また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1279181 全員に公開 ハイキング剱・立山

立山 室堂から周回 紅葉は終わり始め

日程 2017年10月05日(木) 〜 2017年10月06日(金)
メンバー , その他メンバー2人
天候5日…晴れ 6日…曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 ケーブルカー等
アルペンルート扇沢駅の第1駐車場に車をとめました。
12時間¥1,000なので、24時間以上36時間未満だったので¥3,000しました。
バスは7時30分が始発、黒部平→大観峰のロープウェイは定員オーバーだったので、定期便直後の臨時便(5分後)に乗りました。
が、大観峰→室堂のバスは定期便のロープウェイに乗った人たちと同じ時間のバスに乗れました。
扇沢⇔室堂¥9,050(往復)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間54分
休憩
1時間26分
合計
6時間20分
S室堂09:2710:24一の越山荘10:4411:58雄山12:4813:06立山13:1713:23大汝休憩所13:2513:39富士ノ折立15:25浄土橋15:2715:38雷鳥沢ヒュッテ15:3915:47雷鳥荘
2日目
山行
29分
休憩
2分
合計
31分
雷鳥荘07:4808:07みくりが池08:0908:19室堂G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
室堂→一の越山荘
大きな石をコンクリートで固めた遊歩道です。
ジミに歩きづらかったです。

一の越山荘→富士の折立
浮石の多いガレた道です。

富士の折立→雷鳥沢キャンプ場
大走りって名前のルートです。
浮石の多いガレた長い下りです。

雷鳥沢キャンプ場→室堂
大きな石をコンクリートで固めた遊歩道です。
途中、火山ガスが噴出しているところがあり、要注意です。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

朝の扇沢駅です。
夜中に走ってきたのでまだ暗いうちに到着し、少々仮眠を取ってました。
目が覚めたら、いい天気!!
2017年10月05日 06:58撮影 by DSLR-A900, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の扇沢駅です。
夜中に走ってきたのでまだ暗いうちに到着し、少々仮眠を取ってました。
目が覚めたら、いい天気!!
黒部ダムからちょこっと見えた立山。
2017年10月05日 07:47撮影 by DSLR-A900, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部ダムからちょこっと見えた立山。
室堂に着きました。
雲は出ていますが、心配は要りませんでした。
大勢の登山者、観光客で賑やかです。
そして、正面には目指す山が。
2017年10月05日 09:25撮影 by DSLR-A900, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂に着きました。
雲は出ていますが、心配は要りませんでした。
大勢の登山者、観光客で賑やかです。
そして、正面には目指す山が。
一の越山荘にて。
富士山が見えました。
2017年10月05日 10:30撮影 by DSLR-A900, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の越山荘にて。
富士山が見えました。
一の越山荘にて。
7月に登った槍様を拝むことができました。
2017年10月05日 10:30撮影 by DSLR-A900, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の越山荘にて。
7月に登った槍様を拝むことができました。
1
ここからは本格的な登山道になります。
大勢の登山者が登っているのが見えました。
2017年10月05日 10:44撮影 by DSLR-A900, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは本格的な登山道になります。
大勢の登山者が登っているのが見えました。
雄山から剱岳。
10年近く前に登りました。
また登れるかな?
2017年10月05日 11:56撮影 by DSLR-A900, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄山から剱岳。
10年近く前に登りました。
また登れるかな?
1
雄山から黒部ダム。
2017年10月05日 12:00撮影 by DSLR-A900, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄山から黒部ダム。
7月に登った北鎌尾根&槍様。
それに続く穂高連峰。
いやぁ、いい眺め。
2017年10月05日 12:01撮影 by DSLR-A900, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7月に登った北鎌尾根&槍様。
それに続く穂高連峰。
いやぁ、いい眺め。
2
剱岳と富山の平野。
肉眼だと平野はもっとハッキリ見えて、海岸線やその先の能登半島まで見ることができました。
2017年10月05日 12:03撮影 by DSLR-A900, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳と富山の平野。
肉眼だと平野はもっとハッキリ見えて、海岸線やその先の能登半島まで見ることができました。
昼食後、大汝山に向けて。
前を歩くのは、一緒に登った職場の大センパイ。
2017年10月05日 12:46撮影 by DSLR-A900, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食後、大汝山に向けて。
前を歩くのは、一緒に登った職場の大センパイ。
1
富士の折立は登りませんでした。
2017年10月05日 13:32撮影 by DSLR-A900, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士の折立は登りませんでした。
富士の折立からの下り。
結構下っています。
2017年10月05日 13:42撮影 by DSLR-A900, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士の折立からの下り。
結構下っています。
1
大走りを下っている途中。
歩いてきた道。
2017年10月05日 14:01撮影 by DSLR-A900, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大走りを下っている途中。
歩いてきた道。
長い長い大走りを下ってきました。
大先輩と後輩。
下りきって安堵の休息です。
2017年10月05日 15:01撮影 by DSLR-A900, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い長い大走りを下ってきました。
大先輩と後輩。
下りきって安堵の休息です。
3
雷鳥沢から今日歩いた山を見る。
う〜ん、歩いた歩いた。
2017年10月05日 15:30撮影 by DSLR-A900, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥沢から今日歩いた山を見る。
う〜ん、歩いた歩いた。
2
雷鳥荘に泊まって、翌日のみくりが池。
曇ってしまっています。
やはり、昨日の天気はサイコーでした。
2017年10月06日 08:07撮影 by DSLR-A900, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥荘に泊まって、翌日のみくりが池。
曇ってしまっています。
やはり、昨日の天気はサイコーでした。
撮影機材:

感想/記録

職場の山好きな大センパイ&後輩との登山でした。
どこに登るか決める段階で僕は槍を推したんですが、往復で約45劼旅堋は長すぎるかと。
後輩が立山に登りたいと推してきたので、アルペンルートで標高2,500mまで運んでくれるし、手軽に3,000m級の山を歩けるので決定となりました。
そして、天気にも恵まれました。
前日、翌日ともに天気は良くなく、合間の好天の中稜線上では360°の大展望の中歩くことができました。
ちょっと時期が遅かったので、紅葉は終わりかけでした。
黒部平あたりが見ごろでしたね。
また、風もあまり吹かず、思ったよりも暖かい(ちょっと暑い?)中での登山でした。
防寒着を多めに用意しましたが、結果として必要なかったです。
関電トンネルのトロリーバスにも乗り納めができたし。
今回の登山で立山黒部アルペンルートの乗り物をすべて乗ったことになります。

さて、次はどこの山に登るかな?
訪問者数:191人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ