また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2581231 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 中央アルプス

空木岳〜宝剣木曽駒

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年09月19日(土) ~ 2020年09月20日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候19日:晴れ
20日:曇り
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
自宅の横浜市内から八王子→岡谷→駒ケ根
飯田線はICカードが使えないため、岡谷で一度出場してから飯田線区間の乗車券を購入する。でないと飯田線内下車時に未精算処理となる。駒ケ根駅からはタクシーで菅の台バスセンターまで移動。駒が池付近で闇テン。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間18分
休憩
1時間7分
合計
11時間25分
S菅ノ台バスセンター・駐車場03:3504:55林道終点05:45池山尾根水場06:0007:55ヨナ沢ノ頭08:0508:38空木平カール分岐点08:4809:45駒峰ヒュッテ09:5710:10空木岳10:2011:10木曽殿山荘11:48東川岳13:10熊沢岳13:2014:50檜尾岳15:00檜尾避難小屋
2日目
山行
4時間58分
休憩
27分
合計
5時間25分
檜尾避難小屋05:0505:15檜尾岳06:21濁沢大峰07:20島田娘07:40三ノ沢分岐08:10宝剣岳08:25宝剣山荘08:3609:05木曽駒ヶ岳09:1009:25中岳09:3610:15千畳敷駅10:30しらび平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【池山尾根】
標高差1700m。今回荷物は16kgで臨んだが、普通にきつかった。
大地獄手前は、鎖・急峻な痩せ尾根だが、慣れている人であれば全く問題ない。鎖も慣れていれば使わずに登れる。

【空木岳〜木曽殿山荘】
岩場が続く。切れているため滑落の危険はあるが、鎖・スタントは豊富。登りのあとの急登のため、脚の疲労を考慮し、慎重に。宝剣とつなぐのであれば、木曽殿山荘で一泊するのが健全。今回はシルバーウイークということもあり予約は間に合わなかった。

【木曽殿山荘〜檜尾岳】
延々とアップダウンが続く。時間帯的にもきつく、身体も心もきつかった。岩場が続くので足元も安定せず、疲れが蓄積する。集中力の欠如に注意。

【檜尾避難小屋】
水場は、檜尾尾根の登山道を5分程下ると、水場分岐の標識が出てくる。それを少しくだるとホースがある。しかし情報通り補足、500mlのペットボトルを満たすにも5分程かかった気がする。檜尾避難小屋付近はテント禁止だが…ここに張ってと言わんばかりに整地された箇所があちらこちらに見えた。

【檜尾岳〜三の沢分岐】
再びアップダウンと岩場が続く。

【宝剣岳】
ロープウェイの人たちが来る前に行きたい。渋滞の待ち時間や気候によっては滑落や体温低下の危険がありそう。三点支持を怠らなければ問題はないが高度感はある。

【木曽駒〜千畳敷】
問題なし。中岳のまきみちはほぼ人がいなかった。難所あり、との看板があったが、岩場に慣れていれば問題ない。単調な登りよりはこちらの方がむしろ楽だった。
人の多さに驚き。

全体を通してルートに迷うことはないが、三ノ沢分岐〜島田娘は濃霧時RF注意との情報はある。
その他周辺情報こまくさの湯

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サンダル ザック ザックカバー 行動食 飲料 ガスカートリッジ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ ヘルメット

写真

暗い道を進む。
2020年09月19日 03:32撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗い道を進む。
街の光が見える
2020年09月19日 04:25撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
街の光が見える
水場。ここまで体力消耗はノーカウント()
2020年09月19日 05:49撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場。ここまで体力消耗はノーカウント()
ここから急登が始まる。
2020年09月19日 05:49撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから急登が始まる。
1
午前中は曇り予報だったが晴れてきた。
2020年09月19日 05:51撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前中は曇り予報だったが晴れてきた。
鎖も問題ない。
2020年09月19日 07:23撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖も問題ない。
使わなくても大丈夫。
2020年09月19日 07:24撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
使わなくても大丈夫。
南アも見えてきた!
2020年09月19日 07:26撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アも見えてきた!
久々の森林限界突破
2020年09月19日 08:52撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久々の森林限界突破
1
目的地の日案小屋も見えている。
2020年09月19日 09:11撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目的地の日案小屋も見えている。
南駒ケ岳方面。
2020年09月19日 09:18撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南駒ケ岳方面。
遂に。標高差1700mの池山尾根クリア。
2020年09月19日 10:06撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遂に。標高差1700mの池山尾根クリア。
1
南駒ケ岳方面。
2020年09月19日 10:06撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南駒ケ岳方面。
いい天気すぎる。
トレランの服装をした方が3人いました。
2020年09月19日 10:07撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい天気すぎる。
トレランの服装をした方が3人いました。
これ登ること考えると嫌だな(笑)
2020年09月19日 11:16撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これ登ること考えると嫌だな(笑)
ごつごつな尾根
2020年09月19日 11:17撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ごつごつな尾根
小屋は見えている。
2020年09月19日 12:22撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋は見えている。
絶望を感じる時間帯。絶望の小ピーク×3
2020年09月19日 12:45撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶望を感じる時間帯。絶望の小ピーク×3
熊沢岳。休憩中のご夫婦のいい写が撮れました。
2020年09月19日 13:25撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊沢岳。休憩中のご夫婦のいい写が撮れました。
宝剣まで見えます。
2020年09月19日 13:26撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣まで見えます。
にしても最高の景色。
2020年09月19日 13:31撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
にしても最高の景色。
2
三の沢岳は薬師みたい?
2020年09月19日 13:53撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三の沢岳は薬師みたい?
富士山も見えた!
2020年09月19日 14:03撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山も見えた!
1
バイアスがかかって檜尾岳と勘違い。萎え。
2020年09月19日 14:11撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バイアスがかかって檜尾岳と勘違い。萎え。
今のは大滝山。檜尾はこっち。
2020年09月19日 14:19撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今のは大滝山。檜尾はこっち。
秋の空だなあ
(登録要領の限界でまだすべてあげられていない)
2020年09月19日 14:25撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋の空だなあ
(登録要領の限界でまだすべてあげられていない)
南アが映える
2020年09月20日 05:01撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アが映える
一瞬見えた日の出。このあとすぐ雲の中に隠れてしまった。
2020年09月20日 05:36撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬見えた日の出。このあとすぐ雲の中に隠れてしまった。
甲斐駒から覗く。いい!
2020年09月20日 05:36撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒から覗く。いい!
八ヶ岳と南ア
2020年09月20日 05:41撮影 by RICOH WG-70, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳と南ア

感想/記録

とある縁で知り合った他大山岳部の友人と初めての山行。友人の提案もあり、2人とも夏期は行ったことのない中アへ。大学の部活ではコロナで宿泊活動が制限されてるため、どうしてもテント泊縦走がしたかった。ロープウェイで8時から宝剣に登るのは嫌だったので逆ルートを辿って人の少ない縦走を楽しみたかった。
お互い久々の宿泊ともあった荷物をやや張り切って持ってきすぎた気がする(笑)檜尾避難小屋の水場が枯れている可能性も考慮し、水は2日分持ってきたが、ザックは、私:16kg、友人:20kgとなっていた。友人はさすがに持ってきすぎたと後悔。私はトレーニングも考慮しまあまあ妥当な重さかな。雪山は20kg超えるからなあ…。池山尾根は大変だった。標高差1700mは遠かった。その分空木の登頂は喜ばしかったと共に自分はまだまだだなと思う。我々は3:30にスタートしたが、途中、トレラン勢と同時くらいで登頂する。また、伊奈川ダム周回の方とも何人かすれ違った。しかしこの登りと木曽殿山荘までの下りでかなり体力を持っていかれ、二人してペースダウン。そしてわかってはいたが檜尾までのアップダウンはかなり精神的にきた。さらに途中、大滝山を檜尾岳と間違えた時はえぐられた…やはりこうなると簡単に分かるものも分からなくなるのか。檜尾避難小屋はテント禁止のようだが、まるでテントをここに張ってくださいと言わんばかりに整地された場所が何か所もあったり、翌日早朝発したいので小屋に同席する方達に気を遣いたくなかったり、久々にテント泊したい思いがあったりと、悩んだ結果テントを張りました。分かってはいますが…ごめんなさい。でもテントのジッパーを開ける音や水を沸かす音と言った些細な瞬間が懐かししく山での時間を堪能させて頂きました。しかしほぼ12時間行程を歩いたダメージは大きく、久々にきつかった。6時頃には2人とも寝ていた。
翌朝は一瞬の日の出を望み、筋肉痛に耐えながら宝剣を目指す。宝剣の岩場を前にテンションが上がり、その間は辛さを忘れた。しかしやはりダメージは大きく、木曽駒、千畳敷への下りは辛く、普段ならあり得ないスピードの遅さであった。また、3000m近くまで登るのが久しぶりのせいか、高山病による頭痛もあり、それもやや辛かった。下りは脚を痛めることなく文明の利器を使い下山。逆ルートで池山尾根を下ることを考えるとおそろしい…
行程全体を通して、天気が非常によく、自粛期間中にトレーニングを欠かさなかった努力が報われたような気がした。やはりアルプスは良い。ほんとに。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:193人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/15
投稿数: 256
2020/9/26 18:49
 当日、檜尾避難小屋に宿泊した者です。
Jedi_umaさん、コメントさせていただきます。

避難小屋の入口前でテント泊をされたお二人だったのですね。
室内は3名だけなったので遠慮せず中で泊まれば良かったのに
3名とも2時頃には起きてバタバタしていましたよ。
自分は2時半頃には出発(自分が他の2名を起こしたかも
翌日の天気は良くなかったですが
なんとか日の出は見られてラッキー
出発して直ぐに雨が降り出してダメかなと思っていたら
東川岳の手前で 日の出を拝むことができました。

ちなみに自分のザックも18kg程度で(水が2Lかな)
かなり、しんどかったです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ