また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2182651 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 丹沢

丹沢主稜縦走(大倉〜西丹沢)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年01月13日(月) ~ 2020年01月14日(火)
メンバー
天候晴れ☀
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:渋沢駅から大倉バス停
帰り:西丹沢ビジターセンターから新松田駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間4分
休憩
2時間27分
合計
8時間31分
S大倉バス停07:2008:31尾関広氏の銅像08:35二俣08:36本沢渡渉点08:42ミズヒ沢渡渉点09:25後沢乗越09:3010:42鍋割山11:2312:36金冷シ12:58塔ノ岳13:3014:20竜ヶ馬場休憩所14:2514:47丹沢山15:5115:51みやま山荘
2日目
山行
7時間22分
休憩
1時間4分
合計
8時間26分
みやま山荘06:4907:31不動ノ峰休憩所07:40不動ノ峰07:51棚沢ノ頭07:5408:09鬼ヶ岩ノ頭08:40蛭ヶ岳09:1009:50ミカゲ沢ノ頭10:30臼ヶ岳10:3510:50神ノ川乗越11:30金山谷乗越12:28青ヶ岳山荘12:5112:58檜洞丸13:0013:12ツツジ新道・石棚山稜分岐14:29ゴーラ沢出合14:3015:07ツツジ新道入口15:15西丹沢ビジターセンター15:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・塔ノ岳から先は日蔭だと1〜2cmの残雪。蛭ヶ岳、檜洞丸方面も大体同じ感じでした。
・軽アイゼンは保険に持参した方が良いです。
その他周辺情報・中川温泉でバス(15:40発のバス)を降りた人がやってなかったと戻ってきました。時間か平日のせいかよく判りませんが利用の方は要確認です。
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サンダル ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ストック ナイフ カメラ

写真

仙台→新宿駅→渋沢駅→大倉バス停と電車とバスを乗り継ぎやって参りました。
2020年01月13日 07:21撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙台→新宿駅→渋沢駅→大倉バス停と電車とバスを乗り継ぎやって参りました。
2
7:20 登山開始。最高の天気に恵まれました。まずは鍋割山へと向かいます。
2020年01月13日 07:26撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:20 登山開始。最高の天気に恵まれました。まずは鍋割山へと向かいます。
1
鍋割山7.0kmの看板を見た時にはエッ!?となりましたが最初の4km程はほぼ平坦な林道でした。
2020年01月13日 07:38撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山7.0kmの看板を見た時にはエッ!?となりましたが最初の4km程はほぼ平坦な林道でした。
2
ポカポカ陽気☀
2020年01月13日 08:30撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポカポカ陽気☀
2
山の恩人・尾関広氏像。日本山岳協会の産みの親らしいです。
2020年01月13日 08:31撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の恩人・尾関広氏像。日本山岳協会の産みの親らしいです。
1
8:35 二俣到着。ヒル対策の塩が置いてありました。
2020年01月13日 08:35撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:35 二俣到着。ヒル対策の塩が置いてありました。
1
何度か徒渉。ナントカ沢→の看板が紛らわしい。登山道は真っ直ぐです。
2020年01月13日 08:52撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度か徒渉。ナントカ沢→の看板が紛らわしい。登山道は真っ直ぐです。
1
沢を離れるといよいよ本格的な登山道の始まり。
2020年01月13日 09:09撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を離れるといよいよ本格的な登山道の始まり。
皆さん後沢乗越を目指して急坂を綴折りで登ってます。
2020年01月13日 09:21撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆さん後沢乗越を目指して急坂を綴折りで登ってます。
1
ようやく後沢乗越まで登りきりました。
2020年01月13日 09:25撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく後沢乗越まで登りきりました。
反対側の展望が開けました。
2020年01月13日 09:25撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側の展望が開けました。
ここから真っ直ぐに尾根を進めば鍋割山。
2020年01月13日 09:34撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから真っ直ぐに尾根を進めば鍋割山。
左手の山並の後ろから真っ白な山が!?
2020年01月13日 09:58撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手の山並の後ろから真っ白な山が!?
出たー!富士山!やっぱり圧巻です!
2020年01月13日 10:23撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出たー!富士山!やっぱり圧巻です!
2
正月ゴロゴロして鈍りきった体が重い(>_<)
2020年01月13日 10:37撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正月ゴロゴロして鈍りきった体が重い(>_<)
1
着いたー! 鍋割山荘!
2020年01月13日 10:42撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いたー! 鍋割山荘!
1
10:44 鍋割山山頂到着しました!
2020年01月13日 10:44撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:44 鍋割山山頂到着しました!
1
富士山もバッチリ!
2020年01月13日 10:44撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山もバッチリ!
鍋割山と言ったらこれこれ♪
一度は食べてみたかった。 ちょっと甘めで旨し😋
2020年01月13日 10:55撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山と言ったらこれこれ♪
一度は食べてみたかった。 ちょっと甘めで旨し😋
4
絶景を眺めながら昼食タイム。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景を眺めながら昼食タイム。
次は塔ノ岳へと向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は塔ノ岳へと向かいます。
奥深い丹沢の山々。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥深い丹沢の山々。
1
振り返ると歩いてきた尾根と鍋割山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると歩いてきた尾根と鍋割山。
1
金冷しで大倉尾根(バカ尾根)と合流。更に人が多くなってきた。
2020年01月13日 12:36撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金冷しで大倉尾根(バカ尾根)と合流。更に人が多くなってきた。
1
こっちの尾根は階段地獄ですが山頂まではもうすぐ。
2020年01月13日 12:51撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちの尾根は階段地獄ですが山頂まではもうすぐ。
1
12:58 塔ノ岳到着しました!鍋割山とこちらは凄い賑わいですね〜。相変わらず人気の山。
2020年01月13日 12:58撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:58 塔ノ岳到着しました!鍋割山とこちらは凄い賑わいですね〜。相変わらず人気の山。
2
ここでコーヒータイム。ガスが上がって富士山が見えたり隠れたり。
2020年01月13日 13:12撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでコーヒータイム。ガスが上がって富士山が見えたり隠れたり。
1
ここからが丹沢の核心部。右から竜ヶ馬場→丹沢山→不動ノ峰→蛭ヶ岳。更に尾根伝いに左奥の檜洞丸まで縦走する予定です。
2020年01月13日 13:00撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからが丹沢の核心部。右から竜ヶ馬場→丹沢山→不動ノ峰→蛭ヶ岳。更に尾根伝いに左奥の檜洞丸まで縦走する予定です。
1
30分程休憩したら次は丹沢山へ向かいます。
2020年01月13日 13:31撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30分程休憩したら次は丹沢山へ向かいます。
ここからの下りはサラッと残雪がありました。
2020年01月13日 13:36撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからの下りはサラッと残雪がありました。
崩落気味の箇所の階段が新しくなってました。
2020年01月13日 13:43撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落気味の箇所の階段が新しくなってました。
ここからが気持ち良い縦走路になります。
2020年01月13日 14:01撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからが気持ち良い縦走路になります。
竜ヶ馬場の展望台。大山と湘南の街並み。
2020年01月13日 14:19撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜ヶ馬場の展望台。大山と湘南の街並み。
丹沢の谷によく見る沢の光景。石が白くて目立つんですよねー。
2020年01月13日 14:25撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢の谷によく見る沢の光景。石が白くて目立つんですよねー。
本日最後の登り。ここに来てようやく運動不足の体に登山モードのスイッチが入りました。
2020年01月13日 14:36撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日最後の登り。ここに来てようやく運動不足の体に登山モードのスイッチが入りました。
14:47 丹沢山到着しました! 2年ぶりです。
2020年01月13日 14:47撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:47 丹沢山到着しました! 2年ぶりです。
2
最高峰の蛭ヶ岳(右奥)へは明日向かいます。
2020年01月13日 14:48撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高峰の蛭ヶ岳(右奥)へは明日向かいます。
本日の宿、みやま山荘。
2020年01月13日 14:51撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の宿、みやま山荘。
1
くぅ〜っ!疲れた体にビールが染みる〜🍺(>_<)
2020年01月13日 15:06撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くぅ〜っ!疲れた体にビールが染みる〜🍺(>_<)
3
16:49 富士の裾野へ日の入り。
2020年01月13日 16:49撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16:49 富士の裾野へ日の入り。
4
ゆっくりと夕陽が沈んでいきました。
2020年01月13日 16:51撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆっくりと夕陽が沈んでいきました。
1
みやま山荘の夕飯はなんと鉄板焼き肉でした。こんな山奥でなんて贅沢な(^-^)/!最高〜♪
2020年01月13日 17:45撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みやま山荘の夕飯はなんと鉄板焼き肉でした。こんな山奥でなんて贅沢な(^-^)/!最高〜♪
6
二階からの夜景。今日の宿泊はウチを入れて三人だけだったので個室風の部屋を用意してくださったようです。本当に感謝です。
2020年01月13日 19:07撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二階からの夜景。今日の宿泊はウチを入れて三人だけだったので個室風の部屋を用意してくださったようです。本当に感謝です。
5
6:50 小屋を出発。お世話になりました!一緒だった常連の宿泊者も言ってましたがここは本当にオススメの宿です。
2020年01月14日 06:49撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:50 小屋を出発。お世話になりました!一緒だった常連の宿泊者も言ってましたがここは本当にオススメの宿です。
1
富士山もバッチリ。松竹映画のよう。
2020年01月14日 06:50撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山もバッチリ。松竹映画のよう。
3
うっすらと残雪あり。ちょっと凍結気味です。
2020年01月14日 06:51撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっすらと残雪あり。ちょっと凍結気味です。
いよいよ丹沢の最高峰、蛭ヶ岳へと向かいます。今日のコースタイムは7時間40分。焦らずゆっくりと行きます。
2020年01月14日 06:57撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ丹沢の最高峰、蛭ヶ岳へと向かいます。今日のコースタイムは7時間40分。焦らずゆっくりと行きます。
2
かなり下ろされますな〜。
2020年01月14日 07:03撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり下ろされますな〜。
1
振り返ると宿泊した丹沢山から日が登ってきた。
2020年01月14日 07:19撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると宿泊した丹沢山から日が登ってきた。
1
とんがった塔ノ岳。奥は雲海のようになってます。
2020年01月14日 07:26撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とんがった塔ノ岳。奥は雲海のようになってます。
左手に相模湾。奥に伊豆半島、天城の山が見えます。
2020年01月14日 07:36撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に相模湾。奥に伊豆半島、天城の山が見えます。
1
江の島が見えた。
2020年01月14日 07:36撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
江の島が見えた。
1
丹沢山〜蛭ヶ岳への縦走は今回の山行で最高の展望。素晴らしい眺めです。
2020年01月14日 07:37撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山〜蛭ヶ岳への縦走は今回の山行で最高の展望。素晴らしい眺めです。
3
7:40 不動ノ峰。
2020年01月14日 07:40撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:40 不動ノ峰。
不動ノ峰からの富士山。今日も最高の天気に恵まれました。 左には二百名山の愛鷹山。
2020年01月14日 07:41撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動ノ峰からの富士山。今日も最高の天気に恵まれました。 左には二百名山の愛鷹山。
2
白く染まった南アルプスの山々が見えてきた。
2020年01月14日 07:41撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白く染まった南アルプスの山々が見えてきた。
2
近いようで遠い蛭ヶ岳への縦走路。
2020年01月14日 07:52撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近いようで遠い蛭ヶ岳への縦走路。
2
8:09 鬼ヶ岩。この辺りに急な下り有り。
2020年01月14日 08:09撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:09 鬼ヶ岩。この辺りに急な下り有り。
1
8:40 ようやく蛭ヶ岳山荘到着です♪
2020年01月14日 08:39撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:40 ようやく蛭ヶ岳山荘到着です♪
1
丹沢最高峰、蛭ヶ岳(1673m)到着しました!
2020年01月14日 08:45撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢最高峰、蛭ヶ岳(1673m)到着しました!
2
山頂には朝なので誰もいませんでした。大パノラマの山頂貸し切り状態です。
2020年01月14日 08:47撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂には朝なので誰もいませんでした。大パノラマの山頂貸し切り状態です。
1
山荘で一緒だった方が下ると言っていた宮ヶ瀬湖はあそこか。
2020年01月14日 08:39撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘で一緒だった方が下ると言っていた宮ヶ瀬湖はあそこか。
2
歩いてきた尾根。奥に丹沢山、塔ノ岳。
2020年01月14日 08:46撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた尾根。奥に丹沢山、塔ノ岳。
ようやく踏破出来た蛭ヶ岳。やっぱりここはコーヒータイムでしょう。
2020年01月14日 09:05撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく踏破出来た蛭ヶ岳。やっぱりここはコーヒータイムでしょう。
3
ここから更に西丹沢へ。向かうは正面に見える檜洞丸。左からいくつものピークを越えての縦走です。
2020年01月14日 09:14撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから更に西丹沢へ。向かうは正面に見える檜洞丸。左からいくつものピークを越えての縦走です。
この先は難所の注意書きの看板が多数。それだけ遭難者が多いという事か。体力と時間に余裕を持って行動しましょう。
2020年01月14日 09:22撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先は難所の注意書きの看板が多数。それだけ遭難者が多いという事か。体力と時間に余裕を持って行動しましょう。
1
小屋のご主人もここからの下りは慎重に、と言ってました。なるほど先が見えないぞ。
2020年01月14日 09:23撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋のご主人もここからの下りは慎重に、と言ってました。なるほど先が見えないぞ。
2
幸い残雪や凍結は無いみたいでした。
2020年01月14日 09:32撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幸い残雪や凍結は無いみたいでした。
1
鎖場を下から見上げる。
2020年01月14日 09:39撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場を下から見上げる。
細尾根は慎重に。
2020年01月14日 09:45撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細尾根は慎重に。
1
ユーシン分岐を右へ
2020年01月14日 10:29撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユーシン分岐を右へ
右側が特に崩落してます。
2020年01月14日 10:46撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側が特に崩落してます。
落ちたら地獄の滑り台だな〜。
2020年01月14日 10:47撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ちたら地獄の滑り台だな〜。
1
三つ目くらいのピークから。まだまだ遠い。
2020年01月14日 11:16撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三つ目くらいのピークから。まだまだ遠い。
ちょっと凍結気味の難所。怖いのでチェーンスパイクを装着。
2020年01月14日 11:28撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと凍結気味の難所。怖いのでチェーンスパイクを装着。
1
本当にアップダウンが多い。小屋を出て4時間位。ちょっと疲れてきたな〜。
2020年01月14日 11:53撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当にアップダウンが多い。小屋を出て4時間位。ちょっと疲れてきたな〜。
なんか春みたいです。
2020年01月14日 12:00撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか春みたいです。
ようやく最後の急坂を登りきりました。
2020年01月14日 12:22撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく最後の急坂を登りきりました。
1
12:28 青ヶ岳山荘到着。土日祝日とその翌日のみ営業だそうです。昨日祝日だったのでやってました。
2020年01月14日 12:28撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:28 青ヶ岳山荘到着。土日祝日とその翌日のみ営業だそうです。昨日祝日だったのでやってました。
2
朝に小屋を出てからすでに5時間半。ここでのカレーとコーラは最高でした!生き返る〜♪
2020年01月14日 12:47撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝に小屋を出てからすでに5時間半。ここでのカレーとコーラは最高でした!生き返る〜♪
2
歩いてきた丹沢山や蛭ヶ岳が物凄く遠くに感じます。
2020年01月14日 12:38撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた丹沢山や蛭ヶ岳が物凄く遠くに感じます。
1
小屋からちょっと登ると檜洞丸山頂です。
2020年01月14日 13:00撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋からちょっと登ると檜洞丸山頂です。
木々の間から富士山が見えます。
2020年01月14日 13:00撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の間から富士山が見えます。
13:00 下山開始。
2020年01月14日 13:01撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:00 下山開始。
ここで富士山も見納めです。
2020年01月14日 13:05撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで富士山も見納めです。
1
下りはツツジ新道で。
2020年01月14日 14:03撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りはツツジ新道で。
ゴーラ沢出合を徒渉。
2020年01月14日 14:29撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴーラ沢出合を徒渉。
ここまで来ればあとは平坦なトラバース道でした。
2020年01月14日 14:38撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来ればあとは平坦なトラバース道でした。
このツボミは何かな〜?
2020年01月14日 14:46撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このツボミは何かな〜?
結構左側が切れてて最後まで気の抜けない感じです。
2020年01月14日 14:59撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構左側が切れてて最後まで気の抜けない感じです。
ようやく車道が見えました。ツツジ新道登山口に出ました。
2020年01月14日 15:05撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく車道が見えました。ツツジ新道登山口に出ました。
15:15 無事に西丹沢ビジターセンターに下山しました。
15:40の路線バスで帰ります。
2020年01月14日 15:29撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:15 無事に西丹沢ビジターセンターに下山しました。
15:40の路線バスで帰ります。
1
撮影機材:

感想/記録

毎年恒例の冬の関東遠征にやって参りました。今年は奥深い丹沢を堪能すべく一泊二日での縦走に挑みました。前回はあまりの奥深さに丹沢山まででしたが今回は更に核心部の蛭ヶ岳や檜洞丸まで足を伸ばしてみました。
さすがに丹沢は歩き応えがあり、2日間共に8時間越えの山行となり年末スキーに正月はゴロゴロと呑んだくれて鈍りかけた体を完全に叩き起こしてくれました。

一番印象的だったのは何と言っても丹沢山から蛭ヶ岳への縦走路。朝の清んだ空気と遮るものがない展望の良い尾根歩きは最高!の一言。
歩いてきた丹沢の山々はもとより、相模湾を江ノ島から伊豆半島、富士山から南アルプスまで見渡しながら念願の蛭ヶ岳への登頂。
大倉へのピストンも考えましたが絶好のコンディションなので更に奥まで縦走しきる事にしました。
最近は近所の里山しか登ってなかったので本格的な登山は今年初。最後はヘトヘトでしたが最高の好天に恵まれて今年は幸先の良いスタートになりました♪

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:731人

コメント

バスでご一緒した者です。
今晩は!
ぶなの湯に入れなかった者です笑
まさか遠征組だったとは思いませんでした!
凄く良い丹沢山行日和でしたよね!
お会い出来て光栄でした。
またどこかの山でお会い出来たら嬉しいです(^-^)/
2020/1/16 23:13
Re: バスでご一緒した者です。
ayuchicさんこんにちは(^-^)/そうかあの時の!犬越路お疲れ様でした。お風呂残念でしたねー。
ぜひ東北の山にもいらしてくださいね。良い山と温泉が沢山ありますから♪また何処かでお会い出来たらいいですねー!
2020/1/17 9:04
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ