また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2586645 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲斐駒・北岳

鳳凰三山-甲斐駒ヶ岳(夜叉神峠-黒戸尾根)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年09月18日(金) ~ 2020年09月21日(月)
メンバー
 hia(食事)
 longvalley(記録)
天候1日目 曇り→雨
2日目 雨→晴れ
3日目 雨→曇り
4日目 曇り→晴れ
アクセス
利用交通機関
夜叉神:金曜朝時点で車の入りは3割ほど
横手駒ケ岳神社:下山時に車は一台のみ
横手駒ケ岳神社から夜叉神まではタクシー(1時間、13700円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間40分
休憩
20分
合計
4時間0分
S夜叉神峠登山口10:0210:59夜叉神峠小屋11:0612:10杖立峠12:1813:25苺平13:3014:02南御室小屋
2日目
山行
4時間44分
休憩
1時間9分
合計
5時間53分
南御室小屋07:1408:07薬師岳小屋08:2109:08鳳凰山09:2210:09アカヌケ沢の頭10:3611:17高嶺11:2311:52白鳳峠11:5912:44広河原峠12:4513:07早川尾根小屋
3日目
山行
3時間41分
休憩
3時間28分
合計
7時間9分
早川尾根小屋07:4809:34アサヨ峰10:5611:45栗沢山13:3214:11仙水峠14:3014:57仙水小屋
4日目
山行
7時間49分
休憩
1時間38分
合計
9時間27分
仙水小屋03:0203:49仙水峠03:5105:35駒津峰05:3706:00六方石06:1006:52甲斐駒ヶ岳07:3908:48七丈小屋09:1810:47刃渡り10:5211:23笹の平分岐11:2512:29横手駒ヶ岳神社G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
1日目 8.0km, +1250m, -200m
2日目 8.9km, +1020m, -1040m
3日目 5.7km, +630m, -910m
4日目 12.9km, +1030m, -2400m
コース状況/
危険箇所等
■コース
夜叉神~地蔵岳:よく整備されている。斜度も緩い
~仙水峠:ちょうど登山道整備中だった。所々ハイマツが被っている
~仙水小屋:ガレ場。ガス時は注意
~甲斐駒ケ岳:よく整備されている。直登コースはボルダリングの心得があると良いかも
~横手駒ケ岳神社:分岐から先は登山者が少なくやや荒れている。

■宿泊
1日目 南御室小屋
 テント1,000円/人、水場有り。この日は我々の他に1張。ビールとスポドリは販売していた。docomoは電波が通じる。

2日目 早川尾根小屋
 小屋利用、無料。水場有り(やや細い)。 この日は登山道整備の方多数。一般登山客は我々のみ。docomo, auは小屋の付近で電波が通じる。

3日目 仙水小屋
 テント500円/人、水場有り。この日は我々のみ。電波は通じない。
その他周辺情報温泉:芦安温泉 岩園館 1000円 ★★☆☆☆(積極的には利用しないかも)
 源泉かけ流しの大きな露天風呂がウリ。アルカリ性のナトリウム・カルシウム硫酸塩温泉。強気な価格設定だがアメニティや内装が残念。

食事:カツ玄 竜王玉川店 カツカレー 1200円 ★★★☆☆(普通)
 山梨のローカルチェーン。カツがサクサクで美味しい。カレーは普通。

写真

完成された森を歩く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
完成された森を歩く
森の中のテン場、水はけは悪い
夜から明日朝にかけて結構降った
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森の中のテン場、水はけは悪い
夜から明日朝にかけて結構降った
1
2日目、振り返って薬師岳と生きているようなガス
黒い波の向こうに、朝の気配がする
2020年09月19日 09:10撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目、振り返って薬師岳と生きているようなガス
黒い波の向こうに、朝の気配がする
1
世界を導く、祝福の光が差す
2020年09月19日 09:41撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
世界を導く、祝福の光が差す
1
白い大地
2020年09月19日 10:53撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い大地
1
どこへ続くか分からぬ道でも
きっとそこにあなたがいる
2020年09月19日 11:25撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこへ続くか分からぬ道でも
きっとそこにあなたがいる
1
北から見る北岳は新鮮
2020年09月19日 12:36撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北から見る北岳は新鮮
1
早川尾根小屋、お世話になりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早川尾根小屋、お世話になりました
1
これまでの山飯でトップクラスに美味しいグリーンカレー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これまでの山飯でトップクラスに美味しいグリーンカレー
3日目、アサヨ峰を振り返る
ここで宇多田ヒカルごっこした
2020年09月20日 13:00撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目、アサヨ峰を振り返る
ここで宇多田ヒカルごっこした
甲斐駒ケ岳がチラ見え
2020年09月20日 13:42撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳がチラ見え
仙水小屋、豆から挽いた珈琲をいただいた
お世話になりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙水小屋、豆から挽いた珈琲をいただいた
お世話になりました
1
最終日、おはようございます
早く下山して酒が飲みたいので、1時半起きで行動開始
2020年09月21日 06:01撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終日、おはようございます
早く下山して酒が飲みたいので、1時半起きで行動開始
山頂!4日間お疲れ様
2020年09月21日 07:49撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂!4日間お疲れ様
1
鋸岳と北ア方面
2020年09月21日 07:23撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳と北ア方面
大☆天☆空
2020年09月21日 07:10撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大☆天☆空
1
黒戸尾根のアスレチックを降りる
4時間のタイムリミット付き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒戸尾根のアスレチックを降りる
4時間のタイムリミット付き
1
横手駒ケ岳神社へは癒しの森を駆け下りる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横手駒ケ岳神社へは癒しの森を駆け下りる
下山後の油物は至高
お疲れ様でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後の油物は至高
お疲れ様でした

感想/記録

 毎年恒例の秋連休山行、今年は北海道のk氏も加わりフルメンバーで実施。行き先は色々検討したが、天気とメンバーの今年の山行状況を鑑み、それほどキツくない南ア北部に決定。皆で有休を合わせて取得し、長旅の始まりだ。

1日目
 1時半起床、5時に皆をピックアップ。コロナのせいで顔を合わせるのは冬の北海道遠征以来か。中央道を飛ばして、吉野家で朝食を済ませ、夜叉神へ。平日だからか車の入りは3割ほど。
 どんよりした空の元、気持ち良い樹林帯をひたすら歩く。おしゃべり(メンバーの恋愛相談)してたらあっという間に小屋に着いた。何とか雨に打たれずに済んだ。今回はテント大に3人、テント小に私1人の、2張りスタイル。h氏プロデュースの味噌ラーメンを食べ、ウィスキーで晩酌し、就寝。

2日目
 4時頃に起床したが、雨が強い。雨脚が弱まるまでうつらうつらし、予定より大幅に遅れて出発。明日も天気が微妙なので、今日は早川尾根小屋までとし、3泊4日行程にすることに決定。
 少し歩くと気持ち良い稜線に出て、9時ごろからは予報通り晴れてきた。d氏のURのおかげか。南ア北部の山々を一望できて、k氏に遠路遥々出向いてもらった甲斐が有って良かった。昼過ぎには小屋に到着し、濡れた装備やテントを乾かしながら、優雅な一時を過ごす。夕食はh氏お手製のグリーンカレー。めちゃくちゃ美味しかった。昨日に引き続きウィスキーで晩酌し、小屋にいらっしゃった元小屋番の方に山小屋事情のお話を聞かせていただき、20時に就寝。小屋は立て付けが悪く、ほぼ外気温と同じと思われる。

3日目
 5時半にナチュラルゲットアップ。雨が弱くなるタイミングを待って出発したが、出発後に雨脚が強まって辛かった。この日は宇多田ヒカルごっこをするのと甲斐駒ケ岳を見るため、かなりの時間山頂待機した。アサヨ峰では雨が止まず、mont-bellのレインダンサーを着てレインダンスを踊っている変人がいた。諦めて出発したが、栗沢山でポケGOやりながら(softbankでも電波4G)待っていると、いい感じのガスになった。宇多田ヒカルのMVを完璧に再現し、ミッション完遂。仙水小屋では、昨日も一緒だった元小屋番の方が珈琲を恵んでくださった。私は雨に打たれすぎて体調がやや優れず、質素な晩飯を済ませて18時半には就寝。歩行時間が短く身体疲労が少ないためか、イマイチよく眠れなかった。

4日目
 早く酒が飲みたいので1時半起床、3時発。途中でヘッドライトが故障するも、h氏のcarry the sunを借りてその場を凌ぐ。今日は曇っているが、甲斐駒ケ岳がかっこよく見える。漢なので直登コースで山頂へ、4日間お疲れ様。嬉しさもひとしお。初めて来たが、眺めが良い山だ。
 山頂でゆっくりした後、七丈小屋でタクシーの予約の電話をした。普通に下っていると予約時間に間に合わなさそうになったので、ダッシュした。男4人でダッシュしていると、アラサーなのに何度も大学生に間違われた。大人の風格を出すのに何が足りないのか議論しながら歩いていると、無事に到着。1時間タクシーにめちゃくちゃ揺られて、ゴール。温泉、食事を済ませる。温泉でk氏の落としたカメラを、車で追跡してわざわざ届けてくれた地元の方には深く感謝申し上げます。その後は、ボロホテルへチェックインして夜の街へ。朝1時半から行動しているので、酒がめちゃくちゃ染みた。日付が変わる前まで飲んで、気絶するように寝た。翌日はほったらかし温泉に行き、再びカツカレーを食べ、軽い渋滞に巻き込まれて解散。

 かつてないほどゆったりとした山行だったが、体力も気持ちも余裕があって楽しかった。熱い山行ももちろん良いが、のんびりしたのも良い。山の楽しみ方は色々だ。また行きましょう。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:93人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ