また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2651200 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

【北アルプス】岳沢から奥穂高岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年10月15日(木) ~ 2020年10月16日(金)
メンバー
天候晴れ(朝のうちは山に雲がかかっていた)
アクセス
利用交通機関
バス
【行き】バスタ新宿22:25~さわやか信州号~5:20上高地BT
【帰り】上高地BT 15:00~さわやか信州号~19:47バスタ新宿
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
6時間53分
休憩
43分
合計
7時間36分
穂高岳山荘06:3407:29ザイテングラート07:4208:02パノラマ分岐08:33涸沢08:3408:36涸沢ヒュッテ08:4909:11Sガレ09:25大崩落地10:01本谷橋10:37横尾岩小屋跡10:54横尾10:5611:38新村橋12:00徳澤園12:03徳沢公衆トイレ12:43徳本口12:48明神館12:5213:29小梨平13:3013:51河童橋13:5914:00無料トイレ14:0114:10上高地バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
まだ雪は降らず雨の影響もなく乾いていて快適な登山道
その他周辺情報今年は小梨平もアルペンホテルも日帰り入浴はやっていないのですぐバスに乗る
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ

写真

上高地BTを出発する。
2020年10月15日 05:41撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地BTを出発する。
河童橋。岳沢上部は雲がかかっている。
2020年10月15日 05:45撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋。岳沢上部は雲がかかっている。
岳沢登山口につく。
2020年10月15日 05:58撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳沢登山口につく。
登る途中から六百山あたり。
2020年10月15日 06:27撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登る途中から六百山あたり。
西穂から奥穂への稜線に朝日があたっている。
2020年10月15日 06:48撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂から奥穂への稜線に朝日があたっている。
1
岳沢小屋で少し休憩。
2020年10月15日 08:12撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳沢小屋で少し休憩。
1
奥穂・西穂の稜線。正面にジャンダルム
2020年10月15日 08:31撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂・西穂の稜線。正面にジャンダルム
2
はしごが出てきた。
2020年10月15日 08:58撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はしごが出てきた。
カモシカの立場。
2020年10月15日 09:21撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カモシカの立場。
また、はしご。素手だと金属の梯子は冷たかった。
2020年10月15日 09:35撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また、はしご。素手だと金属の梯子は冷たかった。
雷鳥広場。奥にロバの耳、ジャンダルムが見える。
2020年10月15日 10:53撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥広場。奥にロバの耳、ジャンダルムが見える。
喜美子平。ここで考えたが今日は前穂はパスする。
2020年10月15日 11:19撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
喜美子平。ここで考えたが今日は前穂はパスする。
奥穂から西穂の稜線。朝の雲がかかっていたのが嘘のように晴れている。
2020年10月15日 11:48撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂から西穂の稜線。朝の雲がかかっていたのが嘘のように晴れている。
奥穂高岳はここからがいい。
2020年10月15日 11:49撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高岳はここからがいい。
2
つり尾根最低コル。
2020年10月15日 12:06撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つり尾根最低コル。
2
しだいに奥穂が近づいてくる。
2020年10月15日 12:17撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しだいに奥穂が近づいてくる。
岳沢から梓川を見下ろす。
2020年10月15日 12:33撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳沢から梓川を見下ろす。
2
こちらは涸沢側。涸沢ヒュッテ、涸沢小屋が見える。
2020年10月15日 12:41撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは涸沢側。涸沢ヒュッテ、涸沢小屋が見える。
1
振り返ると吊尾根から前穂と北尾根。
2020年10月15日 12:44撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると吊尾根から前穂と北尾根。
1
奥穂までもう少し。
2020年10月15日 12:50撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂までもう少し。
2
雲が動いている。上空は風が強い。
2020年10月15日 13:01撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が動いている。上空は風が強い。
1
南陵の頭。ここを登ってきた人に会った。
2020年10月15日 13:42撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南陵の頭。ここを登ってきた人に会った。
1
山頂の社と展望台が見えてきた。
2020年10月15日 13:49撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の社と展望台が見えてきた。
1
槍に続く稜線が見えた。
2020年10月15日 13:53撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍に続く稜線が見えた。
1
奥穂高岳山頂。
2020年10月15日 13:55撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高岳山頂。
1
山頂の写真。
2020年10月15日 13:57撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の写真。
3
ジャンダルム。ここは雲が似合うと思う。
2020年10月15日 13:59撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルム。ここは雲が似合うと思う。
2
穂高岳山荘についた。今日はここまで。
2020年10月15日 14:58撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘についた。今日はここまで。
朝日が昇ってきた。雲が赤く染まる。
2020年10月16日 05:51撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日が昇ってきた。雲が赤く染まる。
2
小屋の窓から笠ヶ岳。
2020年10月16日 06:14撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の窓から笠ヶ岳。
小屋を後に下山にかかる。
2020年10月16日 06:31撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋を後に下山にかかる。
涸沢カールを上から見おろす。
2020年10月16日 06:35撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢カールを上から見おろす。
涸沢槍と青空、白い雲が流れる。
2020年10月16日 07:39撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢槍と青空、白い雲が流れる。
1
奥穂高岳。
2020年10月16日 08:06撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高岳。
ナナカマドの向こうに北穂高岳。
2020年10月16日 08:29撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドの向こうに北穂高岳。
2
涸沢を囲む山々。
2020年10月16日 08:33撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢を囲む山々。
冬支度を始めた涸沢ヒュッテを過ぎ横尾に向かう。
2020年10月16日 08:44撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬支度を始めた涸沢ヒュッテを過ぎ横尾に向かう。
2
涸沢の分岐。
2020年10月16日 08:52撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢の分岐。
奥穂がまだ、見えている。
2020年10月16日 08:56撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂がまだ、見えている。
横尾本谷。
2020年10月16日 09:32撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾本谷。
1
本谷橋は仮橋になっていた。
2020年10月16日 09:58撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷橋は仮橋になっていた。
紅葉のモミジのうえに屏風岩。
2020年10月16日 10:09撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉のモミジのうえに屏風岩。
3
横尾への道を歩く。
2020年10月16日 10:15撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾への道を歩く。
横尾大橋についた。
2020年10月16日 10:51撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾大橋についた。
又白谷出合。
2020年10月16日 11:21撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
又白谷出合。
徳沢小屋が見えた。ここでカレーを食べる。
2020年10月16日 11:48撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳沢小屋が見えた。ここでカレーを食べる。
明神の小屋まで来た。
2020年10月16日 12:48撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神の小屋まで来た。
河童橋は観光客が多い。
2020年10月16日 13:47撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋は観光客が多い。
雲一つない穂高の稜線。
2020年10月16日 14:00撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲一つない穂高の稜線。
バスターミナルについた。
2020年10月16日 14:19撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスターミナルについた。

感想/記録

 今年は、山もコロナの影響で早じまいするみたい。いつもは11月初めの雪が降ったころに穂高岳に行くのだけど10月中旬に登ることにした。でもできるだけ混雑を避けて平日に予定したが、雪が降った後より登山者は多かったと思う。
 天気予報は曇りから雨の予報だったが朝のうちこそ山に雲がかかっていたが登り始めると雲が消えて青空になった。暑くもなく快適な気候でよかった。ただ、今年は8月に西穂、焼に登って以来山歩きしていなかったので体力的につらかった。会社もほとんど在宅で歩く機会も少なく力不足を感じた。喜美子平で前穂をやめてそのまま奥穂へと向かった。快適な稜線歩きだが今回は腰も痛いし、足も痛いのでゆっくり登る。岩場を登り奥穂山頂にやっと着いたという感じだった。あとは小屋までの登りなれた道だが雪があるときのほうが楽だと思った。
 二日目、日の出は蝶が岳の上の雲の間から出てきた。雲が赤く染まる。下山にかかる、しだいに雲はなくなり、ザイテングラードの末端当たりでは、空は青空になっていた。周囲を屏風の頭、前穂、奥穂、涸沢岳、北穂と囲まれ槍沢の向こうに常念岳、蝶が岳と山に囲まれた涸沢はほんとにいいところだ。もったいないのでゆっくり降る。途中から涸沢の真ん中を降るパノラマコースで降る。涸沢ヒュッテのテラスでしばらく休憩する。冬支度を始めた涸沢ヒュッテをあとに横尾に向かう。秋の気配濃厚だがナナカマドの赤い実が見えない。今年はどうしたのかと思う。本谷橋は仮橋になっていた。ここから横尾本谷沿い屏風岩を対岸に見る登山道。この道は結構好きな道だ。予約したバスの時間があるのでそのまま徳澤に向かう。おなかがすいたので徳澤小屋でカレーライスを食べる。うまかった。あとは明神をすぎ河童橋まで休まずに進む。バスまで50分ほど待って帰宅の途についた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:398人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ