また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1520308 全員に公開 沢登り剱・立山

薬師沢左俣から北ノ俣岳(天国一丁目)

日程 2018年07月11日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間30分
休憩
1時間1分
合計
12時間31分
S有峰林道ゲート発23:4101:13猪根山散歩道 有峰ハウス口01:46折立02:0102:38太郎坂(アラレちゃん)03:00青淵三角点(青淵山)03:0704:03五光岩ベンチ04:0404:17太郎兵衛平05:24第一徒渉点05:2505:32第二徒渉点05:49第三徒渉点05:5209:30北ノ俣岳09:3510:44太郎平小屋10:5711:23五光岩ベンチ12:04青淵三角点(青淵山)12:18太郎坂(アラレちゃん)12:1912:44折立12:5913:44有峰林道ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
薬師沢左俣は危険な滝もなく雪渓もほぼ溶けていた。
左俣を詰めて稜線まで藪こぎはない

写真

三角点を過ぎて富山の夜景が見えた。街の明かりがとてもきれいね、、、
2018年07月11日 04:01撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点を過ぎて富山の夜景が見えた。街の明かりがとてもきれいね、、、
9
太郎平周辺にはコバイケイソウが咲き乱れていた
2018年07月11日 05:00撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎平周辺にはコバイケイソウが咲き乱れていた
10
太郎平を過ぎてすぐの分岐を左手に
2018年07月11日 05:02撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎平を過ぎてすぐの分岐を左手に
3
左俣出合までの木道は濡れて滑るが沢靴は滑らなかった
2018年07月11日 05:44撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左俣出合までの木道は濡れて滑るが沢靴は滑らなかった
6
空を見るとオゾンホールが
2018年07月11日 05:50撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空を見るとオゾンホールが
20
薬師沢左俣の橋
2018年07月11日 05:58撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師沢左俣の橋
3
左俣にもようやく日が当たり出しポカポカ陽気に
2018年07月11日 06:06撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左俣にもようやく日が当たり出しポカポカ陽気に
3
デカイ巨木もあるでよ
2018年07月11日 06:15撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デカイ巨木もあるでよ
3
自撮り一回で二から三往復、撮るしかない
2018年07月11日 06:26撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自撮り一回で二から三往復、撮るしかない
11
概して緩い左俣
2018年07月11日 06:45撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
概して緩い左俣
4
素敵な小瀧が続く
2018年07月11日 07:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素敵な小瀧が続く
5
小滝のオンパレード
2018年07月11日 07:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝のオンパレード
6
危ない滝は一切ない
2018年07月11日 07:29撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危ない滝は一切ない
5
滝に青空が映える、半分青い!
2018年07月11日 07:29撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝に青空が映える、半分青い!
11
振り返ればいつも薬師岳
2018年07月11日 07:38撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ればいつも薬師岳
4
この滝は直登
2018年07月11日 07:33撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この滝は直登
9
沢は晴れてなんぼ、この沢でこんなに晴れたのは久しぶりだ
2018年07月11日 07:42撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢は晴れてなんぼ、この沢でこんなに晴れたのは久しぶりだ
7
さあ赤木平が近い
2018年07月11日 07:44撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ赤木平が近い
6
稜線から怪しげな雲が湧く
2018年07月11日 07:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線から怪しげな雲が湧く
1
赤木平が近くなると平坦な沢が続く
2018年07月11日 08:03撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤木平が近くなると平坦な沢が続く
8
やはり沢の写真にに人は欠かせない
2018年07月11日 08:07撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり沢の写真にに人は欠かせない
9
コバイケイソウは8月が見頃、群生が半端ない
2018年07月11日 08:20撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバイケイソウは8月が見頃、群生が半端ない
6
水がキラキラ
2018年07月11日 08:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水がキラキラ
13
なんて素敵な場所だ
2018年07月11日 08:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんて素敵な場所だ
11
天国一丁目!
2018年07月11日 08:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天国一丁目!
24
北ノ俣岳も見えてきた
2018年07月11日 08:27撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北ノ俣岳も見えてきた
5
高山植物もきれい
2018年07月11日 08:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山植物もきれい
4
素敵すぎて言葉が出ない
2018年07月11日 08:30撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素敵すぎて言葉が出ない
11
コバイケイソウはまだつぼみ
2018年07月11日 08:31撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバイケイソウはまだつぼみ
7
青空と雲とYSHR
2018年07月11日 08:34撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空と雲とYSHR
17
高山植物アップ
2018年07月11日 08:38撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山植物アップ
2
左俣を見下ろす、赤木平は池塘が多い
2018年07月11日 09:12撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左俣を見下ろす、赤木平は池塘が多い
9
稜線手前は残雪が残る
2018年07月11日 09:19撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線手前は残雪が残る
9
稜線に飛び出し北ノ俣岳へ
2018年07月11日 09:31撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に飛び出し北ノ俣岳へ
3
北ノ俣岳ゴール!
2018年07月11日 09:37撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北ノ俣岳ゴール!
21
北ノ俣岳ー太郎平間は池塘が多い
2018年07月11日 10:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北ノ俣岳ー太郎平間は池塘が多い
5
薬師岳と池塘
2018年07月11日 10:26撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳と池塘
12
雷鳥が泣いてはぐれた子供を呼んでいた
2018年07月11日 10:40撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥が泣いてはぐれた子供を呼んでいた
13
コバイケイソウと薬師岳
2018年07月11日 10:45撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバイケイソウと薬師岳
7
折立までニッコウキスゲが乱舞
2018年07月11日 12:05撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折立までニッコウキスゲが乱舞
14
チャリミネンコ!
2018年07月11日 13:26撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チャリミネンコ!
9

感想/記録
by YSHR

梅雨が空けたら沢しかない!チャリも楽しめる沢と言えばアリミネンコしかないだろう。寝ている場合ではなく22時に自宅を出て立山を目指す。なるべく涼しい深夜帯に標高をあげよう。深夜0時前にゲート駐車場に着いておもむろにチャリを下ろしてさあ漕ぐぜよ、チャリ靴で漕ぐ、沢靴、登山靴も担いでいく。豪華絢爛だ。

深夜帯の有峰林道はいつも向かい風になることが多いが今日もそうだった。特にトンネル内は向かい風に苦しめられる。仲間がいれば先頭を交代して体力を温存できるが単独向かい風は辛い、暑くて重くてこれは拷問かい、好きでやっているから文句は言うまい、風に押されてアリミネンコまで1時間は切れなかった。途中で休憩して沢の水をくんだ。ダムを半周していよいよ激坂だ。ノザとバトルした日が懐かしい。

いつもよりかなり時間はかかったが何とか2時間は切れた。車はチラホラだが人気はない、チャリを隠して登山靴でガシガシ登る。チャリで足が疲れてしまいペースは上がらず三角点まで1時間、その先から富山の夜景が綺麗だった。このあたりでひんやりして気持ちよか、早出して良かった。少しペースは上がり4時半に太郎平小屋に着いた。白んでいるが誰もいなかった。此処から先は濡れた木道や朝露もあるだろうから沢靴で行くことにした。木道は滑らず快適だった。

ガンガン300m下って薬師沢左俣出合に、水はもう冷たくなかった。日が昇るとちょうど心地よい、今日は単独なのでガッツリ写真を撮ろう、自撮りもするぞ、この沢危険な滝はないから単独でも安心だ。貸し切りの左俣を快適に遡行していく。やはりこの時期は沢しかない、次々小滝が出てくる。たまに直登し、巻も交えてあっという間に赤木平に着くとそこはこの世の天国だった。高山植物が咲き乱れ緩い沢が延々と続く、此処は天国1丁目でしょう。空が青くて素敵だ。

いつまでも此処にいてまったりしたい気分だ。今日は晴れているからショートカットせず左俣を源頭までせり上がる。稜線まで藪こぎはなく快適に合流できた。しばし進むと北ノ俣岳に到着、誰もいません、雷鳥親子が散歩していた。薬師岳を眼前に見て太郎平を目指す。10時半過ぎ太郎に着いた。そろそろ日は上がり暑くなってきた。日が昇っての登りは絶対避けたい、今日は平日で折立から太郎に向かう登山者も少なかった。

午後1時前に折立に着いてチャリに跨がれば後は自動運転でゲートまで13.40分無事山行終了、チャリも沢も楽しかった。今日は寝ないで頑張って良かった。

やはり完全燃焼に勝るものはない!
訪問者数:2607人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ