また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 396116 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥秩父

甲武信岳〜国師ヶ岳〜金峰山 〜興味への挑戦〜

情報量の目安: B
-拍手
日程 2007年06月09日(土) ~ 2007年06月10日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候6月8日(金) 曇り時々雨
6月9日(土) 曇り時々雨
6月10日(日) 曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
【行き】塩山→(甲州タクシー:7380円(深夜料金))→西沢渓谷入口
【帰り】金峰山荘→(川上観光タクシー:???円(25人乗りマイクロバス))→信濃川上
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

6月9日(土) 曇り時々雨

    トイレ 04:15
05:19 1619 05:29
06:38 2111 06:54
08:07 甲武信小屋 09:07
09:24 甲武信岳 通過
09:52 2396(水師) 通過
10:24 2373(富士見) 10:52
11:12 2263 通過
11:50 2271.6(東梓) 通過
12:08 2224 通過
12:22 国師ノタル 通過
12:37 2236 12:57
13:16 2295通過
13:40 2465通過
14:30 国師岳手前

6月10日(日) 曇り時々雨

    国師岳手前 03:59
04:13 国師岳 通過
04;20 北奥千丈岳ピストン 04:33
04:39 前国師岳 通過
05:01 大弛小屋 通過
05:15 2447 通過
05:28 朝日峠 通過
05:47 2528 通過
05:59 朝日岳 06:11
07:03 金峰山 08:24
08:39 金峰山小屋 通過
10:00 林道終点
過去天気図(気象庁) 2007年06月の天気図 [pdf]

感想/記録

手記の転載


6月8日(金) 曇り時々雨

00:26 塩山駅着
 いろいろと用事があったので先に行くMZにザックを持ってってもらう。ありがとね♪ そして、終電で塩山駅に着いた。現役と同じ電車で先に行って待っていたMZには申し訳ない。塩山駅で3時間ほど待たせてしまった。本当にごめん。。。
00:55 塩山発
 タクシーを予約していなかったためなかなか乗れない。順番待ちする。だからといって予約しとけばよかったとも思わない。何時に着くか分からないし・・・・。でも、MZに捕まえといてほしかった。こんな時間なのに「西沢渓谷までお願いします」はちょっと言いにくかった。運ちゃんアリガトー(>_<)!
01:20 西沢渓谷着
 思ったよりも涼しぃ。霧雨がすごくてヘッデンで照らすと見にくい。右足が水溜りに入った。普通のスニーカーなのに・・・・。
01:40 分岐のトイレ着
 屋根があるところでテントも立てずにそっこーで寝る。トイレの水は沢水を引いたもので飲めない。この場所(時期?)にはヌカカはいないのでとっても気持ちいい。
01:45 就寝

6月9日(土) 曇り時々雨

 シュラフなのに寒い。カバーで寝たMZは平気なのだろうか?
03:30 起床
 寝た気があまりしない。買っておいた朝飯を食べて出発する。夏至に近いため明るくヘッデン不要だ☆
04:15 発
04:22 分岐通過
 徳ちゃん新道に入る。西沢山荘のほうに鹿がいた。
05:19 1619着
 一気に450m登った。雨は降っていない。暑い!ひょっとして晴れるかも・・・・?
05:29 発
06:00 1869通過
 シャクナゲがキレイ。次の休憩で写真を撮ろうとしたら咲いてる地点を過ぎてしまった。
06:38 2111着
 今度は500m登った。急に寒くなる。もうこの標高にシャクナゲはない。
06:54 発
 残雪が少しあった。今年はしぶとい。
07:43 分岐通過
07:54 木賊山通過
 思ったよりも立派なピーク。でももう来なくていいや♪北側は急な斜面。甲武信小屋手前に少し雪がある。
08:07 甲武信小屋着
 とっても眠いので仮眠をする。トイレはできたばかりでキレイ。しかし、土足禁止らしく靴を脱がないといけない。コブ(犬)が足に抱きついてきた。水が50円/Lで売っている。値段からして水場の水なのだろう。「水場まで行けばタダだよ」と言われた。雨が降ってきた。晴れるわけないか。凹む↓↓このままココに泊まっちゃおうとかいろんな意見が出たけど頑張って進む。
09:07 発
09:24 甲武信岳通過
 甲武信岳3回目の登頂。360°見えるらしいが今回もほとんど見えない。いつになったら見えるのだろうか?
09:40 分岐通過
 千曲川源流へ下る道との分岐。なんと、甲武信岳(千曲川)と槍ヶ岳(梓川)は信濃川の源流なのだ!!!
09:52 2396(水師)通過
 釜ノ沢西俣をつめたトコ。樹林帯で何も見えないのでスルー。
10:24 2373(富士見)着
 寒い雨の中、昼飯にする。パンとハンバーグ。とってもとっても寒い。。。
10:52 発
11:12 2263通過
 甲武信〜国師ヶ岳で唯一景色が見れるところらしい。今回はどうだったかっていうと「らしい」ってトコが重要ね♪
11:50 2271.6(東梓)通過
12:08 2224通過
12:22 国師ノタル通過
 2224と2236の間のコル。ココから国師の登りだー。
12:37 2236着
 長めに歩いた。晴れてきたけどココは樹林帯。現役はこの頃、鷹見岩に登って景色を見れたらしい。羨ましい。
12:57 発
13:16 2295通過
13:40 2465通過
 雪がいっぱい出てきた。国師北稜で稜線に出て右に曲がるような錯覚を起こす所がある。しかし、進行方向が明らかに西を向かない限り国師岳付近ではない。地形図をよく見ると北稜の中で直角に曲がっている所がある。読図を間違えてしまい、MZがバテて動けなくなったので登山道にテントを張る。下が軟らかいし平らでとっても快適。
14:30 国師岳手前着
 入った瞬間MZが寝る。死んでるように見えてちょっと怖かった。一人で夕食を作る。レトルトのごはんと中華丼。6缶中2缶飲んで早めに寝る。
18:30 就寝

6月10日(日) 曇り時々雨

 フリースと雨具も着ているのに寒い。
02:30 起床
 棒ラーメンを食べて撤収する。とっても寒いのに雨まで降っている。
03:59 発
04:03 登山道が直角に曲がるところ通過
 方角が西に変わった。やっと東西の稜線に出た。ガスっていた所為もあってか西沢への道は分からなかった。
04:13 国師岳通過
04;20 北奥千丈岳との分岐通過
 荷物を置いてピストンする。
04:28 北奥千丈岳ピストン
 途中の道にはどっさりと雪が残ってた。地面なんて見えない。少なくとも30cmはある。
04:33 北奥千丈岳との分岐通過
 荷物を回収して出発する。
04:38 階段通過
 立派な階段がある。国師ヶ岳から先はもう観光地。
04:39 前国師岳通過
 立派な階段がいっぱい。サンダルでも大丈夫そう。「夢の庭園」に行ってみるが何も咲いていない。てっきり花が咲く場所だと思ったら岩と灌木が巧みになっている様が見所らしい。
04:50 分岐通過
 「夢の庭園」がつまらないので階段で整備された道を行く。
05:01 大弛小屋通過
 わぉ。舗装された車道があって車が停まっている。
05:15 2447通過
05:28 朝日峠通過
05:47 2528通過
05:53 二〇〇〇米通過
05:59 朝日岳着
 晴れてたら金峰山が見えるんだろうなぁ〜。風が吹いていて寒い。山頂手前に残雪が少しあった。
06:11 発
06:34 鉄山との分岐通過
 どうやらピークにいけるらしい。スルーする。
07:03 金峰山着
 早く着きすぎた。寒〜い中、現役を待つ。五丈岩に登ろうとしたけど安全には登れないと思う。結局登らなかった。岩が濡れているときは登らないほうが無難。
08:24 発
08:39 金峰山小屋通過
 現役P(TKP)の後ろで最後尾を行く。昔を思い出す。少し雪があったけど予想よりもかなり少ないので逆に驚く。人がいっぱい入ってる所為なのだろうか?
10:00 林道終点着
 長かった。金峰山荘までひたすら歩いてパンとミートボールを食べる。現役と一緒にタクシー(マイクロバス)で信濃川上駅へ。
13:36 信濃川上駅発

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:403人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ