また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1516281 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

扇沢から針ノ木岳を周回 南部後立山縦走は内容盛り沢山(^^♪

日程 2018年07月03日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴☀→霧
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間9分
休憩
2時間8分
合計
13時間17分
Sスタート地点04:5004:58柏原新道登山口05:0006:02ケルン(柏原新道)06:07駅見岬06:1407:02水平岬07:29富士見坂07:3207:55種池山荘08:1109:25岩小屋沢岳09:3210:04新越山荘10:2010:55鳴沢岳11:1111:52赤沢岳12:0613:25スバリ岳13:3813:45小スバリ岳14:16針ノ木岳14:2815:12針ノ木小屋15:3217:09大沢小屋17:1118:04扇沢駅18:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
針ノ木岳の雪渓トラバース及び大雪渓の通過にはまだアイゼンが必要と思います。
現時点での大雪渓はシャバ雪だけではなくそれなりに固い箇所もありました。下りには踵爪のある10 or 12爪アイゼンが不安なく有効だと思います。

赤沢岳 ⇔ スバリ岳の標高2500m辺り(写真73)に登山道端が長野側に深く切れ落ちてる箇所があります。
その他周辺情報下山後の温泉は薬師の湯 立寄った山小屋に割引券あり。それを使って@500円

写真

市営第一駐車場(無料)に停めてスタート。ラジオで聴いていたW杯は後半終了間際で2対2。気になりながらも出発。
2018年07月03日 04:51撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市営第一駐車場(無料)に停めてスタート。ラジオで聴いていたW杯は後半終了間際で2対2。気になりながらも出発。
3
柏原新道入口まで道路を下ります。
2018年07月03日 04:54撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柏原新道入口まで道路を下ります。
1
柏原新道入口。ポストに山行計画書を投函してスタート
2018年07月03日 05:00撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柏原新道入口。ポストに山行計画書を投函してスタート
2
1600m過ぎた辺りでニッコウキスゲ咲いてました。そういえば見たのはここだけだったような・・
2018年07月03日 05:35撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1600m過ぎた辺りでニッコウキスゲ咲いてました。そういえば見たのはここだけだったような・・
4
今日も瑞々しいゴゼンタチバナ。
2018年07月03日 06:06撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も瑞々しいゴゼンタチバナ。
1
沿道にたくさん咲いていました。
2018年07月03日 06:14撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沿道にたくさん咲いていました。
4
柏原新道を歩いています。歩きやすい道。
2018年07月03日 06:07撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柏原新道を歩いています。歩きやすい道。
1
ツマトリソウ
2018年07月03日 06:11撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツマトリソウ
3
駅見岬まで来ました。
2018年07月03日 06:19撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅見岬まで来ました。
3
アルペンルート扇沢駅。北陸に住んでいるのでここから利用することはありません。
2018年07月03日 06:19撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アルペンルート扇沢駅。北陸に住んでいるのでここから利用することはありません。
3
中央に針ノ木岳。その右にスバリ岳。この稜線を歩きます。まだ先は長い・・・
2018年07月03日 06:20撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央に針ノ木岳。その右にスバリ岳。この稜線を歩きます。まだ先は長い・・・
12
2030m辺り。種池小屋が見えた。まだ遠いなぁ
2018年07月03日 06:44撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2030m辺り。種池小屋が見えた。まだ遠いなぁ
2
石も足を乗せやすく置いてある感じで・・
2018年07月03日 06:59撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石も足を乗せやすく置いてある感じで・・
1
本当に歩きやすい登山道です。
2018年07月03日 07:04撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当に歩きやすい登山道です。
1
柏原新道ではこの写真ともう1ケ所の雪渓トラバースがありました。アイゼンなしで進めます。
2018年07月03日 07:28撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柏原新道ではこの写真ともう1ケ所の雪渓トラバースがありました。アイゼンなしで進めます。
1
サンカヨウ。露に濡れて少し透けています。
2018年07月03日 07:38撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンカヨウ。露に濡れて少し透けています。
7
やっとこ種池山荘
2018年07月03日 07:52撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとこ種池山荘
4
小屋周辺はお花がスタート直後って感じ
2018年07月03日 07:53撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋周辺はお花がスタート直後って感じ
これからもっと華やかになるでしょう
2018年07月03日 07:54撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これからもっと華やかになるでしょう
2
ミヤマキンポウゲ
2018年07月03日 07:54撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲ
2
チングルマ
2018年07月03日 07:54撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマ
4
種池山荘前からこれから歩く後立山連峰の稜線
2018年07月03日 08:07撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種池山荘前からこれから歩く後立山連峰の稜線
9
種池山荘で休憩中に日本の敗戦を知りました。残念・・
2018年07月03日 08:10撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種池山荘で休憩中に日本の敗戦を知りました。残念・・
5
キヌガサソウ
2018年07月03日 08:16撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キヌガサソウ
4
種池山荘から少し歩いたところにたくさん咲いていました。
2018年07月03日 08:16撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種池山荘から少し歩いたところにたくさん咲いていました。
2
ツマトリソウ
2018年07月03日 08:19撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツマトリソウ
1
さぁ、針ノ木峠まで長い稜線歩きのスタートです。
2018年07月03日 08:20撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、針ノ木峠まで長い稜線歩きのスタートです。
4
八ヶ岳、富士山、南アルプスが見えました。
2018年07月03日 08:26撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳、富士山、南アルプスが見えました。
2
八ヶ岳。次は縦走したいなぁ。
2018年07月03日 08:26撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳。次は縦走したいなぁ。
3
富士山。生きているうちに一度は登りたい。
2018年07月03日 08:26撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山。生きているうちに一度は登りたい。
4
南アルプス。今のところ行く予定はありませんが、もう少しアプローチしやすい所に住めたら訪れたい。
2018年07月03日 08:26撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス。今のところ行く予定はありませんが、もう少しアプローチしやすい所に住めたら訪れたい。
2
ミヤマキンポウゲが沿道を彩る
2018年07月03日 08:30撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲが沿道を彩る
1
針ノ木岳までの稜線上には所々に残雪がありましたがツボ足で通過しました。
2018年07月03日 08:31撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木岳までの稜線上には所々に残雪がありましたがツボ足で通過しました。
1
シラネアオイ
2018年07月03日 08:29撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラネアオイ
1
種池山荘 ⇔ 新越山荘にたくさん咲いていました・
2018年07月03日 08:36撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種池山荘 ⇔ 新越山荘にたくさん咲いていました・
5
シナノキンバイ
2018年07月03日 08:35撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シナノキンバイ
3
たくさん咲いていました。
2018年07月03日 08:35撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たくさん咲いていました。
立山連峰が現れました。稜線上では終始この景色を眺めながら歩けました。♪
2018年07月03日 08:52撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山連峰が現れました。稜線上では終始この景色を眺めながら歩けました。♪
10
剱岳。来月、別山尾根ルートで行く予定。
2018年07月03日 08:53撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳。来月、別山尾根ルートで行く予定。
18
イワカガミの群落
2018年07月03日 09:08撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミの群落
1
振り返ると鹿島槍〜爺ヶ岳。種池山荘からここまで歩いてきた。
2018年07月03日 09:11撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると鹿島槍〜爺ヶ岳。種池山荘からここまで歩いてきた。
6
立山〜剱が視界に入ります
2018年07月03日 09:16撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山〜剱が視界に入ります
4
岩小屋沢岳とうちゃく。剱岳をバックに撮ってみた。
2018年07月03日 09:26撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩小屋沢岳とうちゃく。剱岳をバックに撮ってみた。
12
手前から鹿島槍〜五竜・・・白馬三山と続く後立山連峰
2018年07月03日 09:27撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前から鹿島槍〜五竜・・・白馬三山と続く後立山連峰
4
岩小屋沢岳から先の稜線。手前から無名峰〜鳴沢岳〜赤沢岳〜スバリ岳〜今回のラスボス針ノ木岳。スバリ〜針ノ木は険しそうだな・・
2018年07月03日 09:27撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩小屋沢岳から先の稜線。手前から無名峰〜鳴沢岳〜赤沢岳〜スバリ岳〜今回のラスボス針ノ木岳。スバリ〜針ノ木は険しそうだな・・
16
岩小屋沢岳山頂のイワツメクサ
2018年07月03日 09:28撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩小屋沢岳山頂のイワツメクサ
2
立山を見ながら無名峰を黒部側にまいて鳴沢岳〜赤沢岳と進みます。
2018年07月03日 09:33撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山を見ながら無名峰を黒部側にまいて鳴沢岳〜赤沢岳と進みます。
3
ハイマツ帯の中を立山連峰を見ながら歩きます。稜線漫歩って感じ(^^♪
2018年07月03日 09:34撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツ帯の中を立山連峰を見ながら歩きます。稜線漫歩って感じ(^^♪
2
無名峰をすぎると鳴沢岳・赤沢岳・スバリ岳・針ノ木だけがきれいに並んで見える。鳴沢岳の手前に新越山荘
2018年07月03日 09:42撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無名峰をすぎると鳴沢岳・赤沢岳・スバリ岳・針ノ木だけがきれいに並んで見える。鳴沢岳の手前に新越山荘
7
ハクサンイチゲ
2018年07月03日 09:45撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ
3
ミヤマダイコンソウ
2018年07月03日 09:46撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマダイコンソウ
2
新越山荘とうちゃく。バッジとコーラを購入。冷えたコーラは賞味期限切れの激安販売でしたが全く問題なし。
2018年07月03日 10:02撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新越山荘とうちゃく。バッジとコーラを購入。冷えたコーラは賞味期限切れの激安販売でしたが全く問題なし。
8
コバイケイソウ
2018年07月03日 10:22撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバイケイソウ
3
稜線の東側から雲が出てきた
2018年07月03日 10:24撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の東側から雲が出てきた
1
こんな梯子がありました。
2018年07月03日 10:27撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな梯子がありました。
剱岳を見ながら歩く
2018年07月03日 10:32撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳を見ながら歩く
3
鳴沢岳へ・・ここからがかなりの急登でした。
2018年07月03日 10:45撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳴沢岳へ・・ここからがかなりの急登でした。
2
鳴沢岳とうちゃく!2641m。急登がしんどかった。
2018年07月03日 10:58撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳴沢岳とうちゃく!2641m。急登がしんどかった。
2
立山・剱をバックに同じ周回コースを歩いていた方に撮ってもらいました。ありがとうございました。
2018年07月03日 11:03撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山・剱をバックに同じ周回コースを歩いていた方に撮ってもらいました。ありがとうございました。
29
剱岳。本峰の左が平蔵谷。右が長次郎谷。こうして間近で見るのは初めてでちょっと感動
2018年07月03日 11:05撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳。本峰の左が平蔵谷。右が長次郎谷。こうして間近で見るのは初めてでちょっと感動
5
次は赤沢岳です。立山に向かうように縦走路は伸びる
2018年07月03日 11:12撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は赤沢岳です。立山に向かうように縦走路は伸びる
1
赤沢岳をロックオン
2018年07月03日 11:16撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤沢岳をロックオン
1
右を見れば立山連峰の主稜線
2018年07月03日 11:31撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右を見れば立山連峰の主稜線
4
赤沢岳頂上直下。岩ゴロの急登を登る
2018年07月03日 11:40撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤沢岳頂上直下。岩ゴロの急登を登る
2
赤沢岳とうちゃく!2678m。
2018年07月03日 11:51撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤沢岳とうちゃく!2678m。
6
黒4ダムが見えました。その奥には水晶・赤牛・薬師の黒部源流の峰々
2018年07月03日 11:53撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒4ダムが見えました。その奥には水晶・赤牛・薬師の黒部源流の峰々
3
立山を裏正面から見る感じ。その左背後には竜王岳〜鬼岳〜獅子岳・・・と続く立山連峰主稜線
2018年07月03日 11:53撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山を裏正面から見る感じ。その左背後には竜王岳〜鬼岳〜獅子岳・・・と続く立山連峰主稜線
2
右に目を移すと剱様。その右手前は黒部別山
2018年07月03日 11:54撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に目を移すと剱様。その右手前は黒部別山
2
赤沢岳です。ありがとうございました。
2018年07月03日 11:55撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤沢岳です。ありがとうございました。
11
鞍部まで下ります。けっこう険しいな
2018年07月03日 12:10撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部まで下ります。けっこう険しいな
2
標高差で200m以上の下りです。
2018年07月03日 12:15撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高差で200m以上の下りです。
1
赤沢岳とスバリ岳の鞍部あたり。眺望はなくなりましたがダイコンソウが咲いてました。ここから300m位の登り返し・・・
2018年07月03日 12:31撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤沢岳とスバリ岳の鞍部あたり。眺望はなくなりましたがダイコンソウが咲いてました。ここから300m位の登り返し・・・
1
スバリ岳への登り返しの2500m辺り。長野側にこんな垂直近く切れ落ちた箇所がありました。覗き込んだが見えませんでした。落ちたら助からないでしょう。
2018年07月03日 12:41撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スバリ岳への登り返しの2500m辺り。長野側にこんな垂直近く切れ落ちた箇所がありました。覗き込んだが見えませんでした。落ちたら助からないでしょう。
1
2550m辺りでコマクサ咲いていました。
2018年07月03日 12:59撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2550m辺りでコマクサ咲いていました。
13
たくさん咲いてます。なかなかの群落だ。
2018年07月03日 12:59撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たくさん咲いてます。なかなかの群落だ。
5
ハクサンイチゲと・・・赤いのは何でしたっけ??
追記:赤いのはミヤマシオガマでした。
2018年07月03日 13:02撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲと・・・赤いのは何でしたっけ??
追記:赤いのはミヤマシオガマでした。
6
もはや何も見えません・・。長野側から吹く風が涼しい・・
2018年07月03日 13:05撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もはや何も見えません・・。長野側から吹く風が涼しい・・
2680mあたり。きつい登りです・・・何度も足が止まりました。
2018年07月03日 13:22撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2680mあたり。きつい登りです・・・何度も足が止まりました。
スバリ岳とうちゃく!2752m。しんどい登りだった・・
2018年07月03日 13:29撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スバリ岳とうちゃく!2752m。しんどい登りだった・・
6
多少の眺望ありました。竜王〜鬼〜獅子の向こうのテーブル台地は五色ヶ原
2018年07月03日 13:33撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多少の眺望ありました。竜王〜鬼〜獅子の向こうのテーブル台地は五色ヶ原
9
薬師岳もなんとか見えました。
2018年07月03日 13:38撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳もなんとか見えました。
2
ラスボス・針ノ木様は・・・見えません。
2018年07月03日 13:39撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラスボス・針ノ木様は・・・見えません。
3
針に向かって再スタート。苦しいところでコマクサが疲れを癒してくれます。
2018年07月03日 13:40撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針に向かって再スタート。苦しいところでコマクサが疲れを癒してくれます。
4
ラスボスが姿をみせ始めた〜・・と思ったけど見えませんでした。
2018年07月03日 13:50撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラスボスが姿をみせ始めた〜・・と思ったけど見えませんでした。
2
雪渓からは涼しい風が後押ししてくれるが・・
2018年07月03日 13:54撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓からは涼しい風が後押ししてくれるが・・
最後の登り。きつい・・・苦しい・・・
2018年07月03日 14:12撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登り。きつい・・・苦しい・・・
3
ハクサンイチゲとミヤマキンバイが癒してくれる・・・もう一息だ
2018年07月03日 14:13撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲとミヤマキンバイが癒してくれる・・・もう一息だ
1
今回のラスボス・針ノ木岳とうちゃく!
2018年07月03日 14:19撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回のラスボス・針ノ木岳とうちゃく!
12
雲が多いながらも眺望も少しありました。パノラマで
2018年07月03日 14:21撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が多いながらも眺望も少しありました。パノラマで
1
浄土山・竜王岳〜鬼岳〜獅子岳
2018年07月03日 14:22撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浄土山・竜王岳〜鬼岳〜獅子岳
3
五色ヶ原も近くなった
2018年07月03日 14:22撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五色ヶ原も近くなった
6
薬師岳の3つのカールも見えました。
2018年07月03日 14:22撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳の3つのカールも見えました。
3
雲の切れ目から高瀬ダム
2018年07月03日 14:23撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の切れ目から高瀬ダム
2
さぁ、下りよう。この先には雪渓のトラバースがある。
2018年07月03日 14:26撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、下りよう。この先には雪渓のトラバースがある。
雪渓に入るところで12爪アイゼンを装着。
2018年07月03日 14:41撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓に入るところで12爪アイゼンを装着。
4
急斜面だがステップが切られていました。感謝。
2018年07月03日 14:45撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面だがステップが切られていました。感謝。
2
ここで雷鳥と遭遇。今年は雷鳥のあたり年!と思って見てたらなんかいつもと様子が違う
2018年07月03日 14:55撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで雷鳥と遭遇。今年は雷鳥のあたり年!と思って見てたらなんかいつもと様子が違う
20
砂浴びをしていました。
2018年07月03日 14:55撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂浴びをしていました。
13
気持ちいい?
2018年07月03日 14:55撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちいい?
6
砂浴びしてる雷鳥は初めて見たよ。でも写真じゃよくわかりませんよね。動画を撮って感想に張り付けました。
2018年07月03日 14:57撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂浴びしてる雷鳥は初めて見たよ。でも写真じゃよくわかりませんよね。動画を撮って感想に張り付けました。
15
癒されたよ。ありがとう。いつまでもお元気で!
2018年07月03日 14:58撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
癒されたよ。ありがとう。いつまでもお元気で!
10
雪渓トラバースをクリアしてアイゼン外してしばらく行くと針ノ木小屋が見えた!
2018年07月03日 15:08撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓トラバースをクリアしてアイゼン外してしばらく行くと針ノ木小屋が見えた!
3
小屋の立つ針ノ木峠から。これは裏銀座に続く七倉岳・船窪岳でしょうか。
2018年07月03日 15:10撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の立つ針ノ木峠から。これは裏銀座に続く七倉岳・船窪岳でしょうか。
1
今回山行は最後に針ノ木大雪渓を通過するイベントがありました。
2018年07月03日 15:28撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回山行は最後に針ノ木大雪渓を通過するイベントがありました。
3
迷わずアイゼンを装着!
2018年07月03日 15:33撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迷わずアイゼンを装着!
1
けっこうというか、かなり急斜面です。コケないように注意しよう。
2018年07月03日 15:34撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けっこうというか、かなり急斜面です。コケないように注意しよう。
1
しばらく下るとガスが切れてきた。それにしても涼しい〜
2018年07月03日 15:43撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく下るとガスが切れてきた。それにしても涼しい〜
1
ド迫力の大雪渓です。あの細くなったところがノドでしょうか。涼しいを通り越して少し寒くなってきた。
2018年07月03日 15:45撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ド迫力の大雪渓です。あの細くなったところがノドでしょうか。涼しいを通り越して少し寒くなってきた。
6
大雪渓って感じですね〜
2018年07月03日 15:55撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪渓って感じですね〜
4
沢で水を補給。冷たくて美味しいけど涼しいのでもうそんなに水分は必要としていなかった。
2018年07月03日 16:11撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢で水を補給。冷たくて美味しいけど涼しいのでもうそんなに水分は必要としていなかった。
1
下りてきた雪渓を振り返る
2018年07月03日 16:13撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りてきた雪渓を振り返る
1
雪渓の末端が見えた。
2018年07月03日 16:20撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓の末端が見えた。
1
雪渓は繋がっていますが、ここで夏道に入る。
2018年07月03日 16:40撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓は繋がっていますが、ここで夏道に入る。
2
針ノ木大雪渓を振り返る。次は登りで通りますね。
2018年07月03日 16:45撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木大雪渓を振り返る。次は登りで通りますね。
2
ここからゴールの扇沢まで何度か渡渉を繰り返しました。
2018年07月03日 16:47撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからゴールの扇沢まで何度か渡渉を繰り返しました。
1
大沢小屋。まだ閉店してました。
2018年07月03日 17:09撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢小屋。まだ閉店してました。
1
渡渉のたびに下って登り返しを繰り返し、なかなか標高が下がりません。
2018年07月03日 17:17撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉のたびに下って登り返しを繰り返し、なかなか標高が下がりません。
3
また渡渉・・とだんだんうんざりしてきた・・
2018年07月03日 17:26撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また渡渉・・とだんだんうんざりしてきた・・
1
ここがゴールと思ったら違いました。
2018年07月03日 17:47撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここがゴールと思ったら違いました。
この先登山道はこの車道を何度か横断しながら下ります。
2018年07月03日 17:48撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先登山道はこの車道を何度か横断しながら下ります。
車道を横断します。
2018年07月03日 17:52撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道を横断します。
こんな所もありました。
2018年07月03日 17:53撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな所もありました。
2
やっと登山道入口に着いたよ。明るいうちに下山出来てよかった。
2018年07月03日 18:03撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと登山道入口に着いたよ。明るいうちに下山出来てよかった。
3
柏原新道で見下ろしたアルペンルート扇沢駅。
2018年07月03日 18:03撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柏原新道で見下ろしたアルペンルート扇沢駅。
道路をしばらく下ると。
2018年07月03日 18:04撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路をしばらく下ると。
市営第一駐車場に戻って終了。疲れた〜
2018年07月03日 18:07撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市営第一駐車場に戻って終了。疲れた〜
3
今回歩いた稜線の峰々。左から爺ヶ岳(今回は行ってません)〜岩小屋沢岳〜鳴沢岳〜赤沢岳〜スバリ岳〜針ノ木岳。
2016年10月7日 立山・大汝山から撮影。
2016年10月07日 11:06撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回歩いた稜線の峰々。左から爺ヶ岳(今回は行ってません)〜岩小屋沢岳〜鳴沢岳〜赤沢岳〜スバリ岳〜針ノ木岳。
2016年10月7日 立山・大汝山から撮影。
1
戦利品 ー鐫啝柿颯丱奪
2018年07月08日 06:59撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戦利品 ー鐫啝柿颯丱奪
2
戦利品◆/訓杙柿颯丱奪
2018年07月08日 07:01撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戦利品◆/訓杙柿颯丱奪
2
戦利品 針ノ木岳バッジ
2018年07月08日 07:03撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戦利品 針ノ木岳バッジ
3

感想/記録
by hoyan

山行記録作成 2018年7月4日

先々週は芝刈り。先週は仕事と天気は良さげなのに出動できずにいましたが、平日のこの日に代休を取得できました。かねてから行ければと思っていたこのコース。稜線上の小屋もオープンして出動条件は整い天気もまぁまぁとなったこの日に行ってきました。

前日に帰宅後、シャワー・食事・準備をして20時に家を出て道の駅白馬で車中泊。
3時半に起きて食事をして扇沢へ向かいました。ちょうどこの時間はW杯ベスト16の日本 vs ベルギーの試合中でテレビをつけたが受信できず、ラジオ中継を聴きながら車を走らせました。後半終了間際の2対2のところまで聴いていましたが、出発を遅らせることもできないので気を揉みながらスタートしました。

調べてはいましたが柏原新道はとても整備された歩きやすい道で、水分補給の小休止を入れながらも3時間で稜線の種池山荘に到着。そこで休憩している時に他の登山者の方から日本の敗戦を聞きました。残念・・

気を取り直して稜線歩きのスタート。種池山荘から新越山荘の沿道は写真であげたようにたくさんのお花で彩られていました。道も比較的歩きやすく剱・立山を見ながらの稜線漫歩でした。新越山荘を過ぎると東の長野側から雲が覆い始めました。それでもしばらくは黒部側まで覆い隠すほどではなく、立山連峰を眺めながら進みます。鳴沢岳まで200m弱の登り返しは頂上直下がかなりの急登で汗をかきかき鳴沢岳に到着。平蔵谷と長次郎谷をきれいに眺められる見慣れない角度からの剱岳に改めてちょっと感動。平日1日の強行山行ながら来てよかったと思いました。その後、赤沢岳までは稜線漫歩といえる快適な稜線歩きを楽しめました。

赤沢岳からはそれまでの道とは感じが変わって険しさが増してきます。200mを下り鞍部からスバリ岳まで300mの登り返し。頂上直下の急登には辟易しましたが、途中にはコマクサの大群落があり急登の疲れを癒してくれました。ちょっと感動。スバリ岳から鞍部まで下りラスボス・針ノ木岳への100mの登り返しは、それまでの疲れに鞭をうつような感じで何度も立ち止まり深呼吸をして進みました。そして辿り着いた針ノ木岳からの眺望は部分的でしたが、立山 ⇔ 薬師の北アルプス黄金ルートの稜線を眺められてよかったです。薬師岳山頂直下の3つのカールを拝めたのは新鮮でした。

針ノ木岳から針ノ木峠までの行程で雷鳥に遭遇。今年は私にとって雷鳥当たり年といえるのではないでしょうか。写真にはあげませんでしたが、まず雛3羽の親子に遭遇。その後写真にもあげた砂浴び雷鳥のつがいが目の前に現れました。間近にいる私の存在など眼中なしという感じで砂浴びに没頭する雷鳥さん。めずらしく気を利かせて撮った動画の撮影にも成功しました。(笑)







針ノ木小屋で休憩後、ボーナスステージというべきか最後は針ノ木大雪渓を下りました。まだ滑れそうなくらい雪があり、そこを通って肌にあたる風はひんやりして涼しく気持ちよかったです。

今回は久々の平日山行で稜線ですれ違ったのは2〜3人と静かな山歩でした。やっぱ平日山行はいいなぁ。縦走したゴタテ南部の峰々、立山連峰の素晴らしい眺め、初夏を彩るお花の数々とスバリ岳のコマクサの大群落、砂浴びをする雷鳥のつがい、クールな針ノ木大雪渓・・・と盛り沢山の内容で、疲れましたが忘れられない山行になりそうです。

今年は達成感のある山行が続いていてその余韻に浸っていると、ちゃんまさんから “調子に乗ってると逝っちゃうよ〜“ と言われました。今後も気を引き締めて行きたいと思います。次は今回歩いたゴタテ南部と北部の赤線繋ぎかな。
訪問者数:1747人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/1/20
投稿数: 102
2018/7/5 17:21
 最高ですね~!
なんてすばらしい山歩きなんでしょう。

・・・それにしても、元気なお人ですね!
登録日: 2012/7/15
投稿数: 329
2018/7/5 18:41
 Re: 最高ですね~!
Mkさん こんばんは

コメありがとうございます。
扇沢の下調べを兼ねて針ノ木岳に行ってきました。

今回の山行をクリア するとゴタテの抜けている唐松山荘と種池山荘を繋ぎたくなってきます。そうすると今度は針ノ木峠から蓮華岳〜船窪岳〜烏帽子岳〜裏銀座・・・と夢が膨らみますね〜

>・・・それにしても、元気なお人ですね!

なんて返していいかわかりませんがとりあえず元気だけが取柄なんで・・
山行後(たまに山行中もありますが)の をこよなく愛するオッサン・ハイカーなんです!
登録日: 2011/7/24
投稿数: 176
2018/7/5 23:26
 お疲れ様でした
ちょっと前に同コースを周ったhiroyanagiです こんばんは!

レコ復習しながら楽しく拝見しました、それにしても10日くらいの差でコマクサやコバイケイソウの景色に驚きました(私はヘトヘト歩きの最中で単に見逃しただけかもしれませんが)
雷鳥も沢山お出迎えで羨ましいです

あの絶景で私も蓮華岳から裏銀座のコースが気になっています
あそこらへんでお会いでいるかもしれませんね、その時は宜しくお願い致します、ちなみにニセピークに騙されないように頂上近くでうつむいて、ヘトヘト歩きしていれば私です

W杯、残念でした
登録日: 2012/7/15
投稿数: 329
2018/7/6 18:20
 Re: お疲れ様でした
hiroyanagiさん こんばんは!

コメントいれていただきありがとうございました。

はい疲れました (コメ返しで恐縮です・・)
赤沢岳までは、調子よく計画よりも少し速めに歩いていたのですが、スバリ岳の登りで足が止まってしまいました。 ガスがたちこめて眺望もなくなり、下を向いて歩いていたらコマクサの群落が現れて、少し元気をいただきました

あのヘトヘト感は5月に9時間かけて登った白山以来でしょうか。
針ノ木の登りもつらかったのですが、お花 が疲れを癒してくれてなんとか登頂できました

針ノ木岳からの下りは、12爪アイゼンで正解でした
特に大雪渓の直下りは踵から不安なく蹴りこんで歩くことができて、ツボ足や軽アイゼンより速く進めたんじゃないかと思ってます。

私、この夏は未踏の唐松〜五竜〜キレット〜鹿島槍〜扇沢を歩く予定で、それがクリアできたらコンプリートじゃないけど、ゴタテ主要部は踏破したということで、それに続く蓮華岳から烏帽子岳への縦走もいつか行ってみたいと思ってます。玄人向けのコースでちょっと憧れちゃいますね

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ