ヤマレコ

記録ID: 1278051 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

紅葉の涸沢 - 北穂、パノラマコース 屏風の耳

日程 2017年09月29日(金) 〜 2017年10月01日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
沢渡バスターミナル駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
5時間40分
休憩
2時間18分
合計
7時間58分
涸沢07:1207:22涸沢小屋10:10北穂高岳(北峰)11:0011:05北穂高小屋12:0514:32涸沢小屋15:0015:10涸沢
3日目
山行
5時間23分
休憩
2時間7分
合計
7時間30分
涸沢08:4408:47涸沢ヒュッテ08:5510:33屏風のコル12:1513:41中畠新道分岐14:19新村橋(パノラマ分岐)14:31徳澤園14:4214:43徳沢公衆トイレ14:4415:23徳本口(徳本峠分岐)15:28明神館15:3316:10河童橋16:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
パノラマコースは落石に注意(要メット)
その他周辺情報梓湖畔の湯は満員(120%)で、洗い場に待ち行列。

装備

個人装備 医薬品パック 細引き 小物パック(ヘッドランプ ラジオ ナイフ マッチ) レインウェア 防寒着 地図 磁石 水(500mlペットボトル) 行動・非常食(ドライフルーツ カシューナッツ) ストック 三脚 カメラ2台
共同装備 テント バーナー(PRIMUS) コッフェル 食料(ドライフード)

写真

テン場の夜景
翌日はさらに2倍の数に膨れ上がる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場の夜景
翌日はさらに2倍の数に膨れ上がる。
3
吊尾根と涸沢カール
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊尾根と涸沢カール
1
北穂南陵から見下ろす
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂南陵から見下ろす
1
北穂北峰から槍ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂北峰から槍ヶ岳
4
笠ヶ岳と白山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳と白山
2
北穂から見下ろす涸沢
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂から見下ろす涸沢
2
前穂から2-8峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂から2-8峰
3
滝谷ドーム方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝谷ドーム方面
1
日暮れの涸沢
気温がグッと下がります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日暮れの涸沢
気温がグッと下がります。
3
モルゲンロートに焼ける奥穂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モルゲンロートに焼ける奥穂
6
モルゲンロートに焼ける涸沢岳と涸沢槍
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モルゲンロートに焼ける涸沢岳と涸沢槍
6
モルゲンロートに焼ける北穂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モルゲンロートに焼ける北穂
3
紅葉を着飾った奥穂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉を着飾った奥穂
6
この角度からのショットが一番多いのでは?
でも、美しい!!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この角度からのショットが一番多いのでは?
でも、美しい!!!
9
涸沢ヒュッテと涸沢小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢ヒュッテと涸沢小屋
3
パノラマコースから見上げる涸沢岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマコースから見上げる涸沢岳
2
どっしりと、常念岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どっしりと、常念岳
2
屏風の耳から足下を覗く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屏風の耳から足下を覗く
1
大キレットと本谷カール
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大キレットと本谷カール
2
屏風の耳から足下を覗く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屏風の耳から足下を覗く
2
屏風の耳から真正面に広がる穂高連峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屏風の耳から真正面に広がる穂高連峰
3
屏風の耳から真正面に広がる涸沢カール
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屏風の耳から真正面に広がる涸沢カール
3
屏風ノ頭と槍ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屏風ノ頭と槍ヶ岳
3

感想/記録

28歳の頃に訪れて以来、30年ぶりの涸沢 😊
涸沢小屋ではおでんを賞味。あの頃と同じ関西風?うす味は変わらず。
しかし、マムートのビアジョッキで生ビールはなかったなぁ。
下山前日、山岳補導所でパノラマコースの状況を確認し、下山ルートに決定。
鎖場やロープの張られた箇所では、ザックの重さで後向きに谷底に引きこまれないよう、バランスに注意しながらの通行デシタ。
一カ所のガレ場では、小石ですが断続的な自然落石が見られました。ヘルメット必携です。
屏風の耳から、真正面に広がる穂高連峰、足元から遥か下方に流れる涸沢、同じ高度からの目線で眺める本谷カール、その向こうに槍ヶ岳、後方には蝶が岳、どっしりと構える常念岳等々、360度の大展望に感激し、うっかり下山時間を失念してしまいました。
慌てて屏風のコルから新村橋に向けて下山、なんとか16:14上高地バスターミナル到着。
涸沢カールは、人・人・人で、どこに行っても長~い人の行列でしたが、好天と絶景に癒され、そんなことはすべて忘れさせられた山旅でした。
訪問者数:136人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ