また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1245764 全員に公開 ハイキング甲信越

100日ぶりにリハビリ山行・木曽駒

日程 2017年08月31日(木) [日帰り]
メンバー
天候下界は晴れ、上は朝方小雨、止んでもガス濃厚
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間47分
休憩
57分
合計
3時間44分
S千畳敷駅09:4910:12極楽平10:1410:21サギダルの頭10:34三ノ沢分岐10:4511:02宝剣岳11:2111:34宝剣山荘11:52(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘11:5312:04木曽駒ヶ岳12:2112:30馬ノ背分岐12:3412:44(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘12:4513:02天狗荘13:0413:06乗越浄土13:33千畳敷駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に変わったところなし
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

極楽平から稜線に上がりました。
2017年08月31日 10:33撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
極楽平から稜線に上がりました。
宝剣への上り。写真が白っぽいのは露出オーバーではなくガスが濃かったので。
2017年08月31日 11:00撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣への上り。写真が白っぽいのは露出オーバーではなくガスが濃かったので。
宝剣岳から見下ろす登山道を学校登山の中学生が下山中。
2017年08月31日 11:09撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣岳から見下ろす登山道を学校登山の中学生が下山中。
1
中岳はパスして巻き道へ。
2017年08月31日 11:40撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳はパスして巻き道へ。
木曽側の岩稜の眺めは好きです。
2017年08月31日 11:43撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽側の岩稜の眺めは好きです。
写真に写っていないのも含めて、山頂は「やたらと標識が多いな〜」と、いつもながら思いますね。
2017年08月31日 12:19撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真に写っていないのも含めて、山頂は「やたらと標識が多いな〜」と、いつもながら思いますね。
1
ガスの中から突然のように現れるゴンドラ。この後更に状況が悪化したようです。
2017年08月31日 13:46撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの中から突然のように現れるゴンドラ。この後更に状況が悪化したようです。
1

感想/記録

 今回の山行は、極楽平〜木曽駒山頂(予定では濃ヶ池まで行くつもりだった)というごくありふれた行程で、見て頂いた通りのものです。
 タイトルの「100日ぶりにリハビリ」は、怪我をして約100日間山に行けなかったということです。そのいきさつは、ざっと次のようなものです。

 5月21,22日に前穂高に行きました。岳沢テン泊で奥明神沢・前穂ダイレクトルンゼのピストンです。無事下山して上高地からバスに乗ったところまでは異常がなかったのですが、沢渡でバスを降りる際に、立ち上がって歩き出すと右膝が痛い。関節が腫れた感じで、負荷をかけなくても曲げると痛い。その後は車を運転して帰宅しましたが、家に着く頃には痛みは更に酷くなって、普通に歩くことができなくなっていました。翌朝には激痛のため、歩けず曲がらずの状態になってしまいました。
 病院でMRIを2回(5月と8月)撮りましたが、診断は、右膝の内側側副靱帯損傷(軽度)というものでした。医者は2〜3週間ほどで回復と予想しましたが、実際は2ヶ月経っても痛みが残り、特に階段の下りは8月になってやっと歩けるようになった状態です。8月のMRIは、回復の様子を見るためだったようですが、この時、半月板に亀裂が見つかっています。ただ、これは長い時間をかけてできたもので、5月の怪我とは直接関係はなさそうとのことでした。
 では、どうして靱帯を痛めたのか?思い当たることといえば、下山時に雪渓で踏み抜きを数回したことぐらいしかありません。
 前穂のダイレクトルンゼは、場所によっては50度以上はある急傾斜です。今年の春は雪の量は豊富でしたが、5月には下界で30度を超す日が続き、例年以上に雪渓の下で雪解けが進んでいたようです。登頂の日も、朝8時の山頂で10度を超す気温になっていました(ほとんど真夏並み)。そのためか、ダイレクトルンゼを下山中に踏み抜くこと3回。しかもなぜか右足ばかり。急斜面での踏み抜きは、足が刺さったまま上体が前のめりになり、膝に予想以上に負荷が掛かったのだと思います。実際にピリッとした痛みを一瞬感じています。
 
 今回の木曽駒はリハビリというより「試運転」と言った方が合っているのかな?それにしては、いきなり宝剣〜濃ヶ池は「高負荷」だったかもしれません。濃ヶ池まで行く予定を途中で引き返したのは、天気の悪化が予想されたからですが、膝の状態からして止めて正解でした。千畳敷への下りは軽快さとはほど遠く、ヨタヨタして年寄りみたいな歩き方になってましたから(還暦だからもともと年寄りか?)。でもまあ、まだこれからも山を楽しめそうなのでよかったですヮ。 
訪問者数:80人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ