また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3529189 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 剱・立山

立山

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年09月18日(土) ~ 2021年09月19日(日)
メンバー
天候一日目雨、二日目晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
扇沢駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間40分
休憩
1分
合計
4時間41分
S黒部平駅07:4711:14東一ノ越11:1512:28一の越山荘
2日目
山行
7時間19分
休憩
2時間48分
合計
10時間7分
一の越山荘04:3906:10雄山06:3606:51立山07:0207:06大汝休憩所07:2007:35富士ノ折立07:4708:39真砂岳10:14剱御前小舎10:3210:39剱御前山(最高点)10:56剱御前11:0411:17剱御前山(最高点)11:2511:30剱御前小舎11:5112:51新室堂乗越13:0013:17浄土橋13:22雷鳥沢キャンプ場14:0014:33みくりが池温泉14:3514:36みくりが池14:3714:46室堂バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
黒部平からとにかく薮こぎ、雨だけでなく藪についた雨滴で、ぬれた。

写真

扇沢駅の駅長さんが、
「今日は6:30から観光放流が始まっています。しかも、今日は迫力がある上からの放流です!」
とおっしゃっていました。迫力あります!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇沢駅の駅長さんが、
「今日は6:30から観光放流が始まっています。しかも、今日は迫力がある上からの放流です!」
とおっしゃっていました。迫力あります!
1
下に小さく見えるのが黒部平駅で、左上に見えるのが大観峰駅。ロープウェーが小さく動いています。
2021年09月18日 10:35撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下に小さく見えるのが黒部平駅で、左上に見えるのが大観峰駅。ロープウェーが小さく動いています。
一ノ越山荘が見えた!左は龍王岳。ここから見えるけれど遠い一ノ越山荘…。
2021年09月18日 11:27撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ越山荘が見えた!左は龍王岳。ここから見えるけれど遠い一ノ越山荘…。
8月にあった雪渓がすっかりない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8月にあった雪渓がすっかりない。
シラタマノキ。白い果実は、サルチル酸メチル(湿布薬)の香りがする。
2021年09月18日 11:41撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラタマノキ。白い果実は、サルチル酸メチル(湿布薬)の香りがする。
1
ヘッドランプが室堂から登ってくる。
2021年09月19日 04:52撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘッドランプが室堂から登ってくる。
一ノ越山荘のあかりと、富山大学立山研究所のある尾根に向かって登るヘッドランプ。
2021年09月19日 04:53撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ越山荘のあかりと、富山大学立山研究所のある尾根に向かって登るヘッドランプ。
一ノ越山荘のあかり。
2021年09月19日 05:08撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ越山荘のあかり。
薬師岳方面。槍がみえるような…
2021年09月19日 05:08撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳方面。槍がみえるような…
龍王岳と一ノ越山荘。
2021年09月19日 05:09撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍王岳と一ノ越山荘。
日の出。
2021年09月19日 05:34撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出。
1
日の出
2021年09月19日 05:34撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出
雄山に登る途中で剱岳に朝日があたっている。
2021年09月19日 05:35撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄山に登る途中で剱岳に朝日があたっている。
八ヶ岳が左に見えて、奥の地平線上に富士山。
2021年09月19日 05:36撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳が左に見えて、奥の地平線上に富士山。
龍王岳に、朝日が当たる。
2021年09月19日 05:37撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍王岳に、朝日が当たる。
槍ヶ岳が左側に見える。
2021年09月19日 05:39撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳が左側に見える。
日の出
2021年09月19日 05:58撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出
雄山。ようやく社務所があいた。太鼓の音がときどきする。
2021年09月19日 05:59撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄山。ようやく社務所があいた。太鼓の音がときどきする。
立山雄山神社本宮
2021年09月19日 06:24撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山雄山神社本宮
雄山頂上。こんなに簡単に3,000m峰に登れてうれしい。向こうに剱岳が見えた。こんなに晴れた立山は今年初めてでうれしい。
2021年09月19日 06:27撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄山頂上。こんなに簡単に3,000m峰に登れてうれしい。向こうに剱岳が見えた。こんなに晴れた立山は今年初めてでうれしい。
本宮から社務所を見る。向こうに五色ヶ原。その向こうに薬師岳。
2021年09月19日 06:30撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本宮から社務所を見る。向こうに五色ヶ原。その向こうに薬師岳。
富士山
2021年09月19日 06:56撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山
大汝山。大日岳が見えるような
2021年09月19日 06:57撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝山。大日岳が見えるような
大汝山から剱岳
2021年09月19日 06:57撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝山から剱岳
大汝休憩所。平和Tシャツを2枚買った。トイレがとってもきれいだった。
2021年09月19日 07:15撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝休憩所。平和Tシャツを2枚買った。トイレがとってもきれいだった。
富士の折立
2021年09月19日 07:37撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士の折立
富士の折立から剱岳。
2021年09月19日 07:38撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士の折立から剱岳。
真砂岳
2021年09月19日 08:30撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真砂岳
内蔵助山荘。右下に続く道を歩いてみたい。
2021年09月19日 08:34撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
内蔵助山荘。右下に続く道を歩いてみたい。
振り返って歩いてきた道と富士の折立をみる
2021年09月19日 08:34撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って歩いてきた道と富士の折立をみる
雪渓がすっかりなくなっている
2021年09月19日 09:40撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓がすっかりなくなっている
残雪期きけん
2021年09月19日 09:41撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪期きけん
草紅葉と剱岳
2021年09月19日 10:51撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草紅葉と剱岳
剱御前の美しい道。
2021年09月19日 10:52撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱御前の美しい道。
剱御前の三角点。ここまで剱御前小屋から45分ぐらい歩いた。剱御前小屋から10分ほどが最高点。
2021年09月19日 10:57撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱御前の三角点。ここまで剱御前小屋から45分ぐらい歩いた。剱御前小屋から10分ほどが最高点。
早月尾根。剱岳が下まで見えて美しい。
2021年09月19日 10:57撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早月尾根。剱岳が下まで見えて美しい。
源次郎尾根。
2021年09月19日 10:58撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源次郎尾根。
剱御前下山路
2021年09月19日 11:03撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱御前下山路
立山がみえる
2021年09月19日 11:05撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山がみえる
剱御前の最高峰の方。
2021年09月19日 11:22撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱御前の最高峰の方。
剱御前小屋から新室堂乗越方面に下山。振り返って小屋を見る。
2021年09月19日 12:00撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱御前小屋から新室堂乗越方面に下山。振り返って小屋を見る。
景色よし
2021年09月19日 12:00撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色よし
草紅葉
2021年09月19日 12:13撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草紅葉
草紅葉
2021年09月19日 12:13撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草紅葉
草紅葉
2021年09月19日 12:40撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草紅葉
雷鳥沢
2021年09月19日 12:58撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥沢
雷鳥沢
2021年09月19日 12:58撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥沢
雷鳥沢キャンプ場。朝は少ししかテントがなかったのに、今は1m間隔んでたっている。
2021年09月19日 13:31撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥沢キャンプ場。朝は少ししかテントがなかったのに、今は1m間隔んでたっている。
みくりが池。すっかり雪渓がなくなっている。
2021年09月19日 14:34撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みくりが池。すっかり雪渓がなくなっている。
みくりが池から室堂バスターミナルまでの間にもたくさんのシラタマノキ
2021年09月23日 23:42撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みくりが池から室堂バスターミナルまでの間にもたくさんのシラタマノキ
到着。2Lペットボトルとサーモス500mL が両方空っぽになって、ちょうど湧水に到着。
2021年09月19日 14:48撮影 by 801FJ, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着。2Lペットボトルとサーモス500mL が両方空っぽになって、ちょうど湧水に到着。

感想/記録

<東一の越まで>黒部平駅の方に、熊がよく出ると助言いただきました。鈴を鳴らして緊張して歩きました。だれもいないし、けもの道のような登山道なので、いかにも出会いがしらに熊に会いそうです。植物が道を隠してしまってわかりにくいうえ、台風の残りの雨と、ヤブこぎでとても疲れました。全身濡れました。タンボ沢を渡るとき、沢にぶつかった後いったん沢沿いに20mほど登ってから壊れた木のはしごを使って沢に降ります。最初に沢にぶつかったときにそのまま沢を斜め上に向かって渡れば楽だったのになーと思いました。雪渓が消えていたからでしょうけど。
<東一の越>2512m峰にピストンを予定していましたが、つらくてあきらめました。小屋跡のような石積みが残っていました。ヤブとはおさらばだーとうれしかったです。ここからあこがれの山腹トラバースです。雪渓はすっかりありません。龍王岳がかっこよいです。雨が強くなってきましたがまだ風はありません。一ノ越山荘が見えたけれど、ここから1時間かかりました。小屋について15時ごろから雨風強まりました。
<一ノ越山荘>みなさん濡れていて、乾燥室が混雑。予約時満室と言われましたが、悪天候でそこまで混んでいませんでした。携帯トイレが安いので5個買いました。トイレは水洗できれいです。食事も豪華でした。
<一ノ越>3:00にはすっかり晴れて星空がきれいでした。
<大汝山>荷物を置いてピストン。氷河がよく見えました。休憩所は映画「春を背負って」のままでした。平和(梵字)Tシャツを買いました。トイレとってもきれいでした。
<富士の折立>前を行く人が登っていたので、空身で登りました。ペンキが薄くて分かりにくく、ほとんどの人が適当に登っていました。
<別山とトラバース道と剱沢からの合流点>前回別山を登ったので今回は山腹についたはらはらしそうなトラバース道を通って剱御前小屋に向かいました。合流点に出た瞬間目の前に三角形の剱岳が現れ、雄大さに感動しました。しばらくここで休憩。とにかくどこにも雲がなく、360度すべて見えました。
<剱御前>あまりの天気のよさに、予定を変えて、空身で剱御前にピストンすることにしました。手前は最高点だが、木の看板がある岩の裏側がコースになっていて、見落としてしまいました。帰りに若者が看板をもって写真を撮っていたので気付きました。奥の三角点まで簡単な岩の登り降りがあるが、きれいな尾根道です。途中池塘もありました。三角点に到着したら、目の前に剱岳が大きく見えて迫力満点。早月尾根と源次郎尾根がすべて見えて美しく、来てよかったと思いました。
<新室堂乗越>雷鳥沢のアンモニア臭がいやでこちらから降りました。紅葉と青空のコントラストが見事。
<帰路>2021年は3回室堂に入ったけど、今回初めて雲一つない素晴らしい一日でした。室堂からのバスでは、棒とそれにつけた右側青旗左橙旗が路肩に見えて、冬支度だなーと思いました。富山市上空は高度1000mのあたりで真っ平の雲海に覆われていて、飛行機で雲海上を飛んでいるときのようで素晴らしかったです。帰りの新幹線で、上高地あたり震度5弱の地震と聞きました。室堂も揺れたかな。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:150人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ