また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1868057 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

燕岳、大天井岳、常念岳、蝶ヶ岳 中房温泉スタート 三股登山口ゴール

日程 2019年05月25日(土) 〜 2019年05月26日(日)
メンバー
天候快晴 真夏日で山頂でも20℃ 夜間5℃程度か?
アクセス
利用交通機関
バス、 タクシー、 車・バイク
5/25 中房温泉登山口スタート 町営第一駐車場へ駐車。 トイレあり。朝3時ごろには満車。 第二、第三駐車場まであります。無料。
5/26 三股登山口ゴール 駐車場からドコモでタクシーを呼ぶ(ぎりぎり通話できました)。穂高駅まで約20分、5600円。呼んでから約40分で来てくれました。穂高駅から中房温泉行きバス 約1時間、1700円。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間10分
休憩
2時間1分
合計
9時間11分
Sスタート地点05:0405:11中房温泉登山口05:36第1ベンチ05:50第2ベンチ05:5506:17第3ベンチ06:2006:35富士見ベンチ06:4307:08合戦小屋07:1207:22合戦山(合戦沢ノ頭)07:48ベンチ07:5208:00燕山荘08:3108:33いるか岩08:41めがね岩08:45燕岳08:5208:54めがね岩09:00いるか岩09:04燕山荘09:1409:39蛙岩09:52大下りの頭09:5310:50小林喜作レリーフ10:56槍ヶ岳・大天井岳、常念岳分岐10:5811:28大天井岳12:0112:07大天荘12:0812:52東天井岳13:0414:15常念小屋
2日目
山行
6時間14分
休憩
1時間2分
合計
7時間16分
常念小屋03:4004:31常念岳04:5207:36蝶槍07:5608:02蝶ヶ岳三角点08:07蝶ヶ岳・蝶槍間分岐(横尾方面)08:0808:30蝶ヶ岳ヒュッテ08:4408:47蝶ヶ岳08:5008:53蝶ヶ岳ヒュッテ08:54蝶ヶ岳10:10まめうち平10:1110:33ゴジラみたいな木10:3510:47三股登山口10:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
燕岳までの登坂は雪あり。常念岳までの稜線はほぼ雪無し。1か所、雪のトラバースあるのでアイゼン着。雪はぐずぐずのため滑りやすい。常念岳~蝶槍までは雪あり。常念~小ピークまで急登のぐずぐずの雪道はアイゼン必着。小ピークからコルまでの雪道も同様。女性が二人、チェーンアイゼンで登坂中に滑落したのを目撃。尾根道ではなく、雪のトラバースが安全。コルは踏み抜き地獄の樹林帯。踏み跡がわかりにくく注意が必要。コル~蝶槍までもぐずぐずの雪道。蝶槍〜蝶ヶ岳は雪無し。蝶ヶ岳〜三股登山口はぐずぐずの雪あり。アイゼン必須。
常念岳の南側の小ピークの上から2つ目の残雪部分は、尾根沿いに登ると、途中から雪がなくなりハイマツで尾根を上がれなくなり、雪へ出るとぐずぐずで滑落します。ここは、トラバース道を登ってください。ここで、女性が二人、滑落するのを見ました。1人は中ほどのトラバース道を越えて20mほど落ちていき、たまたま木に引っ掛かって助かりました。その直後、もう一人が落ちていき、トラバース道の手前で止まりました。お二人ともチェーンアイゼンでした。12本つめのアイゼンでないと効きませんので、ご注意ください。
その他周辺情報中房温泉700円。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ミレードライナメッシュシャツ ジオラインLW長袖シャツ ウィックロンジオサーマル長袖 ズボン 薄手靴下 ゲイター 手袋(テムレス非防寒とインナー化繊手袋) 防寒着 レインウェア上下 3シーズンミッドカットトレッキングシューズ ザック 昼ご飯 アルファ米3個 レトルトカレー3個 非常食 飲料2.5〜3LL sotoストーブ ガス 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備ヘッドランプ 予備電池 GPS(ガーミンMAP64Sとeトレック30X) 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 サングラス ビィビィ カメラ ジオラインバラクラバ 旧カジタックス12本爪アイゼン ピッケル トレッキングポール

写真

町営の第一駐車場。朝3時半ごろには満車
2019年05月25日 05:02撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
町営の第一駐車場。朝3時半ごろには満車
燕岳までの登坂です
2019年05月25日 07:19撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳までの登坂です
1
早くも絶景!!
穂高の山々
2019年05月25日 07:58撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早くも絶景!!
穂高の山々
いつもながらきれいな燕山荘です
2019年05月25日 08:28撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもながらきれいな燕山荘です
そしてテント場
2019年05月25日 08:29撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてテント場
燕岳への稜線です。雪はありません
2019年05月25日 08:30撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳への稜線です。雪はありません
みんな大好き槍ヶ岳
2019年05月25日 08:33撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みんな大好き槍ヶ岳
燕岳からこれから行く表銀座縦走コースの稜線を臨みます。燕山荘、大下りノ頭、その先に大天井岳!!いつ見ても美しい稜線です。
2019年05月25日 08:40撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳からこれから行く表銀座縦走コースの稜線を臨みます。燕山荘、大下りノ頭、その先に大天井岳!!いつ見ても美しい稜線です。
2
ちなみに燕岳山頂です
2019年05月25日 08:42撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちなみに燕岳山頂です
1
看板とかなかったっけ?
2019年05月25日 08:43撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板とかなかったっけ?
1
槍ヶ岳と東側に伸びる西鎌尾根ですかね。すると、槍の右側が左俣岳かな?
2019年05月25日 08:44撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳と東側に伸びる西鎌尾根ですかね。すると、槍の右側が左俣岳かな?
燕岳から北燕岳への稜線です。
北燕岳の直前の急登は、かなり危ない登坂です。
2019年05月25日 08:44撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳から北燕岳への稜線です。
北燕岳の直前の急登は、かなり危ない登坂です。
燕岳から槍をバックに!!
2019年05月25日 08:47撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳から槍をバックに!!
2
これ、メガネ岩ですね
2019年05月25日 08:51撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これ、メガネ岩ですね
この岩、槍ヶ岳より槍っぽいなあ・・・
2019年05月25日 08:56撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩、槍ヶ岳より槍っぽいなあ・・・
みんな、これ撮ってますよね。イルカ岩
2019年05月25日 08:57撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みんな、これ撮ってますよね。イルカ岩
1
燕山荘へ戻ってきました。しっかし、本当に良い場所に立ってます。燕岳山頂よりも景気は良いです
2019年05月25日 09:00撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘へ戻ってきました。しっかし、本当に良い場所に立ってます。燕岳山頂よりも景気は良いです
燕山荘から見た、これから行く表銀座縦走コースと左側の大天井岳。右の槍ヶ岳へは喜作新道、東鎌尾根を通っていきます。
2019年05月25日 09:17撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘から見た、これから行く表銀座縦走コースと左側の大天井岳。右の槍ヶ岳へは喜作新道、東鎌尾根を通っていきます。
大天井岳と東天井岳への稜線
2019年05月25日 09:28撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井岳と東天井岳への稜線
大天井岳、山頂!!
2019年05月25日 11:26撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井岳、山頂!!
1
大天井岳から見た二ノ俣谷と槍ヶ岳へ続く喜作新道。美しいです
2019年05月25日 12:00撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井岳から見た二ノ俣谷と槍ヶ岳へ続く喜作新道。美しいです
そして大天荘。ただいまお休み中のため、水などは入手できません。水は燕山荘、常念小屋、蝶ヶ岳ヒュッテで購入する必要があります。
2019年05月25日 12:02撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして大天荘。ただいまお休み中のため、水などは入手できません。水は燕山荘、常念小屋、蝶ヶ岳ヒュッテで購入する必要があります。
大天荘は、なぜか2回の窓が開いてました
2019年05月25日 12:03撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天荘は、なぜか2回の窓が開いてました
ここのトラバースは、アイゼン必須!!
2019年05月25日 12:59撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのトラバースは、アイゼン必須!!
雷鳥さん、なかなかどいてくんない
2019年05月25日 13:06撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥さん、なかなかどいてくんない
横通岳を振り返る
2019年05月25日 13:32撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横通岳を振り返る
常念小屋と常念岳
2019年05月25日 14:05撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念小屋と常念岳
ここがテント場。ちなみにテント泊の方は、小屋内のトイレ使えず、テント場の1.5cmほどの巨大なハエまみれのトイレを使うことになります。恐ろしいトイレです。夜になって気温が下がると、やっとハエがいなくなります。
2019年05月25日 14:09撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここがテント場。ちなみにテント泊の方は、小屋内のトイレ使えず、テント場の1.5cmほどの巨大なハエまみれのトイレを使うことになります。恐ろしいトイレです。夜になって気温が下がると、やっとハエがいなくなります。
ビール、ウマっ
2019年05月25日 14:42撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビール、ウマっ
2
今日、歩いてきた横通岳
2019年05月25日 18:14撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日、歩いてきた横通岳
槍ヶ岳と今日の日没
2019年05月25日 18:14撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳と今日の日没
今日の宿・・・。モンベルダウンハガー3番では寒かった・・・。そして、結露が・・・。でも、顔だけ出して満点の星と、月明りに照らされる残雪の山々が、ものすごく美しかった。不便だけれど、心は満点!!
2019年05月25日 18:15撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の宿・・・。モンベルダウンハガー3番では寒かった・・・。そして、結露が・・・。でも、顔だけ出して満点の星と、月明りに照らされる残雪の山々が、ものすごく美しかった。不便だけれど、心は満点!!
1
夕陽に照らされる横通岳
2019年05月25日 18:31撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕陽に照らされる横通岳
おはようございます。常念岳山頂付近から
2019年05月26日 04:28撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはようございます。常念岳山頂付近から
御来光、マジックアワーが始まります
2019年05月26日 04:29撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御来光、マジックアワーが始まります
常念岳山頂にて
2019年05月26日 04:39撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念岳山頂にて
2
御来光をバックに!!
2019年05月26日 04:40撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御来光をバックに!!
1
常念岳の南側の小ピークにある雪道です。
こちらが尾根から登ってくる上側の道。GWは尾根沿いに登頂できますが、今はハイマツが出てしまって無理なため、雪の部分を歩きますが、ここがぐずぐずで、チェーンアイゼンの女性が2人、目の前で滑落しました。
2019年05月26日 06:29撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念岳の南側の小ピークにある雪道です。
こちらが尾根から登ってくる上側の道。GWは尾根沿いに登頂できますが、今はハイマツが出てしまって無理なため、雪の部分を歩きますが、ここがぐずぐずで、チェーンアイゼンの女性が2人、目の前で滑落しました。
1
こちらが、自分が通った10mほど下のしっかりとしたトラバース道。こちらを通ってください。滑落した女性の1人は、ここで止まらず、さらに10mほど落ちていき、奇跡的に崖手前にある木に引っかかりました。怪我はなかったようです。仲間の3男性3人に救助されていました。その直後、お仲間のもう一人の女性が滑落し、トラバース道の手前の自分の目の前2mで止まりました。飛びついて救助しようと構えてましたが、秒速2mほどだったので、まず無理だったと思います。
2019年05月26日 06:29撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらが、自分が通った10mほど下のしっかりとしたトラバース道。こちらを通ってください。滑落した女性の1人は、ここで止まらず、さらに10mほど落ちていき、奇跡的に崖手前にある木に引っかかりました。怪我はなかったようです。仲間の3男性3人に救助されていました。その直後、お仲間のもう一人の女性が滑落し、トラバース道の手前の自分の目の前2mで止まりました。飛びついて救助しようと構えてましたが、秒速2mほどだったので、まず無理だったと思います。
2
蝶槍への登坂中に先ほどの常念岳の南側の小ピークの滑落遭遇現場を撮影しました。上から2つ目の雪です。雪の上側の道ではなく、中程のトラバース道を通ってください。蝶ヶ岳ヒュッテの方が言うには、ここは滑落事故が多いそうです。
2019年05月26日 06:55撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶槍への登坂中に先ほどの常念岳の南側の小ピークの滑落遭遇現場を撮影しました。上から2つ目の雪です。雪の上側の道ではなく、中程のトラバース道を通ってください。蝶ヶ岳ヒュッテの方が言うには、ここは滑落事故が多いそうです。
1
北側から常念岳!!登山道に雪が残っていますね。
2019年05月26日 07:20撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側から常念岳!!登山道に雪が残っていますね。
蝶槍!!すぐに着きそうで結構遠い。
2019年05月26日 07:29撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶槍!!すぐに着きそうで結構遠い。
蝶槍、着きました!!
2019年05月26日 07:33撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶槍、着きました!!
ここからの景色、本当に抜群です。
2019年05月26日 07:34撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからの景色、本当に抜群です。
涸沢中心に、槍、穂高連峰の山々!!
すばらしい
2019年05月26日 07:35撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢中心に、槍、穂高連峰の山々!!
すばらしい
蝶槍から常念岳
2019年05月26日 07:41撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶槍から常念岳
涸沢ですね
2019年05月26日 07:46撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢ですね
穂高と霞沢岳の間に見える焼岳です。
2019年05月26日 08:25撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高と霞沢岳の間に見える焼岳です。
霞沢岳。
2019年05月26日 08:25撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霞沢岳。
蝶ヶ岳ヒュッテ。
2019年05月26日 08:40撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳ヒュッテ。
蝶ヶ岳山頂。
ちょっと痩せたかな?いや、やつれか・・・。
2日間合計で5時間くらいしか寝てないせいか?
2019年05月26日 08:46撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳山頂。
ちょっと痩せたかな?いや、やつれか・・・。
2日間合計で5時間くらいしか寝てないせいか?
1
からの・・・下り。グズグズの雪
2019年05月26日 08:58撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
からの・・・下り。グズグズの雪
腐った雪の急斜面。アイゼン必須
2019年05月26日 08:59撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腐った雪の急斜面。アイゼン必須
川の水も多い
2019年05月26日 10:38撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川の水も多い
三股登山口の駐車場、着きました。
駐車場の一番端っこから、ドコモ携帯がなんとかつながり、タクシーを呼べました。約40分でタクシー到着。穂高駅まで約20分、5600円です。
2019年05月26日 11:11撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三股登山口の駐車場、着きました。
駐車場の一番端っこから、ドコモ携帯がなんとかつながり、タクシーを呼べました。約40分でタクシー到着。穂高駅まで約20分、5600円です。
穂高駅にある中房温泉までのバス時刻表。
中房温泉まで1700円です。
2019年05月26日 12:44撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高駅にある中房温泉までのバス時刻表。
中房温泉まで1700円です。
中房温泉登山口、町営第一駐車場に戻ってきました。
2019年05月26日 13:39撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中房温泉登山口、町営第一駐車場に戻ってきました。
おしまい
2019年05月26日 13:40撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おしまい
1
撮影機材:

感想/記録

今回の山旅は、「急がない」こと。ゆっくり、景色をかみしめながら・・・ということで、トレランは無しです。15kgザックでミッドカットで走らず、ゆっくりと歩いてきました。表銀座の一部ですが、穂高連峰、乗鞍、焼岳、霞沢岳、槍ヶ岳など、本当にキラキラした山々の銀座でした。
訪問者数:703人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ