また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1249542 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

坂の上に雲は無かった 白馬岳

日程 2017年09月03日(日) 〜 2017年09月04日(月)
メンバー
 mutimuti3(CL)
, その他メンバー1人
天候晴れのち雨 翌日は薄曇り
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク、 ケーブルカー等
前泊したホテル白馬から車で後泊するホテルまで自家用車で移動。タクシー3千円で猿倉まで直行。帰りは栂池自然園からロープウェイとゴンドラ。ゴンドラ乗り場からタクシーを相乗りして、3千円でホテルまで。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.4〜1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間32分
休憩
39分
合計
8時間11分
S猿倉荘06:1906:22猿倉登山口駐車場06:2307:35白馬尻荘07:3607:40白馬尻小屋08:0309:52岩室跡09:5412:19避難小屋12:2413:50白馬岳頂上宿舎13:5714:30白馬山荘
2日目
山行
7時間16分
休憩
1時間30分
合計
8時間46分
白馬山荘06:5107:15白馬岳07:2408:10三国境09:10小蓮華山09:1510:19船越ノ頭10:2311:05白馬大池山荘11:4012:19乗鞍岳12:2713:47風吹大池方面分岐13:55天狗原/白馬岳神社14:2215:34栂池山荘15:3615:37栂池山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コースタイム6時間のところを8時間。厳しい登りでした。
コース状況/
危険箇所等
大雪渓への取り付き地点と雪渓出口が秋ルートで大ガレでとても大変なこと以外は六甲山みたいに整備されたルート
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

共同装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サンダル ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ポール
備考 替えの靴下も持っていくべきだった。

写真

後泊するホテルに車を預けました。今日明日とも晴れとの予報でしたが...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後泊するホテルに車を預けました。今日明日とも晴れとの予報でしたが...
タクシーで猿倉到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タクシーで猿倉到着
1
ずっとトイレはないので、おトイレも済ませてと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっとトイレはないので、おトイレも済ませてと
1
林道まで10分ほど登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道まで10分ほど登ります
林道に出たら、快晴の白馬がお出迎え
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出たら、快晴の白馬がお出迎え
4
ミヤマトウキかな。早速花も出てきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマトウキかな。早速花も出てきました
3
ハクサンシャジンかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンシャジンかな
1
この手の花の判別は難しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この手の花の判別は難しい
快適な林道歩きが1時間ほど
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適な林道歩きが1時間ほど
1
一か所だけ川渉り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一か所だけ川渉り
2
アジサイの群落から山道開始
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アジサイの群落から山道開始
2
まだまだ快晴だったのですが...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ快晴だったのですが...
3
白馬尻小屋に到着!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬尻小屋に到着!
3
大雪渓までは15分とのこと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪渓までは15分とのこと
1
遭難が多いんですよね。30代男性が疲労で行動不能ってのもありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遭難が多いんですよね。30代男性が疲労で行動不能ってのもありました。
1
夏の初めはここらまで雪があるんでしょうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏の初めはここらまで雪があるんでしょうか
5
お握りで腹ごしらえ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お握りで腹ごしらえ
1
おトイレを済ませて雪渓へ出発
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おトイレを済ませて雪渓へ出発
1
秋なので実が多い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋なので実が多い
2
大雪渓の末端です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪渓の末端です
3
ケルンが見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケルンが見えました
3
大雪渓ケルンに到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪渓ケルンに到着
2
ここでアイゼンを装着。4本爪の簡易アイゼンです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでアイゼンを装着。4本爪の簡易アイゼンです
1
クレバスが出来ているので、雪渓の端を歩きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クレバスが出来ているので、雪渓の端を歩きます
4
雪渓が崩れているので、早速高巻きます。この取りつきが崩れまくりで最悪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓が崩れているので、早速高巻きます。この取りつきが崩れまくりで最悪
1
雪渓をひたすら登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓をひたすら登ります
お天気が怪しいので、上下レインウェアを着ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お天気が怪しいので、上下レインウェアを着ました
2
大雨の中、大雪渓上部に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雨の中、大雪渓上部に到着
1
この取りつきが、どこから登ったら良いのか分からないくらい崩れていました。すぐそばの杓子岳側の反対斜面からは、ガラガラと岩の崩れる音がずっと聞こえます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この取りつきが、どこから登ったら良いのか分からないくらい崩れていました。すぐそばの杓子岳側の反対斜面からは、ガラガラと岩の崩れる音がずっと聞こえます
1
葱平かな。これから、ここを登ります。少し雲が取れてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葱平かな。これから、ここを登ります。少し雲が取れてきました
1
凄くガレた斜面を這い登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凄くガレた斜面を這い登ります
2
ここは花が多い。ウスユキソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは花が多い。ウスユキソウ
ミヤマアキノキリンソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマアキノキリンソウ
1
水が少ないから良いものの、多かったら怖そうな川?渉り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水が少ないから良いものの、多かったら怖そうな川?渉り
1
辺り一面が花畑です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辺り一面が花畑です
1
会いたかったタカネナデシコ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
会いたかったタカネナデシコ
2
雪渓上部はしっかりと土留めしてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓上部はしっかりと土留めしてます
すっかり消えていますが、小雪渓付近。一面のお花畑です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すっかり消えていますが、小雪渓付近。一面のお花畑です
2
ミヤマコゴメグサ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマコゴメグサ
厳しいガレ場を登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
厳しいガレ場を登ります
1
晴れて来たので、暑くて、レインウェアは上下とも脱ぎました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れて来たので、暑くて、レインウェアは上下とも脱ぎました
4
クルマユリがあった!小さくて可愛い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クルマユリがあった!小さくて可愛い
2
ウサギギクは終盤
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウサギギクは終盤
周辺は雪渓のせいで、春や夏の花が見られます。また、ガスってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周辺は雪渓のせいで、春や夏の花が見られます。また、ガスってきました
1
見たかった!タカネナデシコ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見たかった!タカネナデシコ
1
随分登ったつもりなのに、まだ標高は2500mちょっとだって。雨が強くなってきたので、再度レインウェア上下を着こみました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
随分登ったつもりなのに、まだ標高は2500mちょっとだって。雨が強くなってきたので、再度レインウェア上下を着こみました
シロウマタンポポ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロウマタンポポ
やっと頂上宿舎が見えました。理由は言えませんが、早く宿舎に行きたいのに、ダンナが遅い。ダンナを置いて、先に進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと頂上宿舎が見えました。理由は言えませんが、早く宿舎に行きたいのに、ダンナが遅い。ダンナを置いて、先に進みます
宿舎手前にクルマユリの群落
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宿舎手前にクルマユリの群落
1
ありました!ウルップソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありました!ウルップソウ
3
杓子鑓方面との分岐を経ると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杓子鑓方面との分岐を経ると
雲が少し晴れて宿泊する白馬山荘が姿を現しました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が少し晴れて宿泊する白馬山荘が姿を現しました
秋ですね。一面はトウヤクリンドウ畑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋ですね。一面はトウヤクリンドウ畑
3
再び大雨の中、白馬山荘到着! 長かったー! 8時間掛かっちゃった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び大雨の中、白馬山荘到着! 長かったー! 8時間掛かっちゃった
1
ホテルのような受付
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホテルのような受付
大雨なので、持参したコーヒーは諦めてスカイプラザでおやつ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雨なので、持参したコーヒーは諦めてスカイプラザでおやつ
1
明日に備えて荷物を整えたら夕食です。スカイプラザから生ビールを持参。明日唐松へ向かうという70代のお兄さま方と楽しい夕食
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日に備えて荷物を整えたら夕食です。スカイプラザから生ビールを持参。明日唐松へ向かうという70代のお兄さま方と楽しい夕食
4
小屋を出ると雲は取れて、大きな月と大町の明かりに浮かぶ杓子、鑓
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋を出ると雲は取れて、大きな月と大町の明かりに浮かぶ杓子、鑓
4
剣岳と立山が雲海から顔を出しています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣岳と立山が雲海から顔を出しています
2
直前の予約では、予約客は50人程度で空いているとのことでしたが、二畳の二人部屋を奮発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直前の予約では、予約客は50人程度で空いているとのことでしたが、二畳の二人部屋を奮発。
1
月が明かる過ぎて、天の川は見えない感じですが、富山と湾を隔てた能登半島の明かりも見渡せました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月が明かる過ぎて、天の川は見えない感じですが、富山と湾を隔てた能登半島の明かりも見渡せました。
2
こちらはアルプスを隔てて反対側の大町の明かり。街って明かりだらけなんですね。部屋に戻って、おやすみなさい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはアルプスを隔てて反対側の大町の明かり。街って明かりだらけなんですね。部屋に戻って、おやすみなさい。
2
4時半前に小屋を出ました。真ん中の黒い影が白馬岳。星も綺麗に見えます。ご来光を目指すヘッドランプがあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4時半前に小屋を出ました。真ん中の黒い影が白馬岳。星も綺麗に見えます。ご来光を目指すヘッドランプがあります
3
朝陽に浮かぶ白馬岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝陽に浮かぶ白馬岳
4
モルゲンロートの剣岳と立山。左端の白馬鑓ヶ岳の頂上近くには槍ヶ岳と穂高
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モルゲンロートの剣岳と立山。左端の白馬鑓ヶ岳の頂上近くには槍ヶ岳と穂高
4
5:18頃、見事なご来光です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:18頃、見事なご来光です。
5
朝食はご飯もお替り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝食はご飯もお替り
3
7時前に小屋を出て、白馬岳山頂に出発。山荘の全容です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7時前に小屋を出て、白馬岳山頂に出発。山荘の全容です。
4
2932m白馬岳登頂です!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2932m白馬岳登頂です!
2
先を急いで下ります。左端の稜線が白馬岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先を急いで下ります。左端の稜線が白馬岳
1
早速かなり怖い岩場を通過。こんなの聞いてない。この先行けるのか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速かなり怖い岩場を通過。こんなの聞いてない。この先行けるのか?
三国境まで降りてくるとやっと穏やかになりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国境まで降りてくるとやっと穏やかになりました
稜線を下ってから、小蓮華までは登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線を下ってから、小蓮華までは登ります
2
雪倉岳方面には海岸線もバッチリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪倉岳方面には海岸線もバッチリ
2
降りてきた白馬岳を振り返ります。天気は薄曇りで最高です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りてきた白馬岳を振り返ります。天気は薄曇りで最高です
5
小蓮華への登りは思ったより楽チン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小蓮華への登りは思ったより楽チン
1
白馬岳は遠くなった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳は遠くなった
1
新潟県最高峰、小蓮華山到着です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新潟県最高峰、小蓮華山到着です
3
暫くすると白馬大池が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫くすると白馬大池が見えました
3
大雪渓と白馬尻小屋が見えました。人影も見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪渓と白馬尻小屋が見えました。人影も見えます
4
いやー降りてきましたね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやー降りてきましたね
5
麓には栂池自然園の小屋が見えました。まだ遠い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓には栂池自然園の小屋が見えました。まだ遠い
2
大池小屋到着!下界は近し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大池小屋到着!下界は近し
3
船頭の頭は結構遠い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
船頭の頭は結構遠い
2
雪渓を横切ると巨大な岩の下り道。雨が降ってなくて良かった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓を横切ると巨大な岩の下り道。雨が降ってなくて良かった
1
タテヤマリンドウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タテヤマリンドウ
1
この岩の下りが延々と続きます。腿が笑う
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩の下りが延々と続きます。腿が笑う
2
湿原でコーヒータイムです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原でコーヒータイムです
3
更に下り1時間。途中、イワイチョウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に下り1時間。途中、イワイチョウ
やっと出会ったチングルマ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと出会ったチングルマ
1
自然園が見えてきました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然園が見えてきました!
ゴンドラ。お疲れさまでした。二人でも行けましたね。白馬岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラ。お疲れさまでした。二人でも行けましたね。白馬岳
1

感想/記録

唐松岳、燕岳、立山雄山経験を経ての初めての本格登山!
厳しい登りでしたが、山を彩る花々と素晴らしい眺望の稜線歩きを楽しめました。白馬には何度も来ていますが、白馬岳は初めて登って、やっと一人前になれた感じです。初心者でも楽しめる山であると共に、自然を満喫できるルートで、人気の意味が良く分かりました。
下山したロープウェイの駅で単独行の若い女性と会話したら、唐松からテント泊でした。不帰の儉は名前倒れで大したことないとのコメント。凄すぎる、一生行けそうにないのに。何かのご縁と思って、ゴンドラ駅から白馬までタクシー相乗りしました。お互いお疲れさまでした。
訪問者数:203人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ