また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1432214 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

保戸野山で地図読み&ヤブ漕ぎ+イワウチワ大群落🌸

日程 2018年04月21日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ 夏日
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間20分
休憩
1時間5分
合計
7時間25分
Sスタート地点07:1307:44セキヤ沢パイプ橋08:53鉄塔広場09:1009:23保戸野山三角点09:3109:38保戸野山最高点09:4309:54鞍部のヌタ場10:15西側尾根12:05赤沢(メシ)12:4014:26セキヤ沢14:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

送電線刈り払いの向こうに保戸野山を見ながら出発
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電線刈り払いの向こうに保戸野山を見ながら出発
2
林道は伐採作業で使用中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道は伐採作業で使用中
1
林道の真ん中にユンボが止まったままなので脇を通り抜ける  早朝で作業前
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の真ん中にユンボが止まったままなので脇を通り抜ける  早朝で作業前
2
本来の林道になった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本来の林道になった
1
こっちは王道のネコノメソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちは王道のネコノメソウ
13
ここで右へ  
セキヤ沢を渡る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで右へ  
セキヤ沢を渡る
3
危なげなパイプ橋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危なげなパイプ橋
3
おっかなびっくり渡る相方
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっかなびっくり渡る相方
9
渡り切って送電線巡視路を登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡り切って送電線巡視路を登る
1
ウスバサイシンの花  地味(^^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウスバサイシンの花  地味(^^;)
15
この辺の巡視路は明瞭
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺の巡視路は明瞭
2
所どころお助けワイヤーがある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所どころお助けワイヤーがある
4
簡易な階段もある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
簡易な階段もある
1
コゴミちゃん発見(^O^)/
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コゴミちゃん発見(^O^)/
5
新緑が始まってます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑が始まってます
4
モミジガサちゃんも発見(^O^)/
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミジガサちゃんも発見(^O^)/
7
巡視路は不明瞭になったがこの杭が目印
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巡視路は不明瞭になったがこの杭が目印
2
ヒゲネワチガイソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒゲネワチガイソウ
13
お約束のアングル(^O^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お約束のアングル(^O^)
4
鉄塔下から三国山と隣に仙ノ倉山がチラリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔下から三国山と隣に仙ノ倉山がチラリ
9
この辺は鉄塔銀座
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺は鉄塔銀座
1
遠くに至仏山と笠ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに至仏山と笠ヶ岳
4
吾妻耶山とその奥に武尊山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾妻耶山とその奥に武尊山
4
セキヤ沢対岸の山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セキヤ沢対岸の山
R17三国トンネル群馬口ですな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
R17三国トンネル群馬口ですな
5
残雪を踏んで保戸野山へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪を踏んで保戸野山へ
5
もう道はありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう道はありません
2
三角点ピーク到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点ピーク到着
4
保戸野山最高点はまだ先です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保戸野山最高点はまだ先です
もしかしたらクマさんのものか・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もしかしたらクマさんのものか・・・
6
最高点には山名板があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高点には山名板があります
9
今日はさらに尾根を辿る  
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はさらに尾根を辿る  
これが折れたんだ・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが折れたんだ・・
2
山名板の位置よりこっちのほうが高い  
ここが最高点  何の特徴もないけど・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山名板の位置よりこっちのほうが高い  
ここが最高点  何の特徴もないけど・・
4
さらに尾根を辿ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに尾根を辿ります
1
平坦なところもある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦なところもある
1
ダンコウバイかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダンコウバイかな
2
笹ヤブが出てきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹ヤブが出てきた
尾根に残る雪  
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に残る雪  
1
ここから尾根を下っていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから尾根を下っていきます
予想に反しシャクナゲの激ヤブ”!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予想に反しシャクナゲの激ヤブ”!!
2
シャクナゲに難儀する相方
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲに難儀する相方
3
シャクナゲの次はイヌツゲの猛烈ヤブ 
足が地に着かない💦
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲの次はイヌツゲの猛烈ヤブ 
足が地に着かない💦
5
イヌツゲ地獄を何とか突破! 
こんなんです  
すき間がない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イヌツゲ地獄を何とか突破! 
こんなんです  
すき間がない
5
ヤブが少し落ち着いた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤブが少し落ち着いた
シャクナゲの花芽  
まだ硬いですな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲの花芽  
まだ硬いですな
3
再び激ヤブ  
薄くなったり濃くなったりの繰り返し・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び激ヤブ  
薄くなったり濃くなったりの繰り返し・・
3
「シャクナゲを見たら岩場を疑え」と言われてる通り岩場が出現 
巻いて下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「シャクナゲを見たら岩場を疑え」と言われてる通り岩場が出現 
巻いて下ります
4
岩場が過ぎ落ち着いた尾根となる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場が過ぎ落ち着いた尾根となる
2
巨大なブナの倒木
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨大なブナの倒木
3
いい匂いがすると思ったら頭上にタムシバさんが咲いていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい匂いがすると思ったら頭上にタムシバさんが咲いていた
15
再び岩場を巻いた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び岩場を巻いた
1
ひたすら下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら下ります
1
おっ!  
シャクナゲ咲いてるぞ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっ!  
シャクナゲ咲いてるぞ!
8
逆光もきれいだな〜  
ヤブと格闘した結果出会えたんですね〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆光もきれいだな〜  
ヤブと格闘した結果出会えたんですね〜
10
やっと鉄塔に出た
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと鉄塔に出た
1
保戸野山直下から続く刈り払い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保戸野山直下から続く刈り払い
オオヤマザクラが咲いてました(^O^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオヤマザクラが咲いてました(^O^)
13
巡視路は歩きやすい(^O^)/
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巡視路は歩きやすい(^O^)/
1
さらに下って・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに下って・・・
暑いので沢沿いでお昼にします  
赤沢山から流れてくるその名も赤沢です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑いので沢沿いでお昼にします  
赤沢山から流れてくるその名も赤沢です
1
巡視路はパイプ橋でさらに先に延びてる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巡視路はパイプ橋でさらに先に延びてる
1
すぐ下は滝の落ち口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ下は滝の落ち口
5
パイプ橋をちょっと渡ってみる  
さっきのより高度がありかなり怖い😱
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パイプ橋をちょっと渡ってみる  
さっきのより高度がありかなり怖い😱
7
ランチの後は鉄塔まで戻りますが・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ランチの後は鉄塔まで戻りますが・・・
1
この辺はイワウチワの大群生地  
斜面はほぼイワウチワ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺はイワウチワの大群生地  
斜面はほぼイワウチワ
15
全盛期は過ぎてますがまだかなり咲いてます(^O^)/
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全盛期は過ぎてますがまだかなり咲いてます(^O^)/
7
イワウチワさん また今度きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワウチワさん また今度きます
6
あとは巡視路をひたすら戻るだけ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは巡視路をひたすら戻るだけ
1
スギ林に咲くスミレサイシン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スギ林に咲くスミレサイシン
4
ヤブレガサ  
ちょうど名が体を表してるな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤブレガサ  
ちょうど名が体を表してるな
5
ちょっとアブナイ場所もある 
ワイヤー掴んで通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとアブナイ場所もある 
ワイヤー掴んで通過
6
この辺はブナ林  
かなり芽吹いてる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺はブナ林  
かなり芽吹いてる
6
遭難碑があった  
自分も気を付けないと・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遭難碑があった  
自分も気を付けないと・・
4
巡視路は続く・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巡視路は続く・・
かなり深いセキヤ沢の谷
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり深いセキヤ沢の谷
滑落しないよう慎重に下る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑落しないよう慎重に下る
1
ここの橋はしっかりした作り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの橋はしっかりした作り
2
登り返しはきつい・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り返しはきつい・・
4
対岸の伐採地に出た
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸の伐採地に出た
1
巡視路を戻り・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巡視路を戻り・・・
今日も怪我なく無事帰還(^O^)/  
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も怪我なく無事帰還(^O^)/  
9

感想/記録

今年はまだ本格ヤブ山には行っていない。
手始めに保戸野山でも行ってみようと思って出かけたが、激ヤブに遭遇しました( ゜Д゜)。

保戸野山は猿ヶ京から法師温泉に向かう途中、西川の対岸に見える目立たない山だが、三等三角点峰である。
山頂直下に鉄塔が立っていて送電線巡視路を使えば簡単に登れ、危険個所もあまりなく、尾根を使ってヤブ歩きもできるので、これまで2回コースを変えて登っており今日で3回目。
今日は山頂からさらに尾根を西に辿り、鞍部からさらに先の尾根を登り返してから赤沢近くの鉄塔まで下るルートを計画。その鉄塔下の赤沢沿いの斜面にはイワウチワの大群落がある。以前渓流釣りで西川を遡行して赤沢に入り見つけた場所で、再会したかった。
といっても未知のルートなので事前に地形図をしっかり読み込んでシュミレーションしておく。

法師温泉への県道から左に折れて合瀬大橋を渡り林道入口まで来たら伐採作業中で入れない。以前はここに車を止めたが今日は少し戻って路肩に駐車。林道に止まっている重機の脇を通って奥に進む。
30分ほど進むと沢にかかる鉄パイプを組んだ橋があり、これが送電線巡視路の入り口。橋を渡っていきなり急な登りになる。巡視路ははじめのうち明瞭だったが上部は崩れていたりして位置を確認しながら登る。急斜面をジグザグに登り、途中でコゴミなどを見つけたりしながら進むとやがて鉄塔が見え、広くなった場所に着いた。ここはルート上で唯一の展望場所でしばし眺めを楽しむ。
保戸野山の山頂部へはもうわずかだが、ここからは踏み跡すらない。ただ、この時期はまだ下草もないので歩きやすい。急斜面をひと登りで東の端にある三角点ピークに着いた。見覚えのある三角点がそこにあったのでタッチして先に向かう。山頂部は東西に長く、最高点はもっと西にある。
明瞭な尾根を辿って高まりを目指すと間もなく山頂標識のあるピークに着いた。しかしその先にもう少し高いピークがありとりあえず踏んでおく。
ここまでは以前来たが、今日はさらに先を目指す。
地形図を取り出しルート確認して下りにかかる。下り切ると平坦な鞍部でヌタ場まである。そこからさらに西の尾根を目指し登り返す。斜面もだんだんヤブっぽくなってきた。斜上するようにしばらく登ると、位置が保戸野山本体よりも高くなった。目指す尾根にちゃんと乗ったとわかる。
残雪もあったが、その尾根上に出てみると、何といきなりシャクナゲの激ヤブとなっていた。保戸野山本体にはこんな植生はなかったので予想外だった。仕方なくその激ヤブに突入。何とか抜けると次はイヌツゲの超激ヤブが待っていた。地面に足が付かず分速1mの世界だ。しかしそれはわずかで再びシャクナゲのヤブとなる。シャクナゲのヤブは濃くなったり薄くなったりしながらだんだん下って行く。そこであることを思い出した。「シャクナゲを見たら岩場があると思え。」シャクナゲは岩場によく生えてるのでこの言葉があるとどこかで聞いたことがある。
案の定、下って行くと岩場に出くわした。そのまま真っ直ぐは下れない。少し戻って下れそうな場所を見つけたのでそこを下り、登り返して尾根に復帰。ところが同じような場所がもう1カ所あり、再び巻いて下る。地形図を見ながらヤブを漕いだりと忙しいが、そんなこんなでグングン下って行くと、目の先に何か赤いものが見える。近づいてみると、そこだけシャクナゲの花が咲いていた。本来この時期にはまだ咲かないはずなのに、今年は異常気象のせいかもう咲いている。
思わぬ出会いに大喜びした。
下るにしたがってヤブは薄くなり、最後は植林帯に入ってそこを抜けると鉄塔が立っていた。しかしこれは目指す鉄塔ではない。もう1段下にも鉄塔が立っている。そこからはまた巡視路を辿り、わずかの歩きで目的地着。すぐ下の赤沢まで下り、昼食とした。
昼食後、鉄塔まで戻りながらイワウチワを鑑賞する。今年はどこでも花期が早いようで、ここも例外ではなくずいぶん花が落ちてしまっている。それでもまだかなりのイワウチワが咲いていて満足。鑑賞しながらゆっくり鉄塔まで登る。
そこから後はただひたすら巡視路を戻る。何ヶ所か谷を巻くところがあり崩れていてワイヤーをつたう場所もあったが、あとはとても歩きやすい道だった。さすが巡視路、重宝します。
ただ、最後はセキヤ沢まで大下り、そして登り返しが待っている。
疲れた体には堪えたが何とか登り返し、無事帰還となった。

満足感でいっぱいの山行となった(^◇^)
訪問者数:316人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ