また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2028244 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

湯俣川弥助沢遡行ー裏銀座縦走(鷲羽岳、野口五郎岳、烏帽子岳)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年09月14日(土) ~ 2019年09月16日(月)
メンバー , その他メンバー3人
天候1日目と2日目は晴れ。3日目は曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車は七倉山荘登山口に駐車。連休ということもあり深夜1時過ぎについたがそこそこ満車状態。高瀬ダムまでのタクシーは30分ほど待った。
帰りは高瀬ダムの公衆電話からタクシーを呼んだ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち36%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間52分
休憩
27分
合計
10時間19分
S高瀬ダム湯俣登山口07:0907:47東京電力高瀬川第五発電所07:4808:18林道終点08:39名無避難小屋08:4009:58湯俣山荘09:5910:50湯俣(噴湯丘)10:5111:31第一吊橋跡11:3812:16衝立岩12:2013:14第三吊橋跡14:27第四吊橋跡15:11第五吊橋跡15:2317:28宿泊地
2日目
山行
9時間49分
休憩
33分
合計
10時間22分
宿泊地08:0811:54弥助沢出合14:30登山道16:52鷲羽岳17:0917:48ワリモ岳18:0418:30ワリモ北分岐06:06水晶小屋
3日目
山行
7時間33分
休憩
52分
合計
8時間25分
水晶小屋06:2506:54東沢乗越07:0207:59真砂岳分岐08:0008:50野口五郎岳08:5109:01野口五郎小屋09:0611:15烏帽子ひょうたん池11:1611:26烏帽子小屋11:4712:26三角点12:3713:41権太落し13:4214:12ブナ立尾根取付14:1314:26高瀬ダム 天場14:36高瀬ダム濁沢登山口14:45高瀬ダム湯俣登山口14:4714:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
(1)湯俣川遡行(晴嵐荘から硫黄沢出合まで):
渡渉を20回ほど繰り返す。雨はあまり降ってなかった思うので今回は水量は普通〜少なめだったのではないかと思う。腰まであるような渡渉もあるので水量次第では渡渉できない場合もあると思う。第3吊橋跡(「雨天時勇気を持って引き返せ」と岩壁に書かれているところ)が一番の難所と感じた。先行パーティーが右岸をへつっていたが我々は左岸に渡渉してから壁際を川の中を歩いて通過した。登攀するような滝等はない。硫黄分の害により植物が育たず両岸ともに岩壁がむき出しの風景は日本離れしていて雄大。また岩にもコケがつかないので滑るようなこともない。
(2)湯俣川から弥助沢遡行(硫黄沢出合から稜線まで):
しばらくは水量も多いが渡渉に苦労するようなことはなくなる。水に硫黄分がなくなるため魚が出てくるし岩にはコケが付いてくる。また風景も普通の日本の沢のようになってくる。登攀するような滝はなく退屈といえば退屈。今回は釣りをしながら歩いたのでだいぶ時間がかかった。カールに出て登山道を行き交う人が見えてきてからは素晴らしい眺望を楽しむことができる。
その他周辺情報七倉山荘で風呂に入れる。また途中の葛温泉高瀬館でも日帰り入浴できる。風呂は熱かった。
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

装備

共同装備 ロープは使わず

写真

高瀬ダムまでタクシー。ものすごく寒くて驚いた。
2019年09月14日 07:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高瀬ダムまでタクシー。ものすごく寒くて驚いた。
しばらくは林道。工事の車に何台も抜かされる。
2019年09月14日 07:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは林道。工事の車に何台も抜かされる。
晴嵐荘へ渡る吊橋は落ちている。
2019年09月14日 10:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴嵐荘へ渡る吊橋は落ちている。
水俣川出合付近。ここらへんまで道がある。
2019年09月14日 10:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水俣川出合付近。ここらへんまで道がある。
昔の道案内が残ってます。右は伊藤新道、左は北鎌。
水俣川と分かれたら早速渡渉です。
2019年09月14日 10:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昔の道案内が残ってます。右は伊藤新道、左は北鎌。
水俣川と分かれたら早速渡渉です。
噴湯丘付近です。温泉が湧きまくってます。
2019年09月14日 10:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噴湯丘付近です。温泉が湧きまくってます。
6
噴湯丘です。かなり大きい。
2019年09月14日 10:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噴湯丘です。かなり大きい。
4
温泉が噴出してます。
2019年09月14日 11:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉が噴出してます。
1
すごい色。残念ながらちょうど良く風呂に入れそうな温度のところはなかったです。
2019年09月14日 11:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すごい色。残念ながらちょうど良く風呂に入れそうな温度のところはなかったです。
4
正面が衝立岩です。ミニゴルジュ状になってます。
2019年09月14日 11:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面が衝立岩です。ミニゴルジュ状になってます。
1
この切れそうな危ういトラロープに足を引っ掛けて登る箇所がありました。
2019年09月14日 12:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この切れそうな危ういトラロープに足を引っ掛けて登る箇所がありました。
2
第3吊橋跡です。見えにくいですが壁に「雨天時勇気を持って引き返せ」と書いてあります。先行パーティーは右岸をへつってましたが我々は左岸から行きました。
2019年09月14日 13:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第3吊橋跡です。見えにくいですが壁に「雨天時勇気を持って引き返せ」と書いてあります。先行パーティーは右岸をへつってましたが我々は左岸から行きました。
2
河原が広くなります。稜線が見えました。
2019年09月14日 13:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河原が広くなります。稜線が見えました。
第四吊橋跡です。ワイヤーが残ってます。ここがワリモ沢出合。
2019年09月14日 14:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第四吊橋跡です。ワイヤーが残ってます。ここがワリモ沢出合。
右がワリモ沢。左が本流。
2019年09月14日 14:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右がワリモ沢。左が本流。
硫黄沢からの硫黄成分が増えてきてさらに岩肌がむき出しになってきます。
2019年09月14日 14:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄沢からの硫黄成分が増えてきてさらに岩肌がむき出しになってきます。
1
稜線もだいぶ近くに見えてきました。
2019年09月14日 15:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線もだいぶ近くに見えてきました。
1
硫黄沢出合付近です。硫黄沢出合付近でツェルトを張りました。左岸の台地状に多少の幕営スペースがありました。
2019年09月14日 16:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄沢出合付近です。硫黄沢出合付近でツェルトを張りました。左岸の台地状に多少の幕営スペースがありました。
2
翌日、釣りをしながら遡行します。
2019年09月15日 07:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日、釣りをしながら遡行します。
1
何箇所か赤い水(鉄分?)が出ている箇所があります。
2019年09月15日 08:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何箇所か赤い水(鉄分?)が出ている箇所があります。
1
稜線です。まだまだ遠い。
2019年09月15日 08:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線です。まだまだ遠い。
弥助沢に入りました。だいぶ水量も減り、落ち着いてきました。まだまだ魚はいますが、時間かかりすぎなので釣りも終了。
2019年09月15日 12:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥助沢に入りました。だいぶ水量も減り、落ち着いてきました。まだまだ魚はいますが、時間かかりすぎなので釣りも終了。
地図に書かれている露岩の左を行きます。
2019年09月15日 13:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図に書かれている露岩の左を行きます。
北鎌尾根と硫黄尾根が重なります。
2019年09月15日 13:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北鎌尾根と硫黄尾根が重なります。
4
源流部です。
2019年09月15日 14:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源流部です。
最後はカール地形です。登山道を行き交う人が見えてきます。ここからが長い!
2019年09月15日 14:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はカール地形です。登山道を行き交う人が見えてきます。ここからが長い!
2
傾斜もきついし空気も薄いし最後はザレ場でなかなか大変。
2019年09月15日 14:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜もきついし空気も薄いし最後はザレ場でなかなか大変。
1
ようやく登山道に出て裏銀座縦走路を行きます。登山道に出たとはいえまたさらに鷲羽岳まで500m登らないといけないという地獄。ここは本当にきつかった。
2019年09月15日 16:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく登山道に出て裏銀座縦走路を行きます。登山道に出たとはいえまたさらに鷲羽岳まで500m登らないといけないという地獄。ここは本当にきつかった。
2
鷲羽岳の頂上です。見えにくいですがブロッケン現象を見ることができました。
2019年09月15日 16:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽岳の頂上です。見えにくいですがブロッケン現象を見ることができました。
5
もうヘロヘロでペース上がらず。ワリモ岳へ向かって降りていきます。
2019年09月15日 17:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうヘロヘロでペース上がらず。ワリモ岳へ向かって降りていきます。
2
でも景色は素晴らしい。
2019年09月15日 17:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも景色は素晴らしい。
1
ワリモ岳付近で日没。
2019年09月15日 17:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワリモ岳付近で日没。
4
雲海に浮かぶ稜線。素晴らしい光景でした!
2019年09月15日 18:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ稜線。素晴らしい光景でした!
3
3日目は裏銀座縦走路をひたすら歩くだけ。もう疲れてるけど。
2019年09月16日 06:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目は裏銀座縦走路をひたすら歩くだけ。もう疲れてるけど。
東沢です。ここもいつか遡行したい。
2019年09月16日 06:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東沢です。ここもいつか遡行したい。
1
これはワリモ沢の支流ですね。眺めがいい。
2019年09月16日 07:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはワリモ沢の支流ですね。眺めがいい。
ちょうど空気の層の分かれ目が目の高さです。不思議な光景。水面みたいです。
2019年09月16日 07:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょうど空気の層の分かれ目が目の高さです。不思議な光景。水面みたいです。
5
五郎池です。
2019年09月16日 08:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五郎池です。
1
野口五郎岳のピークです。あとは大きな登りはないです。
2019年09月16日 08:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野口五郎岳のピークです。あとは大きな登りはないです。
お釈迦様の掌のような
2019年09月16日 10:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お釈迦様の掌のような
1
烏帽子小屋までの道のり。もう疲れて早く帰りたい。荷物重いし暑いし。
2019年09月16日 10:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子小屋までの道のり。もう疲れて早く帰りたい。荷物重いし暑いし。
1
高瀬ダムのダム湖が見えてきました。
2019年09月16日 11:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高瀬ダムのダム湖が見えてきました。
烏帽子小屋まで最後ちょっとだけ登りがあるのですがそこがもう本当にきつい。
2019年09月16日 11:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子小屋まで最後ちょっとだけ登りがあるのですがそこがもう本当にきつい。
ブナ立尾根がまた長いのなんのって。対岸に見える崩壊地、凄まじいです。
2019年09月16日 13:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ立尾根がまた長いのなんのって。対岸に見える崩壊地、凄まじいです。
1
なんとかようやく下山。
2019年09月16日 14:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとかようやく下山。
最後、崩壊地からの土砂をひたすら搬出している工事現場の中を歩きます。
2019年09月16日 14:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後、崩壊地からの土砂をひたすら搬出している工事現場の中を歩きます。
崩壊地からの滝。かっこいい滝です。
2019年09月16日 14:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊地からの滝。かっこいい滝です。
1
土砂を運び出してます。何かに使えるのかな・・・?
2019年09月16日 14:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土砂を運び出してます。何かに使えるのかな・・・?
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:844人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ