また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2179882 全員に公開 雪山ハイキング 赤城・榛名・荒船

御座山(上栗生から往復)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年01月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
上栗生の道路路肩スペースに駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間39分
休憩
1時間14分
合計
5時間53分
S栗生地区道路路肩スペース06:3407:18栗生登山口07:2308:11不動の滝08:1409:38御座山10:4311:33不動の滝12:04栗生登山口12:0512:27栗生地区道路路肩スペースG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・栗生コース登山口手前の林道が一部崩壊しており、登山口手前1.6kmのところでゲート通行止めになっていました。ゲート手前から歩く必要があります。この崩壊部分をバイパスする道あり(写真参照)。
・栗生コース登山口〜不動の滝:登山口からしばらく川の右岸に沿って登る。しかし登山口からすぐ先と「山頂まで2,000m」の看板がある手前、それぞれ50mほど山道が崩壊しており、大石と倒木の散乱するガレた枯沢を歩くか、左の斜面を高まきする必要あり。「山頂まで2,000m」の看板のある地点から沢を離れて斜面を登って行く。斜面を登り切ってしばらく行くとの不動の滝に到着。
・不動の滝〜御岳神社:急坂をつづら折れで登っていく。道は明瞭だが途中から雪が出てきて落ち葉も沢山で滑るので、チェーンスパイクを装着。つづら折れを登り切って、岩壁に取り付く。クサリあり足場も豊富で見た目ほど難しくないが、所々凍っておりスリップに注意。カベを登り切って少し行くと御岳神社(前御座山)。
・御岳神社〜御座山:細い急傾斜の道を下って細い尾根を渡る。今は雪が付いて所々凍っておりスリップに注意。下りきったところが金山沢のコル。ここから再び細い急斜面の道を登り避難小屋に行き当たる。ここを左方向へ進むと木がない岩稜へ飛び出す。10cmほど雪が積もった岩稜を30mほどそろりそろりと進むと御座山山頂に到着。
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 帽子 ステッキ ザック チェーンスパイク スパッツ 昼ご飯 行動食 飲料 折りたたみ座布団 地図 コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め スマホ ラジオ 時計 タオル カメラ 無線機 アンテナ

写真

栗生登山口につながる林道入口から500mほど下った道脇スペースに駐車して出発。
2020年01月12日 06:34撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栗生登山口につながる林道入口から500mほど下った道脇スペースに駐車して出発。
1
栗生登山口に行く林道は入口で通行止め。
2020年01月12日 06:42撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栗生登山口に行く林道は入口で通行止め。
1
林道を行くと、、道路崩壊。これでは車は通れない。いつ治るんだろう?
2020年01月12日 07:07撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を行くと、、道路崩壊。これでは車は通れない。いつ治るんだろう?
1
登山口に到着。
2020年01月12日 07:18撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に到着。
1
親切な絵地図があった。とても参考になるので山道に入る前に読んでおくとよいと思った。
2020年01月12日 07:18撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
親切な絵地図があった。とても参考になるので山道に入る前に読んでおくとよいと思った。
1
登山口に入っていきなり道がなくなっていた。正面の岩を沢沿いに巻く道があったはずだが、昨秋の台風大雨で流されてしまったようだ。仕方がないので沢に降りて登る。なお、沢に入らず、左の斜面を5mほど上ったところにある高まき道を使っても行ける(帰りに使った)。
2020年01月12日 12:04撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に入っていきなり道がなくなっていた。正面の岩を沢沿いに巻く道があったはずだが、昨秋の台風大雨で流されてしまったようだ。仕方がないので沢に降りて登る。なお、沢に入らず、左の斜面を5mほど上ったところにある高まき道を使っても行ける(帰りに使った)。
1
岩ゴロゴロだ。
2020年01月12日 07:23撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩ゴロゴロだ。
沢を50mほど進むと山道が出てきたので乗り移る。赤リボン、テープあり。
2020年01月12日 07:27撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を50mほど進むと山道が出てきたので乗り移る。赤リボン、テープあり。
振り返って。50mほど沢を登った。
2020年01月12日 07:27撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って。50mほど沢を登った。
少し行くと斜面へ誘導する道標が出てくる。高まき道のようだ。
2020年01月12日 07:30撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し行くと斜面へ誘導する道標が出てくる。高まき道のようだ。
高まきして再び沢脇に降りてくるとまた道がなくなっていた。左側にあるはずの道に注意しながら沢を登って行く。
2020年01月12日 07:38撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高まきして再び沢脇に降りてくるとまた道がなくなっていた。左側にあるはずの道に注意しながら沢を登って行く。
沢の真ん中に赤ペンキでマークされた木が出てきたのでこの方向へ進むのかと思ったが、左の斜面にも小さくピンクリボンがあったので行ってみると上部に山道が続いていた(こちらが正解)。
2020年01月12日 11:51撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の真ん中に赤ペンキでマークされた木が出てきたのでこの方向へ進むのかと思ったが、左の斜面にも小さくピンクリボンがあったので行ってみると上部に山道が続いていた(こちらが正解)。
少し行くと「山頂まで2,000m」の看板があった。こちらの道で正解のようだ。ここから一旦沢を離れて登って行く。
2020年01月12日 07:52撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し行くと「山頂まで2,000m」の看板があった。こちらの道で正解のようだ。ここから一旦沢を離れて登って行く。
営林署の看板を通過。
2020年01月12日 07:56撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
営林署の看板を通過。
不動の滝に到着。
2020年01月12日 08:11撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動の滝に到着。
バラバラとつららあり。川水もちょろちょろ流れている。微妙な温度なのだろう。
2020年01月12日 08:13撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バラバラとつららあり。川水もちょろちょろ流れている。微妙な温度なのだろう。
滝の下部では凍った川水が積みあがっていた。
2020年01月12日 08:13撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の下部では凍った川水が積みあがっていた。
登山口の絵地図にもあった「ん」の木。おもろい。どうなってるの?
2020年01月12日 08:34撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口の絵地図にもあった「ん」の木。おもろい。どうなってるの?
雪が出てきたので念のためチェーンスパイクを履く。
2020年01月12日 08:48撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が出てきたので念のためチェーンスパイクを履く。
1
「山頂まで500m」看板通過。この先、岩壁にぶつかり核心部へ。
2020年01月12日 08:53撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「山頂まで500m」看板通過。この先、岩壁にぶつかり核心部へ。
最初のクサリが出てきた。
2020年01月12日 08:55撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のクサリが出てきた。
クサリが続く。急だが豊富に足場あり、見た目ほど難しくなかった。
2020年01月12日 08:57撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサリが続く。急だが豊富に足場あり、見た目ほど難しくなかった。
核心部を通過してほどなく御岳神社(前御座山)に到着。この先急な下り道。
2020年01月12日 09:06撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
核心部を通過してほどなく御岳神社(前御座山)に到着。この先急な下り道。
雪の付いた細い尾根を通過。
2020年01月12日 09:17撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の付いた細い尾根を通過。
1
金山沢のコルを通過後、再び登って、御座山直下の避難小屋に到着。
2020年01月12日 09:34撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金山沢のコルを通過後、再び登って、御座山直下の避難小屋に到着。
1
御座山岩稜をソローリソロリ。左側が切れ落ちている。。
2020年01月12日 09:37撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御座山岩稜をソローリソロリ。左側が切れ落ちている。。
1
御座山山頂に到着!素晴らしい360度眺望!しかし遠方はちょっと曇っていて見えにくい。
2020年01月12日 09:38撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御座山山頂に到着!素晴らしい360度眺望!しかし遠方はちょっと曇っていて見えにくい。
3
北方面、まだら雪の浅間山。
2020年01月12日 09:39撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北方面、まだら雪の浅間山。
北東方面、手前に赤久縄山、奥は日光方面?
2020年01月12日 09:39撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北東方面、手前に赤久縄山、奥は日光方面?
東方面、ギザギザ両神山だ。
2020年01月12日 09:40撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東方面、ギザギザ両神山だ。
1
南方面、金峰山、瑞牆山などなど。
2020年01月12日 09:39撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南方面、金峰山、瑞牆山などなど。
1
南西方面、南アルプスは残念ながら雲隠れ。
2020年01月12日 09:40撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南西方面、南アルプスは残念ながら雲隠れ。
西方面、すぐそこに八ヶ岳が見えるはずだけど、雲がかかって見えない。
2020年01月12日 09:39撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西方面、すぐそこに八ヶ岳が見えるはずだけど、雲がかかって見えない。
栗生登山口を過ぎて林道を降りてきた。これは振り返っての写真。丸太が置かれた正面の道を降りてきた。ここを通れば川を渡らずショートカットでき、おまけに崩落個所をパスできる(この道は林業用のようだ)。
2020年01月12日 12:16撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栗生登山口を過ぎて林道を降りてきた。これは振り返っての写真。丸太が置かれた正面の道を降りてきた。ここを通れば川を渡らずショートカットでき、おまけに崩落個所をパスできる(この道は林業用のようだ)。
1
ゲートを通過。
2020年01月12日 12:20撮影 by EX-ZS260, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートを通過。

感想/記録

ホント眺望いいですよ〜という友人の言に触発され行ってきました御座山。昨秋の台風の影響が心配だったけれど、過去レコを調べたら栗生登山口から行けそうだということで山行を計画。栗生地区に前夜車中泊し、予定では6時の出発だったのだが、朝目覚めたら車内氷点下、ぬくいシュラフから出られず、結局30分遅れで出発。12/29のMonsieurKudoさんのレコ情報から登山口までの林道が一部崩落しているのはわかっていたのだが、登山口から先の山道も2か所消失していた。ほんとに登れるのかと不安になったが、枯沢を遡上することで問題なく頂上まで行けた。不動の滝より上は年末に降った雪が溶けず一部凍り付いており、上部の急坂の岩場は滑り止め必須の状況だった(チェーンスパイクでOK)。頂上は友人の言通り素晴らしい360度眺望が得られた。自分はそれほど山に詳しくないのであれこれ山座同定する楽しみ方はできなかったが、それでも大展望は大変気持ちの良いものであった。3時間ほどの登りでこんな素晴らしい景色を見ることができるのはなかなかないと思う。頂上直下に避難小屋があったので、時間に余裕あればここに1泊して眺望を楽しむのもいいかもしれない。朝夕晩とまた違った絶景が見れるに違いない。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:854人

コメント

雪の少ない御座山
Chikkunさん、こんばんは。

自分のレコがお役に立ったようで、嬉しいです。
今更言っても仕方がないですが、あとから登る方々のために、登山道の崩落箇所の様子などをもう少し詳しく写真を撮っておけばよかったかな〜と思いました。

それにしても、すっかり雪がなくなってしまっていますね。
もしかすると、自分が登ってからChikkunさんが登られるまで、ほとんど雪が降らなかったのかもしれませんねー。

P.S.
林道崩落箇所をバイパスできる林業用のショートカットですが、自分も往路で気が付いて、「帰りはあっちを歩いてみようかな〜」と思ったのですが、すっかり忘れて普通にピストンしちゃいました(笑)。
2020/1/17 13:26
Re: 雪の少ない御座山
MonsieurKudo さん

コメントありがとうございます。この山域は台風の影響が大きそうだったので行けるかどうか心配したのですが 、MonsieurKudoのレコを読んで大丈夫と確認できて今回の山行につながりました。本当にありがとうございます。

そうですね、雪は下部はほとんどなかったです。今年は本当に暖冬、雪不足ですね。山歩きには好都合かもしれませんが、山スキーもやりたい自分にはちょっと不満です!
2020/1/31 22:03
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ