また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1375939 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

寒波襲来!厳冬の赤岳・横岳・硫黄岳縦走

日程 2018年02月06日(火) 〜 2018年02月07日(水)
メンバー
天候◆6日  曇り時々晴間 山頂部はガス強風10蛋宛
◆7日  ガスまれに晴れ間 強風10蛋宛紂‖羣促瞭〜大ダルミは15〜20
アクセス
利用交通機関
車・バイク
◆赤岳山荘駐車場 1,000円×2日
 美濃戸口〜赤岳山荘までの林道は、圧雪・凍結・轍あり
 4WD+スタッドレス+後輪チェーンで入りました
 2WD+スタッドレス+チェーンでは坂を上れずスタックの恐れ大です
 無理せず美濃戸口の駐車場を利用した方が良いでしょう
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間12分
休憩
43分
合計
5時間55分
S赤岳山荘駐車場08:2009:05堰堤広場09:1410:04赤岳鉱泉10:1410:52行者小屋11:1011:37阿弥陀岳分岐11:3912:57文三郎尾根分岐12:5813:43赤岳13:4513:49赤岳頂上山荘13:5014:15赤岳天望荘
2日目
山行
4時間56分
休憩
1時間0分
合計
5時間56分
赤岳天望荘07:4507:50地蔵の頭07:5208:00二十三夜峰08:0108:27日ノ岳08:3608:41鉾岳08:4608:54石尊峰09:14横岳(三叉峰)09:1509:25横岳(無名峰)09:2609:32横岳(奥ノ院)09:3809:53台座ノ頭10:23硫黄岳山荘10:3010:59硫黄岳11:0011:18赤岩の頭11:2211:58ジョウゴ沢12:07赤岳鉱泉12:2913:00堰堤広場13:0113:41赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆赤岳山荘P〜赤岳鉱泉(北沢ルート)〜行者小屋
 ツボ足でも問題ないが、林道ショートカットの場合「氷の道」です。要注意
 行者小屋までチェーンスパイク使用
◆文三郎尾根
 階段は埋まっており、鎖は出ています
◆赤岳〜横岳
 薄いがトレース痕跡あり
 東側・・吹き溜りでは膝〜股下のラッセル
 西側・・鎖は概ね出ていて使用可
◆台座ノ頭〜硫黄岳
 言わずと知れた強風地帯、積雪薄くミックス状態、凍傷注意
その他周辺情報◆日帰り入浴
 「もみの湯」利用 500円
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

駐車場の気温−13℃
2018年02月06日 07:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場の気温−13℃
北沢コースで入ります
2018年02月06日 08:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢コースで入ります
林道ショートカットします
2018年02月06日 08:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道ショートカットします
「氷の道」
2018年02月06日 08:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「氷の道」
1
堰堤広場から青空に期待
2018年02月06日 09:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤広場から青空に期待
1
気持ちの良い林の中を進む
2018年02月06日 09:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い林の中を進む
見上げるとブルー
2018年02月06日 09:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げるとブルー
8
赤岳鉱泉到着
2018年02月06日 10:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉到着
2
横岳西壁を望む
2018年02月06日 10:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳西壁を望む
2
陽が射すとついつい見上げてしまう
2018年02月06日 10:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽が射すとついつい見上げてしまう
6
行者小屋にはテント数張
2018年02月06日 11:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋にはテント数張
ボトルの水も半分凍った状態
2018年02月06日 11:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボトルの水も半分凍った状態
3
文三郎尾根から振り返る
2018年02月06日 12:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎尾根から振り返る
1
階段は埋まっていました
2018年02月06日 12:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段は埋まっていました
晴れていれば中岳と阿弥陀岳のベストアングルなのだが
2018年02月06日 12:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れていれば中岳と阿弥陀岳のベストアングルなのだが
2
ガスが切れると青空が
2018年02月06日 12:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが切れると青空が
2
スポットライト
2018年02月06日 12:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スポットライト
2
阿弥陀岳山頂はガスの中
2018年02月06日 12:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳山頂はガスの中
1
阿弥陀岳分岐まで来ると風が強くなってきた
2018年02月06日 12:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳分岐まで来ると風が強くなってきた
山頂はさらに風が強そう
2018年02月06日 12:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はさらに風が強そう
2
一瞬阿弥陀岳に後光が射す
2018年02月06日 13:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬阿弥陀岳に後光が射す
3
キレット方面との分岐、ここまで来れば山頂までもう少しだ
2018年02月06日 13:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレット方面との分岐、ここまで来れば山頂までもう少しだ
1
登って来たルートを見下ろす
2018年02月06日 13:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登って来たルートを見下ろす
2
赤岳山頂到着
2018年02月06日 13:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山頂到着
3
2月の赤岳は2回目だ
2018年02月06日 13:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2月の赤岳は2回目だ
1
中央の登山者はキレットを越えてきて、今日は硫黄岳山荘まで行くそうです。もちろんテン泊、スゴシ!
2018年02月06日 14:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央の登山者はキレットを越えてきて、今日は硫黄岳山荘まで行くそうです。もちろんテン泊、スゴシ!
2
今日のお宿「赤岳天望荘」
2018年02月06日 14:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のお宿「赤岳天望荘」
1
贅沢にも二人用個室でゆったり、なぜでしょう?
2018年02月06日 15:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
贅沢にも二人用個室でゆったり、なぜでしょう?
4
ボリュームたっぷりな夕食
2018年02月06日 17:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボリュームたっぷりな夕食
6
個室棟へ続くトンネルは秘密基地の様
2018年02月06日 17:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
個室棟へ続くトンネルは秘密基地の様
2
朝食も美味しかったです
2018年02月07日 05:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝食も美味しかったです
4
日の出時刻、外に出て様子を見る。気温−25℃、笑えるぜ!
2018年02月07日 06:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出時刻、外に出て様子を見る。気温−25℃、笑えるぜ!
4
強風・ガスだが薄っすらピンクに染まる。風速10辰呂△襦体感温度−35℃以下だな、覚悟を決める、笑えない!
2018年02月07日 06:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風・ガスだが薄っすらピンクに染まる。風速10辰呂△襦体感温度−35℃以下だな、覚悟を決める、笑えない!
5
山頂方面のガスもそれほど濃くない感じ
2018年02月07日 06:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方面のガスもそれほど濃くない感じ
厳冬稜線のオアシス、天望荘。お世話になりました。いざ出発!
2018年02月07日 07:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
厳冬稜線のオアシス、天望荘。お世話になりました。いざ出発!
1
お地蔵さん、おはようございます。進むか降りるかご相談、どんなもんでございましょう?
2018年02月07日 07:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お地蔵さん、おはようございます。進むか降りるかご相談、どんなもんでございましょう?
2
すると、ガスが薄れ陽射しが!
2018年02月07日 07:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すると、ガスが薄れ陽射しが!
1
二十三夜峰が姿を現す、心は出発時に決まっていた。7・3でチャレンジ!お地蔵さんのお告げか。無事の下山を祈り前進!
2018年02月07日 07:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二十三夜峰が姿を現す、心は出発時に決まっていた。7・3でチャレンジ!お地蔵さんのお告げか。無事の下山を祈り前進!
4
以後山行中8〜9割ガスの中
2018年02月07日 07:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以後山行中8〜9割ガスの中
時折ガスが切れたときがシャッターチャンス
2018年02月07日 08:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折ガスが切れたときがシャッターチャンス
心もとない太陽、もっと来い〜
2018年02月07日 08:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
心もとない太陽、もっと来い〜
赤岳を振り帰るがガスの中
2018年02月07日 08:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳を振り帰るがガスの中
1
おお〜!日ノ岳か
2018年02月07日 08:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお〜!日ノ岳か
3
太陽拝めるだけで心強い
2018年02月07日 08:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽拝めるだけで心強い
1
今回一番緊張したルンゼ状のトラバース箇所を振り返って1枚、奥はパウダー、手前は硬め。フロントポインティング・ダガーポジションでカニの横ばい移動。
2018年02月07日 08:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回一番緊張したルンゼ状のトラバース箇所を振り返って1枚、奥はパウダー、手前は硬め。フロントポインティング・ダガーポジションでカニの横ばい移動。
1
赤線のルートを取りました、トラバース点までは膝上ラッセル
2018年02月07日 08:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤線のルートを取りました、トラバース点までは膝上ラッセル
ミス出来ない雪壁トラバース、気合入れました。
2018年02月07日 08:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミス出来ない雪壁トラバース、気合入れました。
2
ここ、戻りたくはない
2018年02月07日 08:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ、戻りたくはない
岩から奥パウダー、手前硬めの雪壁。わずか10数m程だが落ちたら終りの緊張感、少しビビリました(笑)
2018年02月07日 08:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩から奥パウダー、手前硬めの雪壁。わずか10数m程だが落ちたら終りの緊張感、少しビビリました(笑)
4
鉾岳は西側に廻り込む
2018年02月07日 08:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉾岳は西側に廻り込む
鎖は出ていた
2018年02月07日 08:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖は出ていた
1
三叉峰かな?
2018年02月07日 08:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三叉峰かな?
西側は雪がつきません、鎖を使って下りてきた
2018年02月07日 08:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側は雪がつきません、鎖を使って下りてきた
ガスの切れ間にブルー
2018年02月07日 08:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの切れ間にブルー
3
言葉がない
2018年02月07日 09:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
言葉がない
3
厳寒の世界
2018年02月07日 09:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
厳寒の世界
1
神の領域か
2018年02月07日 09:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神の領域か
1
東側に伸びる杣添尾根
2018年02月07日 09:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側に伸びる杣添尾根
三叉峰到着
2018年02月07日 09:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三叉峰到着
1
縦走路を振り帰る、ガスが凄い速さで流れていく
2018年02月07日 09:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路を振り帰る、ガスが凄い速さで流れていく
1
主峰奥ノ院を目指し進む、ここまで来たら撤退は無い。前進あるのみ!
2018年02月07日 09:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主峰奥ノ院を目指し進む、ここまで来たら撤退は無い。前進あるのみ!
3
相変わらず風は強い、シュカブラが綺麗だ
2018年02月07日 09:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらず風は強い、シュカブラが綺麗だ
1
良い感じになってきた
2018年02月07日 09:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い感じになってきた
奥の院までもう少し
2018年02月07日 09:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の院までもう少し
やったぜ!横岳主峰奥ノ院到着
2018年02月07日 09:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やったぜ!横岳主峰奥ノ院到着
8
おお〜山ノ神の計らいか。ガスが切れ赤岳・阿弥陀岳が姿を現す。心が震えた
2018年02月07日 09:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお〜山ノ神の計らいか。ガスが切れ赤岳・阿弥陀岳が姿を現す。心が震えた
3
登頂を待っていたかのタイミングでこの絶景
2018年02月07日 09:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂を待っていたかのタイミングでこの絶景
9
誰もいない山頂、絶景独り占め
2018年02月07日 09:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰もいない山頂、絶景独り占め
3
最強寒波で北アはさすがに雲の中だ
2018年02月07日 09:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最強寒波で北アはさすがに雲の中だ
硫黄岳もガスの中
2018年02月07日 09:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳もガスの中
1
赤岳・阿弥陀岳は10分程でまたガスの中に消えた。先へ進もう
2018年02月07日 09:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳・阿弥陀岳は10分程でまたガスの中に消えた。先へ進もう
ここのトラバースも慎重に
2018年02月07日 09:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのトラバースも慎重に
2
奥ノ院を振り帰る。カッコイイね
2018年02月07日 09:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥ノ院を振り帰る。カッコイイね
3
富士山発見、見落とすとこでした
2018年02月07日 09:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山発見、見落とすとこでした
5
シュカブラ
2018年02月07日 09:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュカブラ
2
強風地帯突入!15~20耽瓩い討泙后2薪戮耐風姿勢でやり過ごす
2018年02月07日 09:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風地帯突入!15~20耽瓩い討泙后2薪戮耐風姿勢でやり過ごす
7つのケルン毎に風除けしながら硫黄岳到着、ここまで来れば一安心。早々に下山
2018年02月07日 10:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7つのケルン毎に風除けしながら硫黄岳到着、ここまで来れば一安心。早々に下山
2
赤岩の頭の下降点から下をのぞみ込むと、登ってくる人が。しばし待つ。たどたどしい日本語の挨拶、海外組みらしい。本日始めて人と出会う。お蔭でラッセル済のビクトリーロードを快適に降る
2018年02月07日 11:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩の頭の下降点から下をのぞみ込むと、登ってくる人が。しばし待つ。たどたどしい日本語の挨拶、海外組みらしい。本日始めて人と出会う。お蔭でラッセル済のビクトリーロードを快適に降る
1
山頂方面は強風吹きすさぶガスに包まれていた
2018年02月07日 11:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方面は強風吹きすさぶガスに包まれていた
赤岳鉱泉到着
2018年02月07日 12:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉到着
1
昼過ぎでまだ−13℃、しまった!山頂で気温確認忘れた。絶景と感動で余裕なし。おそらく−25度以下かと。
2018年02月07日 12:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼過ぎでまだ−13℃、しまった!山頂で気温確認忘れた。絶景と感動で余裕なし。おそらく−25度以下かと。
1
アイスキャンディーの後方には、薄っすらと横岳の西壁が。おやじチャレンジ、ミッション終了!
2018年02月07日 12:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイスキャンディーの後方には、薄っすらと横岳の西壁が。おやじチャレンジ、ミッション終了!
1
もみの湯で入浴後、目薬注そうとしたらまだ凍っていた。融けたら使用可能?(笑)
2018年02月07日 15:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もみの湯で入浴後、目薬注そうとしたらまだ凍っていた。融けたら使用可能?(笑)
帰り道の車窓からラストの1枚。今日は山頂付近だけ雲の中だった様です。
2018年02月07日 15:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道の車窓からラストの1枚。今日は山頂付近だけ雲の中だった様です。
3

感想/記録

雪山レベルアップとして、厳冬期の赤岳〜横岳〜硫黄岳縦走にチャレンジ!

自称、雪山中級のオヤジとしては上級目指し、過去には16年2月の赤岳、同じく阿弥陀岳、3月上旬の西穂高岳、他にも雪山にはまってしまっている。
八ヶ岳のメジャールート、以前から挑戦しようと思っていた。
体力的に日帰りは無理なので、厳冬期営業中の「赤岳天望荘」にお世話になる。

烈風吹きすさぶ稜線に建つ小屋は、まるでオアシスだ。
受付を済ませると、指定されたのは二人用個室。
ラッキーと思いきや、宿泊者は自分1人との事!マジかぁ〜。
食事はボリュームたっぷり、食べ切れませんでした。ごめんなさい。
夜は湯たんぽでぬくぬく。至れり尽くせり、感謝!
そうそう、モンベルカードで500円引きでした。

二日目の朝、ゆっくりと出発準備を整える。
地蔵尾根を登って来た二人組みと話をする。雪の状況は問題ないとの事、一安心。
この時、心の中では7・3でチャレンジしようと決めていた。
状況次第で引き返せるポイントまで進もうと。

意を決して出発。
外はガスで真っ白、風も強いが雪面にアイゼンが気持ちよく決まる。
地蔵の頭で、お地蔵様に相談していると奇跡の瞬間が!
ガスが薄れ、陽射しきた〜!進めとのお告げに違いない。

ガスが抜けると八ヶ岳ブルーな青空、そして数々の絶景が突然に現れる。
ガスの中と、絶景の繰り返し。
たまらん、しびれる、感動!

厳冬期のこのルート、しびれました。
吹き溜りのラッセル、ルート取り、雪壁のトラバース、風・防寒への対応、
自分のスキルではギリギリだったかな〜。

緊張感、達成感、絶景と、雪山の醍醐味が凝縮した山行でした。

PS
◆スマホはトラブル連発、堰堤広場辺りまでログ取れず再スタート、二日目は赤岳鉱泉手前で電源落ちたらしい。カイロ貼っていたがダメだったか。
◆二日間キンキンに冷えた車は、一発でエンジンかからず。セルの音が心もとない、
二発目、長めに回して始動。焦った・・・!








訪問者数:726人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/1/11
投稿数: 1
2018/2/10 13:34
 赤岩の頭の下で、すれ違った男です
あの日は誰にも会わなかったので、少々不安になってました。教えていただいたとおりに稜線に出たら台湾人のグループの方がいて、少々ホッとしました。おまけに台湾人の女性の方が、ワタシのiPhoneのシャッターも押してくれました。ワタシは2回目の冬山だったのですが、無事に何事もなく楽しく下山できました。冬山の縦走、、、いつかやってみたいです。
登録日: 2015/2/6
投稿数: 40
2018/2/10 15:08
 無題
bmwbikes36さんこんにちは。

山頂付近は天気が良くなくイマイチでしたが、時々見せる絶景はすばらしかったです。
グループは台湾の方だったんですね。
お互い、トレース使わせてもらい助かりましたネ。

雪山にハマって四年になりますが、今後も慎重かつ、大胆にチャレンジしたいと思います。

雪山最高ですね。
お互い安全に雪山楽しみましょう。
コメントありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ