また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1948318 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳〜不帰嶮〜唐松岳(猿倉→八方)待ちに待った夏山縦走

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年08月02日(金) ~ 2019年08月04日(日)
メンバー , その他メンバー2人
天候8/2(金):晴時々曇(ガス)
8/3(土):晴時々曇(ガス)
8/4(日):晴時々曇(ガス)
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
・白馬観光タクシー(八方第五駐車場〜猿倉)3,280円
 4:30頃から運行。皆さん相乗りされてました。私たちも同様に。
・八方アルペンライン(八方山荘駅〜八方駅)1,550円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間54分
休憩
2時間9分
合計
8時間3分
S猿倉荘05:5206:51白馬尻小屋07:0209:18岩室跡10:00避難小屋10:55白馬岳頂上宿舎12:3312:51白馬山荘13:06白馬岳13:1713:29白馬山荘13:3813:55白馬岳頂上宿舎
2日目
山行
6時間26分
休憩
1時間2分
合計
7時間28分
白馬岳頂上宿舎04:4506:01杓子岳06:0306:48鑓ヶ岳06:5707:16鑓温泉分岐07:37天狗山荘07:5808:46天狗ノ大下り08:5209:27不帰キレット09:3509:59不帰嶮(不帰一峰)10:55不帰嶮(不帰二峰北峰)11:1111:21不帰嶮(不帰二峰南峰)12:01唐松岳12:13唐松岳頂上山荘
3日目
山行
2時間13分
休憩
14分
合計
2時間27分
唐松岳頂上山荘05:5806:29丸山06:43扇雪渓07:19八方池07:3307:37第三ケルン07:46八方ケルン07:50石神井ケルン08:25八方池山荘08:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【不帰の頭から不帰曲北峰】
急斜面の鎖場や梯子、片側が切れ落ちたトラバースが続く。前日にも滑落事故があったそう。
その他周辺情報・白馬岳頂上宿舎テント場 1,200円/人
・唐松岳頂上山荘テント場 1,200円/人
・倉下の湯 600円
 https://www.kurashitanoyu.com/
 源泉かけ流しで素朴な感じ。10:00からのオープンですが、早めに開けていただけました。
過去天気図(気象庁) 2019年08月の天気図 [pdf]

写真

猿倉から出発!
2019年08月02日 05:49撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿倉から出発!
小一時間で白馬尻小屋に到着。歓迎どうも!
2019年08月02日 06:51撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小一時間で白馬尻小屋に到着。歓迎どうも!
登ってみたかった白馬大雪渓にチャレンジします。
2019年08月02日 07:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってみたかった白馬大雪渓にチャレンジします。
1
大きな岩や土砂がなだれ込んでいます。
2019年08月02日 07:38撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな岩や土砂がなだれ込んでいます。
結構急!でも涼しいのとガス間から時折見える景色が美しいです。
2019年08月02日 08:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構急!でも涼しいのとガス間から時折見える景色が美しいです。
2
大好きなお花、ハクサンフウロ。
2019年08月02日 09:26撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大好きなお花、ハクサンフウロ。
1
雪渓の後の登り。これが予想以上にきつい!
2019年08月02日 09:47撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓の後の登り。これが予想以上にきつい!
ミヤマクワガタ。こんなに小さい花やったっけ??
2019年08月02日 09:58撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマクワガタ。こんなに小さい花やったっけ??
2
急登かつ日除けがなくてめっちゃ暑い!一番きついところでした。
2019年08月02日 10:04撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登かつ日除けがなくてめっちゃ暑い!一番きついところでした。
1
きつい登りでしたが、お花が癒してくれました。
2019年08月02日 10:22撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きつい登りでしたが、お花が癒してくれました。
1
ミヤマオダマキ
2019年08月02日 10:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマオダマキ
1
白馬岳頂上宿舎が見えました。
2019年08月02日 10:47撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳頂上宿舎が見えました。
白馬岳頂上宿舎のテント場。ご覧の有様で大混雑です。
2019年08月02日 12:35撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳頂上宿舎のテント場。ご覧の有様で大混雑です。
2
テント設営が完了し、白馬岳の頂上へ。
2019年08月02日 12:38撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント設営が完了し、白馬岳の頂上へ。
白馬山荘。噂通りでかい山荘ですね。
2019年08月02日 12:51撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬山荘。噂通りでかい山荘ですね。
山頂が見えました。
2019年08月02日 12:59撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が見えました。
白馬岳登頂!百名山64座目となり、これで北アルプスの百名山は踏破完了しました♪
2019年08月02日 13:08撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳登頂!百名山64座目となり、これで北アルプスの百名山は踏破完了しました♪
2
新田次郎の『強力伝』のモデルとなった方位盤と旭岳。
2019年08月02日 13:13撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新田次郎の『強力伝』のモデルとなった方位盤と旭岳。
3
ミヤマシオガマ
2019年08月02日 13:45撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマシオガマ
1
2日目の朝、白馬岳とテント場を振り返る。
2019年08月03日 04:53撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目の朝、白馬岳とテント場を振り返る。
3
白馬岳の山頂部に滝雲が。
2019年08月03日 05:08撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳の山頂部に滝雲が。
2
朝日が昇りました。
2019年08月03日 05:12撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日が昇りました。
3
これから登る杓子岳と白馬鑓ヶ岳
2019年08月03日 05:17撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから登る杓子岳と白馬鑓ヶ岳
2
砂礫地にコマクサがひっそりと咲いてました。
2019年08月03日 05:47撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂礫地にコマクサがひっそりと咲いてました。
2
杓子岳を振り返る。東側がものすごく切れてて、地味に危険な道でした。
2019年08月03日 06:03撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杓子岳を振り返る。東側がものすごく切れてて、地味に危険な道でした。
2
これから登る白馬鑓ヶ岳
2019年08月03日 06:12撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから登る白馬鑓ヶ岳
2
シコタンソウ。好きな花のひとつです。
2019年08月03日 06:15撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シコタンソウ。好きな花のひとつです。
3
シルエット雷鳥
2019年08月03日 06:18撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シルエット雷鳥
7
ミヤマアズマギク
2019年08月03日 06:26撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマアズマギク
1
振り返って杓子岳、奥に白馬岳。
2019年08月03日 06:30撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って杓子岳、奥に白馬岳。
3
チシマギキョウ
2019年08月03日 06:31撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チシマギキョウ
1
白馬鑓ヶ岳登頂!とりあえず白馬三山を完登。
2019年08月03日 06:48撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬鑓ヶ岳登頂!とりあえず白馬三山を完登。
3
進行方向を見ると、目指す唐松岳、奥に五竜岳と鹿島槍ヶ岳が見えます。
2019年08月03日 06:52撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進行方向を見ると、目指す唐松岳、奥に五竜岳と鹿島槍ヶ岳が見えます。
2
白馬鑓温泉への分岐です。パトロールの方に伺うと、道迷いの遭難が多いそうです。
2019年08月03日 07:16撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬鑓温泉への分岐です。パトロールの方に伺うと、道迷いの遭難が多いそうです。
1
チングルマ。まだ咲いていました。
2019年08月03日 07:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマ。まだ咲いていました。
1
天狗山荘。ここでヘルメットを装着し、岩稜verへ身支度します。
2019年08月03日 07:37撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗山荘。ここでヘルメットを装着し、岩稜verへ身支度します。
1
朝の青空に生える剱岳
2019年08月03日 08:05撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の青空に生える剱岳
3
天狗の大下りへと続く稜線。気持ちいいですが、日差しがとても強いです。
2019年08月03日 08:21撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の大下りへと続く稜線。気持ちいいですが、日差しがとても強いです。
1
立山連峰と剱岳
2019年08月03日 08:24撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山連峰と剱岳
2
ここからが天狗の大下り。急すぎて下が見えません。
2019年08月03日 08:52撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからが天狗の大下り。急すぎて下が見えません。
3
鎖場多数あり。滑落と落石に注意。
2019年08月03日 09:04撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場多数あり。滑落と落石に注意。
2
いよいよ不帰嶮の皆さんが出てきました。滝雲が怪しさと険しさをよりアップさせます。
2019年08月03日 09:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ不帰嶮の皆さんが出てきました。滝雲が怪しさと険しさをよりアップさせます。
5
左側が切れ落ちています。
2019年08月03日 09:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側が切れ落ちています。
4
不帰喫の頭から見た不帰曲
2019年08月03日 10:01撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰喫の頭から見た不帰曲
3
岩の割れ目に咲くチシマギキョウ。たくましい!
2019年08月03日 10:14撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の割れ目に咲くチシマギキョウ。たくましい!
1
いよいよ核心部の不帰曲へ!
2019年08月03日 10:16撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ核心部の不帰曲へ!
3
軽いクライミングな感じ。
2019年08月03日 10:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軽いクライミングな感じ。
4
よく見る橋。この橋を渡るよりも、この手前のところの方が怖かったです。
2019年08月03日 10:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく見る橋。この橋を渡るよりも、この手前のところの方が怖かったです。
3
登ってきた道を振り返る。どこが道かわかりません。
2019年08月03日 10:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた道を振り返る。どこが道かわかりません。
3
不帰曲北峰への急登。
2019年08月03日 10:50撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰曲北峰への急登。
4
結構危険です。前日にこの辺りで滑落事故があったそうです。
2019年08月03日 10:51撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構危険です。前日にこの辺りで滑落事故があったそうです。
5
こんなところを登ってきました。
2019年08月03日 10:55撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところを登ってきました。
2
不帰曲北峰に到着!とりあえず核心部は越えました。
2019年08月03日 10:55撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰曲北峰に到着!とりあえず核心部は越えました。
1
不帰曲南峰
2019年08月03日 11:15撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰曲南峰
3
不帰景は右から巻いて通過し、その先に見える唐松岳へ。
2019年08月03日 11:24撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰景は右から巻いて通過し、その先に見える唐松岳へ。
3
雷鳥さんこんにちは。よく見かけますね。
2019年08月03日 11:31撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥さんこんにちは。よく見かけますね。
3
唐松岳到着。急にすごい人。
2019年08月03日 12:01撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳到着。急にすごい人。
3
テント場がなくなるので、仲間を置いて急いで下山。
2019年08月03日 12:03撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場がなくなるので、仲間を置いて急いで下山。
1
もともと狭い唐松岳のテント場。到着時、もういっぱいでしたが、何とか場所を譲っていただき、設営できました。ありがとうございました。
2019年08月03日 12:15撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もともと狭い唐松岳のテント場。到着時、もういっぱいでしたが、何とか場所を譲っていただき、設営できました。ありがとうございました。
2
3日目の夜明け
2019年08月04日 05:08撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目の夜明け
1
昨日登ってきた白馬岳からの道
2019年08月04日 05:28撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日登ってきた白馬岳からの道
3
八方へ下山します。
2019年08月04日 06:01撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方へ下山します。
ゴツゴツデカい五竜岳
2019年08月04日 06:10撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴツゴツデカい五竜岳
3
綿毛になったチングルマ
2019年08月04日 06:27撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綿毛になったチングルマ
1
八方池が見えました。
2019年08月04日 07:13撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池が見えました。
不帰曲の南峰と北峰
2019年08月04日 07:21撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰曲の南峰と北峰
3
八方池と不帰嶮〜白馬鑓ヶ岳
2019年08月04日 07:23撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池と不帰嶮〜白馬鑓ヶ岳
5
八方池と天狗の大下り〜白馬岳
2019年08月04日 07:30撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池と天狗の大下り〜白馬岳
5
ずっと見ていたい、そんな風景。
2019年08月04日 07:38撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっと見ていたい、そんな風景。
3
無事、八方山荘駅に到着しました。
2019年08月04日 08:25撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事、八方山荘駅に到着しました。

感想/記録

前から行きたかった白馬岳。せっかくなら不帰嶮にもということで、山岳会の仲間とテント泊装備で登りました。
平日でしたが猿倉は朝から混雑気味。大雪渓は渋滞とまではいきませんが、長い列が続きました。大雪渓は涼しさもあり比較的楽に登れましたが、その後の登りが予想以上に急で暑さも相まって結構しんどかったです。白馬岳頂上宿舎のテント場を確保するために、途中から仲間を置いて先に行きましたが、到着時は7割ほどで4人用テントが張れるスペースを確保できました。白馬岳は本当に花が多い山ですね。今年は全然高山に行けてなかったので、その分、一気にお花を楽しむことができました。
2日目は杓子岳、白馬鑓ヶ岳、天狗の大下りを経て、今回の山行の核心部である不帰嶮へ。あまり下調べをしてこなかったのですが、思った以上のスリルと危険を感じました。特に、不帰曲北峰への登り。鎖がなかったらかなり危険ですね。実際、私たちが登った前日に唐松岳側から来た登山者が不帰曲北峰直下で滑落したそうで、下山時にパトロールのおじさんから「その辺に血だまりなかった?」と生生しく聞かれました。もちろん、そんなの見ている余裕はなかったので見てませんが。
その後は前日と同じくテント場確保のためにダッシュ!しかし、唐松岳頂上山荘もテント場も大混雑!「観光地か!」とツッコみたくなるような状況でしたが、スペースを空けていただき、何とかテントを張ることができました。
3日目、八方池山荘までの気楽な下山。白馬岳から歩いてきた稜線を横に眺めながら充実感に浸り、八方池で絶景を堪能し、無事下山しました。
いろいろあった山行でしたが、ようやく今シーズンの夏山を楽しむことができて良かったです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:433人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ