また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2618859 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 北陸

新穂高から水晶・赤牛・鷲羽日帰り

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年09月30日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
水晶~赤牛はルートがちょっとわかりにくい箇所あり。
過去天気図(気象庁) 2020年09月の天気図 [pdf]

写真

ヘッデンつけて新穂高をスタート。
2020年09月30日 00:03撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘッデンつけて新穂高をスタート。
双六小屋とオリオン座。
2020年09月30日 03:39撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋とオリオン座。
三俣峠で空が白み始める。
2020年09月30日 04:52撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣峠で空が白み始める。
色づく黒部源流。
2020年09月30日 05:28撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色づく黒部源流。
モルゲン三俣蓮華。
2020年09月30日 05:52撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モルゲン三俣蓮華。
霜サクサク。
2020年09月30日 06:11撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霜サクサク。
まずは、秋めく水晶岳を目指す。
2020年09月30日 06:47撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは、秋めく水晶岳を目指す。
富山市最高峰、水晶岳。
すでにかなりの満足感です。
2020年09月30日 07:08撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富山市最高峰、水晶岳。
すでにかなりの満足感です。
豆大福にてエネルギー補給。
2020年09月30日 07:14撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豆大福にてエネルギー補給。
目指す赤牛岳は、泣きたくなるほど遠い。
2020年09月30日 07:18撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す赤牛岳は、泣きたくなるほど遠い。
どこまでも続くアップダウン。
2020年09月30日 07:34撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこまでも続くアップダウン。
岳人の心揺さぶる稜線美。
2020年09月30日 07:49撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳人の心揺さぶる稜線美。
フワフワ揺れる。
2020年09月30日 08:22撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フワフワ揺れる。
いくつのもアップダウンを繰り返し、ようやく赤牛岳をロックオン。
2020年09月30日 08:39撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくつのもアップダウンを繰り返し、ようやく赤牛岳をロックオン。
ついに念願の赤牛岳に登頂。
感無量です。
2020年09月30日 08:55撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに念願の赤牛岳に登頂。
感無量です。
五色ヶ原、立山・剱、黒部湖、後立山連峰の位置関係がよくわかる眺めです。
2020年09月30日 08:55撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五色ヶ原、立山・剱、黒部湖、後立山連峰の位置関係がよくわかる眺めです。
やっぱり巨大で優美な薬師岳。
2020年09月30日 08:55撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり巨大で優美な薬師岳。
山頂でご一緒した方に撮って頂きました。
手に持っているのは...
2020年09月30日 09:01撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂でご一緒した方に撮って頂きました。
手に持っているのは...
もちろん、赤牛岳だけに「レッドブル」。
これがやりたいがために、はるばるここまで来たといっても過言ではありません。
2020年09月30日 09:04撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もちろん、赤牛岳だけに「レッドブル」。
これがやりたいがために、はるばるここまで来たといっても過言ではありません。
さて、眺めを堪能して水晶岳に戻ります。
ナナカマドが綺麗でした。
2020年09月30日 09:44撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、眺めを堪能して水晶岳に戻ります。
ナナカマドが綺麗でした。
ラスボス感半端ない水晶岳。
2020年09月30日 10:27撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラスボス感半端ない水晶岳。
ここの登り返しが、核心部のひとつでした。
なかなか、足が上がりません。
2020年09月30日 10:44撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの登り返しが、核心部のひとつでした。
なかなか、足が上がりません。
そして再び、水晶岳。
2020年09月30日 10:53撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして再び、水晶岳。
次に目指す鷲羽岳の遠さに、目眩がしそうです。
2020年09月30日 10:57撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次に目指す鷲羽岳の遠さに、目眩がしそうです。
秋色の野口五郎岳と営業を終えた水晶小屋。
2020年09月30日 11:16撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋色の野口五郎岳と営業を終えた水晶小屋。
懸命に生きるイワツメクサ。
2020年09月30日 11:42撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
懸命に生きるイワツメクサ。
燃えるようなツツジレッド。
2020年09月30日 11:46撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燃えるようなツツジレッド。
自分を奮い立たせて、鷲羽岳を目指します。
2020年09月30日 11:49撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分を奮い立たせて、鷲羽岳を目指します。
そして鷲羽岳。
もうかなりの疲労困憊ぶりです。
2020年09月30日 12:08撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして鷲羽岳。
もうかなりの疲労困憊ぶりです。
ヤリ様と鷲羽池は、ご褒美感満載の絶景。
2020年09月30日 12:16撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤリ様と鷲羽池は、ご褒美感満載の絶景。
鷲羽岳からガツンと下り、三俣峠までガツンと登り返します。
ここも辛いところ。
2020年09月30日 12:29撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽岳からガツンと下り、三俣峠までガツンと登り返します。
ここも辛いところ。
三俣山荘を過ぎ、三俣峠の手前から鷲羽岳を振り返る。
いつ見ても、セクシーな山容です。
2020年09月30日 12:53撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣山荘を過ぎ、三俣峠の手前から鷲羽岳を振り返る。
いつ見ても、セクシーな山容です。
巻き道から双六小屋へと向かいます。
ヤリ様が、次第に隠れてゆく...
2020年09月30日 13:15撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き道から双六小屋へと向かいます。
ヤリ様が、次第に隠れてゆく...
さよなら、鷲羽岳。
2020年09月30日 13:26撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さよなら、鷲羽岳。
双六小屋に着く頃には、ガスで真っ白。
2020年09月30日 14:04撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋に着く頃には、ガスで真っ白。
鏡池も真っ白。
2020年09月30日 15:10撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡池も真っ白。
岩ゴロゴロの小池新道を、駆け降ります。
2020年09月30日 15:12撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩ゴロゴロの小池新道を、駆け降ります。
そして新穂高に戻る。
身体がバキバキと鳴りそうな、未体験の疲労感です。
お疲れ様でした。
2020年09月30日 17:07撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして新穂高に戻る。
身体がバキバキと鳴りそうな、未体験の疲労感です。
お疲れ様でした。

感想/記録
by kakehi

北アルプス最果ての山、赤牛岳に日帰りチャレンジしてきました。
水晶岳から眺める孤高の赤牛岳は、ぱっと見かなり遠そうですが、実際に歩くと本当に痺れるほど遠く、何度も心折れそうになりました。
それでも念願のレッドブル討伐を成し遂げて、達成感と疲労感と恍惚感にまみれた、思い出深い山行となりました。
ただ、次回は泊まりで、読売新道をのんびり歩きたいと思います...😅
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:399人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ