛門風呂とかあるみたいだし、八ヶ岳の山小屋はレベル高いですね。
硫黄岳山荘から登っていくと、コマクサの群生地。
岩場の楽しい横岳を通り、赤岳展望荘へ。
たまにガスが抜けて絶景が見えるので、すかさず撮影。

赤岳展望荘で昼食。赤岳鉱泉で貰ったお弁当を食べました。
食べ終わり、赤岳への最後の急登。落石注意。
赤岳山頂はガスってて展望がきかず、人も多いのでさっさと退散。
ガスってたのは山頂のみで、岩場を下ると綺麗な形の中岳が望めました。

中岳山頂からの赤岳は素晴らしい眺めとガイドブックに書いてあったので、
期待して待ったが、完全にガスが抜けきらず。また来なければ。

阿弥陀岳は終始雲の中。登りは急登で岩が脆く、浮石多数。
落石を起こさぬよう、気を使いました。
山頂は真っ白。おやつにセブンイレブンのソフトクッキーを食べて御小屋尾根方面へ下りました。
こちらもガスってたのは山頂部のみで、西の肩より下は綺麗な稜線が望めました。
振り返ると、あれ?山頂ガス抜けてない??ちっくしょー。また来なければ!!

今回参考にしたガイドブックには御小屋尾根は道迷いしやすいと書いてありましたが、
踏み跡明瞭、間違えて立ち入りそうなところにはロープがあったり、特に迷うことはありませんでした。

今回のコースは、山頂直下に急登や急な下りはあるものの体力的にはきつくなく、
ガスで展望がきかないときも岩場や花のおかげで終始楽しめました。
花、多かったな〜。岩場に咲く花。名前は殆どわからないけど、綺麗だった。
樹林帯は苔がいい雰囲気で、虫も少なく気持ちよく歩けました。
八ヶ岳、いいね!また来よう。そして北八ヶ岳の方も行ってみたい。
訪問者数:237人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ