また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1440111 全員に公開 雪山ハイキング妙高・戸隠・雨飾

火打山。GW1日フライングでテント泊

日程 2018年04月27日(金) 〜 2018年04月28日(土)
メンバー
天候27日:高曇り→夕方晴れ
28日:快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
高山5時発 → 安房トンネル経由で松本IC → 妙高高原IC → 笹ヶ峰登山口P8時過ぎ着

笹ヶ峰登山口までは雪は完全になくノーマルタイヤで問題なかった。笹ヶ峰の駐車場は上の駐車場(35台位)も下の駐車場もOK。20時から朝5時までの夜間通行止めは解除されている
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち43%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間14分
休憩
2時間26分
合計
10時間40分
S笹ヶ峰登山口08:4110:22黒沢橋10:2914:18高谷池ヒュッテ16:3218:17火打山18:2218:49ライチョウ平19:21高谷池ヒュッテ
2日目
山行
3時間29分
休憩
26分
合計
3時間55分
高谷池ヒュッテ07:2807:53茶臼山08:41黒沢丸太橋08:4809:11富士見平分岐09:1310:29黒沢橋10:4611:23笹ヶ峰登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口に登山ポストがあり、入山届と下山届を出すようになっている

登山口から黒沢橋:
駐車場奥から雪の上を歩く。黒沢橋までに3つの橋を渡る。一つ目の大き目の橋、その後小さい橋を2つ。私は適当に雪の上をあるいていたので、3つ目の橋を渡り損なって、雪のブリッジを渡ることに。リボンが50m位の間隔であるので、しばらく見なければルートを外れている

黒沢橋から十二曲り:
黒沢橋を渡るとほんの少しだけ夏道の階段が出ている。そこから雪の上を十二曲りに向けて歩くが、どこが取り付きかわからない。適当に進んだら雪の上を直登して尾根に上がる

十二曲りから富士見平:
途中夏道がしばらく出ている。ここも結構な登り。富士見平は夏道通りピークを越えていくルートと、左側をトラバース気味に進むルートがある。どちらでもよい

富士見平から高谷池ヒュッテ:
黒沢岳の左側斜面をトラバースしてすすむ。雪が緩んでいればストックとノーアイゼンで通過できる。不安な方はアイゼンを付ける。トラバース途中で見えていたヒュッテは、トラバース終了地点から見えなくなる。小屋の位置を覚えておくこと

高谷池ヒュッテから火打山:
天狗の庭まで進み、右手側(反時計回りに)進んで雷鳥平へ登る。最初は急斜面でその後は尾根歩き。雷鳥平から最後の斜面を登る。直下の斜面はきついのでアイゼンとピッケルでしっかりステップを踏む

高谷池ヒュッテから黒沢池ヒュッテ:
ヒュッテから黒沢岳方向を見て左手にある尾根に上がる。尾根を進めば茶臼山。そこから尾根伝いに下る。雪一面なので黒沢池に向かって好きなところを下りればいい

黒沢池から富士見平:
広い湿原を緩やかに下っていく。両側の斜面が狭まってきたあたりで、右側の斜面に登り返す。その後は水平気味にトラバースして富士見平へ
その他周辺情報コンビニ:
インターを降りると何もない。高速途中か乗る前に調達

日帰り温泉:
「苗名の湯」に入った。内湯のみ。450円。10‐20時。水曜定休。
0255−86−6565
強酸なので加水している。そして加温、循環
温泉としては正直魅力ないが、汗を流すには良い。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

GW前日。予定より2時間遅れで到着。上の駐車場はガラガラ。半スタッフの常連さんとGWのスタッフ以外は私の車だけ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
GW前日。予定より2時間遅れで到着。上の駐車場はガラガラ。半スタッフの常連さんとGWのスタッフ以外は私の車だけ
2
常連さん曰く、この時期に上の駐車場が除雪され、このゲートの小屋が露出しているのは珍しいとか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常連さん曰く、この時期に上の駐車場が除雪され、このゲートの小屋が露出しているのは珍しいとか
2
駐車場から雪の上を歩き最初のブリッジ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から雪の上を歩き最初のブリッジ
1
挫けない木。人生かくありたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
挫けない木。人生かくありたい
7
沢の右側を歩き続けてしまい、この急斜面を下って雪のブリッジを恐る恐る渡る。沢に落ちるかと思った
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の右側を歩き続けてしまい、この急斜面を下って雪のブリッジを恐る恐る渡る。沢に落ちるかと思った
2
ぼーっと歩いていたら黒沢橋を少し行き過ぎていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぼーっと歩いていたら黒沢橋を少し行き過ぎていた
1
黒沢橋を渡って。中途半端に雪が残っている時はどうやって渡るのか?枝の赤リボンを目指して落ちないように念じながらわたるとか・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒沢橋を渡って。中途半端に雪が残っている時はどうやって渡るのか?枝の赤リボンを目指して落ちないように念じながらわたるとか・・
1
初めてなのでどこが十二曲りのとっつきかさっぱり分からない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めてなのでどこが十二曲りのとっつきかさっぱり分からない
3
適当に藪を縫いながら進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
適当に藪を縫いながら進む
1
スキー板を担いだ常連さんに追いつき、ありがたく足跡を辿らせてもらう。1曲りぐらいで直登。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー板を担いだ常連さんに追いつき、ありがたく足跡を辿らせてもらう。1曲りぐらいで直登。
2
十二曲りを登り終えると尾根には夏道が出ていた。常連さん曰く、雪の上を進むのは危険とのこと。ここから私が先行
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十二曲りを登り終えると尾根には夏道が出ていた。常連さん曰く、雪の上を進むのは危険とのこと。ここから私が先行
3
富士見平の少し手前までこんな夏道を進んだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平の少し手前までこんな夏道を進んだ
2
富士見平まで来るとやっと展望が開ける。右から火打、影火打、焼山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平まで来るとやっと展望が開ける。右から火打、影火打、焼山
2
高妻山。いい山容だ。そのうち訪れたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高妻山。いい山容だ。そのうち訪れたい
6
黒沢岳をトラバース中に下側を覗く。気温が上がり雪が腐ってきたので、滑って落ちても途中で止まりそうだが、過去に3回トラバースでプチ滑落しているので、安心のためピッケルとアイゼンで進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒沢岳をトラバース中に下側を覗く。気温が上がり雪が腐ってきたので、滑って落ちても途中で止まりそうだが、過去に3回トラバースでプチ滑落しているので、安心のためピッケルとアイゼンで進む
2
トラバース途中で振り返って。カメラのアングルがちょっとおかしいかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース途中で振り返って。カメラのアングルがちょっとおかしいかな
2
トラバースを終えて高谷池ヒュッテまであと少し。青空になってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースを終えて高谷池ヒュッテまであと少し。青空になってきた
4
火打山。気持ちの良さそうな斜面。BCはやらないけど
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火打山。気持ちの良さそうな斜面。BCはやらないけど
3
テントを張ってビールおつまみでしっかりくつろいだあと火打へ向かう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントを張ってビールおつまみでしっかりくつろいだあと火打へ向かう
4
天狗の庭の池も融け始めている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の庭の池も融け始めている
2
振り返れば高妻山。私の足跡ではなくクラック形成中?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば高妻山。私の足跡ではなくクラック形成中?
3
手前の雷鳥平へ登るルートを取らず、左側の雪の斜面を適当にトラバース気味に上げて火打の取り付きへ進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前の雷鳥平へ登るルートを取らず、左側の雪の斜面を適当にトラバース気味に上げて火打の取り付きへ進む
3
青空がどんどん広がる。お月様も
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空がどんどん広がる。お月様も
3
太陽が火打の向こうに入り、雪がだんだん締まってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽が火打の向こうに入り、雪がだんだん締まってきた
1
火打直下の斜面。直登
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火打直下の斜面。直登
1
こんな感じの斜面。最後の最後はもう少し急な斜面で写真撮る余裕なし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの斜面。最後の最後はもう少し急な斜面で写真撮る余裕なし
こんな感じの山頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの山頂
1
明日行こうと計画している妙高山が三田原山の奥に見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日行こうと計画している妙高山が三田原山の奥に見える
4
さぁ、そろそろ下りよう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、そろそろ下りよう
1
翌朝、すごい青空!テント付近から撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、すごい青空!テント付近から撮影
2
不帰の嶮、唐松、五竜、鹿島槍
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰の嶮、唐松、五竜、鹿島槍
5
五竜と鹿島槍アップ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜と鹿島槍アップ
4
素晴らしい眺めだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい眺めだ
1
幾重にも重なる北アの峰々
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幾重にも重なる北アの峰々
1
表銀座から東鎌尾根の先に槍。左には穂高
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表銀座から東鎌尾根の先に槍。左には穂高
4
さて、ヒュッテと火打にさようなら。静かな山を満喫した
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、ヒュッテと火打にさようなら。静かな山を満喫した
3
最後に北アの山並みにお別れ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に北アの山並みにお別れ
1
茶臼山に登ると反対側にも雲海が広がる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山に登ると反対側にも雲海が広がる
1
妙高の頭。ヒュッテで妙高への大倉乗越の急斜面トラバースが危険なのでやめるよう勧められた。素直に従う
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙高の頭。ヒュッテで妙高への大倉乗越の急斜面トラバースが危険なのでやめるよう勧められた。素直に従う
4
気持ちの良い稜線歩き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い稜線歩き
1
黒沢池の湿原を見下ろす。奥は妙高
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒沢池の湿原を見下ろす。奥は妙高
1
どんどん下る。左下に黒沢池ヒュッテ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん下る。左下に黒沢池ヒュッテ
1
いい感じの斜面をスイスイ下る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じの斜面をスイスイ下る
2
だいぶ黒沢池ヒュッテに近づいてきた。GWは営業しないようだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ黒沢池ヒュッテに近づいてきた。GWは営業しないようだ
北アの山並み。後ろのとんがりはどこの山だろう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アの山並み。後ろのとんがりはどこの山だろう
少しの登り返しも嫌なので、ヒュッテの手前に下りた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しの登り返しも嫌なので、ヒュッテの手前に下りた。
1
黒沢池の湿原を歩く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒沢池の湿原を歩く
2
緩やかに下ってきた湿原を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかに下ってきた湿原を振り返る
3
ここから右の斜面に進み富士見平へトラバースして進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから右の斜面に進み富士見平へトラバースして進む
1
富士見平から下る途中で、眼下に乙見湖が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平から下る途中で、眼下に乙見湖が見える
3
アイゼンを外して夏道をしばらく進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼンを外して夏道をしばらく進む
行きは直登して通らなかった十二曲りの最終点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きは直登して通らなかった十二曲りの最終点
1
行きに渡りそこなって真っ直ぐ進んでしまった橋。帰りは夏道ルートを忠実に駐車場まで進んだ。下りは多くの登山者とスライドしたので、今日の高谷池ヒュッテは盛況だな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きに渡りそこなって真っ直ぐ進んでしまった橋。帰りは夏道ルートを忠実に駐車場まで進んだ。下りは多くの登山者とスライドしたので、今日の高谷池ヒュッテは盛況だな
1

感想/記録

もう1−2週間早くやりたかった火打山。結局GWになってしまった。天気予報では土日の方が天気が良い。でも混むのは嫌で、静かな雪上テント泊を楽しみたかったので、1日早めてスタート。3時過ぎに高山のアパートを出るも、安房峠を越えたところでマットを忘れたことに気が付く。釜トンネル前でUターンしてアパートに戻る。結果的に予定より2時間弱遅れて8時過ぎに登山口に到着

駐車場でお会いした二人連れの常連さんとは、ヒュッテまでほぼ同じペースだった。常連さん曰く、例年に比べ雪が少ない。雪が多い時は黒沢沿いに登り上げていくのだが、今年は沢が出ていて沢をクロスすることもできない。上の駐車場が使え、ゲートの小屋が露出しているのも珍しいとのこと。それでも雪はそこそこあって楽しめた

初日は久しぶりのテン泊装備を担いで息が上がり汗ぐっしょり。高曇りで助かった。1か月前に避難小屋泊装備で御嶽山に登った時に惨憺たる状況だったので、次の山行までに鍛えなくてはと思いつつ、そのまま今回になってしまった。心配した通り、腰や足にきて青息吐息の悲惨な状態でヒュッテに到着

風もなく、のんびりテントを張って、小屋の外のベンチで早速ビールとおつまみで一息。このまま飲み続けると夕飯までに出来上がってしまうなと思っていると、火打の山頂が青空になってきた。夕暮れまでに山頂に登って、暗くなる前にそこそこ下りてこられそうだったので、この日に火打山の頂を目指すことに

夏道のルートも分からないので、雪の斜面を適当に進んで標高を上げ、火打の最後の登りの取り付きまで進む。アタックザックの軽装で登ってきたが、重いザックを背負った疲れがドット出てペースが上がらない。アイゼンとピッケルを利かせて6時過ぎに山頂に到着

寒くなってきたので、フリースの帽子にテムレスをはめ、雪山用のシェルを羽織る。しばらく楽しんだ後、山を下りる。急斜面を飛ぶように下りて、あっという間に天狗の庭まで戻る。緩やかな登り返しにあえぎながら、最後にヒュッテ目指して一気に下る

夜はトラブル続き。まずランプが点かない。ヘッデンでやりくりする。次にバーナーの自動着火が途中でダメになる。持ってきたマッチが見つからず、小屋でライターを借りた。装備はちゃんと点検しておかないとだめだな。小屋のスタッフ数名と常連さん二人で明日からに備えてアルコールで英気を養っていた(本日宿泊者ゼロ!)。一緒に飲むよう勧められたが、夕飯の支度途中だったので、丁重にお断りして後ろ髪を引かれる思いでテントに戻った

静かな一夜も明け方に風が出てきて、テントの撤収に手こずった。ビニール袋に雪を詰めて埋め、取っ手部分にテントの細引きを括りつけてアンカーを取っていたが、外した途端にテントが風でひっくり返りポールが少し湾曲してしまった。先にポールを抜いてからアンカーを外すべきだった。まだまだテン泊は初心者だ

小屋のスタッフに大倉乗越のトラバースが危険なので妙高を諦めるよう諭され、思案の末に従うことに。長い急斜面のトラバースをやるには、昨日の重いザックで相当足腰に来ていて踏ん張れそうもなかった。スタッフの勧めで黒沢池を巡って帰ることにした

結果は大正解で、誰もいない静かな素晴らしい黒沢の湿原を満喫できた。妙高山には季節を変えてまた来ることにしよう。昨年秋の剱沢以来のテン泊を存分に楽しんだ山行となった。感謝感謝!
訪問者数:344人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/7/10
投稿数: 1331
2018/5/1 8:31
 火打山
テント泊お疲れ様です。
GPSがあっても、残雪期の樹林帯の取り付きは本当に分かりずらいですよね。
青空の火打山と北アルプスが素晴らしいです。
私は越後駒でした。こちらも例年よりずっと雪が少なそうです。
このGWは残雪の山は静かなところが多いのかな?
登録日: 2014/1/26
投稿数: 488
2018/5/1 22:16
 Re: 火打山
Jimnyさん、コメありがとうございました
Jimnyさんの最近のハイペースの山行には目を見張るばかりです
ブログのレコが追いつかないのもよく分かります(笑)

越後駒に行かれましたか。あの山はいいですね。私も積雪期に2回行きましたし、駒の小屋で一人だけの宿泊もしました。お気に入りの山の一つです

残雪の山が静かになったかどうか分かりませんが、多くの人がJimnyさんのレコを見て花の山に出かけたのは間違いないと思いますよ
登録日: 2011/9/30
投稿数: 219
2018/5/2 11:36
 テント泊、お疲れ様でした
テント泊、お疲れ様でした。
頚城山塊はいまだ足を踏み入れたことがないですが、北アルプスの大展望ですね。
雪山でのテント泊で、静かな山を満喫されたことと思います。

装備不備ですが、発生してしまいますよね。
秋に鹿島槍に行った際に、同じようにバーナーの着火装置が壊れ、周りに人もおらず、水筒に雪を詰めて水を作り、食事は行動食だけで夕食と朝食をしのいだ記憶があります。
また、先週の白馬鑓温泉も、アイゼンを装着しようとしたら、つま先のハーネスが一部割れていました。アイゼンのこんなところが壊れるんだとビックリしました。一部はまだつながっていたので一部壊れたままで登山続行しましたが、登山中に完全に壊れていたら危ないところでした。
行く前にチェックすればいいのでしょうが、わざわざ袋から出してチェックするのがどうも面倒くさくて。。。
登録日: 2014/1/26
投稿数: 488
2018/5/2 18:48
 Re: テント泊、お疲れ様でした
テン泊ベテランのeurekapapaさんのようにはなかなか手際よくいきません
この日はヒュッテに泊まっても大正解だったですね。宿泊客は常連さん二人と私だけで、スタッフと一緒に楽しくストーブの横で酒盛りができました

でも前から計画していたので、テント泊を押し通しました
相変わらず要領の悪さと熟睡できない夜(小屋でも変わりませんが)に嫌気もさしますが、テン泊ならではの満足感も大きく、これからも時々テン泊したいと思っています

道具の点検は大切ですね
実はヘッデンも最初は点かなくて焦りました。電池を外したり装着したり、何度もごちゃごちゃやっているうちに点きました。予備電池もよく考えたら交換した古い電池で、予備になってませんでした。ランプは電池の液漏れが原因でした。家に帰ってヤスリで電極を磨いたりしたら点きましたが、ヘッデンは原因がよく分からないので新調しました。バーナーの自動着火は店に持っていけば2‐3週間で1000円くらいで直るといわれましたが、当面はマッチかライターで点火するつもりです

出発前に一つ一つ点検しないとだめですね。大いに反省しました
登録日: 2013/9/16
投稿数: 2241
2018/5/5 20:08
 テン泊装備お疲れさまでした
さすが火打、南アルプスより雪が多いです。
私はテン泊装備担いで行ったのですが冬期開放が居心地よさそうでしたのでそっちにしてしまいました
テン泊装備は鍛えたって重いので諦めてます(笑)
割り切って30分に一度は肩から降ろし休憩するようにしてます。

トラバースや積雪した藪地帯急斜面の下降、雪が腐っていても油断なりませんね。
小屋上の斜面、ストックとチェーンスパイクで真っすぐ下降しようとしたら二度かなり滑って焦りました。
ピッケルとアイゼン使われるPinball_1957さん、やはり似たような経験されてるんですね。
装備の着脱に手間を惜しんではいけませんね。

テン泊のトラブル、場数踏んでいろいろ対策練るようになります。
今回私がやらかしたのがライター二つともザックのストック刺しの袋に入れて(喫煙者なもんで)斜面滑ってしまい二つとも雪で濡らしてしまいました。
一つはスマホのバッテリー入れるジップロックに入れておくべきでした。
テン泊場数踏んで快適にしたいものですね。

危険個所の通過、自分の心に忠実になるのが一番だと思います。
なんやかんやで自身の技量わかっているのは自分ですから。

それにしても二日目のパノラマは重い装備背負ってきたご褒美と言わんばかりの素晴らしいものです。
これだから山歩きは止められませんね
登録日: 2014/1/26
投稿数: 488
2018/5/6 20:15
 Re: テン泊装備お疲れさまでした
トムさん、コメありがとうございます
あの快適な千枚小屋なら百枚小屋(この時期は閉まっているか)よりもテン泊よりもずっといいです。担いだテントは横に置いといて小屋泊にしたのは正解です

装備の着脱は手間を惜しんではいけませんね。私もそう思います。折角担ぎ上げてきたギアは使わない手はないです。何かあったら後の祭りでは済まされません。ということで、面倒でも大袈裟に見えても安全側で行こうと思っています。とは言いつつ、タイミングを逸することが多いのですが

テン泊は場数を踏まないとだめですね。これからも老体に鞭打って機会があればテン泊に挑みます

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ