また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 132008 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 白馬・鹿島槍・五竜

JWV 五龍岳・八ツ峰キレット・鹿島槍ヶ岳縦走

情報量の目安: S
-拍手
日程 2010年07月30日(金) ~ 2010年08月01日(日)
メンバー
 aaib1360(CL)
, その他メンバー5人
天候7/30 曇・霧・雨
7/31 小雨・霧・のち曇り
8/01 霧・のち曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
白馬五龍エスカルプラザ前に駐車場有。
大糸線神城、信濃大町駅下車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

30日 エスカルプラザ7:30=7:40アルプス平7:50-8:10地蔵の頭
   8:20-11:10大遠見山11:40-12:20西遠見山12:30-14:45
五竜山荘(泊)
31日 五竜山荘5:10‐6:25五竜岳6:50‐7:50G58:00‐9:15
   北尾根の頭9:30‐10:00口の沢のコル‐11:30キレット
   小屋12:10‐14:30鹿島槍ヶ岳北峰分岐‐14:36北峰14
   :42‐14:50分岐‐15:45鹿島槍ヶ岳南峰15:50‐16:40
   布引岳16:50‐17:45冷池山荘(泊)
01日 冷池山荘6:30‐9:00種池山荘9:10‐9:50石ベンチ10:
   10‐12:00扇沢柏原新道登山口
コース状況/
危険箇所等
五龍岳から八ツ峰キレットを越えるまでは、油断は禁物です。
落石、滑落には十分に注意の事。
ルートはしっかりしており、ガスの中でも白ペンキ印
が良く見えるので、安心してください。
遠見尾根、鹿島槍から扇沢までは、一般登山道です。
種池山荘からの下りで、一か所雪道のトラバースがあります。
ステップが切ってあるので安心です。
過去天気図(気象庁) 2010年07月の天気図 [pdf]

写真

エスカルプラザからテレキャビンで
アルプス平に行きます。
2010年07月30日 07:06撮影 by C2Z,D520Z,C220Z , OLYMPUS OPTICAL CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エスカルプラザからテレキャビンで
アルプス平に行きます。
アルプス平を後に、五竜山荘まで登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アルプス平を後に、五竜山荘まで登ります。
地蔵ノ頭です。
天気は今一だ…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵ノ頭です。
天気は今一だ…
わが母校の山小屋です。
又正月お世話になるかもね…
2010年07月30日 08:02撮影 by C2Z,D520Z,C220Z , OLYMPUS OPTICAL CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わが母校の山小屋です。
又正月お世話になるかもね…
木の間から見えるのが小遠見です。
2010年07月30日 09:58撮影 by C2Z,D520Z,C220Z , OLYMPUS OPTICAL CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の間から見えるのが小遠見です。
大遠見まで来ました。
アルプス平から3時間40分です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大遠見まで来ました。
アルプス平から3時間40分です。
これからも延々と登りが続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これからも延々と登りが続きます。
右側は谷間で切れ落ちております。転倒、滑落にご注意です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側は谷間で切れ落ちております。転倒、滑落にご注意です。
延々と登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
延々と登ります。
まだまだ先です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ先です。
さすが遠見尾根、長いですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすが遠見尾根、長いですね。
まだ先がありそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ先がありそうです。
シラタケ沢が見えて来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラタケ沢が見えて来ました。
遠見尾根の分岐点に着きました。
遠見尾根は終わりです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠見尾根の分岐点に着きました。
遠見尾根は終わりです。
今夜、泊まる五竜山荘が眼下に見えます。アルプス平から7時間でした。
2010年07月30日 14:40撮影 by C2Z,D520Z,C220Z , OLYMPUS OPTICAL CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今夜、泊まる五竜山荘が眼下に見えます。アルプス平から7時間でした。
今朝は雨です。
ガスの中、五龍を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今朝は雨です。
ガスの中、五龍を目指します。
五龍岳山頂です。
何も見えませんね…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五龍岳山頂です。
何も見えませんね…
久しぶりの山頂です。
2010年07月31日 06:39撮影 by C2Z,D520Z,C220Z , OLYMPUS OPTICAL CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりの山頂です。
1
延々と岩稜を歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
延々と岩稜を歩きます。
何とかルートは分かります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とかルートは分かります。
ガスのため高度感がありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスのため高度感がありません。
岩場のアップダウンが連続してあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場のアップダウンが連続してあります。
くれぐれも滑落をしないように・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くれぐれも滑落をしないように・・・
クサリにつかまって・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサリにつかまって・・・
少し視界が開けて来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し視界が開けて来ました。
八ツ峰キレット方面が眼前に…
2010年07月31日 11:28撮影 by Canon PowerShot SX100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ツ峰キレット方面が眼前に…
八峰キレット小屋が見えました。
2010年07月31日 11:26撮影 by C2Z,D520Z,C220Z , OLYMPUS OPTICAL CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八峰キレット小屋が見えました。
五竜山荘から6時間20分かかっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜山荘から6時間20分かかっています。
これから鹿島槍を目指して登ります。仲間3人が手を振っています。
ここで今夜は泊まるそうです。だいぶばてたようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから鹿島槍を目指して登ります。仲間3人が手を振っています。
ここで今夜は泊まるそうです。だいぶばてたようです。
まだまだ登りが続きます。
落ちないようしましょうね…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ登りが続きます。
落ちないようしましょうね…
鹿島槍ヶ岳が遠くに見えます。
2010年07月31日 16:35撮影 by C2Z,D520Z,C220Z , OLYMPUS OPTICAL CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳が遠くに見えます。
噂の八峰キレットに突入です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噂の八峰キレットに突入です。
無事通過しました・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事通過しました・
鹿島槍は遠いですね…
2010年08月01日 04:47撮影 by C2Z,D520Z,C220Z , OLYMPUS OPTICAL CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍は遠いですね…
やっと北峰に着きました。
キレット小屋から2時間20分かかりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと北峰に着きました。
キレット小屋から2時間20分かかりました。
カクネ里の雪渓が眼下に見えます。
2010年07月31日 12:47撮影 by C2Z,D520Z,C220Z , OLYMPUS OPTICAL CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カクネ里の雪渓が眼下に見えます。
鹿島槍ヶ岳南峰です。
2回目も展望なしです。
このコースは再チャレンジの価値がありますね…
ただし晴れた時です。
2010年07月31日 15:45撮影 by C2Z,D520Z,C220Z , OLYMPUS OPTICAL CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳南峰です。
2回目も展望なしです。
このコースは再チャレンジの価値がありますね…
ただし晴れた時です。
1
後1時間10分で冷池山荘です。
ガンバロ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後1時間10分で冷池山荘です。
ガンバロ〜
布引山の稜線です。
まわりの雰囲気が全然違いますね…
2010年07月31日 16:16撮影 by C2Z,D520Z,C220Z , OLYMPUS OPTICAL CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
布引山の稜線です。
まわりの雰囲気が全然違いますね…
昨日は五竜山荘から12時間30分も掛かりました。くたくたでした。
翌朝の冷池山荘です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日は五竜山荘から12時間30分も掛かりました。くたくたでした。
翌朝の冷池山荘です。
この山行で初めて晴れて
剱岳が見えました。
2010年08月01日 05:04撮影 by C2Z,D520Z,C220Z , OLYMPUS OPTICAL CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この山行で初めて晴れて
剱岳が見えました。
立山連峰です。
2010年08月01日 05:05撮影 by C2Z,D520Z,C220Z , OLYMPUS OPTICAL CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山連峰です。
爺ケ岳の登りですが、
だいぶ疲れています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ケ岳の登りですが、
だいぶ疲れています。
種池山荘からの下り、扇沢本谷の雪渓です。
冷池山荘から扇沢まで6時間です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種池山荘からの下り、扇沢本谷の雪渓です。
冷池山荘から扇沢まで6時間です。

感想/記録

30日 曇り・霧
集合時間6時30分に全員集合。
神奈川組は前夜、神城のロッジに泊まり、東京組は夜行バスで到着。朝食後、エスカルプラザ前からゴンドラに乗り、アルプス平(1515m)へと行く。ゴンドラの下は、冬はスキー場であるが、ガスっていてあまり景色が見えない。10分ほどでアルプス平に着くが、下りた所から地蔵の頭までは、白馬五竜高山植物園になっている。ここにはスイスやヒマラヤの花が植えられ,「ヒマラヤの青いケシ」も咲いているそうだ。遊歩道を登り地蔵の頭(1676m)に到着。あいにくの天気で展望が良くない。晴れていれば白馬三山や唐松岳、八方尾根が眼前に見えるのだが残念である。一服後、笹が生い茂った尾根道を小遠見山目指して登るが、木道の階段道と急な登りのため汗をかく。晴れていたら熱中症になりそうな道だ。小遠見山の山頂に寄らず、巻き道を通り大遠見山を目指す。足元には高山植物の花が咲き乱れているが、もくもくと登り、中遠見山を過ぎ、やっと大遠見山(2107m)に着く。アルプス平から歩いて3時間20分。天気ははっきりせず、展望はなし。これから西遠見山を越え白岳(2451m)まで標高差350mを登る。西遠見山までは割と緩やかな登りで残雪、池塘もあり楽な道である。いよいよ本日最後の登りがやって来た。ガスの切れ間から白岳沢の雪渓が見え、岩尾根が前を塞ぐ。これを登りきらないと、今夜の宿泊地に着かない。二か所のクサリ場を通過し、やっと草地の高山植物が咲き乱れる、白岳に着く。大遠見山から2時間40分かかる。展望は良くないが雲の切れ間から唐松岳方面が少し見え、五竜岳方面は雲の中である。しばし休憩の後、五竜山荘に着く。アルプス平から歩きだして、7時間、標高差940mの長い登りであった。手続きを済ませ部屋に案内されるが、我々6名は1室をあてがわれ、今夜はゆっくり眠れそうだ。外は本格的な雨となる。もう少し遅く着いていたら、我々もずぶぬれであっただろう。何と付いていることか。夕食は17時からなので、持ち寄った酒、つまみで本日の反省会を行う。明日は五竜岳まで行き、天候を見て1日の行動を判断することにする。夕食はワンパターンの、カレーライスである。
31日 ガス、小雨、曇り
朝食は5時30分から並んだ順なので、前夜予約しておいた弁当を部屋で食べて出発の準備だ。外はガスで視界利かず、5時10分に五竜岳(2814m)に向かう。標高差350mの登りだが、岩峰は見えず、G0、G2(Gはグラード・痩せた岩尾根の略)は気づかずに通過する。山頂直下の岩壁をすぎ、クサリ場を通過して五竜岳に登りつく。三角点は縦走路から奥まった地点にある。視界が悪く、展望が利かない山頂で記念写真を撮り、皆の意見を聞き鹿島槍ヶ岳に向かう。これから八峰キレットを通過するまでは、厳しい岩峰のアップダウンやクサリ場が連続するので、気を引き締めて行動する。五竜岳直下は急斜面のガレ場で、浮石が多い。落石や滑落に要注意だ。G4、G5は展望も無いのでわけもなく歩き、G5を通過したのは山頂から1時間かかった。G5の岩場を過ぎると、続いて茶褐色のガレ場に出る。ハイマツの小岩峰を越え、崩れやすい急な壁は2段のハシゴで越える。やがて平坦な北尾根の頭に着く。ここは晴れていれば抜群の眺望で、正面に双耳峰の鹿島槍ヶ岳、振り返れば五竜岳の荒々しい山容が見られる所だが、何も見えない。厳しい岩稜が連続しただけに15分程休む。ハイマツの稜線を下ると口の沢のコルに着く。五竜岳から標高差400mを下ってくる。コルから三段登りと呼ばれる岩場の急登が続く。岩峰から、岩がゴロゴロした沢状の道を下ってキレット沢のコルへ。さらに岩峰を越え、クサリ伝いに進むと突然、キレット小屋(2518m)が現れる。山頂から4時間40分の間、厳しい岩峰を良く歩いたものだ。昼食とするが、Yさん、Tさんがここで今夜は泊ると言う。無理に引きとめると、これから八峰キレット越え、鹿島槍ヶ岳の登り、布引岳から冷池山荘までは一緒に行くには、キレット小屋泊まりとする方が無難のようだ。Oさんが残ってくれると言うので、2パーテイーに分かれることにする。休憩後、YTさん、TYさん、私の3名で冷池山荘に向かう。キレット小屋の横から急峻な岩場に取り付く。カクネ里側の岩壁に固定されたクサリ伝いに八峰キレットの上部に出る。前方に行く手をさえぎるように垂直の岩壁が迫ってくる。迫力十分だ。鉄バシゴで鞍部に下りた所が八峰キレットの核心部だ。切り立った岩壁に張られたクサリをしっかり握り、慎重に通過する。信州側から黒部側の岩壁に回り込み、ハシゴを登って八峰キレットの難所は終わる。鹿島槍ヶ岳北峰(2842m)までは岩混じりのハイマツの急斜面をジグザグに登ってゆく。やっと分岐の吊尾根に出る。キレット小屋から2時間20分、標高差300mの登りであった。展望は利かないが、北峰往復をする。南峰までは吊尾根を進み、急斜面を登って到着する。コースタイムは25分と書いてあるが、50分かかる。間違えでは無いのだろうか?後立山連峰の盟主の南峰はガスの中、誰もいない。大パノラマは何も見えない。時間は15時50分、早々と山頂を後にする。非対称山稜の縁を下る。岩礫の斜面からハイマツ帯を進み布引岳へ。山頂では、長野県の遭対協の方が待っており、後ろから来る人はいないか?と聞かれる。遭難防止のために、夏の時期は居るそうだ。布引岳を後にし、ハイマツの急斜面をジグザグに下って、チングルマが咲くお花畑とテント場を通過し樹林帯に囲まれた冷池山荘に到着する。到着17時45分。五竜山荘を出て12時間35分後にやっと着く。長い一日であった。展望には恵まれなかったが、雨に降られなかったことと、事故が無かったことに感謝する。キレット小屋組は、今頃どうしているのか、気になる。山荘は満員だが、予約をしていたので寝る場所は確保できた。夕食はラストの19時30分からである。夕食までは、自炊室で途中であったパーテイーと合コンである。楽しいひと時を過ごす。
8月1日 ガス、曇り時々晴れ
日の出時は、鹿島槍ヶ岳が良く見え、裏のテラスからも釼岳、立山連峰も見え、写真を撮りまくったが、6時30分出発の時はまたガスの中である。樹林帯を進み冷乗越を過ぎ爺ケ岳までは、岩礫のゆるやかなハイマツの道を歩くが、展望が全くないため、これほどつまらない道は無い。広いハイマツ帯を歩き、種池山荘に着く。ベンチは登山客で一杯だ。扇沢まで1100mの下りだ。登ってくる登山者と多数すれ違う。途中にはまだ雪渓があり、ステップを切った所をトラバースしながら渡る。暑い、膝が痛い、足も痛い。3時間をかけて扇沢登山口に到着する。YTさんは、所用があるので途中から先に行ってもらう。携帯にOさんから連絡が入っていた。キレット小屋を5時30分に出発し、鹿島槍ヶ岳南峰に8時30分に3名無事に着いたとのこと。ブロッケンが見られたとのことです。天候には恵まれませんでしたが、たくさんの高山植物に会え、楽しい思い出が出来たと思います。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:4208人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ