また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1812352 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥武蔵

武甲山・羊山公園(名栗〜蕨山〜大持山〜小持山〜武甲山〜西武秩父駅)

日程 2019年04月28日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間59分
休憩
1時間19分
合計
10時間18分
S名郷08:2509:52蕨山(展望台)10:0010:05蕨山(最高点)10:0610:14逆川乗越10:32橋小屋ノ頭10:3410:46ヤシンタイの頭10:4710:59滝入ノ頭11:0011:27鳥首峠11:2911:51天神山11:5412:04ウノタワ12:1212:33横倉山12:3412:47大持山の肩12:54大持山12:5613:08雨乞岩13:1213:35小持山13:3714:02シラジクボ14:0314:27シラジクボ・浦山口 分岐14:3114:34武甲山14:4614:51シラジクボ・浦山口 分岐14:5315:21長者屋敷の頭15:2916:17橋立林道終点16:52札所28番 橋立堂/橋立鍾乳洞16:5517:24影森駅17:2518:05芝桜の丘18:1818:43西武秩父駅18:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鳥首峠手前の傾斜が非常に急で高度感があります。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

今日は久しぶりに(2〜3年ぶり?)に名郷バス停からスタート。
確か、当時も蕨山目当てだった気が…
2019年04月28日 08:26撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は久しぶりに(2〜3年ぶり?)に名郷バス停からスタート。
確か、当時も蕨山目当てだった気が…
1
ここから登山道がスタート。
2019年04月28日 08:38撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登山道がスタート。
尾根に乗り上げたところ。
遥か向こうには、これから向かうウノタワ?が見えます。
2019年04月28日 09:03撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に乗り上げたところ。
遥か向こうには、これから向かうウノタワ?が見えます。
天気が良く、奥武蔵の山々が一望できます。
2019年04月28日 09:09撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気が良く、奥武蔵の山々が一望できます。
急登箇所その1。
2019年04月28日 09:10撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登箇所その1。
1
急登箇所その2。
2019年04月28日 09:12撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登箇所その2。
急登箇所その3。
2019年04月28日 09:34撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登箇所その3。
もう終わりかけのツツジがお出迎え。
2019年04月28日 09:39撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう終わりかけのツツジがお出迎え。
そして分岐からの…
2019年04月28日 09:49撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして分岐からの…
登頂。こちらは展望台のほう。
2019年04月28日 09:53撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂。こちらは展望台のほう。
1
ぼんやりしてますが、この時期にしてはかなり遠くまで望めます。
2019年04月28日 09:55撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぼんやりしてますが、この時期にしてはかなり遠くまで望めます。
冠雪しているのは浅間山。
2019年04月28日 09:57撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冠雪しているのは浅間山。
こちらは三角点のほう。
2019年04月28日 10:06撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは三角点のほう。
いったん林道を横切り…
2019年04月28日 10:13撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いったん林道を横切り…
登頂。なかなかの急登を越えるルートです。
2019年04月28日 10:33撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂。なかなかの急登を越えるルートです。
しばらくは樹林帯の中からの景色です。
2019年04月28日 10:40撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは樹林帯の中からの景色です。
ピークを通過すると…
2019年04月28日 10:47撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークを通過すると…
このように展望が開けます。
2019年04月28日 10:48撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このように展望が開けます。
左手にノコギリのような両神山の稜線が。
そして、冠雪しているのは浅間山?上越国境?
2019年04月28日 10:49撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手にノコギリのような両神山の稜線が。
そして、冠雪しているのは浅間山?上越国境?
1
さらにピークを越え…
2019年04月28日 10:53撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらにピークを越え…
もう一つ踏むと…
2019年04月28日 10:59撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一つ踏むと…
これから向かう大持山方面が開けてきます。
2019年04月28日 11:00撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう大持山方面が開けてきます。
こちらもツツジがお出迎え。
2019年04月28日 11:03撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらもツツジがお出迎え。
ここからが今日の核心部。
高度感のある激降りが2回ほど続きます。
2019年04月28日 11:10撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからが今日の核心部。
高度感のある激降りが2回ほど続きます。
こちらは2回目の降り。
影で見えづらいですが、下が見えないような傾斜を降ります。
実際はロープがあるので、そこまで危険ではありません。
2019年04月28日 11:18撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは2回目の降り。
影で見えづらいですが、下が見えないような傾斜を降ります。
実際はロープがあるので、そこまで危険ではありません。
で、無事到着。人がいっぱいでした。
2019年04月28日 11:26撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、無事到着。人がいっぱいでした。
切り株の下からカタクリ。
2019年04月28日 11:44撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切り株の下からカタクリ。
(こんなピークあったけっかなぁ…?)と、向こうから降りてきた時の記憶をたどっています。
2019年04月28日 11:45撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(こんなピークあったけっかなぁ…?)と、向こうから降りてきた時の記憶をたどっています。
で、登頂。なかなかハードな登りでした。
2019年04月28日 11:54撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、登頂。なかなかハードな登りでした。
これまたツツジがお出迎え。
2019年04月28日 12:02撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これまたツツジがお出迎え。
1
そして久しぶりのウノタワ。
人だらけと予想していましたが、12:00なのに、2組しかいらっしゃいませんでした。
あれだけすし詰めだったバスの人々はどこに消えたのやら。
2019年04月28日 12:04撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして久しぶりのウノタワ。
人だらけと予想していましたが、12:00なのに、2組しかいらっしゃいませんでした。
あれだけすし詰めだったバスの人々はどこに消えたのやら。
そして大持山の前のピークに登頂。
2019年04月28日 12:34撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして大持山の前のピークに登頂。
1
こちらは飯能の街並み。
2019年04月28日 12:47撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは飯能の街並み。
こちらはアセビ?
2019年04月28日 12:52撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはアセビ?
わりとたくさん咲いていました。
2019年04月28日 12:53撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わりとたくさん咲いていました。
そして大持山へ。
ここからは体力勝負ではなく、テクニカルなコースになります。
2019年04月28日 12:56撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして大持山へ。
ここからは体力勝負ではなく、テクニカルなコースになります。
1
恒例のメタボチェッカー。
楽勝(棒)で通過。
2019年04月28日 13:02撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恒例のメタボチェッカー。
楽勝(棒)で通過。
途中の展望地から、ツツジと両神山。
2019年04月28日 13:10撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の展望地から、ツツジと両神山。
1
こちらは浅間山。
2019年04月28日 13:11撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは浅間山。
そしてようやくお目見えのラスボス・武甲山とツツジ。
2019年04月28日 13:24撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてようやくお目見えのラスボス・武甲山とツツジ。
大持山を振り返ってから。
ツツジもあと1週間くらい?
2019年04月28日 13:29撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大持山を振り返ってから。
ツツジもあと1週間くらい?
1
左側の冠雪は上越国境?
ここまでくっきり見えるのは、初めてかも。
2019年04月28日 13:34撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側の冠雪は上越国境?
ここまでくっきり見えるのは、初めてかも。
小持山はツツジが満開でした。
2019年04月28日 13:36撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小持山はツツジが満開でした。
1
で、登頂。
2019年04月28日 13:37撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、登頂。
1
そして武甲山へ。
2019年04月28日 13:37撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして武甲山へ。
いったんシラジクボまで降りて、200mの登り返し。
2019年04月28日 14:03撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いったんシラジクボまで降りて、200mの登り返し。
なんだっけか?
2019年04月28日 14:04撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだっけか?
なんだっけか?
2019年04月28日 14:14撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだっけか?
バイケイソウの群生地を登ります。
2019年04月28日 14:16撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バイケイソウの群生地を登ります。
分岐地点を通過すると…
2019年04月28日 14:30撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐地点を通過すると…
武甲山の肩に到着。
2019年04月28日 14:32撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武甲山の肩に到着。
頂上の御嶽神社で無事登頂の感謝と下山の安全を祈願します。
2019年04月28日 14:34撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上の御嶽神社で無事登頂の感謝と下山の安全を祈願します。
そして登頂。もう6回目くらい?
初の単独登山から毎年お世話になっています。
2019年04月28日 14:38撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして登頂。もう6回目くらい?
初の単独登山から毎年お世話になっています。
1
眼下の秩父の街並みと谷川岳を始めとした冠雪した上越国境。
ここまでハッキリと見えるのは初めてです。
ちなみに、真ん中のピンク色は、羊山公園の芝桜。
(下山後に訪問しました)
2019年04月28日 14:39撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下の秩父の街並みと谷川岳を始めとした冠雪した上越国境。
ここまでハッキリと見えるのは初めてです。
ちなみに、真ん中のピンク色は、羊山公園の芝桜。
(下山後に訪問しました)
こちらは浅間山。
2019年04月28日 14:41撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは浅間山。
そして、浦山口方面に下山します。
2019年04月28日 14:51撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、浦山口方面に下山します。
木の根の下からカタクリ。
2019年04月28日 15:01撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の根の下からカタクリ。
ここから分岐する巻道(バリエーションルート)の途中(往復2分ほど)の水場へ。そこそこ細い巻道なので、要注意です。
2019年04月28日 15:21撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから分岐する巻道(バリエーションルート)の途中(往復2分ほど)の水場へ。そこそこ細い巻道なので、要注意です。
水場では1リットルほど給水。水量は豊富。
2019年04月28日 15:22撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場では1リットルほど給水。水量は豊富。
こちらもツツジがお出迎え。
2019年04月28日 15:33撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらもツツジがお出迎え。
分かりづらいですが、桜も健在でした。
2019年04月28日 15:42撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分かりづらいですが、桜も健在でした。
もういっちょ桜。
2019年04月28日 15:44撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もういっちょ桜。
そして登山口へ無事下山。
2019年04月28日 16:10撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして登山口へ無事下山。
ここの沢を渡ってしばらくすると…
2019年04月28日 16:13撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの沢を渡ってしばらくすると…
林道になります。
ここからは長い林道歩きです。
2019年04月28日 16:16撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道になります。
ここからは長い林道歩きです。
麓は緑まぶしい新緑の季節です。
2019年04月28日 16:37撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓は緑まぶしい新緑の季節です。
で、閉店間際の土津園さんでソフトクリームをいただきました。
2019年04月28日 16:52撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、閉店間際の土津園さんでソフトクリームをいただきました。
1
で、羊山公園へ。
ご覧の通り、芝桜は見頃です。
2019年04月28日 18:08撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、羊山公園へ。
ご覧の通り、芝桜は見頃です。
武甲山と。
2019年04月28日 18:11撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武甲山と。
1
もういっちょ武甲山と。
2019年04月28日 18:13撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もういっちょ武甲山と。
1
別角度から武甲山と。
2019年04月28日 18:15撮影 by ASUS_X00PD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別角度から武甲山と。

感想/記録

連休最初の登山にして、少なくともこちら方面では平成最後の登山。

標高が高い山は残雪どころか積雪がありそうなので、やはりホームグラウンドの秩父・武甲山を登ることにしました。

ついでに、見頃を迎えている(だろう)芝桜を見に、羊山公園にも行ってきました。

【ルート状況】
■名郷バス停〜蕨山
・東飯能からバスに乗りましたが、すし詰め状態。普段ではあり得ない状況です。
・大半は棒ノ嶺目当てだろう、と当たりをつけたのですが、半分正解で半分間違い。さわらびの湯で降りた乗客と同じくらい、乗ってきた乗客もいらっしゃいました。
おそらく、蕨山→金毘羅尾根→さわらびの湯のルートでしょうか。
・名郷バス停には、登山届とトイレ(洋式・水洗)があります。ただし、これだけの登山者がいると、トイレは激混みです。駅で済ませるべきでしょう。
・蕨山には、しばらく林道を歩いてから、沢を詰め、尾根に乗り上げます。
・尾根に乗ってからは、3回ほど急登の箇所がありますが、三点支持で慎重に登れば問題ありません。降りで使う場合は、初心者向けではないでしょう。
・天気が良いため、蕨山(展望地)からは、北方面の山々がよく見えました。

■蕨山〜有間山(橋小屋ノ頭)〜鳥首峠
・三角点の蕨山からは、しばらく傾斜の緩いアップダウンがあり、そのうち若干急登の登りになります。
・急登をこなすと、有間山(橋小屋ノ頭)に登頂。
・ここから先、鳥首峠までは未踏区間です。
・事前の調査では、景観は抜群とのことでしたが、まさにそのとおりでした。
・天気に恵まれ、隣の仙元尾根、両神山、浅間山、上越国境がよく見えます。
・…と同時に、なかなか厳しい急登?ヤセ尾根?があるという情報もありましたが、これまたそのとおりでした。
・厳しい箇所は、鳥首峠の直前の降りで、2箇所ほど、高度感がある急傾斜のルートです。
・特に1箇所目は、そこそこ長く、ロープ等の設置もないため、慎重に通過するべきでしょう。2箇所目はロープがあります。
・鳥首峠は人でごった返していましたので、早々にスルー。

■鳥首峠〜ウノタワ〜大持山
・鳥首峠から先は、逆ルートで登ったことがあるのですが、もはや記憶の彼方。
・とはいえ、ひとつ?ピークを越えるだけで、ウノタワに到着します。
・それこそ、登山者で溢れていると思っていましたが、2組しかいらっしゃいませんでした。
・ウノタワでは、ちょうど12:00だったので、少し休憩してプロテインバーをかじっていました。
・ウノタワから先も、横倉山を越えて、大持山を目指します。
・大持山には、そこそこ人がいらっしゃいませんでした。

■大持山〜小持山〜武甲山
・大持山〜小持山の区間は、岩場・急登・ヤセ尾根があり、それまでの体力勝負の区間とは打って変わって、テクニカルなコースになります。
・途中、柴犬を連れていた登山者の方とすれ違いました。「あの岩場・ヤセ尾根を踏破するとは、なかなかやりおる」と思いましたが、よく考えてみれば、人間の2倍の足なんですよね。
・途中の展望地(雨乞岩)でも、遠くまで見渡せるほど、天気は抜群でした。
・小持山では、ツツジが満開でした。
・いったんシラジクボまで降りてから、最後の登り返しです。
・標高差200mの登り返しですが、脚を使い切ったのか、思いの外スピードが出ませんでした。
・武甲山の肩・山頂は、たくさんの登山者で賑わっていました。
・山頂から望む景色は、これまで何回か登った中では、もっとも見通しが効く景色でした。

■武甲山〜羊山公園
・山頂のトイレ(水洗・洋式)をお借りして、浦山口方面に下山。
・途中の水場で給水し、サクサク降りていきます。
・特に難所もなく、そのまま登山口から林道へ。
・長い林道歩きの果に、閉店間際の土津園さんでソフトクリームを購入。
・さらに長い車道歩きを経て、羊山公園へ。
・そこそこ時間がかかってしまい、素直に浦山口駅から西武秩父駅まで電車で移動すればよかった、と反省。

■羊山公園〜西武秩父駅
・羊山公園の芝桜は今がちょうど見頃です。
・山体が削られた武甲山が痛々しいですが、芝桜は見事なものです。
・訪問時間が遅かったせいか、ほとんど閉店していましたが、売店等もあり、完全にお祭り会場でした。
・トイレ(水洗・洋式)、駐車場完備です。
・西武秩父駅からはそこそこ歩きますが、バスもあるようです。
・一通り回ってから、西武秩父駅に移動し、今日の登山は終了。

【まとめ】
・以前、逆ルートで蕨山を目指した際には、鳥首峠でエスケープしたこともあり、その時は、「自分には踏破できそうもないなぁ…」と思ったものですが、しばらく経験を積んだ結果、逆の登り基調のルートでも踏破できるようになり、「慣れるとなんとかなるモンだ」と思った次第です。
・累積標高が1,600m弱のようですが、体感ではもっとあるかも?という感じです。
・蕨山の急登や、鳥首峠への急降下など、そこそこ難しい箇所がありますので、初心者向けではないかと。
・また、大持山〜小持山でも、そこそこ岩場があり、そう簡単なルートではありません。実際、若年層のチームが若干難儀をしていましたし、過去に滑落死亡事故があった場所もあります。
・ルート上には、トイレは武甲山山頂しかありません。
・水場は、浦山口方面のルート(裏参道)、横瀬方面のルート(表参道)とも、途中にあります。
・全体的に、桜はほとんど散っていましたが、ツツジ・カタクリなどが見頃を迎えていました。
・羊山公園の芝桜は見頃です。ただ、おそらく日中はかなり混むと思われます。
訪問者数:245人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ