また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1418693 全員に公開 アルパインクライミング八ヶ岳・蓼科

阿弥陀岳南稜

日程 2018年03月31日(土) 〜 2018年04月01日(日)
メンバー
天候快晴・無風
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
下山後の車の回収:八ヶ岳山荘でタクシーを呼び舟山十字路登山口Pまで約10分、料金は2,300円でした。歩くと約6kmあるので大変そうです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間29分
休憩
48分
合計
8時間17分
Sスタート地点05:2205:53南稜広河原取付05:5708:01立場岳08:1008:35青ナギ09:09無名峰09:1011:48阿弥陀岳12:1512:40中岳のコル12:4112:48中岳のコル登山道水場12:5012:59阿弥陀岳分岐13:06行者小屋13:0913:38赤岳鉱泉13:3913:39ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
1日目:船山十字路→南稜→阿弥陀岳山頂→中岳のコル→赤岳鉱泉(約8hr/9km)
2日目:赤岳鉱泉→八ヶ岳山荘(約2hr/7km)
コース状況/
危険箇所等
舟山十字路登山口にポストはありません。登山届は事前にオンライン申請する必要があります。今回は山ピコを利用しました。

3Pのルンゼは60mのザイルであれば2ピッチで行けるそうです。
50mの私たちは最後の15m程が足りず3ピッチになりました。ルンゼ内には支点が見当たらずカムも使えなかったので、2人ともアックスビレーになりました。潅木も脆くあまり信用できない様子です。スノーバーを持っていくべきでした。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

船山十字路登山口P。全部で3台、今日入る人は少なそうです。
2018年03月31日 05:19撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
船山十字路登山口P。全部で3台、今日入る人は少なそうです。
登山口ゲート
2018年03月31日 05:19撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口ゲート
南稜への取付き分岐を右へ。朽ちた看板とピンクテープがありました。
2018年03月31日 05:59撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南稜への取付き分岐を右へ。朽ちた看板とピンクテープがありました。
暫く進むと急登が現れました。雪の下は完全に凍っています。登山靴で突っ込んだので難儀しました。思わぬ核心部です。
2018年03月31日 06:01撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫く進むと急登が現れました。雪の下は完全に凍っています。登山靴で突っ込んだので難儀しました。思わぬ核心部です。
すぐにアイゼンを装着
2018年03月31日 06:18撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐにアイゼンを装着
また脱いで。今日はこれの繰り返しです
2018年03月31日 06:22撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また脱いで。今日はこれの繰り返しです
所々ツルッツルに凍っています
2018年03月31日 07:15撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々ツルッツルに凍っています
ようやくしっかりした雪道になってきました
2018年03月31日 07:24撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくしっかりした雪道になってきました
立場山に到着。ここで後ろからきた日帰りソロの男性に抜かれました。
2018年03月31日 08:03撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立場山に到着。ここで後ろからきた日帰りソロの男性に抜かれました。
視界が開けました。目指す阿弥陀岳山頂がはっきりと見えます。
2018年03月31日 08:23撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界が開けました。目指す阿弥陀岳山頂がはっきりと見えます。
3
青ナギ。雪少ないです
2018年03月31日 08:31撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青ナギ。雪少ないです
急登です
2018年03月31日 09:00撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登です
稜線に抜けると、ごつごつした岩場が目前に迫ってきました
2018年03月31日 09:23撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に抜けると、ごつごつした岩場が目前に迫ってきました
2
ここでギアを装着。念のためハードシェルも来てアンザイレンで進みます。
2018年03月31日 09:56撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでギアを装着。念のためハードシェルも来てアンザイレンで進みます。
1
振り返ると結構な稜線でした
2018年03月31日 10:01撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると結構な稜線でした
2
山頂付近は全く雪がなく夏山のようです
2018年03月31日 10:09撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近は全く雪がなく夏山のようです
2
P3へ続くトラバース。雪がないので問題ありませんでした
2018年03月31日 10:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P3へ続くトラバース。雪がないので問題ありませんでした
1
見事な富士山
2018年03月31日 10:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事な富士山
4
抜けるような青空。ハードシェルが暑い
2018年03月31日 10:15撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
抜けるような青空。ハードシェルが暑い
1
ルンゼへ続くP3のトラバースに不安があったので
2018年03月31日 10:18撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルンゼへ続くP3のトラバースに不安があったので
潅木でビレーしながら下から回り込みました。しもさんが見上げている箇所にワイヤーが見えたそうです。この時3人組のパーティーが真上から現れました。
2018年03月31日 10:27撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
潅木でビレーしながら下から回り込みました。しもさんが見上げている箇所にワイヤーが見えたそうです。この時3人組のパーティーが真上から現れました。
2
ルンゼを上から見た写真。斜度はそんなになくトレースはシャーベット状の階段になっていたので、そのままつるべで2P目は私がリードしました。
2018年03月31日 11:01撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルンゼを上から見た写真。斜度はそんなになくトレースはシャーベット状の階段になっていたので、そのままつるべで2P目は私がリードしました。
3
3ピッチ目しもさんリード。斜度があり草付きでちょっと難しかったです
2018年03月31日 11:02撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3ピッチ目しもさんリード。斜度があり草付きでちょっと難しかったです
3
ルンゼを抜けると稜線に出ました
2018年03月31日 11:02撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルンゼを抜けると稜線に出ました
1
暑すぎたのでハードシェルを脱いで
2018年03月31日 11:21撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑すぎたのでハードシェルを脱いで
2
P4を目指します
2018年03月31日 11:21撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P4を目指します
このルートの1番の核心であるP4のトラバース
2018年03月31日 11:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このルートの1番の核心であるP4のトラバース
雪がないので素手で岩を掴みならが慎重に通過しました。途中、岩肌から水が流れていて手や手袋が濡れましたが必死なのでお構い無しです。これが雪があって寒くてテン泊装備ならもっとグレードが上がって、かなり怖いトラバースになると思いました。
2018年03月31日 11:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪がないので素手で岩を掴みならが慎重に通過しました。途中、岩肌から水が流れていて手や手袋が濡れましたが必死なのでお構い無しです。これが雪があって寒くてテン泊装備ならもっとグレードが上がって、かなり怖いトラバースになると思いました。
1
アックスをしまい両手で岩を掴んでクライミング開始
2018年03月31日 11:31撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アックスをしまい両手で岩を掴んでクライミング開始
1
山頂直下の登り
2018年03月31日 11:40撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の登り
1
信じられないくらい静かでした。北西稜から登ってきたベテランの2人組もこんなに風のない日は初めてだと言っていました。
2018年03月31日 11:45撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
信じられないくらい静かでした。北西稜から登ってきたベテランの2人組もこんなに風のない日は初めてだと言っていました。
5
今日は赤岳に登っている人も少なそうです。みんなお花見に行っているのでしょうか
2018年03月31日 12:14撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は赤岳に登っている人も少なそうです。みんなお花見に行っているのでしょうか
4
中岳のコルから下山
2018年03月31日 12:38撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳のコルから下山
過去に雪崩事故もあった場所です。なるべく早く下ります
2018年03月31日 12:42撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
過去に雪崩事故もあった場所です。なるべく早く下ります
先月登った石尊稜が見えました。また行きたいです
2018年03月31日 12:49撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先月登った石尊稜が見えました。また行きたいです
行者小屋は閉まっていました
2018年03月31日 13:04撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋は閉まっていました
赤岳鉱泉も今日は人が少なかったです。ここで七丈小屋の花谷さんにお会いすることができました。偉大なのにとても気さくな方でした。
2018年03月31日 13:39撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉も今日は人が少なかったです。ここで七丈小屋の花谷さんにお会いすることができました。偉大なのにとても気さくな方でした。
1
おまけ(しもさんカスタマイズ)グリベルのアイゼンにモンベルのストラップを付け替えました。脱着が簡単です。
2018年04月01日 06:51撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おまけ(しもさんカスタマイズ)グリベルのアイゼンにモンベルのストラップを付け替えました。脱着が簡単です。
2

感想/記録

今回は慎重にと言う事で、御小屋尾根から下山する日帰りコースではなく赤岳鉱泉に下り一泊する余裕を持った山行にしました。

先週の滑落事故があった現場は、大分雪も少なくなっていたと思われます。例のルンゼ内の残置ザックはなくなっていました。事故の際に起きた雪崩で流されたか、回収されたかのどちらかでしょうか。下山後に赤岳鉱泉で、私たちの後続だった3人組のパーティーの方達と話すことができました。今日南稜に登ったのは彼らとソロの男性、私達の3組だけのようです。彼らによると、ルンゼ取り付きにあるはずのワイヤーが無くなっていたので、支点構築ができず途中で引き返して私たちのように下から回り込んだそうです。また、ルンゼの上部終了点付近にアックスが2本残されていたそうです。事故があったパーティーのものでしょうか。

改めて降雪直後の雪山はとても危険であり、雪山の状況は日々変わりその都度難易度も変化することを身をもって感じました。



訪問者数:1099人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ