また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2521988 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

奥多摩グルっと大周回(長沢背稜→雲取山→石尾根)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年08月22日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ後雷雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
奥多摩駅、有料駐車場に駐車、最大1日1320円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
★今日踏んだピーク★
本仁田山 1224m
瘤高山 1112m
川乗山 1363m
日向沢の峰 1353m
柱谷の頭 1375m
蕎麦粒山 1471m
天目山 1574m
酉谷山 1715m
長沢山 1734m
桂谷の頭 1697m
芋ノ木ドッケ 1976m (東京都標高2位)
雲取山 2017m (東京都最高峰)
七ツ石山 1756m
高丸山 1732m
日陰名栗山 1722m
鷹の巣山 1734m
六ツ石山 1476m
コース状況/
危険箇所等
【大ダワ⇆舟井戸】
地図には巻道は悪路とあるが、それ程でもない。ただし細いトラバース箇所があるので、雨天時は尾根コースの方が良いでしょう。
【一杯水】
細いです。枯れる寸前。アテにしない方が良いでしょう。
【酉谷避難小屋】
水場は枯れてました。
その他周辺情報奥多摩駅周辺にあり。最終の24時間営業のコンビニは古里駅前にセブンイレブン。
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック 非常用ツエルト 雨具上下 ハイドレーション ペット飲料 ヘッドランプ 救急キット 昼食 行動食 携帯電話 予備電池 非常食 地図 現金 保険証 時計

写真

[5:17] スタートはここから、登山の安全を祈念します
2020年08月22日 05:17撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[5:17] スタートはここから、登山の安全を祈念します
[6:24] 1座目、本仁田山。奥多摩3大急登の1つ、大休場尾根に体力を削られる
2020年08月22日 06:24撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[6:24] 1座目、本仁田山。奥多摩3大急登の1つ、大休場尾根に体力を削られる
[7:33] マルバタケブキが川苔山周辺で満開でした
2020年08月22日 07:33撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[7:33] マルバタケブキが川苔山周辺で満開でした
[7:38] 2座目、川苔山。まだ誰もいません
2020年08月22日 07:38撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[7:38] 2座目、川苔山。まだ誰もいません
[8:06] ヤマジノホトトギス
2020年08月22日 08:06撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[8:06] ヤマジノホトトギス
[8:25] 3座目、日向沢の峰
2020年08月22日 08:25撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[8:25] 3座目、日向沢の峰
[9:00] 4座目、蕎麦粒山
2020年08月22日 09:00撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[9:00] 4座目、蕎麦粒山
[9:40] 一杯水、細いです。枯れる寸前、ちょっと怖いのでフィルターで浄化して飲みました。
2020年08月22日 09:40撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[9:40] 一杯水、細いです。枯れる寸前、ちょっと怖いのでフィルターで浄化して飲みました。
1
[10:05] 5座目、天目山。気温上昇して、かなり消耗してきました。
2020年08月22日 10:05撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[10:05] 5座目、天目山。気温上昇して、かなり消耗してきました。
[11:21] 酉谷避難小屋。コロナの影響で非常時以外は使用不可。
2020年08月22日 11:21撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[11:21] 酉谷避難小屋。コロナの影響で非常時以外は使用不可。
[11:21] 避難小屋の水場は枯れてました。
2020年08月22日 11:21撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[11:21] 避難小屋の水場は枯れてました。
1
[11:36] 6座目、酉谷山、古い味のある標識です。最近の新しい標識より好感がもてます。
2020年08月22日 11:36撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[11:36] 6座目、酉谷山、古い味のある標識です。最近の新しい標識より好感がもてます。
1
[12:03] 小規模な崩落箇所。これ以上崩れると危なそう。通行止めにならないことを祈ります。
2020年08月22日 12:03撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[12:03] 小規模な崩落箇所。これ以上崩れると危なそう。通行止めにならないことを祈ります。
[12:16] タワ尾根方面もロープ張ってあります。
2020年08月22日 12:16撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[12:16] タワ尾根方面もロープ張ってあります。
[12:44] 天祖山方面は未だ通行止めになってます。
2020年08月22日 12:44撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[12:44] 天祖山方面は未だ通行止めになってます。
[12:44] ここを登っていきます。すぐに尾根を乗り越して反対側へ。なぜ尾根上でなく、反対に道をつけたのかは不明。
2020年08月22日 12:44撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[12:44] ここを登っていきます。すぐに尾根を乗り越して反対側へ。なぜ尾根上でなく、反対に道をつけたのかは不明。
[12:58] ユウガギク
2020年08月22日 12:58撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[12:58] ユウガギク
[13:11] 7座めか、長沢山、マイナーな割りに立派な標識
2020年08月22日 13:11撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[13:11] 7座めか、長沢山、マイナーな割りに立派な標識
1
[13:11] こっちの方がいいんじゃね?
2020年08月22日 13:11撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[13:11] こっちの方がいいんじゃね?
4
[13:41] 結構荒れた感じの道。リボン少なめでルーファイしながら進む
2020年08月22日 13:41撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[13:41] 結構荒れた感じの道。リボン少なめでルーファイしながら進む
[14:22] 8座目、芋ノ木ドッケ、雨がザーザー、雷ゴロゴロ
2020年08月22日 14:22撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[14:22] 8座目、芋ノ木ドッケ、雨がザーザー、雷ゴロゴロ
[15:42] 9座目、雲取山、誰もいません
2020年08月22日 15:42撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[15:42] 9座目、雲取山、誰もいません
1
[15:44] 山頂避難小屋では2グループ停滞してました
2020年08月22日 15:44撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[15:44] 山頂避難小屋では2グループ停滞してました
1
[16:09] ダンシングツリー
2020年08月22日 16:09撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[16:09] ダンシングツリー
[16:26] ブナ坂。唐松谷コースは通れないようです。
2020年08月22日 16:26撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[16:26] ブナ坂。唐松谷コースは通れないようです。
1
[16:39] 10座目、七ツ石山、誰もいません。
2020年08月22日 16:39撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[16:39] 10座目、七ツ石山、誰もいません。
[16:41] 七ツ石神社、樹林帯にあるので暗く見えますが、外は明るいです
2020年08月22日 16:41撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[16:41] 七ツ石神社、樹林帯にあるので暗く見えますが、外は明るいです
[17:22] 11座目、高倉山、橋崩落で巻道が通行不可で仕方なく
2020年08月22日 17:22撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[17:22] 11座目、高倉山、橋崩落で巻道が通行不可で仕方なく
[17:42] 12座目、日陰名栗峰、巻くつもりでしたが、巻道への入り口分からず登ることになった
2020年08月22日 17:42撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[17:42] 12座目、日陰名栗峰、巻くつもりでしたが、巻道への入り口分からず登ることになった
[17:57] 鷹ノ巣避難小屋
2020年08月22日 17:57撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[17:57] 鷹ノ巣避難小屋
[18:18] 雨は止んできました@鷹ノ巣山、13座目
2020年08月22日 18:18撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[18:18] 雨は止んできました@鷹ノ巣山、13座目
1
[18:19] 鷹ノ巣山から南側の風景
2020年08月22日 18:19撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[18:19] 鷹ノ巣山から南側の風景
1
[19:26] 六ツ石山、予定通りピークに寄っていきます。本日最後14座目
2020年08月22日 19:26撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[19:26] 六ツ石山、予定通りピークに寄っていきます。本日最後14座目
1
Suuntoの記録。累積標高3851m、もっとある感じもするけど
2020年08月23日 10:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Suuntoの記録。累積標高3851m、もっとある感じもするけど
3
今日イチの写真、マルバタケブキ。あちこちで満開。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日イチの写真、マルバタケブキ。あちこちで満開。

感想/記録

★本日のコース★
東京埼玉県境の「長沢背稜」と「石尾根」を雲取山で繋いでみました。長年暖めていた構想。なかなか実現する機会ありませんでしたが、思い切ってチャレンジしてみました。午後から天気崩れる予想でも雲取通過して石尾根の入れば何度も通った道なのでワンチャンスに賭けたら、見事に返り討ちに。

★行動の記録及び感想★
奥多摩駅で仮眠して5時前にスタート。既に明るくてライトは不用です。まずは本仁田山。大休場尾根の急登で早くもバテ気味、エスケープしないで最後まで体力もつでしょうか。

川乗へは、大ダワから巻道を選択。悪路と標識ありますが、それ程でもないです。ただし右側崖なので、トラバース嫌いな方は尾根道の方が良いでしょう。

川乗山は、台風の影響で日原街道からのコースが閉鎖になり、ハードル高い山になってしまいました。川乗から先は尾根に乗るので、多少のアップダウンはあるものの、歩きやすい道です。マルバダケブキが盛りです。

蕎麦粒山は、虫が多くてサクっと通過。一杯水は細くてボトル1本入れるのに3分かかりました。これからはアテに出来ないでしょう。陽が高くなり暑さで体力削られます。酉谷小屋の水を期待して先を急ぎます。

天目山では、そこそこの展望、途中も期待がもてそうです。木の橋が出てきて奥多摩らしさを堪能します。期待の酉谷小屋の水場、見事に裏切られました。暑いけど、雲取山荘までもたせないと、ザックを開けてハイドレの残りの水量を確認して給水していきます。酉谷山の山頂からは埼玉方面にもルートがあるので、下山する方向をきっちりコンパスで確認しました。方向よし。この前、うとうの頭に行ったとき下山で使ったので記憶が鮮明に残っています。

天祖山への分岐は通行止めのロープ張ってありました。崩れた場所は想像つきますが、そんなに悪いのでしょうか。長沢背稜への道が限定されているので、ハードルが高いコースになってしまいました。本日すれ違ったのは3組だけでした。

午後から天気崩れるの分かっていました。雷鳴が遠くに聞こえたかと思ったら、雷がどんどん近づいて、頭上でドカンドカン落ちはじめました。これはヤバい。側撃雷を避けるため高い木から離れて、姿勢を低くして雷雲の通過を待ちました。雷だけでなく雨もすごい。

とりあえず雲取山荘まで行ってどうするか決めることにしました。山荘ではトイレを済ませて、給水して避難小屋まで急ぎました。先客は2組、うち一人は雨具を持参していないようでした。雷鳴は北東の方に遠ざかっていくようです。計画していた時間より遅くなるはみえているので、出発することにしました。下山路は開けているものの、森林限界は超えていないので雷が自分を直撃するのは避けられそうです。しばらくすると雨は止み、七ツ石山あたりは地面は乾いています。先に鷹ノ巣避難小屋もあるので、エスケープせずに続けることに決定。

石尾根はメジャーピーク以外全部巻くつもりでしたが、高倉山の巻道は橋崩落で負けず、高倉、日陰名栗は「巻けず」に尾根通し、鷹ノ巣、六ツ石も予定通りピーク踏むことにしました。以前、雪のある時期に奥多摩駅夜中発で石尾根の全てのピークを踏んだ時のことを思い出しました。そうと決まれば後は淡々と進むだけです。尾根筋から巻道へ移行したときにライト点灯。細いトラバースで谷側へ滑落しないように、そこだけ注意してスローダウン。

最後の六ツ石山のピーク踏んで、時々GPS確認しながら計画より1時間遅れで奥多摩駅到着、次はもう少し涼しい気候の良い時期に反対回りで周回しようと思います。




お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:537人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ