また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2759480 全員に公開 雪山ハイキング 槍・穂高・乗鞍

燕〜北燕(中房閉鎖前)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年11月24日(火) [日帰り]
メンバー
天候終日ほぼ快晴、ほぼ無風。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝6時半過ぎの時点で第1Pが10数台、第2Pが数台、第3Pは駐車なし。閑散期の平日なのでさすがに少なかったです。

中房温泉への道路は12/1 15時をもって冬期通行止めに入ります。
以降来年の4/23 正午までは中房温泉の12km手前の宮城ゲート(安曇野市穂高有明)から徒歩でアプローチすることになります。通常は5時間程度、早くても3時間台、降雪直後なら中房へのアプローチだけで1日仕事になると思われます。
https://www.pref.nagano.lg.jp/azumiken/doro/doro.html#%E2%97%8F%E5%86%AC%E6%9C%9F%E9%80%9A%E8%A1%8C%E6%AD%A2%E7%AE%87%E6%89%80%E2%97%8F

燕山荘、合戦小屋は11/22で営業終了。中房温泉第1Pのトイレ、登山口前のトイレ、合戦小屋のトイレも本日11/24午前で終了。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間38分
休憩
2時間42分
合計
8時間20分
S中房温泉第1駐車場07:0107:14中房温泉登山口07:45第1ベンチ07:4808:04第2ベンチ08:1008:31第3ベンチ08:4008:55富士見ベンチ09:0509:25合戦小屋09:4209:49合戦山09:5710:23ベンチ10:34燕山荘10:4410:48いるか岩11:02めがね岩11:0711:08燕岳11:2111:30北燕岳11:4011:49燕岳11:5812:03めがね岩12:14いるか岩12:21燕山荘13:1013:20ベンチ13:33合戦山13:3813:45合戦小屋13:4813:59富士見ベンチ14:0414:18第3ベンチ14:36第2ベンチ14:51第1ベンチ15:12中房温泉登山口15:21中房温泉第1駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
第3ベンチくらいまでは著明な凍結なし。その先はチラホラ。合戦小屋前は凍結していましたが、合戦沢の頭(2488.2m三角点)あたりまでは滑り止めを使用しませんでした。
その上は積雪もそこそこあるので滑り止めを使用するのが無難かと。
稜線上は吹き溜まりと日陰以外ほとんど雪なし。
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス ツェルト ストック カメラ

写真

駐車場から見える稜線。しっかり霧氷。
2020年11月24日 07:01撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から見える稜線。しっかり霧氷。
1
最初からこの看板。この手厚さはやはり多くの登山者がくるからなのか。
2020年11月24日 15:11撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初からこの看板。この手厚さはやはり多くの登山者がくるからなのか。
霧氷の中を歩く。
2020年11月24日 07:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷の中を歩く。
2
素晴らしいコントラスト。
2020年11月24日 07:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしいコントラスト。
5
向かいの有明山をシルエットに。
2020年11月24日 07:35撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かいの有明山をシルエットに。
2
樹林の間から見える山々。富士尾山などの安曇平の里山、そして向こうは八ツですね。
2020年11月24日 08:39撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林の間から見える山々。富士尾山などの安曇平の里山、そして向こうは八ツですね。
4
つららつらなる
2020年11月24日 08:55撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つららつらなる
2
合戦小屋。既に小屋締め後ですが、スタッフさんが後片付けしていて、午前中はトイレを使用できました。
2020年11月24日 09:25撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合戦小屋。既に小屋締め後ですが、スタッフさんが後片付けしていて、午前中はトイレを使用できました。
合戦小屋の上からは眺望がひらけて槍さんが顔を出します。
2020年11月24日 10:07撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合戦小屋の上からは眺望がひらけて槍さんが顔を出します。
5
合戦沢の頭から燕山荘ってこんなに近かったっけ?
2020年11月24日 10:09撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合戦沢の頭から燕山荘ってこんなに近かったっけ?
1
プチプチ雪崩。
2020年11月24日 10:23撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プチプチ雪崩。
1
燕山荘と北燕方面の稜線。
2020年11月24日 10:23撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘と北燕方面の稜線。
2
山荘まであと少し!
2020年11月24日 10:32撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘まであと少し!
小屋からすぐ燕岳へ。以前登った時の記憶は全く無く、イルカ岩は伝え聞くばかりでしたが、本当にイルカだ。。。
2020年11月24日 10:49撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋からすぐ燕岳へ。以前登った時の記憶は全く無く、イルカ岩は伝え聞くばかりでしたが、本当にイルカだ。。。
5
もちろんメガネ岩を実物で見たのは実質初めて。
2020年11月24日 11:03撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もちろんメガネ岩を実物で見たのは実質初めて。
2
燕、北燕の常念山脈末端と後立山の。。。烏帽子、蓮華、爺かな?
2020年11月24日 11:14撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕、北燕の常念山脈末端と後立山の。。。烏帽子、蓮華、爺かな?
2
実に23年ぶりの燕ピーク。多くの人に愛されるお山であちこちに情報を見かけるもんですから、まるっきり久々に登った気がしません。
2020年11月24日 11:15撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
実に23年ぶりの燕ピーク。多くの人に愛されるお山であちこちに情報を見かけるもんですから、まるっきり久々に登った気がしません。
5
穂高から立山まで一望。どれが何山だかわからなくても、素晴らしい景色であることは一目瞭然。
2020年11月24日 11:35撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高から立山まで一望。どれが何山だかわからなくても、素晴らしい景色であることは一目瞭然。
4
北燕。山頂道標はありませんが後立山から立山連峰、北信の山々まで一望です。
2020年11月24日 11:36撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北燕。山頂道標はありませんが後立山から立山連峰、北信の山々まで一望です。
5
北燕から燕
2020年11月24日 11:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北燕から燕
2
燕山荘に戻ってきて一休み。この像は山男っていうんだって?23年前はテン泊だったので通っているはずなのですが見た記憶がないしそもそもそのときにあったのかどうか。。。
2020年11月24日 12:22撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘に戻ってきて一休み。この像は山男っていうんだって?23年前はテン泊だったので通っているはずなのですが見た記憶がないしそもそもそのときにあったのかどうか。。。
2
ホワイトガソリンでのMSR Dragonflyで昼飯の準備。冬山に向けてそろそろ動かし始めます。ホワイトガソリンだけではなく、自動車用の無鉛ガソリン、軽油、灯油、ジェット燃料と、マルチに対応している極めて優秀なユーティリティ性、液体燃料火器としてはホエーブスよりも遥かに扱いが楽な点など、冬山で使用するには非常に有能な火器ですが、気体燃料に比べれば少しシビアです。予熱が足りないと結構不完全燃焼します。また、ヘッドがややかさばるのも欠点の一つです。
2020年11月24日 12:38撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホワイトガソリンでのMSR Dragonflyで昼飯の準備。冬山に向けてそろそろ動かし始めます。ホワイトガソリンだけではなく、自動車用の無鉛ガソリン、軽油、灯油、ジェット燃料と、マルチに対応している極めて優秀なユーティリティ性、液体燃料火器としてはホエーブスよりも遥かに扱いが楽な点など、冬山で使用するには非常に有能な火器ですが、気体燃料に比べれば少しシビアです。予熱が足りないと結構不完全燃焼します。また、ヘッドがややかさばるのも欠点の一つです。
2
昼飯はおでん。
2020年11月24日 12:46撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼飯はおでん。
2
デザート。
2020年11月24日 12:55撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デザート。
1
この看板は以前も見た覚えがある。。。恐らくは掛けかえたんだと思うけど。。。
2020年11月24日 13:11撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この看板は以前も見た覚えがある。。。恐らくは掛けかえたんだと思うけど。。。
下っていきます。雪は柔らかいのでサクサク快適。
2020年11月24日 13:31撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下っていきます。雪は柔らかいのでサクサク快適。
中央が富士山、左が南ア、右が中ア。
2020年11月24日 13:35撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央が富士山、左が南ア、右が中ア。
2
合戦小屋の下の霧氷はあまり溶けておらず。こうして冬に入っていくんだろうなあ。
2020年11月24日 14:48撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合戦小屋の下の霧氷はあまり溶けておらず。こうして冬に入っていくんだろうなあ。
無事下山。ベンチや鎖場の設置など、本当に手厚いお山でした。
2020年11月24日 15:10撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山。ベンチや鎖場の設置など、本当に手厚いお山でした。

感想/記録
by motch

先の3連休で燕山荘も無雪期の営業を終了し、静かになったであろうことを予想して燕岳へ登りました。1997年9月以来、実に23年ぶりのこと。

珍しく写真(をデータ化した)記録が残っていたので、当時の写真を見てみますと、まずはもちろん23年分フケました笑
しかし、花崗岩で構成されたその独特の白い山容は特段変わった様子はありません。
山の歴史から鑑みれば、23年など実にちっぽけなものだと思わされます。

そのちっぽけな私も23年前は一層ちっぽけだったのでしょう、残念ながら23年前に何を思い、何を見たのか、殆ど覚えていませんでした。強いて言うなら「北アルプス三大急登」と言われる合戦尾根に対して拍子抜けしたということくらいです。
この拍子抜け、というのは「急登」と称されたことに対する感想ですが、実際には燕山荘の皆さんを始めとした関係各位の努力によって整備されているコースによるものが大きいと思います。この点は今回久々に登ってみて実感しました。

そこで、「北アルプス三大急登」はどの程度急登なのかについてを日記で考察しました。この合戦尾根(中房温泉〜燕山荘)、ブナ立尾根(高瀬ダム奥尾根取り付き〜烏帽子小屋)、早月尾根(馬場島〜別山尾根分岐)を比較すると、合戦尾根はブナ立尾根に比べると傾斜がゆるく、早月尾根と比べると距離が短いですが、逆を言えばブナ立尾根より距離が長く、早月尾根より傾斜が急であるわけです。
したがって、体力的には決して容易な尾根登山道ではないわけですが、他の2つの尾根と比してやはりコースが整備されているのは大きな相違点でしょう。
その点から、この急登が多くの登山者に愛されるのは山そのものの魅力に加えて、やはり前述の通り関係者の登山道の整備の賜物であると感服いたします。

【急登は本当に急登なのか】
https://www.yamareco.com/modules/diary/19423-detail-225026
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:221人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ