また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2058035 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

徳沢園テント泊で蝶ヶ岳

日程 2019年10月09日(水) 〜 2019年10月10日(木)
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
バス
行き:新宿バスタ発高速バス(さわやか信州号)7:15発。大正池11:53下車。

帰り:上高地バスターミナル発高速バス(さわやか信州号)15:00発。新宿バスタ着20:16。(途中渋滞で延着)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間34分
休憩
8分
合計
2時間42分
Sスタート地点(大正池BS)11:5812:01大正池12:20田代池12:2112:36田代橋13:10河童橋13:1713:55明神館14:40ゴール地点(徳沢園テント場)
2日目
山行
7時間9分
休憩
1時間32分
合計
8時間41分
徳澤園06:1507:12チューダイ広場08:53長塀山09:0009:21妖精の池09:31展望が開けた09:4009:47蝶ヶ岳10:1510:18蝶ヶ岳ヒュッテ10:1910:35蝶ヶ岳・蝶槍間分岐(横尾方面)10:43蝶ヶ岳三角点10:51蝶ヶ岳・蝶槍間分岐(横尾方面)11:47槍見台12:01横尾 (横尾山荘)12:46徳澤園13:1913:57明神館14:0514:44河童橋14:5014:56上高地バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所なし。

写真

大正池と焼岳
2019年10月09日 12:02撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大正池と焼岳
1
大正池と穂高連峰
2019年10月09日 12:03撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大正池と穂高連峰
1
中央に魚。岩魚?
2019年10月09日 12:07撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央に魚。岩魚?
1
田代池と霞沢岳?
2019年10月09日 12:20撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田代池と霞沢岳?
人に慣れた猿たち
2019年10月09日 12:34撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人に慣れた猿たち
河童橋と前穂高岳
2019年10月09日 13:08撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋と前穂高岳
河童橋と穂高連峰
2019年10月09日 13:10撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋と穂高連峰
徳沢テント場
2019年10月09日 15:35撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳沢テント場
翌日早朝。テント場にはまだ日は射していないが、山は朝日に輝いている。
2019年10月10日 06:16撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日早朝。テント場にはまだ日は射していないが、山は朝日に輝いている。
徳沢園の脇のここから長塀尾根へ入る。
2019年10月10日 06:15撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳沢園の脇のここから長塀尾根へ入る。
長塀山。眺望はない。
2019年10月10日 08:53撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長塀山。眺望はない。
同。三角点。
2019年10月10日 08:54撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同。三角点。
妖精の池
2019年10月10日 09:24撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妖精の池
最初に展望が開けた場所から槍、穂高の尾根。
蝶ヶ岳頂上はもう少し上。
2019年10月10日 09:33撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初に展望が開けた場所から槍、穂高の尾根。
蝶ヶ岳頂上はもう少し上。
6
同。右上部に蝶ヶ岳ヒュッテ。その先に常念岳。
2019年10月10日 09:40撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同。右上部に蝶ヶ岳ヒュッテ。その先に常念岳。
2
同。喜作新道、東鎌尾根の稜線。
2019年10月10日 09:40撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同。喜作新道、東鎌尾根の稜線。
1
蝶ヶ岳頂上。
2019年10月10日 09:46撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳頂上。
蝶ヶ岳山頂から槍、穂高岳の稜線。
2019年10月10日 09:47撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳山頂から槍、穂高岳の稜線。
2
同。方角を少し右へスパン。
2019年10月10日 09:47撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同。方角を少し右へスパン。
2
同。さらに少し右へスパン。
2019年10月10日 09:49撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同。さらに少し右へスパン。
2
槍・穂高岳。(梓川からの高度感)
2019年10月10日 10:18撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍・穂高岳。(梓川からの高度感)
3
蝶ヶ岳ヒュッテ。
2019年10月10日 10:18撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳ヒュッテ。
1
横尾分岐
2019年10月10日 10:36撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾分岐
1
蝶ヶ岳の三角点。山名標はない。
2019年10月10日 10:44撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳の三角点。山名標はない。
横尾山荘
2019年10月10日 12:01撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾山荘
撮影機材:

感想/記録

■丁度1年前に徳沢園のテント場をベースに長塀尾根経由の蝶ヶ岳登山も計画したものの取りこぼしていたので今回リベンジすることにした。天気も上々の予報なのでアルプスの大展望に期待が弾む。上高地へのアクセスは去年同様さわやか信州号だが料金は昨年よりも消費税増2%以上の料金になっていた。

■大正池で急遽下車することにして歩き出したがザックとウエストポーチの合計は16.5kg。久しぶりにずしりと重さを感じる。しかし、その重さを忘れさせるほどの景色に見とれた。
河童橋付近はいつも人が多い。外国人も多い。目前に迫る重厚な景観が次から次に目にはいり思わず写真に収めたくなるが、早くテント場についてゆっくりしたいのであまり道草を食わないようにして歩いた。

■夜も深まってくるとさすがにシュラフにしっかり収まっても寒くなった。セーターなど着込んでみたが寒さは消えなかった。山ではいつも寝つきが悪いが、寒いこともあってなかなか眠れなかった。

■朝5時前には行動開始。朝食を済ませテント内にほとんどの荷は置いたまま、サブザックに食料、水等を入れて6:15出発した。殆ど眠れなかったが頭の重さはない。荷は軽いのでスイスイと展望のない樹林の中の長塀尾根を登った。長塀山も展望なし。やがて急に梓川をはさんだ対面の山が視界に飛び込んだ。ずっと展望がきかない中を歩いてきただけに突然という感じの景観には見とれてしまった。下山中の女性2人パーティが眺望と別れるのを惜しんで立ち去り難く眺めいっていた。

■計画ではテント2泊し、ゆっくり帰る積りであったが、また寒くて眠りづらかったらまずいし、台風の影響が早まれば困るので2泊目は断念し今日のうちに帰ることに変更した。そうとなればできれば上高地15:15のバスに乗りたいので急いで歩いた。徳沢テント場に12:46に戻り着いた。
テント撤収し、大して軽くなっていないザックを背負って上高地バス停へ。15時頃にゴールしたとき丁度今にも発車しようとしていたさわやか信州号に1個空席があったので乗ることにした。新宿に着いた時には小雨だった。
訪問者数:214人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ