また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1287978 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走四国剣山

三嶺から剣山縦走

日程 2017年10月07日(土) 〜 2017年10月08日(日)
メンバー
 monky(CL)
, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
見ノ越駐車場〈リフト乗り場〉(無料)を利用。
見ノ越から名頃へは「ぐるっと剣山登山バス(1日2便)」@1,230円/1人で移動。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間34分
休憩
6分
合計
3時間40分
S名頃登山口11:5912:44林道登山口12:5014:16ダケモミの丘15:39三嶺ヒュッテ
2日目
山行
9時間24分
休憩
1時間10分
合計
10時間34分
三嶺ヒュッテ05:5706:16三嶺06:2407:22カヤハゲ08:06白髪避難小屋08:39平和丸08:4810:36高ノ瀬11:28丸石避難小屋12:0112:34丸石14:19次郎笈14:2215:19剣山15:2515:32剣山頂上ヒュッテ15:3615:54刀掛ノ松15:5516:06リフト西島駅16:1016:27見ノ越登山口16:2916:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所は特になし。

写真

見ノ越駐車場から名頃バス停まで三好市営バスで移動。
バスを降りて祖谷川にかかる橋を渡ると登山口のある駐車場はすぐ目の前。(橋を渡ってR439方向を振り向いた)
2017年10月07日 11:41撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見ノ越駐車場から名頃バス停まで三好市営バスで移動。
バスを降りて祖谷川にかかる橋を渡ると登山口のある駐車場はすぐ目の前。(橋を渡ってR439方向を振り向いた)
ここが三嶺への登山口のある名頃駐車場。
私たちと逆回りの広島県の男性と神奈川県の女性に行き会いました。トイレもあります。
2017年10月07日 11:41撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが三嶺への登山口のある名頃駐車場。
私たちと逆回りの広島県の男性と神奈川県の女性に行き会いました。トイレもあります。
東祖谷の名頃地区は「天空の村・かかしの里」と言われています。ここの駐車場でもかかしさんが出迎えてくれます。
2017年10月07日 11:41撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東祖谷の名頃地区は「天空の村・かかしの里」と言われています。ここの駐車場でもかかしさんが出迎えてくれます。
1
駐車場横の名頃登山口です。
2017年10月07日 12:07撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場横の名頃登山口です。
1
名頃発電所の施設でしょうか。登山道に入ると左下に見えます。
2017年10月07日 12:15撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名頃発電所の施設でしょうか。登山道に入ると左下に見えます。
1
気持ちのいい樹林帯を登りますが、なぜか撤去残骸なのか電柱の頭やケーブル、アンカーロッドが残置されているのが気になりました。
2017年10月07日 12:33撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちのいい樹林帯を登りますが、なぜか撤去残骸なのか電柱の頭やケーブル、アンカーロッドが残置されているのが気になりました。
50分ほど登ると登山道と林道が交差します。
2017年10月07日 12:53撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
50分ほど登ると登山道と林道が交差します。
1
林道を横断し登山道にもどると、ゆるやかで快適なウラジロモミの林が続きます。
シカ柵ネットがはってあります。ここでもシカ害。
2017年10月07日 14:10撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を横断し登山道にもどると、ゆるやかで快適なウラジロモミの林が続きます。
シカ柵ネットがはってあります。ここでもシカ害。
ダケモミの丘に到着。
ダケモミとはウラジロモミのこと。
2017年10月07日 14:15撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケモミの丘に到着。
ダケモミとはウラジロモミのこと。
樹林帯を抜けるとガレ場の急登に差し掛かります。
2017年10月07日 15:22撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けるとガレ場の急登に差し掛かります。
1
水場の案内板。
2017年10月07日 15:27撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場の案内板。
1
60mほど下りますが足場が悪いので注意が必要です。
今晩の炊事用の水を確保。
2017年10月07日 15:30撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
60mほど下りますが足場が悪いので注意が必要です。
今晩の炊事用の水を確保。
水場を過ぎたあたりから紅葉がすばらしかったです。
写真には撮れませんでしたが、マユミの古木にピンクの実がたくさんついていてとてもきれいでした、
2017年10月07日 15:51撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場を過ぎたあたりから紅葉がすばらしかったです。
写真には撮れませんでしたが、マユミの古木にピンクの実がたくさんついていてとてもきれいでした、
三嶺避難小屋に到着。
2017年10月07日 15:59撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三嶺避難小屋に到着。
2
小屋は2階建てでとてもきれい。
この日は15人ほどが泊まりました。
2017年10月07日 16:40撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋は2階建てでとてもきれい。
この日は15人ほどが泊まりました。
3
10月8日の曙景。
一番左の山が剣山(太郎岌)、そしてその右に次郎岌。
2017年10月08日 06:22撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10月8日の曙景。
一番左の山が剣山(太郎岌)、そしてその右に次郎岌。
1
三嶺のモルゲンロート。燃えるような朱色に染まっています。
2017年10月08日 06:19撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三嶺のモルゲンロート。燃えるような朱色に染まっています。
3
三嶺登頂。
遥か後方に石鎚山も見えます。
2017年10月08日 06:24撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三嶺登頂。
遥か後方に石鎚山も見えます。
1
カヤハゲへの下りは急坂。
2017年10月08日 06:38撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カヤハゲへの下りは急坂。
花の少ないこの時期はシコクブシが目立ちます。
2017年10月08日 06:58撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花の少ないこの時期はシコクブシが目立ちます。
カヤハゲ付近からの三嶺。
前方を屏風のように塞いでいる。
2017年10月08日 07:14撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カヤハゲ付近からの三嶺。
前方を屏風のように塞いでいる。
韮生越付近はきれいなすすき野が広がる。
2017年10月08日 07:41撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
韮生越付近はきれいなすすき野が広がる。
白髪山分岐付近から北方に滝雲が現れた。
2017年10月08日 08:13撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白髪山分岐付近から北方に滝雲が現れた。
こじんまりとかわいい白髪避難小屋。
2017年10月08日 08:20撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こじんまりとかわいい白髪避難小屋。
三角点のある平和丸(1,700.8m)を通過。
2017年10月08日 09:00撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点のある平和丸(1,700.8m)を通過。
真っ赤なクサモミジ。名前がわかりません。
(後で調べたらタカネオトギリだった。)
2017年10月08日 09:01撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ赤なクサモミジ。名前がわかりません。
(後で調べたらタカネオトギリだった。)
リンドウの花はたくさんありました。
2017年10月08日 09:07撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リンドウの花はたくさんありました。
中東山分岐の手間への稜線はミヤマクマザサのササ原が気持ちい。展望も最高。
この直後、昨日会った神奈川県の女性とすれ違いました。5時半に剣山頂上ヒュッテを出発したそうです。
2017年10月08日 09:32撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中東山分岐の手間への稜線はミヤマクマザサのササ原が気持ちい。展望も最高。
この直後、昨日会った神奈川県の女性とすれ違いました。5時半に剣山頂上ヒュッテを出発したそうです。
ミヤマアキノキリンソウ
2017年10月08日 10:00撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマアキノキリンソウ
中東山分岐付近から名頃方面を見下ろす。
あのあたりから歩いてきた。
2017年10月08日 10:00撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中東山分岐付近から名頃方面を見下ろす。
あのあたりから歩いてきた。
高ノ瀬付近にはオオヤマレンンゲの群落の看板がありました。四国で最大の群落だそうです。
2017年10月08日 10:25撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高ノ瀬付近にはオオヤマレンンゲの群落の看板がありました。四国で最大の群落だそうです。
高ノ瀬を通過。
ここへくる少し前に、昨日会ったもう一人の広島県の男性と行き会いました。今日中に名頃まで降りるそうです。
2017年10月08日 10:47撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高ノ瀬を通過。
ここへくる少し前に、昨日会ったもう一人の広島県の男性と行き会いました。今日中に名頃まで降りるそうです。
林の中にある丸石避難小屋。
ちょっと薄暗いので手前にある広場で昼食をとります。
2017年10月08日 12:11撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林の中にある丸石避難小屋。
ちょっと薄暗いので手前にある広場で昼食をとります。
林の中のササ原の稜線。陽ざしを遮り、気持ちよく歩けました。
2017年10月08日 12:23撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林の中のササ原の稜線。陽ざしを遮り、気持ちよく歩けました。
林を抜けると秀峰次郎岌そして兄弟峰の太郎岌(剣山)の雄姿がでかでかと現れました。
2017年10月08日 12:37撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林を抜けると秀峰次郎岌そして兄弟峰の太郎岌(剣山)の雄姿がでかでかと現れました。
丸石を通過。
2017年10月08日 12:42撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸石を通過。
いよいよ次郎岌の西の尾根に取り付く。この急勾配は三嶺避難小屋を出発して7時間あまりが経過しているのでちょっと辛い。
2017年10月08日 13:43撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ次郎岌の西の尾根に取り付く。この急勾配は三嶺避難小屋を出発して7時間あまりが経過しているのでちょっと辛い。
ようやく次郎岌に到着。本日歩いてきた美しい稜線の姿が見渡せる。
達成感で大満足。
2017年10月08日 14:26撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく次郎岌に到着。本日歩いてきた美しい稜線の姿が見渡せる。
達成感で大満足。
1
本日の最終目的ピーク、剣山。
木道が敷かれている。残念ながら頂上は見事に霞んでいる。リフトを使って上がってくる西島からの登山客がたくさんいた。
長居は無用、そそくさと見ノ越駐車場に下山した。
2017年10月08日 15:36撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の最終目的ピーク、剣山。
木道が敷かれている。残念ながら頂上は見事に霞んでいる。リフトを使って上がってくる西島からの登山客がたくさんいた。
長居は無用、そそくさと見ノ越駐車場に下山した。
1

感想/記録
by monky

徳島自動車道美馬ICから見ノ越駐車場までは狭くてカーブが多い長い林道(R438)を走らなければならなく、思いのほか時間がかり11時出発の名頃行きバスにぎりぎり間に合った。
名頃登山口からの初日の行程は約3時間半の三嶺避難小屋までなので、ここでゆっくり昼食をとった。駐車場わきにはベンチもトイレも完備されていてしっかり準備を整える。
避難小屋直下までは主に樹林帯の中を歩く、リボン等の登山道の目印もしっかりしていて道に迷うこともない。ただ水場の標識に差し掛かるとガレ場となり、とくに水場は登山道から離れ60mほど下るが足場が悪く転倒に注意が必要。水は潤沢。
三嶺避難小屋は2階建てで広くてとても清潔だった。この日は私たちをいれて15名くらいの宿泊者だった。トイレは別棟で小屋から50mくらい離れている。背の低いササハラを抜けていくが道が分かりずらいので明るいうちに一度ルートを確認しておく方が良い。
翌日は小屋を6時に出発。目の前の三嶺のツツジの紅葉も素晴らしかったが、真っ赤に染まる三嶺のモルゲンロートに感激した。頂上では好天に恵まれ遠くに石鎚山をハッキリ見ることができた。
三嶺からカヤハゲへの下りは鎖場のある急坂だが、全般的に稜線はなだらかで、ススキノ、ミヤマクマザサの原がとても気持ちがいい。時折樹林に入り陽ざしを遮ってくれたので暑いこの日は助かった。
眺望もよく快適に白髪避難小屋、高ノ瀬と歩いてきたが距離のある行程だけに丸石に着いた頃には、どっと疲れもでてきて、次郎岌を見上げるとためいきがでた。
しかし素晴らしい眺めであった。もう一踏ん張りと最後の気力を振り絞って次郎岌に登った。
次郎岌の頂上はいままでの静かな稜線と打って変わって、都会の喧騒のよう。
剣山方面からたくさんの登山客が訪れていた。
それでも振り返ると今日歩いた稜線が一目でわかり、大きな達成感を味わえた。
ここまでくると剣山へは惰性でまっしぐら。大勢の人をかき分け木道の頂上で写真を撮り、一目散に見ノ越の駐車場へと下山した。
距離のあるコースだが剣山へいかれるならぜひこのコースをお勧めしたい。
訪問者数:163人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/9/30
投稿数: 2368
2017/10/14 21:42
 丸石〜次郎岌で
monkyさん、こんばんは。
丸石〜次郎岌で抜きつ抜かれつした者です。
お話しさせて頂き、ありがとうございました!
旦那さまの大きなザック姿、格好良かったですよ♪

お会いした頃は私も疲れが出始めた頃で、
でも、あの丸石からの次郎岌を見て、
お話しさせて頂いてパワー出ました
お天気に恵まれて素晴らしい稜線歩きができましたね〜。

翌日は石鎚だったんですね。
それからの長距離ドライブもお疲れさまでした。

私はあの日、一ノ森まで行ったらテントは私だけでした。
おかげで静かで満天の星を堪能できました。
またどこかでお会いできることを楽しみにしています!
登録日: 2015/9/27
投稿数: 8
2017/10/15 1:19
 Re: 丸石〜次郎岌で
dolceさん投稿ありがとうございました。
丸石から見た次郎岌はすばらしかったですね。

dolceさんのパワーには圧倒されました。
かみさんもあの時は大分挫けていたようですがdolceさんの笑顔を見て励みになったようです。
いい写真がたくさんありますが一ノ森のテン場での星景写真はすばらしいですね。

長距離縦走たいへんお疲れさまでした。
こちらこそ、またどこかの山でお会いできることを楽しみにしています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ