また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3910315 全員に公開 山滑走 槍・穂高・乗鞍

槍ヶ岳3180m:厳冬期に槍ました〜

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年01月10日(月) [日帰り]
メンバー
天候ド快晴!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新穂高無料駐車場
経路を調べる(Google Transit)
GPS
15:24
距離
28.5 km
登り
2,416 m
下り
2,446 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
13時間13分
休憩
2時間11分
合計
15時間24分
Sスタート地点00:2900:46小鍋谷ゲート01:34穂高平小屋02:25白出沢出合02:2703:47滝谷避難小屋03:53藤木レリーフ04:47槍平小屋04:5607:15飛騨沢千丈乗越分岐09:27飛騨乗越09:4009:58槍ヶ岳山荘10:1210:33槍ヶ岳11:2011:31槍ヶ岳山荘11:3511:45飛騨乗越12:0512:21飛騨沢千丈乗越分岐12:38槍平小屋12:5213:17藤木レリーフ13:1813:21滝谷避難小屋13:2215:12白出沢出合15:26穂高平小屋15:37小鍋谷ゲート15:41新穂高温泉駅15:4715:49中崎山荘 奥飛騨の湯15:53新穂高温泉バス停15:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
右俣林道はスタートから雪が繋がっています。白出沢からは登山道になります。もう2降りないと沢床歩行は難しいです。槍平小屋からは上を向いて進もう!この日は30cmの新雪が乗っていましたが、結合は良く、雪崩警戒の雪では無かったです。登りは3パーティー4名、単独2、我々2名の4人でした。下りはブルークリフの小屋泊山スキーボードツアーの方が5名程下って行かれたのでシュプールはかなり多数でした。
過去天気図(気象庁) 2022年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 3000m級は天気が良くてもインナー保温ジャケットは必要です。

写真

スタートはktn92さんも一緒でしたが、足首捻挫の痛みが出て、白出沢でリターン・・・今度は絶対一緒にやりましょう!
2022年01月10日 01:12撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートはktn92さんも一緒でしたが、足首捻挫の痛みが出て、白出沢でリターン・・・今度は絶対一緒にやりましょう!
1
(to) 登山道を行くJunDr さん
2022年01月10日 02:33撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(to) 登山道を行くJunDr さん
1
登山道を淡々と進みます
2022年01月10日 02:34撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道を淡々と進みます
眠たいっす!
2022年01月10日 04:51撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眠たいっす!
まだ眠たいっす・・・フラフラ登っていました
2022年01月10日 06:34撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ眠たいっす・・・フラフラ登っていました
白みてきました。奥丸山
2022年01月10日 06:35撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白みてきました。奥丸山
3
(to) JunDr さんに引っ張られて登ります・・・時々立ったまま寝てました(夢の中)
2022年01月10日 06:38撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(to) JunDr さんに引っ張られて登ります・・・時々立ったまま寝てました(夢の中)
1
(to) 夜が開けます。笠ヶ岳と雲海が素晴らしい。
2022年01月10日 06:56撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(to) 夜が開けます。笠ヶ岳と雲海が素晴らしい。
2
一歩一歩上を目指すしか無い
2022年01月10日 06:57撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一歩一歩上を目指すしか無い
4
笠もお出まし。今日はキット山が呼んでくれている
2022年01月10日 06:58撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠もお出まし。今日はキット山が呼んでくれている
4
雲海が綺麗
2022年01月10日 06:58撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海が綺麗
3
(to) 笠ヶ岳がお目覚め。
2022年01月10日 07:11撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(to) 笠ヶ岳がお目覚め。
2
風も少なく最高の天気が約束された!
2022年01月10日 07:12撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風も少なく最高の天気が約束された!
3
さあ槍ますぞ!
2022年01月10日 07:12撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ槍ますぞ!
3
(to) 飛騨乗越は見えているが、なかなか近づいてこない。
2022年01月10日 07:15撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(to) 飛騨乗越は見えているが、なかなか近づいてこない。
1
見事な雲海
2022年01月10日 07:19撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事な雲海
3
真っ白な笠方面
2022年01月10日 09:00撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白な笠方面
4
(to) 槍沢方面、
2022年01月10日 09:55撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(to) 槍沢方面、
1
(to) 大喰岳方面
2022年01月10日 09:55撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(to) 大喰岳方面
4
槍のお出まし。さあ行くぞ。最後の登り(下りの方が怖いけど〜)
2022年01月10日 09:59撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍のお出まし。さあ行くぞ。最後の登り(下りの方が怖いけど〜)
8
久しぶりのアルプスの眺め
2022年01月10日 09:59撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりのアルプスの眺め
2
小屋の東面は極めてポカポカ
2022年01月10日 09:59撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の東面は極めてポカポカ
1
さて穂先へ・・行きます
2022年01月10日 09:59撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて穂先へ・・行きます
2
(to) JunDr さん、槍ヶ岳にアタックの図
2022年01月10日 10:23撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(to) JunDr さん、槍ヶ岳にアタックの図
1
オッソロシイ登りで何とか山頂ゲット
2022年01月10日 10:42撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オッソロシイ登りで何とか山頂ゲット
7
ここからの眺めは久しぶりです
2022年01月10日 10:43撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからの眺めは久しぶりです
5
北鎌の最後の登り
2022年01月10日 10:43撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北鎌の最後の登り
3
常念山脈もクッキリと!
2022年01月10日 10:43撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念山脈もクッキリと!
4
10回以上は来ていると思うが、鎖場もかなり変わってしまっていたし、槍山頂はこんなにも狭かったかな?
2022年01月10日 10:43撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10回以上は来ていると思うが、鎖場もかなり変わってしまっていたし、槍山頂はこんなにも狭かったかな?
2
背後は穂高。S崎!わしらはもう還暦前だぞ〜〜。君は49のままか〜〜
2022年01月10日 10:43撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背後は穂高。S崎!わしらはもう還暦前だぞ〜〜。君は49のままか〜〜
6
三角点は触られすぎで丸い?
2022年01月10日 10:45撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点は触られすぎで丸い?
3
恐ろしい下りが待っています・・・
2022年01月10日 10:45撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恐ろしい下りが待っています・・・
4
少し遅れてtooruohさん余裕で登場
2022年01月10日 10:46撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し遅れてtooruohさん余裕で登場
5
(to) やった!天辺まで来れた!!!JunDr さんありがとうございます。
2022年01月10日 10:46撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(to) やった!天辺まで来れた!!!JunDr さんありがとうございます。
2
穂高も綺麗に・・
2022年01月10日 10:47撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高も綺麗に・・
3
(to) 槍ましたね!槍ブルーが素晴らしい!!
2022年01月10日 10:47撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(to) 槍ましたね!槍ブルーが素晴らしい!!
5
何故か感動が少ないのは、いい歳だからかな〜〜
2022年01月10日 10:47撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何故か感動が少ないのは、いい歳だからかな〜〜
2
槍ました〜〜
2022年01月10日 10:48撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ました〜〜
11
(to) 小槍方面
2022年01月10日 10:48撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(to) 小槍方面
1
(to) 降りは見ている方が怖いです(恐)
2022年01月10日 11:14撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(to) 降りは見ている方が怖いです(恐)
3
恐怖の下りはぶっとくなった鎖に助けられました。ココはウィペットよりは短いピッケルの方が良いです。
2022年01月10日 11:31撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恐怖の下りはぶっとくなった鎖に助けられました。ココはウィペットよりは短いピッケルの方が良いです。
2
(to) 飛騨沢パウダーを楽しむJunDrさんの図1
2022年01月10日 12:18撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(to) 飛騨沢パウダーを楽しむJunDrさんの図1
2
(to) 飛騨沢パウダーを楽しむJunDrさんの図2
2022年01月10日 12:18撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(to) 飛騨沢パウダーを楽しむJunDrさんの図2
2
(to) 飛騨沢パウダーを楽しむJunDrさんの図3
2022年01月10日 12:18撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(to) 飛騨沢パウダーを楽しむJunDrさんの図3
2
(to) 飛騨沢パウダーを楽しむJunDrさんの図4
2022年01月10日 12:18撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(to) 飛騨沢パウダーを楽しむJunDrさんの図4
2
(to) 飛騨沢パウダーを楽しむJunDrさんの図5。この瞬間のために槍に来た!
2022年01月10日 12:18撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(to) 飛騨沢パウダーを楽しむJunDrさんの図5。この瞬間のために槍に来た!
4
(to) 飛騨沢パウダーを楽しむJunDrさんの図6
2022年01月10日 12:18撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(to) 飛騨沢パウダーを楽しむJunDrさんの図6
3
(to) 飛騨沢パウダーを楽しむJunDrさんの図7
2022年01月10日 12:19撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(to) 飛騨沢パウダーを楽しむJunDrさんの図7
2
乗越しからスキーを履いて登山道の柔らかめの雪を拾い下降し、パウダーが現れたところで、お楽しみの滑走
2022年01月10日 12:22撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗越しからスキーを履いて登山道の柔らかめの雪を拾い下降し、パウダーが現れたところで、お楽しみの滑走
好きなだけ落書き出来ます
2022年01月10日 12:22撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
好きなだけ落書き出来ます
7
tooruohさんもご満悦でした
2022年01月10日 12:22撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
tooruohさんもご満悦でした
3
槍平手前まで登りの4時間はホンノ10分くらい。
2022年01月10日 12:32撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍平手前まで登りの4時間はホンノ10分くらい。
1
最高の天気の北穂・滝谷ドーム
2022年01月10日 12:32撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高の天気の北穂・滝谷ドーム
1
先行者はブルークリフツアーでした・・・相当慣れた滑走ラインで帰りはオンザレール
2022年01月10日 12:32撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行者はブルークリフツアーでした・・・相当慣れた滑走ラインで帰りはオンザレール
3
滝谷は滑って渡れます
2022年01月10日 13:19撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝谷は滑って渡れます
1
暫くは滑れますが途中から、強烈なウップダウンが始まり、一部シール滑走に変更しました。登山道滑走でエナジーが切れかけてきました。
2022年01月10日 13:19撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫くは滑れますが途中から、強烈なウップダウンが始まり、一部シール滑走に変更しました。登山道滑走でエナジーが切れかけてきました。
1
白出からはオンザレールで約15分で新穂高へ!
チョット時間が掛かってしまいましたが、厳冬期槍ヶ岳ワンデイ槍ました〜〜〜
2022年01月10日 14:54撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白出からはオンザレールで約15分で新穂高へ!
チョット時間が掛かってしまいましたが、厳冬期槍ヶ岳ワンデイ槍ました〜〜〜
2

感想/記録

JunDrさんから槍ヶ岳へ行きますが、どうですか?とlineが来たのでもちろん行きますよ〜と返事をした。のは良いが、よく聞くと前日に焼岳に登って、槍ヶ岳はワンデーで行くとのこと(絶句・・・)だが、顔では笑って行きますか〜(汗)

深夜に新穂高温泉を出発、林道入口からシール歩行可能。先日のものと思われる立派なトレースが飛騨沢半ばまで続いていたため、ラッセルの苦労なかった(先行の皆さんありがとうございます)。ただ、槍平小屋を過ぎると暗闇の単調な飛騨沢登り、眠気が半端ない。気がつくと地蔵になっている(変な夢を見ていることも・・・)。ハッと目が覚めて歩き出すと言うことを繰り返す。こんなんでたどり着けるのだろうか?いやいや、進むしかないんだ!と自分を鼓舞しながら歩み続ける。JunDr さんには遅れがちだが「じっくり行こう」が最近のモットーだ。それでも、明るくなってくると体内時計が働くのだろうか、眠気は無くなっていった。

先行の山スキーヤー二人、JunDrさんと続いて飛騨乗越に近づいていく。飛騨乗越は風の通り道になっているので雪は吹き飛ばされて氷化斜面が多くなってくる。足場の確かなところでアイゼン歩行に切り替えて飛騨乗越に到着。スキーはここにデポして槍の穂先を目指す。

穂先へはカメラとピッケルだけの空荷でアタック。しっかりしたクサリが付けられていたのと、カチカチに氷化はしていなかったので割とスムーズに天辺に登頂。やった!槍ました!!!雲ひとつない晴天。この時期のこの天候は貴重だ、アッ!そうだ俺は晴男だったんだと思い出した(笑)。槍ブルーと純白の峰々を楽しんだら下山しよう。バックステップで慎重に降りる(怖)。ピッケルは必携と思います、ウィペットだけだとちょっと怖いかも・・・

デポ地点まで戻ったら、スキーを履いて滑降開始。滑り出し地点は斜度はあまり無いが、氷化している。慎重に夏道をトレースしながら、石を避けながら、とドロップポイントを探す。少し落とすと吹き溜まりが増えてくるので、良さげな斜面に飛び込んでみる。ちょっと急だったがスキーと体が反応してくれて気持ち良く落ちて行ける。最高じゃありませんか!!!目の前には広大な飛騨沢の雪原が広がり、スキーならどこでも滑り回れる。先行者のシュプールはあるがノートラックの斜面はいくらでも残っている。JunDr さんと好き放題にパウダースノーを楽しんだ。槍平小屋までは至福の時間、このためにここにやって来た。今日はTHE BIG DAYでしたね。

あとは消化試合のはずだが、登山道の降りアップダウンが自分にとっては核心だった。シールでの登山道のアップダウンが上手くいかなくて四苦八苦。先行のJunDr さんを随分お待たせることになってしまった。申し訳ありません。今後の課題とさせていただきます(泣)

白出沢からの林道はボブスレーコースとなっていてスキーの機動性を活かしてのスピーディーな下山。自分がもたもたしていたせいで余分に時間がかかってしまってJunDrさん、申し訳ありませんでしたが、無事に槍ヶ岳ワンデーができましたね。ありがとうございました。無理しても行って良かったです。

感想/記録
by JUNDr

昨日の焼岳が思ったよりも時間・体力を使い、翌日の槍ワンデイに影響が残らないか、やや心配しながらでしたが、tooruohさんの浮き沈み無い淡々とした安定したモチベーションに助けられ、突入しました厳冬期槍ワンデイ。

電波の入らない谷筋時間が長く、仕事の連絡が取りにくい環境での山行は極力止めてきたが、今週は仕事も安定しているし、久々の2連休だ!週休2日なら何度もチャンスはあるだろうが自分にはチャンスは僅かだ。

以前から槍たいな〜やらないとな〜と思いつつ、休みと好天のチャンスが無く先延ばしになっていた、厳冬期槍ワンデイですが漸く叶いました。しかもドピーカンとパウダーのご褒美付き。(前日、温泉に入りながら・・・飛騨沢なんてパックスノーだよ〜修行だけで楽しくないし・・・と散々コケにされてしまったが、ここはキッチリ、Big Mountain!!と言い返させていただきましょう)ココまでの条件はまずないので、絶対に諦め無い気持ちを持ち続け淡々と登りました。下りは小屋泊のスキーツアーパーティーのシュプールで賑わってしまいましたが、まあそれは仕方の無いこと。冬季の槍の穂先は注意して登りましょう。アイゼンワークは重要です。アルミでは無く出来ればクロモリアイゼンでね・・・
今回ktn92さん、tooruohさんと3名でスタートでしたが、ktn92さんの脚の具合が良くなく、白出沢でリターンとなりましたが、アラ還2名で諦めずに頑張りました!またチャンスがあれば皆で槍ましょう!



お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:1555人

コメント

呪…
2022/1/11 7:37
ktn92さんは呪いのせいだと嘆いておりました・・・・
2022/1/11 7:42
JUNDrさん、tooruohさん こんにちは。

厳冬期の槍ケ岳、憧れです。
スキーの機動性と厳冬期の3000m峰を登る技術&体力を発揮してのワンデイ登頂、おめでとうございます!!
何も言うことはありません。
とにかく凄すぎます!!!
近頃のアラ還、侮れませんね
2022/1/11 16:07
sumi8848さん このルートは技術系ではなく体力、気力、物好きなら誰でもチャンスはありますよ。本来なら穂先も確保はした方が安全ですが、山スキー系は技術より、体力勝負的なことが多く、まあ、自己満足系と呼んで下さい?
2022/1/11 17:39
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ