また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2453708 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

表銀座〜大天井岳〜常念岳〜蝶槍〜上高地

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年07月23日(木) ~ 2020年07月25日(土)
メンバー
天候雨、強風
アクセス
利用交通機関
バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間46分
休憩
2時間53分
合計
8時間39分
S中房温泉登山口06:0806:43第1ベンチ07:04第2ベンチ07:2107:54第3ベンチ08:19富士見ベンチ08:3108:55合戦小屋09:2609:35合戦山09:4010:08ベンチ10:0910:24燕山荘11:5212:21蛙岩12:2212:37大下りの頭12:4114:06小林喜作レリーフ14:09槍ヶ岳・大天井岳、常念岳分岐14:2314:47大天荘
2日目
山行
10時間3分
休憩
1時間13分
合計
11時間16分
大天荘05:4805:55大天井岳05:5806:14大天荘06:53東天井岳07:37横通岳07:3808:10常念小屋08:4109:34三股への分岐点09:49常念岳09:5811:502592ピーク11:5213:00蝶槍13:0413:08蝶ヶ岳三角点13:1013:15蝶ヶ岳・蝶槍間分岐13:1715:06槍見台15:1415:34横尾15:4516:27新村橋17:04徳澤園
3日目
山行
1時間25分
休憩
12分
合計
1時間37分
徳澤園08:5008:49徳澤園08:5008:52徳沢公衆トイレ08:5309:27徳本口09:2809:32明神館10:01小梨平10:0210:14河童橋10:1510:19上高地バスターミナル10:2610:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
4連休を使って、表銀座〜常念、さらには喜作新道で西岳ピストンも行こう。という計画が、長引く梅雨で縮小した山行になりました。
行けなかった西岳は、表銀座⇒東鎌槍にて、
蝶ヶ岳は、またいつかの好機に。
今回、稜線歩きの悪天候の辛さを体験しました。
強風、視界の無さ、低温、、、。もっとひどいケースもあるのかもしれませんが、今回は色々勉強になりました。

【中房温泉〜燕山荘】
ご存じの通りの急登です。難所ではありません。
名物の合戦小屋スイカもやってました。
【燕山荘〜大天井岳】
表銀座。視界がなく、楽しみの眺望はゼロ。
多少のアップダウンを繰り返しながら進むいい道です。
【大天井岳〜常念岳〜蝶槍】
2日目の強風のなかでの山行になりました。登山道の位置によっては風を受けないので、休憩も取れます。ここを通る登山者は少なくなっていて(もちろん雨などで)、お互い休憩で抜くときに声を掛け合いながら、顔見知りになっていきました。どこまで行きますか?エスケープはどうしますか?など、互いの行動の確認もしました。
蝶槍での強風は凄まじかった。場所なのか?タイミングなのか分かりませんが、稜線歩きでは、このような場面になると思ってないと行けませんね。
【蝶槍〜横尾】
稜線から降りるとすぐに樹林帯になります。
難所もなく、槍見台で楽しめます。(天気が悪くても、なんちゃって槍見台にツッコミを入れたりできます。)

【全体を通して】
やはり登山はいい天気がの時がいいです。
今回は、雨の中でした。眺望などはほとんど楽しめませんでしたが、今度きたときには〜!と願掛けしてます。
その他周辺情報小梨平のお風呂は、登山客は使えません。キャンプ利用者のみです。

写真

夕べ新宿を出発し、穂高駅で乗り換え、中房温泉までは、タクシーで他の登山者と乗り合わせ。バス料金と同じで、送ってくれました。
結果、バスより少し早く登山口に到着です。
6:00 軽く身仕度して、雨の中、出発です。
2020年07月23日 05:30撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕べ新宿を出発し、穂高駅で乗り換え、中房温泉までは、タクシーで他の登山者と乗り合わせ。バス料金と同じで、送ってくれました。
結果、バスより少し早く登山口に到着です。
6:00 軽く身仕度して、雨の中、出発です。
2
お馴染みの急登から始まります。
2020年07月23日 06:16撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お馴染みの急登から始まります。
周りの山は、ガスの彼方。
2020年07月23日 07:08撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周りの山は、ガスの彼方。
7:10 第2ベンチかな?
2020年07月23日 07:10撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:10 第2ベンチかな?
急登は続く。
2020年07月23日 08:43撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登は続く。
木の間から、何か見えてきた。
2020年07月23日 08:55撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の間から、何か見えてきた。
1
9:19 合戦小屋です。
今年もスイカ、やってます。
人は少な目。
2020年07月23日 09:19撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:19 合戦小屋です。
今年もスイカ、やってます。
人は少な目。
1
松の花?
赤いですね。
2020年07月23日 10:05撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松の花?
赤いですね。
さらに進むと、稜線に小屋が見えてきます。
2020年07月23日 10:18撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに進むと、稜線に小屋が見えてきます。
10:24 燕山荘、到着です。
2020年07月23日 10:24撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:24 燕山荘、到着です。
周りは、まっ白、
2020年07月23日 10:24撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周りは、まっ白、
燕山荘の食堂は、11時から時間限定で営業です。
雨で冷えた身体に、熱々おでんを注入。
マッタリとして、11:52出発します。
2020年07月23日 11:07撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘の食堂は、11時から時間限定で営業です。
雨で冷えた身体に、熱々おでんを注入。
マッタリとして、11:52出発します。
2
表銀座です。
晴れてたら、いろんな山脈が見えるだろうに〜。
2020年07月23日 11:59撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表銀座です。
晴れてたら、いろんな山脈が見えるだろうに〜。
所々に、奇岩があります。
2020年07月23日 12:10撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々に、奇岩があります。
12:19 蛙岩。
2020年07月23日 12:19撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:19 蛙岩。
12:39 大下りの頭
大天井まで、3.5キロ。まだまだあるなぁ。
2020年07月23日 12:39撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:39 大下りの頭
大天井まで、3.5キロ。まだまだあるなぁ。
この辺りが、喜作レリーフがある場所のはず。。。
分からず終いでした。
2020年07月23日 14:07撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りが、喜作レリーフがある場所のはず。。。
分からず終いでした。
14:10 大天荘手前の分岐。
2020年07月23日 14:10撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:10 大天荘手前の分岐。
ここから、斜めにトラバースしながら登っていきます。
2020年07月23日 14:26撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから、斜めにトラバースしながら登っていきます。
14:47 着きました〜
大天荘です。山頂は、ガスの中。ピークを踏むのは明日にします。
今日は、ビール飲んでグッスリ寝ようー。と、買ったビールを飲まないまま、寝てました。


Zzzzzzz。

夜中目覚めると、雨音がなく静かです。そーっと外を覗くと、満天の星空でした。スゲ〜、明日晴れたら、喜作新道ピストンだ!と、青空を期待しつつ、、
Zzzzzzz

また、目覚めました。今度はものすごい風。テントが大きく揺れてます。ペグを押さえてた石を大きいのに変えなおしたり、そのまま朝まで。
2020年07月23日 17:31撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:47 着きました〜
大天荘です。山頂は、ガスの中。ピークを踏むのは明日にします。
今日は、ビール飲んでグッスリ寝ようー。と、買ったビールを飲まないまま、寝てました。


Zzzzzzz。

夜中目覚めると、雨音がなく静かです。そーっと外を覗くと、満天の星空でした。スゲ〜、明日晴れたら、喜作新道ピストンだ!と、青空を期待しつつ、、
Zzzzzzz

また、目覚めました。今度はものすごい風。テントが大きく揺れてます。ペグを押さえてた石を大きいのに変えなおしたり、そのまま朝まで。
1
朝です。
強風が吹き荒れてます。
テントを離れると飛んでしまいそうなくらい。
でも、東の方は穏やかな朝日の準備中です。
2020年07月24日 03:51撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝です。
強風が吹き荒れてます。
テントを離れると飛んでしまいそうなくらい。
でも、東の方は穏やかな朝日の準備中です。
3
いい天気に見えても、強風の中で撮影。何枚かはスマホがぶれてました。
2020年07月24日 04:44撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい天気に見えても、強風の中で撮影。何枚かはスマホがぶれてました。
8
モルゲンな大天井岳。
2020年07月24日 04:45撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モルゲンな大天井岳。
5
取り敢えず、山頂まで来ました。
2020年07月24日 05:57撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り敢えず、山頂まで来ました。
ドンドン、ガスが流れてきます。、
2020年07月24日 06:02撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドンドン、ガスが流れてきます。、
今日は、予定していた喜作新道ピストンは止め、蝶ヶ岳を目指すことに。
ただ天候次第で常念などからエスケープも考えよう。
6:14 ということで、まずは常念小屋を目指して出発します。
2020年07月24日 06:24撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は、予定していた喜作新道ピストンは止め、蝶ヶ岳を目指すことに。
ただ天候次第で常念などからエスケープも考えよう。
6:14 ということで、まずは常念小屋を目指して出発します。
標識の左側には残雪です。
2020年07月24日 06:49撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識の左側には残雪です。
東大天井岳から、横通岳。
一日中ガスの中でも、時々見通しがありました。
2020年07月24日 07:02撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東大天井岳から、横通岳。
一日中ガスの中でも、時々見通しがありました。
1
横通岳では、さらに明るく。

写真手前のケルンが、横通岳ピーク分岐の目印です。
2020年07月24日 07:25撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横通岳では、さらに明るく。

写真手前のケルンが、横通岳ピーク分岐の目印です。
8:10 常念小屋に到着です。
しばし休憩と作戦会議。朝出発後は天候は悪化してないので、先に進むことに。この先エスケープするのは常念⇒三股、蝶槍⇒横尾のみ。
2020年07月24日 08:10撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:10 常念小屋に到着です。
しばし休憩と作戦会議。朝出発後は天候は悪化してないので、先に進むことに。この先エスケープするのは常念⇒三股、蝶槍⇒横尾のみ。
常念岳山頂は、ガスがかかる程度。よし、出発です。
2020年07月24日 08:44撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念岳山頂は、ガスがかかる程度。よし、出発です。
1
ゴロゴロ石の急登を登っていきます。
2020年07月24日 09:23撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴロゴロ石の急登を登っていきます。
ゴーロゴーロ岩をさらに登ると、、、
2020年07月24日 09:43撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴーロゴーロ岩をさらに登ると、、、
9:47 はい。山頂です!
真っ白のなか、風も強い。
2020年07月24日 09:47撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:47 はい。山頂です!
真っ白のなか、風も強い。
2
常念からの下り、ゴーロゴーロ岩が延々と続いてます。晴れてれば何て事ないですが、スリップ注意です。一時間近く格闘してました。
それが終わると写真のようなコルです。登山道が一本の筋になってます。稜線歩きの楽しみです。
2020年07月24日 10:38撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念からの下り、ゴーロゴーロ岩が延々と続いてます。晴れてれば何て事ないですが、スリップ注意です。一時間近く格闘してました。
それが終わると写真のようなコルです。登山道が一本の筋になってます。稜線歩きの楽しみです。
1
しばらく進むと樹林帯にはいります。風もなく、穏やか。
2020年07月24日 11:18撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく進むと樹林帯にはいります。風もなく、穏やか。
11:49 地図にある2592mピークです。
蝶ヶ岳ではありません。
2020年07月24日 11:49撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:49 地図にある2592mピークです。
蝶ヶ岳ではありません。
お花畑に遭遇しました。
2020年07月24日 11:51撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑に遭遇しました。
1
今度は、小さな池に遭遇です。
2020年07月24日 12:00撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は、小さな池に遭遇です。
1
再び、森林限界を越えました。辺りは強い風。ただ、ガスが高くなり、周りが見渡せました。
本谷尾根、涸沢方面。
2020年07月24日 12:56撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び、森林限界を越えました。辺りは強い風。ただ、ガスが高くなり、周りが見渡せました。
本谷尾根、涸沢方面。
1
東鎌尾根方面。
山々のピークは見えませんが、悠々とした山塊です。
2020年07月24日 12:56撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東鎌尾根方面。
山々のピークは見えませんが、悠々とした山塊です。
1
蝶槍、旧蝶ヶ岳のピークが見えてきました。
風も一段と強いです。
2020年07月24日 12:56撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶槍、旧蝶ヶ岳のピークが見えてきました。
風も一段と強いです。
13:10 蝶槍のピーク
2020年07月24日 13:10撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:10 蝶槍のピーク
続いて、旧蝶ヶ岳(三角点)。
強風でまともに立ってられません。
2020年07月24日 13:10撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて、旧蝶ヶ岳(三角点)。
強風でまともに立ってられません。
麓の分岐です。
蝶ヶ岳まで30分。しかし、この強風で断念。また今度。
右手の横尾方面へ。
2020年07月24日 13:16撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓の分岐です。
蝶ヶ岳まで30分。しかし、この強風で断念。また今度。
右手の横尾方面へ。
樹林帯に入ると、先程の強風が嘘のように静かです。
写真は、なんちゃって槍見台らしいです。
2020年07月24日 14:32撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯に入ると、先程の強風が嘘のように静かです。
写真は、なんちゃって槍見台らしいです。
ガスで槍は見えませんが。
2020年07月24日 14:33撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスで槍は見えませんが。
1
こちらが、槍見台。本家らしいです??。
2020年07月24日 15:08撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらが、槍見台。本家らしいです??。
やはり、槍は見えませんが。。、
2020年07月24日 15:09撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり、槍は見えませんが。。、
15:33 横尾山荘に到着。
ちょっと欲が出て、徳沢園まで行くことに。楽しみは徳沢カレー。
2020年07月24日 15:33撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:33 横尾山荘に到着。
ちょっと欲が出て、徳沢園まで行くことに。楽しみは徳沢カレー。
徳沢園に到着です。
だだし、カレーはおしまい。バックに入れてテン泊ご飯用に出せますが。。。とのこと。
ならば、ソフトクリームをいただき〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳沢園に到着です。
だだし、カレーはおしまい。バックに入れてテン泊ご飯用に出せますが。。。とのこと。
ならば、ソフトクリームをいただき〜。
2
朝です。
ゆっくり目覚め、徳沢カレーをいただき。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝です。
ゆっくり目覚め、徳沢カレーをいただき。
2
強めの雨の中、撤収。
ザックが重たくなりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強めの雨の中、撤収。
ザックが重たくなりました。
河童橋到着です。梓川を水嵩が増してました。
お疲れさまでした。
2020年07月25日 10:15撮影 by SC-02K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋到着です。梓川を水嵩が増してました。
お疲れさまでした。
3
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:519人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ