また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3259016 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 中央アルプス

檜尾岳⇒宝剣岳『長〜い檜尾尾根ルートから登りつめる』

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年06月09日(水) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
早朝でバスの運行しない時間だったので、車は麓の駒ヶ根橋付近のフリー駐車場に駐車させてもらい、そのまま檜尾岳登山口までバス道を歩いていきました。

帰りはロープウェイ&バスで下山しました。やっぱり便利。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間21分
休憩
1時間33分
合計
10時間54分
Sスタート地点05:0305:52檜尾橋05:5505:59檜尾登山口06:0107:36赤沢の頭07:4008:59シャクナゲのピーク10:21小檜尾岳10:2210:38檜尾避難小屋10:3910:46檜尾岳11:2812:44濁沢大峰12:4913:46島田娘13:55極楽平13:5714:03サギダルの頭14:0414:08三ノ沢分岐14:1314:43宝剣岳14:5515:03宝剣山荘15:0515:09乗越浄土15:2215:57千畳敷駅15:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
『檜尾登山道』
檜尾避難小屋の先〜檜尾岳山頂の直前でやや長い急斜面の雪渓が現れます。
腐れ雪でかなり足を取られます。アイゼンを着けるか悩ましいところです。

『檜尾岳〜宝剣岳・宝剣山荘』
檜尾岳からの稜線で一部雪渓あるが、ほぼ雪はなし。アイゼン不要区間が続く。

『乗越浄土〜千畳敷』
グサグサ雪に無数の踏み跡がつくことでさらに雪面が荒れて、腐れ雪状態に拍車をかけている。刃の小さいチェンスパや軽アイゼンでは足元を固定できず、上りも下りもかなり苦労するはず。急斜面なので一度滑ると止まらなくなるのでお薦めできない。
足元装備の軽重に関わらず、ピッケルかダブルストックがないと危険だと思う。

『極楽平〜千畳敷』
極楽平からだと、千畳敷に下る斜面の雪の状況がよく分からず、不安が募る。
ロープウエイ駅からだと、雪面に大きなクラックが入っている箇所が確認できる。入り込まないほうが良いと思う。
その他周辺情報日帰り温泉のこまくさの湯は、営業再開しました(本日は定休日でした)。

バスのホームページでは、菅の台バスセンターを朝5時台と6時台のバスの記載があったのですが、実際の始発は7:15で、今回はバス道を歩きました。
過去天気図(気象庁) 2021年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え 行動食 非常食 飲料 ライター コンパス GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト カメラ アイゼン トレッキングポール

写真

前回下見と同様に駒ヶ根橋から1時間で到着して、6時前にスタート。この登山口は標高1220m。長い道のりのスタート。
2021年06月09日 05:53撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回下見と同様に駒ヶ根橋から1時間で到着して、6時前にスタート。この登山口は標高1220m。長い道のりのスタート。
1
前半のジグザグ道で標高を上げた後は急登も増えてきますが、よく整備された道で有難いです。
2021年06月09日 07:38撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前半のジグザグ道で標高を上げた後は急登も増えてきますが、よく整備された道で有難いです。
樹林帯の道は「赤沢の頭」で南側が開けます。空木岳〜熊沢岳がよく見えて、モチロン休憩。
2021年06月09日 07:45撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の道は「赤沢の頭」で南側が開けます。空木岳〜熊沢岳がよく見えて、モチロン休憩。
5
1200m位から登ってくると植生の変化を実感できます。
シラビソが凄い状態。
2021年06月09日 07:57撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1200m位から登ってくると植生の変化を実感できます。
シラビソが凄い状態。
2
登山口から約2時間で高低差は約900m。まだまだ先は長い。
2021年06月09日 08:04撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から約2時間で高低差は約900m。まだまだ先は長い。
バイカオウレンの群落が増えてきて、足元注意。
2021年06月09日 08:11撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バイカオウレンの群落が増えてきて、足元注意。
4
これはミネザクラ。まだ桜が見れるとは。
2021年06月09日 09:07撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはミネザクラ。まだ桜が見れるとは。
4
「赤沢の頭」以降は急登連続ですが、景色も徐々に開けて励みになります。宝剣岳方面も見えてきます。
2021年06月09日 09:12撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「赤沢の頭」以降は急登連続ですが、景色も徐々に開けて励みになります。宝剣岳方面も見えてきます。
3
登山口から3時間以上経過。まだ檜尾岳は見えてこない・・。
2021年06月09日 09:17撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から3時間以上経過。まだ檜尾岳は見えてこない・・。
1
シャクナゲピーク(まだ咲いてない)以降は低木が中心に。この先に見える短い雪渓を超えるとハイマツ帯に入る。
2021年06月09日 09:37撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲピーク(まだ咲いてない)以降は低木が中心に。この先に見える短い雪渓を超えるとハイマツ帯に入る。
登山口から4時間。やっとハイマツ帯に入って、三ノ沢岳〜宝剣岳の全貌が姿を現しました。
2021年06月09日 09:55撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から4時間。やっとハイマツ帯に入って、三ノ沢岳〜宝剣岳の全貌が姿を現しました。
3
北御所登山口〜伊那前岳の尾根道も、今日の候補の一つでした。
2021年06月09日 09:55撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北御所登山口〜伊那前岳の尾根道も、今日の候補の一つでした。
1
濁沢大峰の岩稜〜島田娘にかけてのアップダウンの縦走ライン。後半にかなり苦労することになるけど、今は天国。
2021年06月09日 09:55撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
濁沢大峰の岩稜〜島田娘にかけてのアップダウンの縦走ライン。後半にかなり苦労することになるけど、今は天国。
3
真ん中の残雪の目立つ峰が檜尾岳。まだひと山超えてかないといけない。
2021年06月09日 09:57撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中の残雪の目立つ峰が檜尾岳。まだひと山超えてかないといけない。
1
こんなに景色が良いんだから、もう頑張るしか!
2021年06月09日 10:07撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなに景色が良いんだから、もう頑張るしか!
1
小檜尾岳に到着。もう少しで檜尾岳だろうと思っていたら・・。
2021年06月09日 10:17撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小檜尾岳に到着。もう少しで檜尾岳だろうと思っていたら・・。
檜尾避難小屋のピークの、さらに向こうが檜尾岳。
まだまだある・・。
2021年06月09日 10:17撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜尾避難小屋のピークの、さらに向こうが檜尾岳。
まだまだある・・。
2
雪渓横断中。足を強く蹴りこまないと、すぐに崩れ落ちます。斜度もややあります。
2021年06月09日 10:22撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓横断中。足を強く蹴りこまないと、すぐに崩れ落ちます。斜度もややあります。
登山口から4時間半で避難小屋到着。
小檜尾岳から先は、空木岳〜熊沢岳も常に登山のお供。
2021年06月09日 10:34撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から4時間半で避難小屋到着。
小檜尾岳から先は、空木岳〜熊沢岳も常に登山のお供。
2
こんにちは・・・。誰も居ません。
2021年06月09日 10:32撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんにちは・・・。誰も居ません。
3
小屋の周辺はミヤマキンバイの群落がたくさん。
2021年06月09日 10:34撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の周辺はミヤマキンバイの群落がたくさん。
6
檜尾岳山頂前の最後の長い雪渓。ここはアイゼン付けたくなる、脆く崩れやすい急傾斜です。手前の建築物は??。
2021年06月09日 10:41撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜尾岳山頂前の最後の長い雪渓。ここはアイゼン付けたくなる、脆く崩れやすい急傾斜です。手前の建築物は??。
3
登り切って振り返る。アイゼン付けずに切り抜けましたが、着けた方が安全だったな。迷うところ。
2021年06月09日 10:50撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り切って振り返る。アイゼン付けずに切り抜けましたが、着けた方が安全だったな。迷うところ。
待望の檜尾岳山頂。
中央アルプスの縦走ラインの真ん中あたりにいる快感!
2021年06月09日 10:57撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
待望の檜尾岳山頂。
中央アルプスの縦走ラインの真ん中あたりにいる快感!
6
この後に進む宝剣岳への縦走の長さを考えると、ここで長めの休憩とランチをとっておきます。
2021年06月09日 11:21撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後に進む宝剣岳への縦走の長さを考えると、ここで長めの休憩とランチをとっておきます。
4
東西を分ける頂点なので風が強くて、虫は寄ってこれません。
さて、宝剣岳に向かいます。
2021年06月09日 11:24撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東西を分ける頂点なので風が強くて、虫は寄ってこれません。
さて、宝剣岳に向かいます。
2
写真右手、濁沢大峰に向けては結構下降します。
2021年06月09日 11:39撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真右手、濁沢大峰に向けては結構下降します。
鞍部より。ここもカール地形です。
2021年06月09日 11:52撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部より。ここもカール地形です。
登り返しがキツイ!
2021年06月09日 11:52撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り返しがキツイ!
濁沢大峰を通過中。
2021年06月09日 12:23撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
濁沢大峰を通過中。
1
予想通り岩だらけで、なかなか進みません。
2021年06月09日 12:34撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予想通り岩だらけで、なかなか進みません。
2
標示は消失してますが、濁沢大峰の標柱。
2021年06月09日 12:39撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標示は消失してますが、濁沢大峰の標柱。
2
右手、とんがって見える島田娘にかけては、2段階の登りが待っている。そろそろ脚が悲鳴をあげ始めている。
2021年06月09日 12:45撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手、とんがって見える島田娘にかけては、2段階の登りが待っている。そろそろ脚が悲鳴をあげ始めている。
2
第一弾の急登。かなり水分を消費して残量が心配になり始める(今回は計1.7Lを持参)。
2021年06月09日 12:51撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一弾の急登。かなり水分を消費して残量が心配になり始める(今回は計1.7Lを持参)。
島田娘は南側から見ると、こんなに鋭く見える。あそこを登り切らないと極楽平に到着しない。
2021年06月09日 13:10撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
島田娘は南側から見ると、こんなに鋭く見える。あそこを登り切らないと極楽平に到着しない。
2
濁沢大峰の通過で体力をかなり失ったので、この最後の急登のなんとキツイこと。
2021年06月09日 13:21撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
濁沢大峰の通過で体力をかなり失ったので、この最後の急登のなんとキツイこと。
3
登っては立ち止まり水分摂取を繰り返すので、超鈍足です。
2021年06月09日 13:29撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登っては立ち止まり水分摂取を繰り返すので、超鈍足です。
1
なんとか島田娘を越えました。
ここまでくれば極楽平は目の前です。
2021年06月09日 13:46撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか島田娘を越えました。
ここまでくれば極楽平は目の前です。
2
極楽平です。右手、千畳敷に下る道は雪でよく分からず、入る気になりません。宝剣岳に行くので使いませんが。
2021年06月09日 13:54撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
極楽平です。右手、千畳敷に下る道は雪でよく分からず、入る気になりません。宝剣岳に行くので使いませんが。
2
さぁ、足はだいぶボロボロですが、宝剣岳が近づきます。
2021年06月09日 14:06撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、足はだいぶボロボロですが、宝剣岳が近づきます。
3
檜尾岳山頂以降は、長い休憩を取れてません。
なのでここは、時間をかけてユックリ超えて行きます。
2021年06月09日 14:24撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜尾岳山頂以降は、長い休憩を取れてません。
なのでここは、時間をかけてユックリ超えて行きます。
2
宝剣岳山頂直下。青空キレイ!
2021年06月09日 14:31撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣岳山頂直下。青空キレイ!
5
伊那前岳を見ながら、貸し切り山頂で久しぶりの休憩。
2021年06月09日 14:42撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊那前岳を見ながら、貸し切り山頂で久しぶりの休憩。
2
宝剣の剣先が、青空に突き刺さる。
山頂でとてもユックリできて、幸せ〜。
2021年06月09日 14:48撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣の剣先が、青空に突き刺さる。
山頂でとてもユックリできて、幸せ〜。
5
降りてきて、お馴染みの天狗様です。
2021年06月09日 15:01撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りてきて、お馴染みの天狗様です。
1
乗越浄土まで下りてきて、この下でアイゼンを着けました。
2021年06月09日 15:08撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗越浄土まで下りてきて、この下でアイゼンを着けました。
1
腐れ雪で足元が容易に崩れます。
2021年06月09日 15:33撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腐れ雪で足元が容易に崩れます。
刃の長さのあるアイゼンでも雪が崩れ落ちます。ピッケルなどを併用しないと危険です。
2021年06月09日 15:33撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刃の長さのあるアイゼンでも雪が崩れ落ちます。ピッケルなどを併用しないと危険です。
4
千畳敷のロープウエイ駅に到着。長い1日だった〜。
2021年06月09日 15:56撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千畳敷のロープウエイ駅に到着。長い1日だった〜。
3
撮影機材:

感想/記録
by atov

檜尾尾根は登山口標高が1220mで、檜尾岳までの高低差1500mを考えたくないスタートから始まります。
でも高山帯に向けて標高を上げる中で、植生や花の変化を味わえることと、整備のとても良好な道が助けになって、数多くの急登も乗り越えることができます。
ハイマツ帯まで上がれば大展望が常に目に入り、疲れも吹き飛びます。

ポイントはやはり檜尾岳山頂以降の、アップダウンの大きい縦走です。
濁沢大峰の岩稜帯越え⇒島田娘への2段階急登で、かなり体力消耗。
宝剣岳に行かずに、極楽平から千畳敷に降りてしまうおうかと一瞬思いました。
ただ、極楽平から下部の雪の状況の危険さを見ると、これはこのまま宝剣岳を越えた方が良いと思い直しました。

乗越浄土から千畳敷に降りる雪道の状態は、かなり荒れています。
心して行かれるよう願います。

山行中の休憩は、ロープウエイ下山の最終(17時発)に支障が無いよう可能な限り取りましたが、不測の事態を考慮して余裕を持つ16時頃の到着を目指したので、日帰りとしては脚力を試される内容でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:435人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ