また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2562413 全員に公開 ハイキング 十勝連峰

圧巻!大滝雲の美瑛谷3稜の頭(十勝岳→美瑛岳→美瑛富士)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年09月12日(土) [日帰り]
メンバー
天候基本ガスガスで、十勝岳、美瑛岳山頂で薄曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
札幌からは自家用車で3時間弱でした。
いつものように三笠まで高速を利用し、道道116号→国道452号→道道135号とつないで富良野入り。あとは裏道を使って上富良野まで移動し、道道291号→966号とつないで望岳台入りです。
駐められるのは30台くらいでしょうか。悪天候のためか空きがありました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間43分
休憩
1時間7分
合計
8時間50分
S望岳台05:5206:20吹上温泉分岐06:37雲ノ平分岐06:44十勝岳避難小屋06:5007:29昭和火口08:31十勝岳08:4908:56平ヶ岳09:04鋸岳09:36美瑛谷3稜の頭09:41美瑛谷2稜の頭09:48美瑛谷1稜の頭10:20美瑛岳分岐10:40美瑛岳11:0711:15美瑛岳分岐11:1711:40美瑛富士分岐11:4312:02美瑛富士12:0812:18美瑛富士分岐12:1913:02美瑛岳分岐13:0314:18雲ノ平分岐14:25吹上温泉分岐14:2614:40望岳台14:4214:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
概ね順調でした。
コース状況/
危険箇所等
望岳台から十勝岳山頂までは火山ガスに注意です。本日は東風で助かりましたが、まともに吸い込むとなかなかキツイです。
十勝岳から美瑛岳間は今日のようにガスの場合に道迷いに注意です。道標が整備されてましたので、確認して進んでください。
美瑛岳に入ると急崖注意です。足を踏み外すとケガではすみません。
美瑛富士から望岳台では北向沢の梯子、ロープ場が崩れやすく危険ですね。しっかりホールドしてください。
その他周辺情報帰りは久しぶりにハイランド富良野に寄りました。600円でシャンプー、ボディソープ付き。セコマは上富良野の町中にあります。
過去天気図(気象庁) 2020年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 フリース 長袖シャツ(薄) 半袖シャツ ドライナミックメッシュ ズボン 靴下 キネシオロジーテープ 指だしグローブ 予備グローブ 帽子orヘルメット(アンダーキャップ) タオル 登山靴(夏) ザック ザックカバー ストック カッパ(上下) ガス コンロ コッヘル 昼ご飯(パン カレーメシ) 行動食(月寒アンパン・ドリンクゼリー・チョコ菓子等) 飲料(2.6リットル) 椅子 高度計付腕時計 お守り カメラ(SDカード) 地形図 筆記用具 コンパス 温度計 スマホ(GPS) 熊鈴 熊スプレー ヘッドランプ 予備電池 保険証 JRO登録証 ココヘリ ビニール袋数枚 ティッシュ3つ ウェットティッシュ1つ 携帯トイレ 虫刺され薬 マスク ツェルト 細引き エマージェンシーシート ファーストエイドキット 痛み止め 日焼け止め コムレケア

写真

標高930mで気温は9℃。この時期はこんなもんだね。
2020年09月12日 05:54撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高930mで気温は9℃。この時期はこんなもんだね。
4
登るかとても悩みました。シェルター内のモニターに、避難小屋から山頂方面が見えていたので行くことに。
2020年09月12日 05:54撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登るかとても悩みました。シェルター内のモニターに、避難小屋から山頂方面が見えていたので行くことに。
1
今日は長丁場にアップダウンの連続。忘れてはいけない!
2020年09月12日 06:01撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は長丁場にアップダウンの連続。忘れてはいけない!
6
ガッスガス。カッパが脱げない
2020年09月12日 06:03撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガッスガス。カッパが脱げない
2
リンドウさん。最後だね。もうすぐ冬がやってくる。
2020年09月12日 06:08撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リンドウさん。最後だね。もうすぐ冬がやってくる。
11
晴れることを信じて!
2020年09月12日 06:24撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れることを信じて!
1
シラタマ大家族。
2020年09月12日 06:30撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラタマ大家族。
6
避難小屋が見えてきました。
2020年09月12日 06:41撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋が見えてきました。
1
避難小屋です。今日は入っていませんが、中は立派です。
2020年09月12日 06:48撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋です。今日は入っていませんが、中は立派です。
2
少しの休憩後先を進む。前十勝は大変危険。入ってはいけません。
2020年09月12日 06:59撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しの休憩後先を進む。前十勝は大変危険。入ってはいけません。
1
標高1600mを越えて青空出現!
2020年09月12日 07:26撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1600mを越えて青空出現!
2
やりぃ〜👍
2020年09月12日 07:32撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やりぃ〜👍
5
十勝岳も見えてきましたね。
2020年09月12日 07:38撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝岳も見えてきましたね。
2
十勝岳全体が見えてきました。削剥が進んでる。。。
2020年09月12日 07:41撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝岳全体が見えてきました。削剥が進んでる。。。
4
今年は62ー恐亳からのガスの噴出量が半端ない。
2020年09月12日 07:45撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年は62ー恐亳からのガスの噴出量が半端ない。
8
スリバチ火口(標高1700mくらい)まできました。本日目指す美瑛岳と美瑛富士がひょっこり。
2020年09月12日 07:44撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スリバチ火口(標高1700mくらい)まできました。本日目指す美瑛岳と美瑛富士がひょっこり。
6
美瑛岳(左)ピークです。溶岩流の重なりが美しい。
2020年09月12日 07:45撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美瑛岳(左)ピークです。溶岩流の重なりが美しい。
14
この時点では美瑛富士山頂(右)も見えてました。
2020年09月12日 07:45撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時点では美瑛富士山頂(右)も見えてました。
3
遠くに大雪山系(表大雪)。
2020年09月12日 07:46撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに大雪山系(表大雪)。
15
ちょっと進んでスリバチ火口全景。大迫力。
2020年09月12日 07:52撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと進んでスリバチ火口全景。大迫力。
5
かなり近くなりました。
2020年09月12日 08:02撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり近くなりました。
1
いつもここから撮っちゃいます。
2020年09月12日 08:05撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもここから撮っちゃいます。
4
肩まで上がりました。あと15分。
2020年09月12日 08:18撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩まで上がりました。あと15分。
この火山ガスに巻かれると呼吸が辛い。
2020年09月12日 08:18撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この火山ガスに巻かれると呼吸が辛い。
2
美瑛岳の南側は雲海か。
2020年09月12日 08:25撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美瑛岳の南側は雲海か。
1
山頂ロックオン。
2020年09月12日 08:25撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂ロックオン。
1
祝、十勝岳登頂〜!周りは圧巻の雲海。
2020年09月12日 08:33撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祝、十勝岳登頂〜!周りは圧巻の雲海。
21
すんげぇ大雲海。
2020年09月12日 08:34撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すんげぇ大雲海。
12
美瑛岳アップ!左ピークは白雲岳、右ピークはトムラウシ。手前にオプタテがこんにちは。
2020年09月12日 08:35撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美瑛岳アップ!左ピークは白雲岳、右ピークはトムラウシ。手前にオプタテがこんにちは。
10
3週間前に行った旭岳と比布岳・安足間岳。
2020年09月12日 08:35撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3週間前に行った旭岳と比布岳・安足間岳。
6
トムラウシ!
2020年09月12日 08:35撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トムラウシ!
8
これは?ニペ様に見える。
2020年09月12日 08:36撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは?ニペ様に見える。
8
富良野岳は恥ずかしがり屋。
2020年09月12日 08:36撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富良野岳は恥ずかしがり屋。
6
山頂で晴れたのはお守りのお陰。さて次行くか。
2020年09月12日 08:48撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で晴れたのはお守りのお陰。さて次行くか。
12
新得ルート分岐。いつか来てみたいが登山口、遠いんだよな。
2020年09月12日 08:57撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新得ルート分岐。いつか来てみたいが登山口、遠いんだよな。
1
十勝岳を振り返る。
2020年09月12日 08:57撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝岳を振り返る。
4
美瑛岳は近づくほど迫力が出てきます。
2020年09月12日 09:00撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美瑛岳は近づくほど迫力が出てきます。
5
ここのザレ場のカーブはガスがあるときは要注意。
2020年09月12日 09:11撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのザレ場のカーブはガスがあるときは要注意。
2
霧雨が強く風が出てきました。気温は8℃。寒いわけだ。
2020年09月12日 09:21撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧雨が強く風が出てきました。気温は8℃。寒いわけだ。
4
カッパ着こんでとザックカバーをセット。
2020年09月12日 09:25撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カッパ着こんでとザックカバーをセット。
3
美瑛谷3稜の頭手前のコル。ここが一番風が強かったな。
2020年09月12日 09:33撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美瑛谷3稜の頭手前のコル。ここが一番風が強かったな。
1
チシマギキョウさんかな。
2020年09月12日 09:43撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チシマギキョウさんかな。
4
なんとなく美瑛岳。
2020年09月12日 09:47撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとなく美瑛岳。
1
右側からの風雨で濡れるのは右半身だけ。
2020年09月12日 09:58撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側からの風雨で濡れるのは右半身だけ。
4
チングルマが最後の共演。
2020年09月12日 10:03撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマが最後の共演。
5
やった、晴れてきた。
2020年09月12日 10:07撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やった、晴れてきた。
振り返って美瑛谷3稜の頭。滝雲が大迫力。
2020年09月12日 10:14撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って美瑛谷3稜の頭。滝雲が大迫力。
22
山頂は左端のピークです。
2020年09月12日 10:19撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は左端のピークです。
4
山頂ロックオン。
2020年09月12日 10:30撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂ロックオン。
1
祝、美瑛岳登頂〜!お久です!
2020年09月12日 10:43撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祝、美瑛岳登頂〜!お久です!
20
ここでちょっとだけエネチャージ。美瑛富士はガスの中。
2020年09月12日 10:46撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでちょっとだけエネチャージ。美瑛富士はガスの中。
8
大雪山系はまだ見えてますね。
2020年09月12日 11:07撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪山系はまだ見えてますね。
6
さてと、本日最後の美瑛富士へ向かうか...虹が出てきたということは...
2020年09月12日 11:21撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さてと、本日最後の美瑛富士へ向かうか...虹が出てきたということは...
1
はい、再び霧雨です( ;∀;)。
2020年09月12日 11:46撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい、再び霧雨です( ;∀;)。
2
美瑛富士はザレザレ。道標はありませんが、ザレ場を歩いていけば頂上です。
2020年09月12日 11:56撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美瑛富士はザレザレ。道標はありませんが、ザレ場を歩いていけば頂上です。
1
20分ほど登って、祝、美瑛富士登頂〜。
2020年09月12日 12:08撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20分ほど登って、祝、美瑛富士登頂〜。
14
でも周りはガスガス。即撤収!
2020年09月12日 12:08撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも周りはガスガス。即撤収!
トラバースに入りました。紅葉始まりましたね。
2020年09月12日 12:27撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースに入りました。紅葉始まりましたね。
1
ナッキーの鳴き声は聞こえど姿は見えず。
2020年09月12日 12:45撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナッキーの鳴き声は聞こえど姿は見えず。
2
いやぁ、ハイマツ鬱陶しい。
2020年09月12日 13:00撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやぁ、ハイマツ鬱陶しい。
2
遠くに十勝岳。まだまだ遠い。
2020年09月12日 13:03撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに十勝岳。まだまだ遠い。
リンドウ天国でした。
2020年09月12日 13:44撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リンドウ天国でした。
3
北向沢に来ました。
2020年09月12日 13:45撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北向沢に来ました。
1
左の梯子と右のロープ。わかりますか?
2020年09月12日 13:46撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の梯子と右のロープ。わかりますか?
3
下に降りるとこんな感じ。今にも崩れそう。
2020年09月12日 13:48撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下に降りるとこんな感じ。今にも崩れそう。
3
北向沢から上がって少し進むと、なんと美瑛谷3稜の頭で滝雲が大迫力!
2020年09月12日 14:00撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北向沢から上がって少し進むと、なんと美瑛谷3稜の頭で滝雲が大迫力!
31
順調に下って十勝岳からの登山道と合流。
2020年09月12日 14:19撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
順調に下って十勝岳からの登山道と合流。
1
無事に戻ってきました。お疲れさまでした〜。
2020年09月12日 14:42撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に戻ってきました。お疲れさまでした〜。
3
【番外 
お風呂まで我慢ムリ。まずはゲップで満足する。
2020年09月12日 15:37撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【番外 
お風呂まで我慢ムリ。まずはゲップで満足する。
6
【番外◆
なんと1個89円でした。セコマカップ麺、マジうまいっす。
2020年09月12日 15:37撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【番外◆
なんと1個89円でした。セコマカップ麺、マジうまいっす。
9
【番外】
締めはやっぱこれ。ほんとに美味しい。
2020年09月12日 15:38撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【番外】
締めはやっぱこれ。ほんとに美味しい。
9
【番外ぁ
山部に寄り道。家族にお土産のデカスイカ、ゲット👍
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【番外ぁ
山部に寄り道。家族にお土産のデカスイカ、ゲット👍
13
撮影機材:

感想/記録
by yo-sha

【お山紹介】
今回は十勝岳(標高2,077m)→美瑛岳(標高2,052.2m)→美瑛富士(標高1,888m)の3座。十勝岳は日本百名山、美瑛岳は北海道百名山ですね。
十勝岳は本日も大人気。どんどん登ってくる人がいました。さすが日本百名山。美瑛岳もそこそこいましたね。望岳台からピストンの方もいたようです。強い霧雨の美瑛富士では高校の山岳部が上がってきてましたね。引率の先生も大変ですね。

【地質】
地質図Naviによると、十勝岳と美瑛岳がちょっと前の第四紀更新世、美瑛富士が第四紀完新世の安山岩溶岩、玄武岩質安山岩溶岩、火砕岩とあります。地質百選にも十勝岳火山群として選ばれてますね。十勝岳は一級品の活火山です。そろそろ大きな噴火もありそうです。

↓地質図Navi
https://gbank.gsj.jp/geonavi/geonavi.php#13,43.43396,142.69778
↓地質百選
http://www.geosites-hokkaido.org/geosites/site0192.html
↓気象庁
https://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/activity_info/108.html

【山行】
涼しくなってきたのに腰痛悪化でお山へ行けず、悶々とした日々を過ごす。やっと癒えてきたというのに今度は天気がイマイチ。北の方が少し安定しているとの情報に、久しぶりに美瑛岳でも行くかな、となり、ついでに十勝岳、美瑛富士もセットで行ってきました。

望岳台駐車場に到着するも天候はガスガスの霧雨。今日はダメかな~、なんて思いながらシェルターへ入ると、避難小屋からのライブ映像で62-恐亳が見えている。俄然やる気モードに入り、速攻準備して出発です。

序盤はガスの中、避難小屋までだらだらと高度を上げていく。途中リンドウさん、シラタマノキさんがお出迎え。お花は終盤、もうすぐ雪が降ってくるね。
避難小屋に到着するも、モニターで見たときより天候が悪化し何も見えない。でも上ではきっと晴れているだろう。
少しの休憩後、登山再開。岩場、ザレ場を登っていき、徐々に明るくなってくる。標高1600mを越えると雲が切れだし青空出現。やりぃ。
グラウンド火口に出ると完全に晴れ、十勝岳がこんにちは。スリバチ火口の奥には本日のメインイベント、美瑛岳がそびえる。振り返ると雲海が広がり、うん、いい景色だ。
しばし進むと、休憩中の大阪から来たという学生さんたちに出会う。チャリで北海道に来て十勝岳登っているそうな。マジかぁ~。若いっていいなぁ(しみじみ)。
62-恐亳からの火山ガスを横目にグランド火口の縁を回り込み、本峰への急登に入る。ヒーコラいいながら登り切り、祝、十勝岳登頂~!。360度の大雲海で、雲上に飛び出た大雪山、トムラウシ、ニペ様をアップでレリーズ。ちょっと休憩したのち、さてと、次行くか。
途中ザレ場にかかるとガスが立ちこみ始め、霧雨が強くなってきた。今日は何回カッパを着たり脱いだりしたことか。ガスで景色がなく冷たい雨に心が折れそうに。「きっと山頂は晴れているだろう」と再び自分に言い聞かせ先を進む。
一旦コルに下りて再び高度を上げていき、標高1900mくらいになると徐々に天候が回復。再び「やりぃ」。美瑛岳の迫力のある噴火口が見えてきました。
その後小さなアップダウンを繰り返しながら山体の裏側へ回り込む。登りにくい岩場を通過し、最後の急登を登り切って、祝、美瑛岳登頂~!美瑛谷3稜の頭からの滝雲がすっげー!レリーズモード全開に。今回は動画もアップしますので見てください。



ここで十勝岳から抜きつ抜かれつを繰り返した方とお話しをすると、なんと同郷の方でした。いやぁ、嬉しかったな。またどこかでお会いした際はよろしくです。
月寒アンパンをほうばり、次の美瑛富士を目指すが、下り始めてすぐ虹が出現。っちゅうことは...はい、再び霧雨に突入でございます( ;∀;)。
前が見えにくい中、コルまで高度を落とし美瑛富士への登りを開始。登山道はザレてて登りにくい。道標はないが、草が生えていないため迷うことはない。道なりに上がっていき、20分ほどで祝、美瑛富士登頂~!。ガッスガスで景色は全くなし。ということで即撤収!
帰路のトラバースですが、美瑛岳からの合流点まではハイマツが生い茂り歩きにくい。合流点通過後は急斜面の下りや、北向沢の大きく掘れた個所を梯子とロープで通過。ここ、こんなに深かったっけ?
それにしても北向沢通過後に見た、美瑛谷3稜の頭からの滝雲はすごかった。滅多に見られない景色でしたね。今回の代表写真に決定です。
その後は大した起伏もなく、望岳台へ向けて淡々と進む。途中再び大阪の大学生4人組と出会えた(美瑛岳でもちょっと会ってました)のはちょっと嬉しかったな。元気で大阪まで帰ってくださいね。別れた後は小走りで下りていき、無事の下山となりました。

3週間ぶりの山行に、両足太ももが筋肉痛です。翌日症状が出た、ということは”俺ってまだ若い!?”。さて、次はどこ行こうかな~。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:583人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ