また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2203096 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳「阿弥陀岳〜赤岳」

日程 2020年02月02日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴&微風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
深夜0時過ぎ、美濃戸口駐車場到着(車中泊)
3段目駐車場で7〜8割の駐車状況でした
トイレは八ヶ岳山荘へチップトイレ(100円)利用可
下山後、八ヶ岳山荘へ駐車料金(500円)支払えば、自家焙煎珈琲が飲み放題
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間21分
休憩
1時間14分
合計
9時間35分
S美濃戸口05:0006:40御小屋山06:4607:39不動清水07:4709:39西ノ肩09:4109:44西の肩(岩場)09:47阿弥陀岳10:0710:25中岳のコル10:2610:38中岳11:02文三郎尾根分岐11:0611:16キレット分岐11:2311:27竜頭峰分岐11:3211:35赤岳11:3611:51竜頭峰分岐11:52赤岳11:59キレット分岐12:0012:06文三郎尾根分岐12:0712:36阿弥陀岳分岐12:3712:41行者小屋12:5713:32中ノ行者小屋跡13:3314:04美濃戸山荘14:04美濃戸14:08やまのこ村14:35美濃戸口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【全体感】
美濃戸口から御小屋尾根より阿弥陀岳を目指し、中岳〜赤岳へ縦走したのち、行者小屋経由で美濃戸口へ下山する周回ルート
御小屋尾根は入山者少なく樹林帯を黙々と登ります
赤岳登頂後、地蔵尾根経由で行者小屋下山予定でしたが、疲労の為、来た道(文三郎尾根)で下山しました
距離:16.1km/累積標高差:1,551m/行動時間:9時間36分

【要注意箇所】
赤岳から横岳、硫黄岳への縦走に比べると危険箇所は少ない
阿弥陀岳から中岳のコルへの下りは急峻な為、確実なピッケル&アイゼンワークが必要です
不慣れな場合は、クライムダウンでの下降が望ましい
その他周辺情報下山後の温泉は、「望岳の湯」(\600)
https://www.city.chino.lg.jp/soshiki/chiikifukushi/1354.html
美濃戸口より約15分
その名の通り、湯船に浸かりながら八ヶ岳ほぼ全山を見渡すことができる
歩いてきた山々を見ながらの入浴は格別

写真

AM5時美濃戸口出発。別荘地帯を抜けて御小屋尾根へ取り付きます
2020年02月02日 05:02撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
AM5時美濃戸口出発。別荘地帯を抜けて御小屋尾根へ取り付きます
2
御小屋山。久しぶりの山行でペースが上がりません。やっぱり重い冬靴は苦手です。。。
2020年02月02日 06:42撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御小屋山。久しぶりの山行でペースが上がりません。やっぱり重い冬靴は苦手です。。。
1
2時間ほど登ってようやく展望が開けました。南アルプス 北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳
2020年02月02日 06:55撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2時間ほど登ってようやく展望が開けました。南アルプス 北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳
5
すっかり明るくなってるのに、西側のため日が当たらず寒い・・・ようやく阿弥陀の肩から太陽が顔出しました
2020年02月02日 08:40撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すっかり明るくなってるのに、西側のため日が当たらず寒い・・・ようやく阿弥陀の肩から太陽が顔出しました
3
権現岳も見えてきました。ここも積雪期に行ってみたいな
2020年02月02日 08:42撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳も見えてきました。ここも積雪期に行ってみたいな
3
登ってきた御小屋尾根を振り返ります
2020年02月02日 09:04撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた御小屋尾根を振り返ります
2
鈍ペースで登ってたらペアの方々にあっさり抜かれました。。。
2020年02月02日 09:10撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈍ペースで登ってたらペアの方々にあっさり抜かれました。。。
2
高度感はあるけど広い尾根なので快適に進めます
2020年02月02日 09:41撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度感はあるけど広い尾根なので快適に進めます
6
ここを登り詰めれば・・・
2020年02月02日 09:45撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登り詰めれば・・・
3
阿弥陀岳山頂。快晴微風で最高です
2020年02月02日 09:50撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳山頂。快晴微風で最高です
5
北八ヶ岳の山々 蓼科、天狗、硫黄・・・この快晴の下、多くの登山者で賑わってるでしょうね
2020年02月02日 09:54撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八ヶ岳の山々 蓼科、天狗、硫黄・・・この快晴の下、多くの登山者で賑わってるでしょうね
1
北アルプスも乗鞍から白馬方面までよく見えてます
2020年02月02日 09:54撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスも乗鞍から白馬方面までよく見えてます
3
決して踏み入れられない阿弥陀岳南稜。その後ろに権現岳、南アルプスと富士山
2020年02月02日 09:58撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
決して踏み入れられない阿弥陀岳南稜。その後ろに権現岳、南アルプスと富士山
5
いざ、赤岳へ!
2020年02月02日 10:08撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いざ、赤岳へ!
4
羽毛のような雲が快晴の空に舞ってました
2020年02月02日 10:09撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羽毛のような雲が快晴の空に舞ってました
6
中岳へ続くトレースがはっきり見えます。あの稜線歩き気持ちよさそう!
2020年02月02日 10:22撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳へ続くトレースがはっきり見えます。あの稜線歩き気持ちよさそう!
2
先ほどのトレースに乗りました。気持ち良いけど、地味な登りが足にきます。。。
2020年02月02日 10:25撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどのトレースに乗りました。気持ち良いけど、地味な登りが足にきます。。。
2
中岳ピークからの阿弥陀岳。こうやって見ると凄い所に居たもんだ
2020年02月02日 10:40撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳ピークからの阿弥陀岳。こうやって見ると凄い所に居たもんだ
3
中岳ピークからの赤岳
2020年02月02日 10:43撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳ピークからの赤岳
2
この登りが辛かった・・・
2020年02月02日 10:50撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この登りが辛かった・・・
1
赤岳と阿弥陀岳に挟まれて地味だけど、ピラミダルな山容の中岳
2020年02月02日 10:50撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳と阿弥陀岳に挟まれて地味だけど、ピラミダルな山容の中岳
3
文三郎尾根分岐からは阿弥陀岳&中岳が直線状に見えます
2020年02月02日 11:03撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎尾根分岐からは阿弥陀岳&中岳が直線状に見えます
5
この岩稜帯を越えれば・・・
2020年02月02日 11:22撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩稜帯を越えれば・・・
1
赤岳山頂。疲れました。。。計画では地蔵尾根から下山予定でしたが、このまま文三郎尾根で下山します
2020年02月02日 11:37撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山頂。疲れました。。。計画では地蔵尾根から下山予定でしたが、このまま文三郎尾根で下山します
7
阿弥陀岳南稜。危険かつ美しい稜線
2020年02月02日 12:08撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳南稜。危険かつ美しい稜線
1
文三郎尾根から見上げる中岳がカッコいい
2020年02月02日 12:20撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎尾根から見上げる中岳がカッコいい
3
もちろん阿弥陀岳もこの上なくカッコいい
2020年02月02日 12:20撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もちろん阿弥陀岳もこの上なくカッコいい
4
この2ショットは格別です
2020年02月02日 12:20撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この2ショットは格別です
4
横岳〜硫黄岳。そういえば・・・文三郎尾根を下りで使うのは初めてでした
2020年02月02日 12:20撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳〜硫黄岳。そういえば・・・文三郎尾根を下りで使うのは初めてでした
1
樹氷越しに阿弥陀岳
2020年02月02日 12:30撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹氷越しに阿弥陀岳
4
行者小屋まで下りてきました。昼食&フル装備解除して美濃戸へ
2020年02月02日 12:41撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋まで下りてきました。昼食&フル装備解除して美濃戸へ
1
1時間ほどで美濃戸山荘へ。まだゴールじゃない・・・美濃戸口まで車道を下ります
2020年02月02日 14:03撮影 by SC-02H, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間ほどで美濃戸山荘へ。まだゴールじゃない・・・美濃戸口まで車道を下ります
2
はい、下山♪ ここはいつも賑わってますね。
2020年02月02日 14:50撮影 by SC-02H, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい、下山♪ ここはいつも賑わってますね。
2
八ヶ岳山荘へ駐車料金お支払すれば、自家焙煎珈琲をいただけます
2020年02月02日 14:52撮影 by SC-02H, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳山荘へ駐車料金お支払すれば、自家焙煎珈琲をいただけます

感想/記録
by xyzJIN

2020年初山行は八ヶ岳「阿弥陀岳〜赤岳」へ

御小屋尾根も積雪期の阿弥陀岳も初チャレンジです。
3ヶ月ぶりの山でペースも足も上がらず、上がるのは息ばかり・・・
それでも、快晴の雪山歩きは最高でした。
赤岳より横岳、硫黄岳へ縦走したかったけど、いまの体力ではムリだな。。。
展望荘泊ならそれもアリですね。

好条件のもと、最高な八ヶ岳山行を堪能しました。
訪問者数:373人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2018/4/8
投稿数: 58
2020/2/5 7:52
 お疲れさまでした(^^)
xyzJINさん、こんにちは。
まさか同日、ほぼ同時刻に御小屋尾根を歩かれていたとは!!阿弥陀岳登頂は私が30分遅れでした。
この日は本当に最高のコンディションでしたね!中岳や赤岳も堪能された様子がよく伝わってきます。私が見られなかった阿弥陀から先の見事な風景も楽しませていただきました
2020初山行、素晴らしい天候でよかったですね!!お疲れさまでした
登録日: 2011/8/21
投稿数: 309
2020/2/5 17:56
 Re: お疲れさまでした(^^)
まさか30分差のニアミスだったなんて、ほんとビックリです^^
山頂でお会いできてたら感動もんでしたね。
積雪期の阿弥陀岳、中岳は始めてでしたが、
無雪期とは違う素晴らしさがあり、「やっぱり八ヶ岳サイコー!!」って連呼してました^^

だけど、yoisaさん早いですね!!
僕は御小屋山から阿弥陀岳まで3時間掛かりましたが、2時間強じゃないですか!?
山歩くパワーは、山でしか鍛えられないですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ