また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 289550 全員に公開 雪山ハイキング白馬・鹿島槍・五竜

唐松岳プチ遭難体験

日程 2013年04月28日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴天なれど強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八方駐車場500円、ゴンドラすぐ横
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

5:20注駐車場到着ー8:50ゴンドラ強風のため運行待ちー9:45リフトでうさぎ平へ
10:50登山開始ー15:40唐松岳頂上ー17:30下山開始ーリフト駅19:00ー駐車場3:30
コース状況/
危険箇所等
ゴンドラ強風のため始発時間確定せず
丸山ケルンから先が強風地吹雪
唐松山荘は宿泊者のみの食事提供
過去天気図(気象庁) 2013年04月の天気図 [pdf]

写真

2時の予定が仕事の都合で5時です
2013年04月28日 04:58撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2時の予定が仕事の都合で5時です
朝日が登ります。本当は頂上付近で撮りたい絵だったんですがね
2013年04月28日 06:05撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日が登ります。本当は頂上付近で撮りたい絵だったんですがね
2
7時20分、ぼちぼち人がチケット売り場に並び始めました
2013年04月28日 07:23撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7時20分、ぼちぼち人がチケット売り場に並び始めました
1
数人並ぶとぞろぞろと・・
2013年04月28日 07:28撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数人並ぶとぞろぞろと・・
2
おやおや・・どこにこんなにもの人がいたんだろ
2013年04月28日 07:28撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おやおや・・どこにこんなにもの人がいたんだろ
はい!ゲレンデ注目。あの左端を直登します。
2013年04月28日 07:51撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい!ゲレンデ注目。あの左端を直登します。
4
まるでお祭りですなぁ。そして広いゲレンデです
2013年04月28日 07:51撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まるでお祭りですなぁ。そして広いゲレンデです
1
このゲレンデ見ながら「もし、下っても楽勝」が大間違いでした
2013年04月28日 08:57撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このゲレンデ見ながら「もし、下っても楽勝」が大間違いでした
1
ふふふ・・ハイキングコース・・(大馬鹿野郎です)
2013年04月28日 08:57撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふふふ・・ハイキングコース・・(大馬鹿野郎です)
1
ゴルフ場でもできそうやなぁ・・
このゲレンデの景色が、取り返しのつかないことに・・
2013年04月28日 08:57撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルフ場でもできそうやなぁ・・
このゲレンデの景色が、取り返しのつかないことに・・
1
おお!!きれいな山並みに桜。ええど、ええど。
お気楽野郎です。
2013年04月28日 08:58撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお!!きれいな山並みに桜。ええど、ええど。
お気楽野郎です。
1
ぞくぞくとスキーヤーが・・山屋はすくないですね。にしても雑草のハイキングやな
2013年04月28日 08:58撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぞくぞくとスキーヤーが・・山屋はすくないですね。にしても雑草のハイキングやな
1
さぁ、これです。95%の平原と5%の雑木さらに撮影してませんがこの横に熊笹、倒木の景色が広がってます。
2013年04月28日 08:58撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、これです。95%の平原と5%の雑木さらに撮影してませんがこの横に熊笹、倒木の景色が広がってます。
白馬・・いいっすね
2013年04月28日 09:03撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬・・いいっすね
12
このあたりから雪が・・このリフトの下を歩くことになるのですが・・
2013年04月28日 09:13撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりから雪が・・このリフトの下を歩くことになるのですが・・
1
リフトの乗り継ぎです
2013年04月28日 09:13撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフトの乗り継ぎです
1
まずまずの天気でしょ?
2013年04月28日 09:19撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずまずの天気でしょ?
4
広いゲレンデ♭
2013年04月28日 09:19撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広いゲレンデ♭
2
冬ッ!ですな。雪質は粗いようですが
2013年04月28日 09:19撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬ッ!ですな。雪質は粗いようですが
1
八方池山荘の正面に見える景色です
2013年04月28日 10:07撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池山荘の正面に見える景色です
1
身支度中の山屋さんご一行(^^)
アイゼン装着、日焼けどめヌリヌリポール装着!
エヴァ初号機発進!(二号機はピッケルです)
夜にここでお世話になるとは夢にも思ってません
2013年04月28日 10:07撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
身支度中の山屋さんご一行(^^)
アイゼン装着、日焼けどめヌリヌリポール装着!
エヴァ初号機発進!(二号機はピッケルです)
夜にここでお世話になるとは夢にも思ってません
5
グレートクワットの降り口です。この左横を下っていくのですが・・
2013年04月28日 10:07撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グレートクワットの降り口です。この左横を下っていくのですが・・
1
おお、三兄弟が・・きれいです
2013年04月28日 10:14撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお、三兄弟が・・きれいです
18
八方ケルンかな?後ろ・・イスラムの礼拝みたいですなぁ(ごめんなさい)
2013年04月28日 10:46撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方ケルンかな?後ろ・・イスラムの礼拝みたいですなぁ(ごめんなさい)
21
続々とピーク目指します。
2013年04月28日 10:54撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続々とピーク目指します。
6
ええど、ええど!
2013年04月28日 10:54撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ええど、ええど!
3
白馬・・「いるかに乗った少年」ってあったけど、白馬に乗った中年になりたい!!なんてあほなこと考えてま。
2013年04月28日 10:55撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬・・「いるかに乗った少年」ってあったけど、白馬に乗った中年になりたい!!なんてあほなこと考えてま。
3
稜線歩きたくなりますなぁ・・しかし、あそこで雪崩事故がおきたのですね(合掌)
2013年04月28日 10:55撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線歩きたくなりますなぁ・・しかし、あそこで雪崩事故がおきたのですね(合掌)
7
トイレですが使用不可でした・
2013年04月28日 10:55撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレですが使用不可でした・
1
トイレ前から、「がんばれ!登山隊!」って、お前もがんばれよ(。。;
2013年04月28日 10:55撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレ前から、「がんばれ!登山隊!」って、お前もがんばれよ(。。;
6
スキー履いてしんどくないんかなぁ・・BCしないのでわかりません。右端にケルン見えます。尾根筋・・荒れてる!双眼鏡で確認。時間ずらしたほうがいいかも(どつぼ作戦でした)
2013年04月28日 10:55撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー履いてしんどくないんかなぁ・・BCしないのでわかりません。右端にケルン見えます。尾根筋・・荒れてる!双眼鏡で確認。時間ずらしたほうがいいかも(どつぼ作戦でした)
2
タタタ、タッタラー!ドラえもん新兵器ィー風速計(^^v 最大16.7m平均5.9m結構、風あるんです。
2013年04月28日 10:57撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タタタ、タッタラー!ドラえもん新兵器ィー風速計(^^v 最大16.7m平均5.9m結構、風あるんです。
3
しばらくすると数値が上がります。最後は瞬間21mまであがりました。ここで尾根筋は30mからまさかの40m予想です(予想はええけど対処できてるんかいな、って話しですなぁ)
2013年04月28日 10:58撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくすると数値が上がります。最後は瞬間21mまであがりました。ここで尾根筋は30mからまさかの40m予想です(予想はええけど対処できてるんかいな、って話しですなぁ)
4
ザックの中身を見てます。これ、内心、反省してるんです(くそっ、ヘッデンはずしたがな・・替え下着もうワンセット欲しかったな・・ゴーグルは一つかぁ・・
2013年04月28日 11:02撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザックの中身を見てます。これ、内心、反省してるんです(くそっ、ヘッデンはずしたがな・・替え下着もうワンセット欲しかったな・・ゴーグルは一つかぁ・・
9
あの雲がとれません。いやな予感ーー
2013年04月28日 11:06撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの雲がとれません。いやな予感ーー
4
それにしても最高ですな。痴呆症になったら、あの尾根筋を徘徊したい(^^;;
2013年04月28日 11:06撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしても最高ですな。痴呆症になったら、あの尾根筋を徘徊したい(^^;;
6
双眼鏡で大雪渓を確認します。
2013年04月28日 11:06撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双眼鏡で大雪渓を確認します。
3
あれ、笑顔のケルン♭
2013年04月28日 11:13撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれ、笑顔のケルン♭
1
ふむふむ・・なるほど
2013年04月28日 11:21撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふむふむ・・なるほど
アウターの下、半袖です。停まってると寒いですが動けば暑いのとちょっと実験の為に。周囲の方が驚いて「冬山の装備されたほうがいいですよ」と注意受けました。(^^;ありがとうございます
2013年04月28日 11:30撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アウターの下、半袖です。停まってると寒いですが動けば暑いのとちょっと実験の為に。周囲の方が驚いて「冬山の装備されたほうがいいですよ」と注意受けました。(^^;ありがとうございます
16
一応、プリンは撮影します。プッチンじゃないですが・・景色が豪華ですからプリンもプチ豪華!
2013年04月28日 11:39撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応、プリンは撮影します。プッチンじゃないですが・・景色が豪華ですからプリンもプチ豪華!
7
岩が顔を見せてます。普段の強風が想像されますね
2013年04月28日 11:54撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩が顔を見せてます。普段の強風が想像されますね
森林限界に近づきます。下山ここで幕営されてました。
2013年04月28日 11:54撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界に近づきます。下山ここで幕営されてました。
3
結構な角度です。
2013年04月28日 11:54撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構な角度です。
なんか帰りたくなくなります。会社休んで幕営したいですなぁ・・
2013年04月28日 12:16撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか帰りたくなくなります。会社休んで幕営したいですなぁ・・
5
小さなピークが続きます。この時点で反省。これ結構、ハードだぞ・・
2013年04月28日 12:16撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さなピークが続きます。この時点で反省。これ結構、ハードだぞ・・
6
ふふふ・・いい写真でしょ?これ実際はそんなに距離はなれてません。目の錯覚です
2013年04月28日 12:33撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふふふ・・いい写真でしょ?これ実際はそんなに距離はなれてません。目の錯覚です
11
もう、一発光をいれて・・いいかも
2013年04月28日 12:33撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう、一発光をいれて・・いいかも
5
丸山です。横の方は・・どなたでしょ(^^;
2013年04月28日 13:20撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山です。横の方は・・どなたでしょ(^^;
やばいなぁ・・雲とれないみたい
2013年04月28日 13:21撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やばいなぁ・・雲とれないみたい
2
ふふふ・・撮っていただきました。寒くないですね。0℃くらいかな?風あるんですよ、結構
2013年04月28日 13:21撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふふふ・・撮っていただきました。寒くないですね。0℃くらいかな?風あるんですよ、結構
11
ここでは荒れている尾根筋は想像できません
2013年04月28日 13:40撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでは荒れている尾根筋は想像できません
8
不帰って・・帰らずですなぁ・・ふふふ・・
2013年04月28日 13:40撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰って・・帰らずですなぁ・・ふふふ・・
3
ほぉー荒れてる♭ルンルンですなぁ、突っ込むぞう、ゴーゴー!!手前の人?だぁれ?
2013年04月28日 14:12撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぉー荒れてる♭ルンルンですなぁ、突っ込むぞう、ゴーゴー!!手前の人?だぁれ?
7
おや、雲がとれて・・回復傾向ですな
2013年04月28日 14:12撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おや、雲がとれて・・回復傾向ですな
8
そんなとこで準備するかぁ(笑)風強いです
2013年04月28日 14:12撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんなとこで準備するかぁ(笑)風強いです
6
いいなぁ。下は春なんですがね
2013年04月28日 14:12撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いいなぁ。下は春なんですがね
4
これも、雲がとれてすっきりです
2013年04月28日 14:12撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも、雲がとれてすっきりです
5
ですが、吹雪いてますね♭写真撮ってると風で体が動きます。
2013年04月28日 14:13撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ですが、吹雪いてますね♭写真撮ってると風で体が動きます。
17
むっ・・帰ってこられますなぁ
「わたしには無理です」とのコメントでした
2013年04月28日 14:13撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
むっ・・帰ってこられますなぁ
「わたしには無理です」とのコメントでした
13
またまた・・「すごいことになってる丸山で撤退しました」とのコメントでした。いちいちレポーターしてるから時間かかって(反省です)
2013年04月28日 14:13撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた・・「すごいことになってる丸山で撤退しました」とのコメントでした。いちいちレポーターしてるから時間かかって(反省です)
6
スキーできれば最高ですなぁ
2013年04月28日 14:13撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーできれば最高ですなぁ
11
これ滑走するって・・すごいですね
2013年04月28日 14:20撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これ滑走するって・・すごいですね
10
あれですね・・ふふふ・・いいかも。頑張れ登山隊!!
2013年04月28日 14:20撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれですね・・ふふふ・・いいかも。頑張れ登山隊!!
9
いいな、いいな!めちゃ、かっこええやん!負けるな!誰か知らんけど・・
2013年04月28日 14:20撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いいな、いいな!めちゃ、かっこええやん!負けるな!誰か知らんけど・・
16
おっ、ええど・ええど・・あそこ行くぞぅ!!ふふふ・・あのシャワーは顔痛いやろなぁ
2013年04月28日 14:21撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっ、ええど・ええど・・あそこ行くぞぅ!!ふふふ・・あのシャワーは顔痛いやろなぁ
6
うわぁー!かちょええ!
わたしもここ通って行ったのに・・写真撮ってくれへんやろかなぁ・・
2013年04月28日 14:21撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うわぁー!かちょええ!
わたしもここ通って行ったのに・・写真撮ってくれへんやろかなぁ・・
20
ありゃ?もう終わりかよ・・風強いのに雪煙なければ、わかりませんなぁ、強風は。
2013年04月28日 14:35撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありゃ?もう終わりかよ・・風強いのに雪煙なければ、わかりませんなぁ、強風は。
8
一瞬、静まります。が風は吹いてます。風速計は出す余裕ありません。ごめんなさい。
2013年04月28日 14:40撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬、静まります。が風は吹いてます。風速計は出す余裕ありません。ごめんなさい。
1
静けさに悪魔が潜みます。怖いよぅーー。耳元のピューとゴォーがうなってます。これ、犬が本気で噛み付く前の音ですなぁ・・お気楽野郎です。
2013年04月28日 14:43撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静けさに悪魔が潜みます。怖いよぅーー。耳元のピューとゴォーがうなってます。これ、犬が本気で噛み付く前の音ですなぁ・・お気楽野郎です。
5
えっさ。ほっさと登って・・岩場に隠れて瞬間強風を避けます。
2013年04月28日 14:43撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えっさ。ほっさと登って・・岩場に隠れて瞬間強風を避けます。
1
ほぇーーまだかよ・・この向こう越えて山荘と頂上への道が開けます。この岩への尾根筋で飛ばされそうになりました。
2013年04月28日 14:43撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぇーーまだかよ・・この向こう越えて山荘と頂上への道が開けます。この岩への尾根筋で飛ばされそうになりました。
1
越えてきました。ピークへのビクトリーロード全景。左下、小屋横で幕営する登山隊。唐松さん、お初です!ヨロピクね(^^)
2013年04月28日 14:49撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越えてきました。ピークへのビクトリーロード全景。左下、小屋横で幕営する登山隊。唐松さん、お初です!ヨロピクね(^^)
9
唐松小屋が見えて幕営されてるパーティが見えます。無風状態で最高です。
2013年04月28日 14:50撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松小屋が見えて幕営されてるパーティが見えます。無風状態で最高です。
7
勝者の道です。ラストスパート!
2013年04月28日 14:50撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勝者の道です。ラストスパート!
6
ピークへの登りです。これを登りきって60度はある急坂を最後に頂上です。
2013年04月28日 15:05撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークへの登りです。これを登りきって60度はある急坂を最後に頂上です。
2
もう、ちょっと・・小走りで行ってぶったおれそうになりました。
2013年04月28日 15:05撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう、ちょっと・・小走りで行ってぶったおれそうになりました。
ここまできたご褒美。エビ全開
2013年04月28日 15:09撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまできたご褒美。エビ全開
6
これで終わりと思えば、まだあります。それが60度をこえる5mほどの雪のかべ。あれ・・くずれたら・・多分、登れない。鎖でも隠れてるのかな?
2013年04月28日 15:09撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これで終わりと思えば、まだあります。それが60度をこえる5mほどの雪のかべ。あれ・・くずれたら・・多分、登れない。鎖でも隠れてるのかな?
3
ふふふ・・頂上は誰もいません
2013年04月28日 15:37撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふふふ・・頂上は誰もいません
17
まずは、お決まりのピースサイン
2013年04月28日 15:38撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは、お決まりのピースサイン
15
お隣様  不帰連なります。
2013年04月28日 15:39撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お隣様  不帰連なります。
3
ほ、ほぉー。みなさーん、お元気ですかぁー
2013年04月28日 15:39撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほ、ほぉー。みなさーん、お元気ですかぁー
ピークからしか見えない唐松さまのご近所衆です
2013年04月28日 15:39撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークからしか見えない唐松さまのご近所衆です
6
稜線歩きたくなりますなぁ。
2013年04月28日 15:39撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線歩きたくなりますなぁ。
15
あそこ・・お邪魔してもいいでしょうか・・夏ですな
2013年04月28日 15:39撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこ・・お邪魔してもいいでしょうか・・夏ですな
2
やったー!で、ポーズ撮り
2013年04月28日 15:40撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やったー!で、ポーズ撮り
11
ふふふ・・殿様気分。登山隊は明日登頂予定ですかな?このあと滑落停止訓練をしてました。
2013年04月28日 15:41撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふふふ・・殿様気分。登山隊は明日登頂予定ですかな?このあと滑落停止訓練をしてました。
1
山荘でしゃべりすぎました(猛反省)風が写りません。上から吹き降ろしてきてます。
2013年04月28日 17:26撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘でしゃべりすぎました(猛反省)風が写りません。上から吹き降ろしてきてます。
1
雪煙がかすかに写ってます。本日一番の強風です。
2013年04月28日 17:26撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪煙がかすかに写ってます。本日一番の強風です。
5
岩場で隠れて待機。さて、どうしたものか・・
2013年04月28日 17:26撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場で隠れて待機。さて、どうしたものか・・
1
引き返して・・宿泊するかな?
2013年04月28日 17:34撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引き返して・・宿泊するかな?
1
よし、三点確保で前進を決めました。この後、ピッケル差して20cmくらいずつ移動してやりすごします。脇から冷や汗が。多分25mは優にこえてる風ですから、よい子のみなさんは行かないように。行ったわたしが大馬鹿野郎でした
2013年04月28日 17:34撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よし、三点確保で前進を決めました。この後、ピッケル差して20cmくらいずつ移動してやりすごします。脇から冷や汗が。多分25mは優にこえてる風ですから、よい子のみなさんは行かないように。行ったわたしが大馬鹿野郎でした
11
風が写りません。とんでもない音が耳元でします
2013年04月28日 17:59撮影 by COOLPIX L26, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が写りません。とんでもない音が耳元でします
1
おお、夕日が・・って、これやばいでしょ
2013年04月28日 17:59撮影 by COOLPIX L26, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお、夕日が・・って、これやばいでしょ
5
でも、きれいですなぁ
2013年04月28日 18:00撮影 by COOLPIX L26, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも、きれいですなぁ
3
ふふふ・・見飽きない景色と光の移ろいです
2013年04月28日 18:00撮影 by COOLPIX L26, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふふふ・・見飽きない景色と光の移ろいです
1
おお、だんだんアーベントロートですか
2013年04月28日 18:03撮影 by COOLPIX L26, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお、だんだんアーベントロートですか
2
いやいや、いいですなぁ(夢中になってる場合やないやろが)
2013年04月28日 18:07撮影 by COOLPIX L26, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやいや、いいですなぁ(夢中になってる場合やないやろが)
なかなかの景色です
2013年04月28日 18:08撮影 by COOLPIX L26, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなかの景色です
おお、丸山さん夕暮れですよ
2013年04月28日 18:11撮影 by COOLPIX L26, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお、丸山さん夕暮れですよ
2
あの、鬼の角みたいなとこ、今度行こうかな(って遊んでる場合やないっつうの)
2013年04月28日 18:11撮影 by COOLPIX L26, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの、鬼の角みたいなとこ、今度行こうかな(って遊んでる場合やないっつうの)
4
はい、遊んだ代償です。とほほ・・すすむ前にザック下ろしてジョットボイルです。ふふふ・・珈琲がおいしいです。プチモンカフェゴールド、
2013年04月29日 00:46撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい、遊んだ代償です。とほほ・・すすむ前にザック下ろしてジョットボイルです。ふふふ・・珈琲がおいしいです。プチモンカフェゴールド、
2
立て位置撮影がいいかも・・懲りないおっさんです。これ、プチ遭難やっつうの!
2013年04月29日 00:46撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立て位置撮影がいいかも・・懲りないおっさんです。これ、プチ遭難やっつうの!
3
月待ちで食事です。夜間登山の経験で、これはこれで楽しむ覚悟を決めました。下山5時に設定。高度1350m多分1000mは下るでしょう。
2013年04月29日 01:26撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月待ちで食事です。夜間登山の経験で、これはこれで楽しむ覚悟を決めました。下山5時に設定。高度1350m多分1000mは下るでしょう。
5

感想/記録

前日、鶴瓶の会に行って食事してそのままスタート(予定狂いっぱなし)

本来なら2時までにはゴンドラ八方駅に突く予定が5時まえ。チケット売り場確認と

ともにトイレ拝借。売り場左横の階段を下ると開放してくれてます。

寝ていないのに500kmも走ってそのまま仮眠するも次々と到着して支度するスキー

ヤー、ボーダーの騒音にうつらうつらとして7時にザック点検。サクッと登ってサク

ッと大阪へ。で、ヘッデン・・いらないや(大ミス、あほんだらです)車にはほと

んどの装備が乗せてあります。まさか、鉈がいるとは(笑)いま思えばローブ・ハ

ーネスで下降体制で望めば楽勝下山でったんですがね。この時はお気楽山行想定で

す。

さて、準備整えて登山届け提出。すでにチケット売り場には十人近く並んでます。

始発八時ですが、どこから出てきたのかぞろぞろと見て入る間に行列が。お祭り騒

ぎのようです。

ところが7時半に「始発が強風の為出発がおくれます」とアナウンスが。仕方なく並

んでいると、八時すぎに待ちきれずに雑草のゲレンデを登攀するパーティが・・し

ばらくすると四人のグループも待ちきれずに登りはじめました。

しばらくすると係員が。みなさん大人しいですね。関東方面の方が多いからかし

ら。わたしは「どうなん?動けへんねんやったら、登るけど」というと、結構情報

をもってらして現況を説明してくれました。どうやらうさぎ平で猛烈な風が吹いて

ゴンドラが揺れているようです。ところが、ゲレンデ北側のリフトが動くとの事。

「そのリフトどこにあるん?」「歩いて10分くらいです」(早くいえよ)

この時点で9時すぎてます。

結局うさぎ平からリフトを乗り継いで八方池山荘に着き準備を整えたのが10時半。

晴天楽勝ムードでしたが登り初めると結構な風が吹いてます。

本日の登山は簡易風速計持参ですので、計ると瞬間風速26m平均20mの数値がでました。かなりやばいかも♭まだ2200mくらいですから・・

さらに今回は吸湿速乾の半袖にアウターだけの登りはじめ。快調です。動くと汗が

出ますが順調に速乾していきます。モンベルのアウターを愛用してますが脇の下に

ファスナーがあり、ここ全開で空気を出し入れ。体温、湿度がこもることなくいい

感じです。もちろん、最後までは無理(笑)八方池第三ケルンまえでアウター脱ぎ

ます。「あら、半袖で元気ですね」山ガールさんからお声が。その方に撮っていた

だきました。周囲の方から「冬装備しないで登るのは・・」とのご意見も頂戴しな

がらの撮影です(・・;

わたしは通常体温35.9度から36.1度で異常に手が熱いです。夏は自分の手が熱くて

困るほど。登山の教本などのように装備すると歩いているだけで汗だくになりま

す。そこで途中までは半袖にアウター(これ、わたし・・には・・合ってます。く

れぐれも真似は自己責任で)

ともあれ第三ケルンで、長袖シャツとフリースの冬装備に変更しました。なんや、

このオッサン冬装備を持っているんやという目つきで・・(ふふふ・・みんな心配

してくれて・・いい人が多いですね)

「これ、はじめて使うので・・」近くの方がアウターから帽子を出して頭にかぶれ

なくて困っておられました。「むっ?ストームですか」前のファスナーを上までき

っちりあげないとフードがうまくいきません。そんなこんなで時間が・・(^^;

写真撮って!「はいはい」「ここからだいぶありますか」「向こうはなんていう山

ですか」など、いつの間にか添乗員状態。まって・・わたし急がなければ・・

このあたりから耳に風の音が響きます。歩きながら前方を見ると丸山付近から強烈

な雪煙が吹き上がってきてます。写真にも多少は写ってますが実際はすごいです。

それも、氷の粒がバシバシと顔を襲ってくる勢いの雪煙です。

双眼鏡で確認するとバックして帰ってくる方もいらしゃいます。

双眼鏡を見ていると「すごい風ですね」お隣の方が話しかけてこられます。

「すごいですよ」とお答えしながら双眼鏡から目をはなすと、怪訝な顔でこちらを

見られてました。「もう帰ろうか」とその方のお連れさんに言われてます。どうや

ら人の会話に反応したようです(#・・#)

強風の丸山からさらに小さなピークを三つほど越えますが、そこに行くまでに撤退

してこられた方が多くいらしゃいます。口々に「強風でブリザード、飛ばされそ

う」「こんな風ははじめてです」たしかに尾根伝いにトラバース気味に歩くと時折

出ている岩の陰で待機するほどの強風です。とは言えこの時点では「尾根筋ならこ

んなもんでしょうなぁ」とわたしは高をくくってました。

雪煙のブリザードの中を数人のパーティが三組ほどが先頭で抜けます。

ふふふ・・おれも行こうっと(ゲレンデ直滑降登山!決意して、ぜんしーん!)


ここで重要な判断ミス

二時に来てゴンドラ下を直登して御来光狙うつもりだったから下山ゲレンデ下降で

もいいでしょ・・(甘い!リフトからの景色にだまされました。あの雑草ならハイ

ジーみたいに走っていけるがな、ひょっとすればトライさんも走ってるかも)トラ

イさんって誰って?ふふふ・・テレビCMをよく見てください(関西だけかな?)

尾根筋は荒れてますが、経験した程度のもの。もちろん耐風姿勢、岩陰非難を繰り

返しながらようよう頂上手前ピークまで来ました。

ここから唐松山荘と唐松ピークへの道が見えます。

ここは迷うことなくピークへ。最後の60度以上の雪の勾配を制して頂上です

夜間下山・しかもゲレンデという条件覚悟ですから余裕綽々で、小屋で汗の下着を

着替えて簡単に食事(山荘では5時半しか食事を提供しないそうです)

さぁ、ここで645中版カメラを手にした方が小屋から出てこられます。

「おや、珍しい・・120フイルムってまだあるんですね」

話の火蓋をきったわたしが悪かったです(3000m近いとこで雑談している場合やな

いつうの。そこから「いまから頂上を撮影したいのですが、行かれましたよね」

そこまでの道を説明しながら「カメラ下げていけるところではないですよ」

雪山談義やらカメラ談義です。「小屋に泊まるんですよね」

「いや・・いまから下山します」「この山で夜間下山したなんて聞いたことない

よ」などと周囲の心配をよそに5時半出発。(うひゃー遅いつうの)失敗2です

まず、最初の下りで強風がやみません。岩陰から様子をみながら撮影。

(あれ、体が飛ぶかも・・しかし、面白そう・・)

尾根の風をさけてちょい下をトラバース。ピッケルをしっかりと差しながら耐風姿

勢で少しずつ移動です。物事なんでもそうです「高名の木登り」

ふふふ・・すごい風やねぇ・・などと思いながら20cmづつ前進です。

おお!夕日が・・走れメロスの世界やねぇって太宰なんか思い出してる場合やない

がな。ヘッデンないのに・・それでもヘッデンなければ、お月様が味方してくれる

よーーん(夜間登山の経験が・・失敗その3です)月に代わっておしおきを受けまし

た(大笑)

丸山ではアーベントロートの様相が見えて・・ええがな・・夜間登山した人がいな

いなら、この夕日をここから見た人がいないんやぁ・・などと、このごろ思考回路

がおかしいんですなぁ。喜んで写真を撮っている大馬鹿野郎おっさんです。

そこから時折強風が(むっ、しまった。これ夜にかけて吹き荒れるんやろか)

とんとん下っていくとまたまたいい景色が。

ピッケルを差したままにカメラを構えてます。

耳元でゴォーと聞こえた瞬間に吹き飛びました(お初の体験です。スーパーマンか

パーマンですなぁ)

幸い、この日は、風が運んだふわふわの新雪ですし、丸山を下ったところの傾斜が

ゆるい場所でしたので助かりました。

100mくらい転がりましたかなぁ・・ピッケルでとまりました。体が浮きそうになっ

たのは体験しましたが吹き飛んだのははじめて。ポール一本遭難です。足の間接が

痛みますが歩けます。これ背中18kg、体重80kg。飛ぶんですねぁ(笑)

まぁ、後ろの傾斜がないのを見てカメラ出してたので油断ですなぁ。多分、これ北

アルプス特有の突風ですね。腹が立つのは、どうせなら吹き荒れてくれればいいの

に、いたちの最後っ屁みたいな突風でした。

それからは幕営のテントをところどころ6張りも見ながらの下山。

さぁ、第三ケルンからトイレ前を抜けてからが、たいへん。岩ごろごろで・・

「お月さーーん」この日は月が遅いです。しかもオレンジの月でした。

いわゆる・・つきに見放されるという事態ですな(うふふ)

さぁ、こうなると浮石注意です。足探りの下山。ヤバイよなぁ。

結局、八方池山荘に19時。

ここでヘッデンをお借りして下山。八方池山荘のご主人、ありがとうございまし

た。手の指見たら血が出て心配おかけしました。

山荘出てから歩いていると雪上車の方がおりて来られて「こんなとこ歩いたら危な

いよ」「足どうした」で本当に親切な方で、「雪上車に乗ってください」とドアー

をあけていただきました。ありがとうございました。(ちょいと足ひきずってたみ

たいです)

ゲレンデ整備の雪上車は初めてです。あれワイヤーで引っ張りあげていたんです

ね。もちろん自走はできますが、45度もあるゲレンデ整備ですからキャタピラーで

もあがれないようでワイヤーで登ったり下ったりしてるんです。

ふふふ・・ロープの懸垂下降やね(これ、あとで自分がしたいことになるとは夢に

も思いません)しかも、下のゲレンデに次の雪上車まで用意していただき乗り換え

です。「ありがとうございます」お礼を言って降りると「ぼくが説明します」とそ

の若い方が次の雪上車の方に事情説明します「山屋さんが、滑落事故で今自力下山

されてきた」(ほょ・・滑落事故になるんですかぁ・うちゃ、たいへん)

次の方も親切な方でした。

「雪上車はワイヤーですからゲレンデ一面しかいけません。いま、半分ほどです。

このまままっすぐ降りていかれればいいです。ただ、雪がないので整備してません

から気をつけて」

お礼を言ってリフト鉄柱の下を下ります。


出だしはともかく途中から雪で目の前まで折れ曲がった樹木と背丈ほどの熊笹地

獄。一時間ほど藪漕ぎしながらすすむと・・45度近い坂に熊笹の枝が滑って熊笹シ

ード。そのうちゴンドラ柱はあるけど前に出れるような状態ではないところにきて

しまいます。さらに上は雪がたっぷりのゲレンデだけにあちこちに雪解け水が流れ

てます。


直線2kmくらいの下降。

まずは、ジェットボイルで珈琲をいれながら、非常食のカロリーメイト、おにぎり

などで腹ごしらえしたうえに荷物の確認

にしても、ここでガーミン故障(地図表示がでません)

標高1300mですが下も標高がありますので1000mほど下ればいいのかな?


歩き出すと熊笹で足が滑ります。熊笹シードでするすると行けます

ふふふ・・これはこれで面白いです。

ちょっと広いところで食事。♭すぐおいし、すごくおいし♭チキンラーメン卵いり

に、おにぎり二個。お肉のスープでデザート羊羹とプリン!

ふふふ・・贅沢遭難プチたいけーん!

お片づけして「いくどぉー」と45度くだると足をすべらせてずるずると・・

沢筋まで尻セード。「むっ、沢!ほほぅーいわゆる遭難パターンやねぁ、沢筋歩く

な上目指せがセオリーですがねぇ」と独り言いいながら50cmほどの沢の底石を拾っ

て確認。石にぬめりがありません。少し下ってまた大きな石で確認。ぬめりがない

ということは・・いわゆるダケ道やね。上がゲレンデ冠雪ですから雪解けには沢の

ような水の道ができます。ふふふ・・高校時代の福井の経験が生きますなぁ。

片方は45度くらいの坂、片方は30度。このまま下りますか・・沢は下るのは厳禁で

す。が、今回のように両岸湿って登り不可の場合は水音頼りです。万が一、滝のよ

うな音だと要注意。ゴンドラは上を確認しますが見当たりません。

街の明かりが見えます。経験上、下れることを確信します。

ここからゆっくりと時間をかけてくだります。夜道は暮れません。

30分に5分の休憩をいれて体力温存。途中で珈琲を沸かしたり、スープをわかしたり

とハイキング気分でルンルンです。

遭難ってどういうことかなぁ・・シート敷いて星空見上げていると眠くなります。

ツェルトもあるし寝るか、あかん電波とどかないとこで連絡取れてないから嫁がカ

ンカンになってるやろなぁ・・やっぱ降りよ・・

わたし思ったんですが・・靴の手入れ・・ちゃんとしておいてよかったです。

革ですが、いつも油ぬりこんでます。「あんた、仕事の靴も磨いたら」と嫁がいう

くらいです「仕事の靴は穴あいても死なんけど登山靴はこれ命や」自分で言ってお

きながらまさにその通りですなぁ。いくら気をつけても右から左、あっちがええな

と左から右の渡渉が限りなくつづきます。ずぼっと足首の上まで靴がはまりますが

一向に水でぬれません。油が全部はじき返してくれてるんですな。感謝、感謝

それでも、途中で着替えながら下山です。

小さく街頭の明かりが見えます。(ずいぶん下ってきたなぁ)

すると雑木の荒れた山から杉木立が・・これ、神社の境内やな。この杉の大きさか

ら言うと手が入ってる山やね。じっとあたりを探すと林業の方の道らしき跡発見。

潅木の雑木林になって、向こうの方に灯りが。双眼鏡で確認。(いわゆる住宅街や

ね)それをめざしてとことこ行くと川が。1mかぁ・・走って飛び越えます。チャプ

ーン・・およよ、ピッケル君は泳げません(笑)おお!ピッケル君安らかに眠れ

(合掌)まぁ、とにかくアスファルトの道路に街頭の住宅街です。さてようやく地

図コンパスの出番。みそらのって所らしいな・・しかし、住宅地図じゃないから困

った。まさか3時まえに人の玄関を訪問できません。うろうろ見当であるいていくと

ホテルはっけーん!フロントで場所を教えていただきました。そこからとことこ歩

いてようやく八方ゴンドラ駅前に到着(祝遭難)

さぁ・・帰りますか・・なにか・・忘れてない?うわぁ!!嫁!

「あんた、ええかげんにしやなシバクよ!」

帰宅朝9時半でした。

今回の反省

  ―佝時刻が遅れれば計画の再検討を
 ◆〜備はいつもどおりに(双眼鏡や要らん物いっぱいあるのになぜ、あのときヘッデン、予備ヘッデンをはすしたのか自分でも不明。魔がさしたとしか思えない
登山人生でヘッデンはずしたのははじめてです。
  知らないお山で夜間登山しない(ですね。まったく甘かったです、はい)
 ぁ,靴辰りとタイム管理をする(まったくその通りでございます)
 ァ/肯啗続δ兇┐道談しない (ふふふ・・ついつい)
 Α/肯啗続Σ爾襪泙覇揺注意 (吹っ飛びましたなぁ。でも、周囲見てピッケルから手を離してカメラだしていたんですが・・いいわけですね、はい)
 А〃遒僚个觧刻を知っておけ(って、そこまで遊んでいたらあかんでしょうな)
 ─ー分の体調管理を (自分で足を引きずっているのがわからなかった・・なんでしょうね・・昔から血を出してもあまり痛く感じないんです。で、血を見て失神したことあります。20歳の交通事故でした)

 今回は沢道くだりました。が、ゲレンデの使用不能未整備ゲレンデはすべて沢状

態です。しかもそこに落ち葉があって足を置くとすごく滑ります。ここは思い切っ

てアイゼンでしょうね。ところが途中で沢筋の石の上をあるくとアイゼンは苦しい

ですね。ヘッデンさえしっかりしておればいいかも。途中でぬめりのある石に変わ

ってきたので沢筋をはずれて雑木かきわけて直登。そのまま行けばたぶんゴンドラ

駅前の川と合流していたと思います。まぁ、何事も経験ですな。長い報告書でごめ

んなさいね。昨日は仕事して八時に帰って風呂メシでダウン。おきたら5時でした。

植田流静脈マッサージで足のくるぶしの腫れがすっきり。朝風呂で快調です。

                       でわでわ



訪問者数:20624人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/11/11
投稿数: 2633
2013/4/30 13:15
 よくもご無事で・・・
それにしても、長いレコでした…、uedaさんのレコ読むので昼休み費やしてしまたやん

でも、よくもご無事で帰ってこられましたね、という内容でした。美しい山の姿(写真)も闇の中の下山も私にはマネも経験できないモノで素晴らしいのですが、それは無事帰って来られたからこそですよね。

出発の前に、お山で落ちないように…なんて冗談で書き込みましたが、行かれた辺りで雪崩もあったので、迂闊なコメの責任もあり心配しておりました。

でもなぁ〜、あの状況でも『笑い』に変えていこうとするのは、大阪人の良いとこでもあるけど悪いところですね

ところで今回、さぞかし、お『嫁』様はお怒りだと思いますが、そこは同感  今回は怒られて当然と反省してください。
ゲスト
登録日:
投稿数: 0
2013/4/30 13:18
 まずひと言、、、
まず、丁重にお断り申し上げたはずですので相談役と呼ぶのはご遠慮ください。
八方は安易に登れるので冬山入門には適していますが、1980年12月に逗子開成高校登山部が第3ケルンから下山中に迷いガラガラ沢に降りて6人(?)が死亡しました。遺体は翌年の5月に発見されました。他にも丸山ケルンなどからホワイトアウトで間違い、南の谷に入って遭難するケースが多い山です。だからケルンが多いのです。遺体はなかなか発見できません。
今回はスキー場に入ってからのプチ遭難という恥ずかしいというかケースとしては最悪ぶりですが、あとで記憶でいいのでルートを地図に落としてください。みそら野に降りてきたということですが、この辺の土地勘は私にはありますが、なんだかんだと言うのはルートを見てからにしますね。(時間がありませんが)
どちらにしても、ヘッドランプ+雨具+食料はどんな山でも最低装備です。uedaさんにも伝えている筈です。そのヘッドランプを忘れたなんて許されない大失敗です。登山をする者の恥ですので、ちゃんと山荘に心からの礼状を添えて早急に返却してくださいね。
疲労凍死の危険性もありました。厳しく言うのは生きているから言えるのです。そのあたりを真剣に考えないと本当に山でお六になりますよ。
登録日: 2012/9/18
投稿数: 6314
2013/4/30 15:58
 ふふふ・・驚かせてごめんなさい
heheさんこんちわ

すみませんね、お気楽オヤジで・・リフトからゲレンデ見てて、これなら小走りで下山できるなぁって思ったのが間違いでした(。。;
心当たりがあるんです。これ、左かな?で藪を覗いたらその向こうが開けていたんでゴンドラの鉄柱もあって、そこを直進したのが間違いの元。たぶん、昼間なら左が開けていたと思います。しかも、GPSが、雪原で雪まみれで故障してしまって。
 横がゲレンデですから左へ登ればいいのですが、北アルプスの潅木って全部雪の重みで土地と平行に生えているんですなぁ。びっくりしました。全部が湿原状態で落ち葉はすべるし、ここはのんびり下るしかない状況でしたね。でも、久しぶりに面白かったです

          でわでわ
登録日: 2012/9/18
投稿数: 6314
2013/4/30 16:32
 murrenさま、お元気ですか
ルートは最初に書いたのですが・・抜けてますね。

再アップしました。ちょうど、ルンゼのようなところをまっすぐにという指示でした。雪上車の方も「ちょっと違うところに降りるかもしれません」とのこと。
みそら野は間違いなく地図のところで北角のホテルで道を教えてもらいました。夏にここのペンションで三回ほど宿泊していたので、現在地がわかりました。ロータリーは、見慣れたものでおみやげ物屋のストリートですね

ヘッデンはお礼の手紙とともに返却いたしました。

ふふふ・・心配かけてすみません。
山の突風ってすごいですね。わかっているつもりでしたが、あれれっていう状態で吹き溜まりの新雪ふかふかでしたから布団でころころしてるようでした(^^;

遭難って、どんな状況なんでしょうかね。体力消耗に気をつけて30分行動10分休み。それでも最後はちょい膝に来ているのがわかりました。

街の灯りが見えると、いつもの夜間下山の感覚がよみがえり下までの時間がメドたちます。ただ、服装はいつものフル装備ですから、ストーム、ダウン、インナー、寝袋カバー・ツェルト、アンダーシート2枚。

近畿のお山と決定的に違うのは、雑木の曲がり方です。
倒木じゃないのに雪で曲がっているんですね。またぐのがたいへん。左手上方がルートだと大体理解してましたが、そこに戻るほうが危険との判断で下りました。
沢の川筋が1mを越え始めると、ぬめり石が出てきはじめて、右山筋を5mほど登り熊笹の中を下降。双眼鏡で杉を確認(木の影でわかります)してそちらに方向転換。一時間ほどで2mもある杉に出会いました。
京都の北山杉の山を歩くと林業の方が下草をかったり枝を払ったりしています。杉は手入れをしないと大きくならないそうです。下枝を祓った手入れの行き届いた杉でした。そこからは、コンクリートの水路がありました。ぎりぎり飛び越えたのですから1.5mの幅があったのかもしれません。双眼鏡で街灯を確認し、そこに直登。最初はハイウエイかと思いましたが「みそら野」でした。

         でわでわ
ゲスト
登録日:
投稿数: 0
2013/4/30 17:58
 うーん。。。厳しく書きますね(今後のために)
帰りのコースタイムの記述が間違っていますので訂正しておいてくださいね。丸山ケルンが18時、八方池山荘が19時。

その後が不明ですが、記録文の内容から、雪上車の人と分かれて標高1300からみそら野の標高800ですから、その高度差500メートルを6時間余りかかって降りてきた訳です。ふつうなら1時間かからないですから確かにプチ遭難ですね。滑落で怪我もしているし。

御嶽の訳の分からないゲレンデの中の夜間登山もuedaさんは迷った訳ですが、スキー場は迷いやすいことをまだ理解していない感じですね。

丸山が18時というのは無謀なスキーヤーでもしないことです。得意がることじゃなくてアホです。これがあと1時間遅れていたらおそらく南斜面に入ってしまった可能性がありますね。崩壊した崖で滑落してアウトだったと思えば、こうして厳しく批判されることなどなんてことはないと思います。

「ド素人の行動は予測不能」と何度もuedaさんに言ってきましたが、まさに今回はあきれています。

唐松山荘で話し込んだということですが、時間のマネジメントがゼロ。これは、天候判断が出来ない人と同様に厳しいことを言うと登山する資格なしです。技術や知識の問題とは違って深刻です。

奥さんが帰りを待っていて会社にも行かなければいけない、つまり大阪まで帰らなければいけない人が取る行動じゃないですね。具体的なこと云々よりも私はその感覚を心配します。登山計画とも大きく違う訳なので山を甘く見るということ以前の資質レベルじゃないかと思ってしまいます。

滑落したということでも、150メートルも落ちたのですか?

ここでも助かった訳ですので、強運といえば強運。でもお話にならない。

と、ここまで書いて私も嫌になってきました。

ご自分はもっと反省していると思いますが、反省も命あってできることです。幸い、降りてきた斜面に崖がなくて良かったと思います。やはり、突破不能のクマザサが出てきた時点で登り返すことが教訓の一つでしょうね。

そうそう、上の雪上車の人は男気がありますね。親切というかプロ根性がある感じを受けました。
登録日: 2012/5/27
投稿数: 620
2013/4/30 18:10
 無事な生還・・・おかえりなさい
遭難・・ですね 誰もがある失敗や忘れ物・・小さな事に端を発するのが遭難ですね あらためて勉強しました 忘れ物と言えば・・先日の権現岳・・・オーバーグローブ忘れまして雪に手が触れないよう苦労しました ピンチを楽しむ姿勢が生還に繋がった気がしますが  山での電話圏外・・・これは焦りますよね 特にタイムスケージュールをオーバーしていると。。。これは私も経験ありますが、自分が平気でも家族からすると“圏外=遭難”みたいな安直な方程式 ・・・とにかく無事な生還 おめでとうございます。そして生還者からの貴重なお話は後世の山屋の財産ですね 勉強させてもらいました
登録日: 2012/9/18
投稿数: 6314
2013/4/30 18:48
 ふふふ・・さてさて
murrenちゃんこんちわ

風で浮いてころころ・・アイゼンで止めてピッケルが後

ろから飛んできました(。。;斜め上に登ってさぁ・

50m?100mかな?下りながら振り返って見ましたけど

ね。左小指はピッケルが飛んできたからですな

距離は感覚です。さすがに冷静ではいられませんなぁ

ずぼずぼと歩いてルート復帰して振り返って見ま

したがすでに夕暮れでしたから(^^;

もちろん池山荘まではガーミン生きてましたからね。

ただ、ヘッデンをなぜ車に放置したのかわかりません。

もちろんゴンドラ始発で往復楽勝のつもりでしたから

星明りもいいですが、ガーミンの明るさを見てからでは目がなれる

のに時間がかかります。

ポールでつついて浮石でないことを確認しながらの下山でした。

ゲレンデは1350mからの下りで、それが500mだったとすれば、食

事とか珈琲とかに時間をかけたからでそれは正解でしょう

まずは腰を落ち着けて、珈琲。装備の確認と食料の配分などと

わたしの遭難手順に従ってのことですから(^^;

まず、疲れないこと。焦らないこと。最終は幕営すること。

携帯繋がれば寝ていたと思います。(ふふふ・・それなら山荘で寝

ろって話しですが)

まぁ、山荘宿泊で早朝下山が正解だったでしょうなぁ

      でわでわ
登録日: 2012/9/18
投稿数: 6314
2013/4/30 18:56
 ふふふ・・登山道いりますね
anngopapaさんこんちわ

最後の写真の樹木・・ここで珈琲沸かして考えていたん

ですがね(笑)これ行ったらヤバイかも・・自分でもあ

きれるのですが、ヤバイってどんなのかな?なんて覗き

たくなってしまいます。リフトなどで下が藪とか険しい

崖などでしたら決して突っ込まないでしょうが、朝のリ

フトの景色で周囲に滝も崖もないのを双眼鏡で見てまし

たから・・まぁ、それが仇ですね。狭いルンゼだったと

思います。ルート図は、たぶん間違ってないでしょう

        でわでわ
登録日: 2012/11/17
投稿数: 987
2013/4/30 19:09
 無事の生還にほっとしました。
レコを読ませていただき、ホント無事生還できて良かったな〜としみじみと思いました

綺麗な奥様のためにも、くれぐれも無理はなさらず、安全な山行をお願いします。

って、お前が言うなって怒られそうですが。。。

murrenさんのメッセージも含めて、今後の山行のための勉強になりました

GW明けに唐松岳行ってみようかな
登録日: 2012/9/18
投稿数: 6314
2013/4/30 19:49
 ふふふ・
Daveちゃんひさしぶり

ばたばたストレス満載で山行ったらはじけちゃった
朝にゲレンデ急登しておけば疲れて丸山撤退だったかも

たぶん、風がなかったら楽勝だったでしょうね

唐松・・あなどりがたいですなぁ

         でわでわ

あっ・・嫁カンカンです
3日から旅行なのに・・このうえ徳澤デポなんてしたら離婚問題です・・困った困った(。。;
ゲスト
登録日:
投稿数: 0
2013/4/30 20:06
 提案ですが・・・
今回のプチ遭難は前回の権現と前々回の御嶽と同様に時間のマネジメントの感覚が問題と言えます。

技術知識の習得はやさしいですが資質的なことに付随する感覚的なことは難しい内容になるので私としてはご自分で考えてほしい内容と思います。(細かい点は他の人に任せます。)

そこで提案ですが、(実際に私はよく知りませんが)ドコモの衛星携帯電話は1ヶ月4900円らしいです。もっと高いと思っていましたがそれくらいなんですかね?

重装備がお好きで財政力もあるuedaさんですので、ご購入&所持されて、なおかつ、ヤマレコバッチとともに「衛星電話おかしします」というキャッチコピーをザックに付けられれば他の登山者の留守宅家族への連絡の便を図るのに貢献できるんじゃないでしょうか?ご自身への遭難時のためにも。

まあ、余計な提案ですが、これで私は2回朝連絡を入れさせていただきましたが、3回目はしないつもりです。たぶん3回目は平川の支流の沢を渡っているときではなく、天国のなんとかという川を渡渉されている時かと思いますので…

そうそう、土地カンがあると書いたのはエコーランドやみそら野のことじゃなくてもっと平川の上流部あたりのことです。ほんと、もっと上の方からから降りてこなくてよかったですわ。
谷には下るな!は鉄則ですね。
登録日: 2010/3/6
投稿数: 570
2013/4/30 20:20
 植田さんこんばんは!
ヤマレコ読んだらエライ目に遭ってきたんですね

無事に帰ってこられてなにより

あまり無茶しないように murrenさん に怒られますよ

まぁっ 怒ってくれる人がいるってことは幸せなことです

PS 今年の夏は権現岳に確認に行って来たいと思います
登録日: 2012/9/18
投稿数: 6314
2013/4/30 21:07
 ふふふ・・
murrenちゃんこんばんわ

いろいろご心配おかけしてます。

ドコモは嫁から言われてます(^^;

資質の問題はおしゃるとおりですなぁ

しかし横を通る人につい話しかけてしまうんですな
あの写真の御仁もみていらしてるかなぁ

嫁  「小さな罰を当ててもらえ!」
わたし「何や?小さな罰って」
嫁  「大きな罰はわたしも困るから」

ふふふ・・当分直らないですな

         でわでわ

5月3日 室堂から雄山神社です
5月4日 白川郷ー平湯
5月5日 徳澤園、上高地(涸沢行けないだろうなぁ)
登録日: 2012/9/18
投稿数: 6314
2013/4/30 21:13
 ふふふ・・えらい目は周囲かも
ryuu48さんこんばんわ

>エライ目に遭ってきたんですね

問題はそこ!!9割は予測してアドベンチャーワールド

怒られますが、ルンルンでジェットボイル出して、普通

は登り返しだわなぁ・・ちょい、やってみますかぁ

なんてニヤついてるから(笑)

でも写真ないから、ちょい真剣ムードなんですな

ふふふ・・予定外は吹っ飛んだことだけ

またmurrenちゃんに怒られそうですな

      でわでわ
ゲスト
登録日:
投稿数: 0
2013/4/30 21:32
 お疲れ様っす!
uedaさん、こんばんは。

中々貴重な記録ありがとうございます

冷静で居れるからこそ、こうしてレコも書けるってことですね!
その場その場の対応さすがです。コーヒーを飲める余裕が下山につながるんですよね
たぶん普通の人はできないと思います。色々あると思いますがこれからも楽しいお話お願いいたします
DSA
登録日: 2012/4/12
投稿数: 3079
2013/4/30 21:36
 お願い
仕事から帰ってから、じっくり三回読みました。

お願いですから、無茶はしないでください。
登録日: 2013/3/31
投稿数: 3240
2013/4/30 22:16
 奥様のために
 うえださん、こんばんは。

 >嫁  「小さな罰を当ててもらえ!」
  わたし「何や?小さな罰って」
  嫁  「大きな罰はわたしも困るから」

 これ読んで、今泣いてますcrying

 ご無理なさらないでくださいね。
登録日: 2012/9/18
投稿数: 6314
2013/4/30 22:30
 ふふふ・・
snowdogさんこんばんわ

ふふふ・・わかってやってること90%

まぁ、飛ぶとは思いませんでしたが

もちろん、三点確保の必要のない場面ですが、まさかで

した。そこだけが予想外。

でも・・沢はまねしたらだめよ

       でわでわ
登録日: 2012/11/8
投稿数: 1780
2013/4/30 22:33
 uedayasuji さまっ…。
愛されておりまするねぇ〜っ…
奥様からはもっちろんですけど…。

こうして、顔は見えなくてもヤマレコでたっくさんの方々と知り合い、感動や驚き…苦労や喜びを共有して…心配したり、厳しい意見を受けたり…仲間と思うからこそですねぇ…。そこには愛がありまするねっ うふうふ

無事でよかった…。
登録日: 2012/9/18
投稿数: 6314
2013/4/30 22:39
 ありゃりゃ・・
DSAさんこんばんわ

心配かけてすみません。

わかってしてること90%ですから

登り返しがセオリーです。でも・・行ってみたいでしょ

装備見て「いけるな」でゴーです

ふふふ・・相談役と呼んではいけない相談役らしき人は

怒ってますが

沢も結果くだりましたが、あれはダケ道。雪解け水。

ルンゼですから水が集まってくるんでしょうね。

登り返して左巻きで、リフトから見た雑草の平原に出た

のかもしれませんね

よりよき山行を

         でわでわ
登録日: 2012/9/18
投稿数: 6314
2013/4/30 22:46
 おやおや・・大丈夫ですから
algaeさん・・大丈夫ですよ(^^;

嫁の言う通りで「面白いからって崖から跳ぶな!」

無理してないから・・ 結果は見えて動いてます

ナイフリッジで両手離さないし、まったく予想できない

こともしないですから(^^;

勝算あっての行動ですから安心してください。

そのうち長靴でピークにいてるかも

         でわでわ
登録日: 2012/9/18
投稿数: 6314
2013/4/30 22:57
 ちょっと・・ふふふ・・
primaveraさんこんばんわ

わたし、無事であたりまえなんですけど・・

murrenちゃんが正直に書けって言うから書いたら怒られるし

ピークとって本日は最高でした。でわでわ
↑これでめでたしなんですが(笑)
なんかヤンチャばっかりで、すみません。

本人は喜んで下って来たんですけど・・

双眼鏡で星見たらすごくいいよ。北斗七星などもきらき

らで月がない分、くっきり冬の大三角形もよかったです

そりゃ、遅くなるわな。シート広げて星空見てるんです

から(笑)だ・か・ら・ルンルン下山なんですが・・

連休真っ只中、よりよき山行を

        でわでわ
ゲスト
登録日:
投稿数: 0
2013/4/30 23:29
 最後の方だろうから
コメントも最後の方だろうから言います。

この山行記録は絶対に真似しちゃ駄目なお手本だと思います。

僕のような技術・体力・経験の無い方がこれを見て、決して「カッコイイ」などと思う事のないことを望みます。

撤退条件はほぼ満たされています。
これは奇跡の生還劇であって、絶対にやってはいけません。

でも、このオヤジさん、本当は良識あるとっても良い人です

でわでわ
登録日: 2012/9/18
投稿数: 6314
2013/5/1 0:36
 おやおや
pantetsuちゃんこんばんわ

ここ見てね
 
絶対にパニックにならないこと

まず、現状を見るまえにメシか珈琲

ザックおろして装備点検

山で遠慮は厳禁

唐松山荘で「ピッケル貸して」と頼んでる人がいました

この勇気が大事ですね

泊めてください。ヘッデン貸してください。など

ただ雪煙見てどう思うかは経験と技量の話

行ける自信ってなんだろ。面白そう・・行こう・・うわ

ぁあかん・・撤退。の繰り返しで覚えるものですね。

別に登山家ではないので命はかけません。

正直に書くとこうなっちゃいました的なことですな
(^^;奇跡っていわれても・・

>このオヤジさん、本当は良識あるとっても良い人

これもなんだかなぁ

ありがとうございます。ふふふ・・(#・・#)

         でわでわ
登録日: 2013/1/16
投稿数: 848
2013/5/1 10:46
 ふふふ
ご無事でなによりです。

リスクと引き換えに撮影した写真は、さすがにグッとくる
ものばかりですね。アーベントロート美しいです

「沢筋歩くな上目指せがセオリーですがねぇ」

一般的にはそうなんですけど、登山道ではない尾根筋は結構
崩壊してたりするので巻いたりしてると危険だし、非効率なので
沢筋でダイレクトに降りたくなっちゃうんですよね

なにはともあれ唐松岳お疲れさまでした
ゲスト
登録日:
投稿数: 0
2013/5/1 11:15
 まだまだコメントは続く
さすがです。お疲れ様で無事で良かったです。

覚えておられるかわからないですが、僕は唐松岳で最初っからゴンドラ(アダム)が止まってうさぎ平までゲレンデ登ったのですが、その先のアルペンクワッド、グラートクワッドも動いていませんでそこで撤退となりました。
あの時も猛烈な風でしたが体が浮くなんてことはなかったので僕なんかのは想像もつかない風だったんでしょうね。

それにしても植田さんて山に登るまでは結構冷静なんですが山に着いちゃうともうキレちゃうんでしょうね。
「面白そう・・行こう・・うわぁあかん・・撤退」 ですもんね

あの景色ですから、気持ちはわからなくも無いのですがご家族に心配掛けるのは良くないですよ。
従業員の方もいますし。

あ、まてよ。あの時「うらやましい 地吹雪 行きたいぜ」って書いていたような。
http://www.yamareco.com/modules/diary/31730-detail-49883#viewcomment
やっぱり。
登録日: 2012/2/23
投稿数: 2469
2013/5/1 12:30
 いつも、すごい事してますね。
権現岳の標識でほんとすごい人だ〜と感動してたのに…。

やっぱり騙されたらダメだ〜。( ̄▽ ̄)

危うく棺桶直行ですよぉ〜。

でも、無事下山出来て良かったですね。

立山では遭難しないで下さいね〜。(⌒▽⌒)

唐松岳良いですね〜。

いってみよっと‼
登録日: 2011/11/10
投稿数: 7
2013/5/1 14:08
 始めまして・・・。
ホントは、始めましてではありませんです。

唐松小屋に上がる途中で何回も、お会いしていたものです。
58/110の画像は、我々のメンバーの一人で
拍手した画像は、おそらく我々メンバーの集団だと思います。

uedayasujiさんが、夕方下山する前に小屋のベンチで一緒に軽い話しをしていた変な集団覚えてますか?
帰り際に、「お気をつけて・・・」って言った者です。
その変な集団のリーダーが、見つけたのでコメントしてみました。

私自身、今は殆どヤマレコには投稿してないのですが
唐松岳のブログをそろそろアップしようと思ってますので、気が向いたら覗いてみて下さい。

それでは・・・。
登録日: 2012/9/18
投稿数: 6314
2013/5/1 15:19
 おっ!うれしいお仲間が!
souldoctorさん、こんちわ

なんでしょうね。いたずらっ子みたいで・・

そうっと向こう覗いて・・面白そうって

たぶんsouldoctorさんほどデンジャラスな事してないは

ずですが

ただ、あれ以降の写真がないのが集中していた証拠かも

しれませんね。

登れない沢が目の前にあればsouldoctorさん、どうしま

す?だぶん、多少でも行くでしょ

「面白そう」の範囲外には、「これあかんやろ」があり

ますよね。(^^;これ理解してもらえるのはひょっと

すればsouldoctorさんだけかも

       でわでわ
登録日: 2012/9/18
投稿数: 6314
2013/5/1 15:33
 行きたいぜ!・・ですね(^^;
alpinismoさんこんちわ

ふふふ・・どM全開ですなぁ

できないことってあります。

アルパインクライミングとか沢登り、厳冬期縦走など

しかし、経験の中でこれ、できるって思うこと・・

厳冬期でない地吹雪とか見ると行きたくなりますね
たぶん、すべてのストレスを山にぶつけているのかもね

とはいえ深く反省いたしております。

昨日から嫁にさんざん罵られております

           でわでわ
登録日: 2012/9/18
投稿数: 6314
2013/5/1 15:39
 あちゃ・・これ・・そんなに・・
chibikoちゃんこんちわ

>いつも、すごい事してますね

あのーーまえに・・行っただけ・・(^^;

ご心配おかけしました。

立山は首に鎖がついたワンちゃん状態ですから・・

ワンワン!そっちちゃうやろ!こっち!キャン!

(^^;反省してます。

          でわでわ
登録日: 2012/9/18
投稿数: 6314
2013/5/1 15:50
 かっちょええ登山隊ですね!!
donarudoさん、こんちわ

ふふふ・・

手前の人?だぁれ? (まことに失礼しました)

覚えてますとも

わたしが「最後の雪の壁はロープで引っ張り上げてほし

い」と言うと笑っておられた方々ですね

ふふふ・・山レコにもアップしてください

あの吹き上げる雪煙を突入して行く登山隊の絵。

最高でした。いいお仲間ですね

是非、ブログ訪問させていただきます

         でわでわ
ゲスト
登録日:
投稿数: 0
2013/5/5 18:26
 こんばんは
大変でしたね〜。

この日は、僕もロープウェイの近くの駐車場まできてました。駐車場のおにーさんに聞いたらリフトが午前中、動かないと聞いて速攻で撤退しました。

ゲレンデの北側のリフトで行けたんですね。知っていたら唐松初挑戦してたので、お会いしてたかもしれませんね〜(笑)

明日、リベンジしてきます。
登録日: 2010/7/14
投稿数: 1738
2013/5/5 19:02
 コメントの量がはんぱない。
うえださん、無茶しないでくださいねー。
読んだらすごく心配になりましたよ・・・
登録日: 2012/9/18
投稿数: 6314
2013/5/6 20:38
 ふふふ・・
masatanさんこんばんわ
いま上高地から帰宅しました。
リベンジ成功しましたか?
とりあえずご挨拶まで

     でわでわ
登録日: 2012/9/18
投稿数: 6314
2013/5/6 20:43
 どえりゃぁことになっとるが・・ふふふ・・・
hiroumiさん、こんばんわ
いま帰宅しました。

みんなに心配していただいてびっくりしてます。

いつも、夜間下山しているくせで、まっいいかって感覚なんですが・・

山レコいいですね。ほんとにご心配してくれてありがとうございます。

uedaは、死にましぇーん!(101回目のプロポーズ)

ふふふ・・嫁の登山教育うまくいきそう!!         でわでわ
ゲスト
登録日:
投稿数: 0
2013/5/10 18:27
 リベンジは・・・
成功しました。

あまりにも、景色が良かったので時間を忘れて写真を撮りまくりました。

あまり山頂ではゆっくり出来ませんでしたけど(笑)
登録日: 2012/9/18
投稿数: 6314
2013/5/11 13:48
 おお
masatanさん、こんちわ

おめでとうございます。

ふふふ・・ごくろうさまでした

         でわでわ

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ