また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1864772 全員に公開 雪山ハイキング剱・立山

美しかった立山(雄山から奥大日岳)

日程 2019年05月24日(金) 〜 2019年05月25日(土)
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

■1日目
(1) 9:15室堂→ 10:05一ノ越10:15→ 11:05雄山11:15→ 11:40大汝山→ 11:57富士ノ折立→ 12:38真砂山→ 13:32別山南峰→ 14:48剱御前小舎
(2) 18:10剱御前小舎→ 18:52剱御前19:00→ 19:25劔御前小舎
■2日目
5:50 剱御前小舎→ 8:35奥大日岳9:10→ 10:46雷鳥沢キャンプ場→ 11:33雷鳥荘(小休止)12:10→ 12:30みくりが池温泉(水分補給)12:40→ 12:50室堂
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

扇沢から黒部アルペンルート、この天気ならいい写真がたくさん撮れそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇沢から黒部アルペンルート、この天気ならいい写真がたくさん撮れそうです。
黒部ダム、この時期の青はなかなか濃い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部ダム、この時期の青はなかなか濃い。
8
最高の天気です。一ノ越に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高の天気です。一ノ越に向かいます。
1
長いトラバースをして、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長いトラバースをして、
一ノ越に到着。振り返って、室堂方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ越に到着。振り返って、室堂方面。
一ノ越から雄山への登り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ越から雄山への登り。
1
ちょっと登ったところから、浄土山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと登ったところから、浄土山。
4
真ん中に水晶、右に黒部五郎、笠ヶ岳、左に槍。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中に水晶、右に黒部五郎、笠ヶ岳、左に槍。
1
大日岳(左)と、明日登る予定の奥大日岳(右)。ミクリガ池は解凍中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳(左)と、明日登る予定の奥大日岳(右)。ミクリガ池は解凍中。
2
雄山山頂に到着。雄山神社。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄山山頂に到着。雄山神社。
4
遠くに劔岳。早く良く見えるところに行こう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに劔岳。早く良く見えるところに行こう。
3
振り返って、雄山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、雄山。
5
すぐに、この大汝山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに、この大汝山。
2
大汝山から室堂エリアを俯瞰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝山から室堂エリアを俯瞰。
大汝山を通過して、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝山を通過して、
大汝休憩所も通過して、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝休憩所も通過して、
ここは広大で、歩いていてなかなか気持ちがいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは広大で、歩いていてなかなか気持ちがいい。
2
雪庇の様な壁も越えて、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇の様な壁も越えて、
富士ノ折立が正面に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士ノ折立が正面に。
富士ノ折立は登らず、左の脇を通って下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士ノ折立は登らず、左の脇を通って下る。
だいぶ剱に近くなってきた。どんどん下って、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ剱に近くなってきた。どんどん下って、
1
真砂山と内蔵助(くらのすけ)カール
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真砂山と内蔵助(くらのすけ)カール
鞍部で振り返って、富士ノ折立。なかなか美男子。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部で振り返って、富士ノ折立。なかなか美男子。
3
鞍部から登ると、真砂岳山頂が見えてくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部から登ると、真砂岳山頂が見えてくる。
そのまま下って、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま下って、
別山と真砂乗越。そう、あの別山への登りがけっこうきつい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山と真砂乗越。そう、あの別山への登りがけっこうきつい。
左を見れば、奥大日岳につながる優雅な稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左を見れば、奥大日岳につながる優雅な稜線。
2
真砂乗越と真砂沢の雪渓、これがなかなか美しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真砂乗越と真砂沢の雪渓、これがなかなか美しい。
3
真砂乗越から振り返って、たおやかな真砂岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真砂乗越から振り返って、たおやかな真砂岳。
別山への登り。既に雪はなくて歩きやすいが、けっこう急。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山への登り。既に雪はなくて歩きやすいが、けっこう急。
左手を見れば、なかなかの景色。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手を見れば、なかなかの景色。
途中で振り返ると、なかなかグー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で振り返ると、なかなかグー。
真砂尾根と内蔵助山荘。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真砂尾根と内蔵助山荘。
1
別山南峰に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山南峰に到着。
別山南峰から剱方面。以前に来た時はガスっていて見えなかったので感激。何枚も撮ってしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山南峰から剱方面。以前に来た時はガスっていて見えなかったので感激。何枚も撮ってしまった。
3
いいね、絵になるね〜〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いいね、絵になるね〜〜
6
八峰、ゴジラの背中だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八峰、ゴジラの背中だ。
1
前劔に、さらに下がって一服劔。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前劔に、さらに下がって一服劔。
1
下って別山を振り返る。北峰(左)も見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下って別山を振り返る。北峰(左)も見えてきた。
正面には奥大日岳。なかなかいいね。明日行くからね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面には奥大日岳。なかなかいいね。明日行くからね。
左手には、浄土山と室堂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手には、浄土山と室堂。
またまた剱、この山は何枚も撮ってしまうね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた剱、この山は何枚も撮ってしまうね。
5
立山方面。これも、なかなかいいじゃない!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山方面。これも、なかなかいいじゃない!!
2
どんどん下ってくると、別山も男前に見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん下ってくると、別山も男前に見えてきた。
剱御前小舎上のへリポート場所から、ここもいいじゃない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱御前小舎上のへリポート場所から、ここもいいじゃない。
1
剱御前小舎に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱御前小舎に到着。
缶ビールとパンで乾杯して、2時間ほど寝る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
缶ビールとパンで乾杯して、2時間ほど寝る。
五時過ぎ。剱は、まだごきげんです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五時過ぎ。剱は、まだごきげんです。
1
6時、夕景の撮影に出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6時、夕景の撮影に出発。
3
なかなか、いい感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか、いい感じ。
4
奥大日岳が、夕日に溶けてしまいそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥大日岳が、夕日に溶けてしまいそう。
10
なんとも、なんとも、いい感じ。剱御前を目指して、どんどん進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとも、なんとも、いい感じ。剱御前を目指して、どんどん進む。
後立山の山々も、染まってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後立山の山々も、染まってきました。
4
剱御前に到着。剱が、柔らかく染っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱御前に到着。剱が、柔らかく染っています。
6
立山方面を振り返って、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山方面を振り返って、
2
溶けてゆく奥大日岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
溶けてゆく奥大日岳。
6
ここで沈み始めました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで沈み始めました。
3
雪面をトラバースして近道で戻ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪面をトラバースして近道で戻ってきました。
2
剱御前小舎の窓から、奥大日岳と富山の灯り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱御前小舎の窓から、奥大日岳と富山の灯り。
5
剱と満天の星 (8時半頃)(風が強くて三脚を押さえているのが、たいへんでした。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱と満天の星 (8時半頃)(風が強くて三脚を押さえているのが、たいへんでした。)
12
2日目の朝4時、廊下が真っ赤になっていたので、外に出てみた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目の朝4時、廊下が真っ赤になっていたので、外に出てみた。
6
4時半、五竜岳から陽が登り始めました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4時半、五竜岳から陽が登り始めました。
6
ジャジャジャジャーン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャジャジャジャーン
7
いいね〜、最高!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いいね〜、最高!
11
朝陽だけで、何十枚も撮ってしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝陽だけで、何十枚も撮ってしまった。
3
朝陽と錫杖龍大先生
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝陽と錫杖龍大先生
6
朝飯を軽く食べて、剱御前小舎を出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝飯を軽く食べて、剱御前小舎を出発。
まだ体は寝ぼけているのに、いきなりリッジのようなところを歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ体は寝ぼけているのに、いきなりリッジのようなところを歩く。
1
室堂にも、朝陽が当たり始めました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂にも、朝陽が当たり始めました。
室堂乗越に向けて下っていると、飛んできて、さっと上がっていってしまいました。雷鳥は、今回の山行でこの一羽だけ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂乗越に向けて下っていると、飛んできて、さっと上がっていってしまいました。雷鳥は、今回の山行でこの一羽だけ。
6
新室堂乗越まで下ってきました。正面は、鍬崎山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新室堂乗越まで下ってきました。正面は、鍬崎山。
ここからは、なだらかに見えるのですが・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは、なだらかに見えるのですが・・・
この辺りは、最高にのんびりできます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは、最高にのんびりできます。
剱御前小舎を振り返って、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱御前小舎を振り返って、
1
最初の壁、第一関門。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の壁、第一関門。
剱が近くで見張ってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱が近くで見張ってます。
やっと最初の壁を登り切りました。振り返って、剱御前小舎から下ってきた稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと最初の壁を登り切りました。振り返って、剱御前小舎から下ってきた稜線。
1
剱もよく見えるようになってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱もよく見えるようになってきました。
1
つづく第二の壁、第二関門。ここも、なかなか急です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つづく第二の壁、第二関門。ここも、なかなか急です。
登りきると、左側はけっこうな急斜面。振り返ると、こんな感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りきると、左側はけっこうな急斜面。振り返ると、こんな感じ。
1
やばいところ通ってきた感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やばいところ通ってきた感じ
1
左手には、称名渓谷
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手には、称名渓谷
雪庇のところを登るみたいですが、けっこうクラックが見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇のところを登るみたいですが、けっこうクラックが見えます。
3
できるだけ雪庇の端を登っていきますが、たまにこんな空洞や割れ目が・・・ だんだん怖くなって、戻ろうか迷っていましたが、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
できるだけ雪庇の端を登っていきますが、たまにこんな空洞や割れ目が・・・ だんだん怖くなって、戻ろうか迷っていましたが、
1
前からすいすい下りてきた人がいてくれて、話をしているうちに、怖さが消えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前からすいすい下りてきた人がいてくれて、話をしているうちに、怖さが消えました。
1
称名川の渓谷 鍬崎山、白山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
称名川の渓谷 鍬崎山、白山
1
山頂は、最高点からもうちょっと行ったところ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は、最高点からもうちょっと行ったところ。
振り返って。雪庇とクラックがすごいでしょ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って。雪庇とクラックがすごいでしょ。
1
奥大日岳山頂に到着。向こうは富山湾。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥大日岳山頂に到着。向こうは富山湾。
山頂から剱岳と早月尾根(左側)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から剱岳と早月尾根(左側)
4
山頂で軽く食べて下山開始。やっぱり、あそこは歩きたくない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で軽く食べて下山開始。やっぱり、あそこは歩きたくない。
1
雷鳥沢キャンプ場が見えてきた。あそこを目指して、適当に下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥沢キャンプ場が見えてきた。あそこを目指して、適当に下る。
雷鳥沢キャンプ場辺りから新室堂乗越。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥沢キャンプ場辺りから新室堂乗越。
雷鳥沢ヒュッテから別山乗越方面。暑さと、ヘロヘロで、雷鳥沢キャンプ場から登ってくるのがたいへんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥沢ヒュッテから別山乗越方面。暑さと、ヘロヘロで、雷鳥沢キャンプ場から登ってくるのがたいへんでした。
1
今回のすてきな山行、たいへんありがとうございました。(まだ解凍中のミクリガ池から)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回のすてきな山行、たいへんありがとうございました。(まだ解凍中のミクリガ池から)
10

感想/記録

・この山行は、とても良いものになりました。それは、きっと以前から潜在的にこうなりたいと思っている人たちに逢えて会話ができたからだろうと思います。定年過ぎたおじさんが、いまさら持ってはいけない夢かもしれませんが、もやもやしていた白い靄が消えて、前が見えてきた気がします。いい3つの出会いが重なった山行になりました。3人のお方、たいへんありがとう。

・一人目のお方。中盤フィルムカメラの大きなザックの私より年配の方、見るからに山岳写真の達人の雰囲気が漂っている。扇沢の切符待ちの並びから黒部平まで、話し相手になってくれました。たしか東京のカメラクラブに所属していて、たまに作品を発表するとも話されていた。もう何十年も立山に通われていて、仙人池ヒュッテ、池ノ平小屋のお話や、中盤フィルムカメラの難しさや、私がこれから行くコースの撮影ポイントなどアドバイスをいただいた。たいへんありがとうございました。

・二人目のお方。剱御前小舎の11号室で同室になった三重県の『錫杖龍』さん。nikonの一眼レフを持ち、その底部の黒い塗装がすり落ちた面積の大きさだけ見ても、ただものではない。聞けば、300名山は残すところ北海道の数山のみ、信州百名山も完登。信州のことは、山以外のことでも地元の私より詳しい。剱御前での夕日撮影、剱御前小舎へリポートでの星景写真撮影と朝日撮影に付き合ってくれました。帰ってから、ブログの美しい写真の数々を拝見させていただき、これからゆっくり古いものも含めて写真の勉強をさせていただきたいと思います。たいへんありがとうございました。

・三人目のお方。奥大日岳の山頂稜線の手前で、ここをトラバースするならここで撤退かな考えていたら、向こうからすいすいを降りてこられた、真っ黒に日焼けした顔にUVクリームのぬりむらが目立つ、前後にふたつのザックを背負ったお方。大きな三脚を背負って、このお方も見るからに山岳カメラマン。当初は、大日岳の方へ向かう予定だったが不明瞭なため、奥大日岳の山頂にテン泊して、戻ってきたそうだ。雪庇のことなど、ちょっと会話しただけですが、たくさんの山の経験から出てくるオーラが半端ない。ちょっと話をしただけで、撤退のことなど吹き飛んで、無事に行ってこれました。たいへんありがとうございました。

・それと、一ノ越への登りで出会ったアラ80のご夫婦。昨日千葉を出て、SAで仮眠を取って来たそうだ(普通の80歳がすることじゃない!)。若いころから御夫婦で登山を楽しんできたそうで、もう歳なので今日は一ノ越までは登られないと話されていましたが、お二人とも背筋がピンとして、山を愛してやまない感がにじみ出ている。こんな歳の取り方ができる人生は、間違いなく幸せです。剱御前小舎での夕飯のテーブルにも、よく山に行かれているという若いご夫婦がいらっしゃいましたが、このご夫婦もきっとあのご夫婦のようになられるんだなと、うらやましく思いました。

・好天に、いい景色、いい出会い、たいへんありがとうございました。
訪問者数:491人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ