また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1276897 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

紅葉の涸沢・奥穂高岳

日程 2017年09月30日(土) 〜 2017年10月02日(月)
メンバー
天候12日目:晴れ 3日目:曇/雨
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
平湯温泉アカンダナ駐車場から上高地までバス。往復2050円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
5時間8分
休憩
15分
合計
5時間23分
涸沢08:1008:13涸沢小屋08:1508:18涸沢08:25涸沢小屋09:17ザイテングラート09:1810:08穂高岳山荘10:0911:01穂高岳11:0311:51穂高岳山荘11:5212:24ザイテングラート12:38パノラマ分岐12:3913:22涸沢小屋13:2913:33涸沢ヒュッテ
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
問題なし
その他周辺情報平湯の森500円
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ テント テントマット シュラフ ヘルメット

写真

徳沢のテン場は素晴らしい!
2017年09月30日 07:39撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳沢のテン場は素晴らしい!
ここは毎年上部からの崩落がある危険な場所。
きれいに整備していただいているので、とてもきれい!
2017年09月30日 09:57撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは毎年上部からの崩落がある危険な場所。
きれいに整備していただいているので、とてもきれい!
もうすぐ涸沢
2017年09月30日 10:37撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ涸沢
1
モレーンの下
2017年09月30日 10:43撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モレーンの下
2
やっぱりきれいな紅葉
2017年09月30日 10:47撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱりきれいな紅葉
2
ヒュッテの横も真っ赤!
2017年09月30日 12:17撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテの横も真っ赤!
6
テントも花盛り
2017年09月30日 12:28撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントも花盛り
1
紅葉入りビールとおでん
涸沢ヒュッテの生ビールセット!
2017年09月30日 13:27撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉入りビールとおでん
涸沢ヒュッテの生ビールセット!
2
ピラミッド型の常念岳
2017年09月30日 14:31撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピラミッド型の常念岳
3
トトロと月がお似合いです。
2017年09月30日 17:48撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トトロと月がお似合いです。
3
テン場の灯り
2017年10月01日 04:27撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場の灯り
3
この日のモルゲンロートはほんの少し
2017年10月01日 05:43撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日のモルゲンロートはほんの少し
3
ザイテングラードへの道
2017年10月01日 08:59撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザイテングラードへの道
ザイテングラード
2017年10月01日 09:19撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザイテングラード
ザイテングラード
2017年10月01日 09:20撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザイテングラード
ザイテングラード
2017年10月01日 09:43撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザイテングラード
1
穂高岳山荘まであと少し
2017年10月01日 10:05撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘まであと少し
1
涸沢岳の横に槍ヶ岳が顔を出した
2017年10月01日 10:26撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢岳の横に槍ヶ岳が顔を出した
1
奥穂高岳山頂
2017年10月01日 10:59撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高岳山頂
1
一晩中曇っていたはずなのに朝焼け!
2017年10月02日 05:40撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一晩中曇っていたはずなのに朝焼け!
3
ということは!
2017年10月02日 05:40撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ということは!
2
やはり、きれいなモルゲンロート!
この後、直ぐ消えました。
2017年10月02日 05:45撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり、きれいなモルゲンロート!
この後、直ぐ消えました。
5
これを見たいため明神から対岸を歩きました。
でも、雨で空が真っ白だから、今一歩でした。
2017年10月02日 12:00撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これを見たいため明神から対岸を歩きました。
でも、雨で空が真っ白だから、今一歩でした。

感想/記録
by omurat

週末・晴天・紅葉のピーク
ということで、混雑を覚悟して紅葉の涸沢へ行ってきました。
想像を越える混雑でしたが、行って良かったです。
相棒と日程が合わず、一人だったのは残念でした。

まずはアカンダナ駐車場で5時前からのバス待ちの超長蛇の列!
これはいかん!とこれ以降休まず、急ぎ足で登りました。
なにせ、涸沢のテント場は石ころだらけ
いい所を確保することはとても重要です。
おかげで、いい場所を確保!
次にテント受付、トイレ、売店前、どこも超々長蛇の列!
完全にキャパオーバー
山小屋では蒲団一枚に4人という非人間的な状況です。
仕方なくテントなどを背負って来た訳ですが(^^ゞ

紅葉はもちろんきれいでした。
太陽の光が当たるとより一層輝きます。

下部のナナカマドはまだ緑色だったので、あと一週間は楽しめそうです。

2日目に奥穂高岳を目指しました。
25年ぶり3回目の登頂でした。
前回は無かった山頂の石造りの祠。
傷んだ木造の祠があったように覚えています。

ザイテングラードから下りたあたりで、いつの間にか空は雲で覆われてしまいました。
涸沢カールに入ってからは、美しい紅葉を撮影しながらなのでなかなか下りられません。
青空で無くなったのも残念です。

この日はビールではなく、涸沢小屋名物のソフトクリーム!

夕方からガスが湧いたりで、ずっと曇り。

翌朝は期待できないと思っていましたが、テントから覗くと東の空は朝焼け!
ということはと、テントから乗り出して西方を見ると、見事なモルゲンロート\(^_^)/
あっという間に消えてしまいました。
不思議なものです。

最終日、昼からは雨だと言うことで、ゆっくり片付けて出発。
すると、なんと早くも雨が降り出してしまいました。今回傘を持ってくるのを忘れたし、カッパを着ると汗だくになるので、そのまま急ぎ下山しました。

しばらく山に行けてなかったので、少しの不安がありましたが、重い荷物を背負って、無事に往復できたのは嬉しかったです。
3000mを超えるあたりから、筋肉疲労を感じるようになるのは年のせいなんでしょう(^^ゞ
訪問者数:224人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ