また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4107347 全員に公開 山滑走 槍・穂高・乗鞍

新穂高から槍ヶ岳 BCスキー・ボード

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年03月19日(土) ~ 2022年03月21日(月)
メンバー
 uch
, その他メンバー1人
天候3/19 小雨
3/20 晴
3/21 晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)
GPS
50:27
距離
33.0 km
登り
2,391 m
下り
2,378 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち38%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間3分
休憩
23分
合計
6時間26分
S新穂高温泉バス停08:3708:38新穂高登山指導センター08:4008:43中崎山荘 奥飛騨の湯09:18小鍋谷ゲート09:1910:19穂高平小屋10:3511:34白出沢出合13:56滝谷避難小屋13:5713:59藤木レリーフ14:0215:03槍平小屋
2日目
山行
5時間23分
休憩
4時間6分
合計
9時間29分
槍平小屋04:0206:07飛騨沢千丈乗越分岐06:2608:10飛騨乗越08:5609:06槍ヶ岳山荘09:5610:08槍ヶ岳11:2411:33槍ヶ岳山荘11:5412:00飛騨乗越12:3412:58飛騨沢千丈乗越分岐13:31槍平小屋
3日目
山行
3時間44分
休憩
14分
合計
3時間58分
槍平小屋06:5009:24白出沢出合09:3109:49穂高平小屋10:13小鍋谷ゲート10:1510:37新穂高温泉駅10:41新穂高登山指導センター10:4610:48新穂高温泉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2022年03月の天気図 [pdf]

写真

(一日目 3/19) 4時起床、4:15出発。山道の気温表示でも0℃以上で暖かい。8:00、P3 県有公共駐車場到着。雪がパラつく。この先気温が上がって雨になるかもしれないので傘をさしていく。 (08:03:46)
2022年03月19日 08:03撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(一日目 3/19) 4時起床、4:15出発。山道の気温表示でも0℃以上で暖かい。8:00、P3 県有公共駐車場到着。雪がパラつく。この先気温が上がって雨になるかもしれないので傘をさしていく。 (08:03:46)
右俣林道はデブリが多く大変。 (09:36:18)
2022年03月19日 09:36撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右俣林道はデブリが多く大変。 (09:36:18)
右俣谷第4号砂防堰堤。沸き水で路面が出ていて板を外す。ずっと小雨が降っていて傘さしながらなので面倒。 (09:48:57)
2022年03月19日 09:48撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右俣谷第4号砂防堰堤。沸き水で路面が出ていて板を外す。ずっと小雨が降っていて傘さしながらなので面倒。 (09:48:57)
右俣谷第4号砂防堰堤。昭和44年完成だけれど、令和2年に増し厚、嵩上げ工事されたので新しい。 (09:49:13)
2022年03月19日 09:49撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右俣谷第4号砂防堰堤。昭和44年完成だけれど、令和2年に増し厚、嵩上げ工事されたので新しい。 (09:49:13)
穂高平小屋到着。 (10:18:43)
2022年03月19日 10:18撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高平小屋到着。 (10:18:43)
雨の凌げる物置で昼食休憩。 (10:22:46)
2022年03月19日 10:22撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨の凌げる物置で昼食休憩。 (10:22:46)
穂高平。 (10:36:25)
2022年03月19日 10:36撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高平。 (10:36:25)
右俣林道終点、白出沢。ここからは山道なのに雨は降り止まず、うんざりする。気温は7℃もある。 (11:38:24)
2022年03月19日 11:38撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右俣林道終点、白出沢。ここからは山道なのに雨は降り止まず、うんざりする。気温は7℃もある。 (11:38:24)
チビ谷とブドウ谷の間のデブリ地帯。 (12:49:51)
2022年03月19日 12:49撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チビ谷とブドウ谷の間のデブリ地帯。 (12:49:51)
先行者のトレースに釣られて夏道沿いに行ったのだけど、河原に降りた方が良かった。デブリの通過が大変だった。次行くとしたら、林道終点から1550mキープで河原に出るルートにしたい。 (12:53:07)
2022年03月19日 12:53撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行者のトレースに釣られて夏道沿いに行ったのだけど、河原に降りた方が良かった。デブリの通過が大変だった。次行くとしたら、林道終点から1550mキープで河原に出るルートにしたい。 (12:53:07)
チビ谷手前で河原にピンテがあるのを見つけて河原に降りる。これまでのデブリ通過が徒労だった。 ちょうどこのあたりで雨が雪に変わってくれて、傘をしまう。傘さして山道は大変。とはいえ初日で濡らしてしまうと、面倒なのでできる限り濡れたくない。 (13:13:24)
2022年03月19日 13:13撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チビ谷手前で河原にピンテがあるのを見つけて河原に降りる。これまでのデブリ通過が徒労だった。 ちょうどこのあたりで雨が雪に変わってくれて、傘をしまう。傘さして山道は大変。とはいえ初日で濡らしてしまうと、面倒なのでできる限り濡れたくない。 (13:13:24)
1
チビ谷を少し登り、そこから上はまた夏道沿いを行った。 (13:36:14)
2022年03月19日 13:36撮影 by iPhone 12, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チビ谷を少し登り、そこから上はまた夏道沿いを行った。 (13:36:14)
1
滝谷避難小屋 (13:57:53)
2022年03月19日 13:57撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝谷避難小屋 (13:57:53)
滝谷出合からは沢が埋まる。 (14:15:52)
2022年03月19日 14:15撮影 by iPhone 12, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝谷出合からは沢が埋まる。 (14:15:52)
1
飛騨沢を行く。歩き易くてホッとする。 (14:27:35)
2022年03月19日 14:27撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨沢を行く。歩き易くてホッとする。 (14:27:35)
針葉樹林を抜けると、槍平小屋が見えた。後半雪になってくれて助かったけれど、雨が辛かった。 (14:58:57)
2022年03月19日 14:58撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針葉樹林を抜けると、槍平小屋が見えた。後半雪になってくれて助かったけれど、雨が辛かった。 (14:58:57)
槍平小屋冬期小屋。先客4人。 (15:17:50)
2022年03月19日 15:17撮影 by iPhone 12, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍平小屋冬期小屋。先客4人。 (15:17:50)
1
冬期小屋らしい辛気臭さ。6人ならまぁ快適。 (15:47:48)
2022年03月19日 15:47撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬期小屋らしい辛気臭さ。6人ならまぁ快適。 (15:47:48)
2
水作り晩酌開始。ラジオはほとんど入らず東京594は入るのだが..。おまけに高校野球と大相撲で毎時50分あたりからの気象情報がスキップされてしまう。 (15:49:56)
2022年03月19日 15:49撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水作り晩酌開始。ラジオはほとんど入らず東京594は入るのだが..。おまけに高校野球と大相撲で毎時50分あたりからの気象情報がスキップされてしまう。 (15:49:56)
1
夕食は「ひみわり豆のトマトカレー」アマノフーズのカレーと尾西の白米の組み合わせ。18時半就寝。 (16:47:34)
2022年03月19日 16:47撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食は「ひみわり豆のトマトカレー」アマノフーズのカレーと尾西の白米の組み合わせ。18時半就寝。 (16:47:34)
2
(二日目 3/20)3時起床。6人もいたので夜はホカホカ。朝起きても室内は暖かい。外を見ると薄曇りで、ほぼ満月で明るく無風。朝食はカップヌードル。 (03:15:32)
2022年03月20日 03:15撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(二日目 3/20)3時起床。6人もいたので夜はホカホカ。朝起きても室内は暖かい。外を見ると薄曇りで、ほぼ満月で明るく無風。朝食はカップヌードル。 (03:15:32)
2
4:00出発。 (04:01:33)
2022年03月20日 04:01撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4:00出発。 (04:01:33)
飛騨沢2410m。これまで暑いくらいだったのに、風の通る場所に入ると一気に冷える。ダウンジャケット着て、ミトン履く。 (05:40:39)
2022年03月20日 05:40撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨沢2410m。これまで暑いくらいだったのに、風の通る場所に入ると一気に冷える。ダウンジャケット着て、ミトン履く。 (05:40:39)
飛騨沢2455m。 (05:48:52)
2022年03月20日 05:48撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨沢2455m。 (05:48:52)
飛騨沢2510m。昨晩の降雪が20cm程あり、シールが噛まず、地味に体力削られる。 (06:01:54)
2022年03月20日 06:01撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨沢2510m。昨晩の降雪が20cm程あり、シールが噛まず、地味に体力削られる。 (06:01:54)
飛騨沢2565m。抜戸岳に朝日が差す。肉眼だと上の月が印象的だったのだけど、写真だとわからないな。 (06:14:39)
2022年03月20日 06:14撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨沢2565m。抜戸岳に朝日が差す。肉眼だと上の月が印象的だったのだけど、写真だとわからないな。 (06:14:39)
1
飛騨沢2675m。新雪がさらにズルズルになってきてスキークランポン装着する。 (06:53:15)
2022年03月20日 06:53撮影 by iPhone 12, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨沢2675m。新雪がさらにズルズルになってきてスキークランポン装着する。 (06:53:15)
この横刃の位置だと、グリップに不満を感じた。下側につけれるようにしたい。 (06:59:21)
2022年03月20日 06:59撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この横刃の位置だと、グリップに不満を感じた。下側につけれるようにしたい。 (06:59:21)
2
下界は雲多い。 (06:59:28)
2022年03月20日 06:59撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界は雲多い。 (06:59:28)
1
飛騨沢2755m。疲れたのでトップ交代。 (07:17:41)
2022年03月20日 07:17撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨沢2755m。疲れたのでトップ交代。 (07:17:41)
飛騨沢2840mより弓折岳を望む。 ここからだと本当に弓の形に見える。(07:37:25)
2022年03月20日 07:37撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨沢2840mより弓折岳を望む。 ここからだと本当に弓の形に見える。(07:37:25)
飛騨沢2915m。水晶岳が見えた。 (07:51:59)
2022年03月20日 07:51撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨沢2915m。水晶岳が見えた。 (07:51:59)
1
飛騨沢2915m。飛騨乗越まであと少し。大ノマ乗越から飛騨沢を見た時は、よくもあんなところを登るなと思ったけれど、実は大ノマ乗越の方が大変だった。 (07:52:05)
2022年03月20日 07:52撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨沢2915m。飛騨乗越まであと少し。大ノマ乗越から飛騨沢を見た時は、よくもあんなところを登るなと思ったけれど、実は大ノマ乗越の方が大変だった。 (07:52:05)
飛騨沢2935mより西鎌尾根の向こうに三俣蓮華岳を望む。 (07:55:06)
2022年03月20日 07:55撮影 by iPhone 12, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨沢2935mより西鎌尾根の向こうに三俣蓮華岳を望む。 (07:55:06)
1
飛騨乗越より常念岳を望む。 (08:11:46)
2022年03月20日 08:11撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨乗越より常念岳を望む。 (08:11:46)
飛騨乗越はとても風が強い。 (08:11:49)
2022年03月20日 08:11撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨乗越はとても風が強い。 (08:11:49)
板をデポしてアイゼンを履く作業に、少し雪壁作って雪洞掘ってみたのだけど、つむじ風がひどくて思ったより効果なし。積雪も少なく掘るとすぐに地面。こんな場所でも、のんびりできる場所を作りたいと思ったのだけど、風上側は脈なしか。 (08:28:42)
2022年03月20日 08:28撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
板をデポしてアイゼンを履く作業に、少し雪壁作って雪洞掘ってみたのだけど、つむじ風がひどくて思ったより効果なし。積雪も少なく掘るとすぐに地面。こんな場所でも、のんびりできる場所を作りたいと思ったのだけど、風上側は脈なしか。 (08:28:42)
アイゼントラブルもあり爆風の飛騨乗越で35分後、再出発。槍ヶ岳山荘の天場より大喰岳を望む。少し登ると無風。風を避けて少し登っておけば良かった。 (09:03:01)
2022年03月20日 09:03撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼントラブルもあり爆風の飛騨乗越で35分後、再出発。槍ヶ岳山荘の天場より大喰岳を望む。少し登ると無風。風を避けて少し登っておけば良かった。 (09:03:01)
槍ヶ岳山荘より西鎌尾根を望む。 (09:06:33)
2022年03月20日 09:06撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘より西鎌尾根を望む。 (09:06:33)
槍ヶ岳山荘と大槍。 (09:07:39)
2022年03月20日 09:07撮影 by iPhone 12, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘と大槍。 (09:07:39)
2
槍ヶ岳山荘より槍沢を望む。 (09:10:20)
2022年03月20日 09:10撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘より槍沢を望む。 (09:10:20)
この頃槍ヶ岳山荘は無風。のんびり昼食休憩にする。 (09:16:06)
2022年03月20日 09:16撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この頃槍ヶ岳山荘は無風。のんびり昼食休憩にする。 (09:16:06)
昼食はチリトマトヌードル。あっという間に感じていたけど、45分も休憩していた。荷物はデポし、120cmスリングの簡易ハーネスとロープ、ウィペット一本、ダウンジャケット着て、9:55再出発。 (09:34:44)
2022年03月20日 09:34撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食はチリトマトヌードル。あっという間に感じていたけど、45分も休憩していた。荷物はデポし、120cmスリングの簡易ハーネスとロープ、ウィペット一本、ダウンジャケット着て、9:55再出発。 (09:34:44)
ちょうど穂先に出発する頃、槍ヶ岳ライブカメラに映っていた。 (21:21:02)
2022年03月21日 21:21撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょうど穂先に出発する頃、槍ヶ岳ライブカメラに映っていた。 (21:21:02)
3
降雪後初でトレースなく、夏道の記憶を辿りなんとなくとりついてみて、鎖を見つけてそこまでよじ登る。 確かこれは下りルートでこの岩の向こうの登りルートの方が登り易いはずと思い、自分は適当によじ登って 登りハシゴに行くが、弟は下りルートのまま上を目指すことに。 (10:04:37)
2022年03月20日 10:04撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降雪後初でトレースなく、夏道の記憶を辿りなんとなくとりついてみて、鎖を見つけてそこまでよじ登る。 確かこれは下りルートでこの岩の向こうの登りルートの方が登り易いはずと思い、自分は適当によじ登って 登りハシゴに行くが、弟は下りルートのまま上を目指すことに。 (10:04:37)
2
登りルート梯子。頂上への梯子が見えた。弟は右の下りルートの雪壁を登ってきている。 (10:22:53)
2022年03月20日 10:22撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りルート梯子。頂上への梯子が見えた。弟は右の下りルートの雪壁を登ってきている。 (10:22:53)
最後の梯子までのここが大変だった。表面10cmがカチカチでその下はシモザラメ。足場作れば安心できそうなので地道に足場を作っていく。とても時間がかかったような気がしたけれど、GPSから見ると20分程度だった。 (10:37:40)
2022年03月20日 10:37撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の梯子までのここが大変だった。表面10cmがカチカチでその下はシモザラメ。足場作れば安心できそうなので地道に足場を作っていく。とても時間がかかったような気がしたけれど、GPSから見ると20分程度だった。 (10:37:40)
槍ヶ岳より北鎌独標を望む。 (10:54:32)
2022年03月20日 10:54撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳より北鎌独標を望む。 (10:54:32)
2
槍ヶ岳より常念岳を望む。 (10:54:51)
2022年03月20日 10:54撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳より常念岳を望む。 (10:54:51)
2
槍ヶ岳より立山を望む。 (10:55:11)
2022年03月20日 10:55撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳より立山を望む。 (10:55:11)
1
槍ヶ岳頂上にて。 (10:56:36)
2022年03月20日 10:56撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳頂上にて。 (10:56:36)
4
槍ヶ岳より大喰岳を望む。雲が上がってきてしまった。帰りの飛騨沢滑走が不安になる。 (10:58:07)
2022年03月20日 10:58撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳より大喰岳を望む。雲が上がってきてしまった。帰りの飛騨沢滑走が不安になる。 (10:58:07)
1
槍ヶ岳より槍ヶ岳山荘を望む。 (10:59:49)
2022年03月20日 10:59撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳より槍ヶ岳山荘を望む。 (10:59:49)
苦労して作った足場。 (11:05:48)
2022年03月20日 11:05撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苦労して作った足場。 (11:05:48)
1
登頂までの間に雪がグサグサになっていた。登りの時は思いっきり蹴り込んでいたのに。この位置から右側に入って梯子直下から登る方が良かったかな。 (11:09:18)
2022年03月20日 11:09撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂までの間に雪がグサグサになっていた。登りの時は思いっきり蹴り込んでいたのに。この位置から右側に入って梯子直下から登る方が良かったかな。 (11:09:18)
下りは、登りの時に使わなかった下りルートで降りてみたのだけど、やはり雪壁が長くて少し嫌。 (11:12:31)
2022年03月20日 11:12撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは、登りの時に使わなかった下りルートで降りてみたのだけど、やはり雪壁が長くて少し嫌。 (11:12:31)
穂先をズームで。 (11:34:12)
2022年03月20日 11:34撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂先をズームで。 (11:34:12)
1
降りてきて一安心。雪の穂先はこれが最初で最後だ。きつかった。槍ヶ岳山荘のあたりでも風が強くなってきた。 (11:46:32)
2022年03月20日 11:46撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りてきて一安心。雪の穂先はこれが最初で最後だ。きつかった。槍ヶ岳山荘のあたりでも風が強くなってきた。 (11:46:32)
飛騨乗越に戻ってきた。相変わらずここは風が強い。滑走準備。 (12:16:22)
2022年03月20日 12:16撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨乗越に戻ってきた。相変わらずここは風が強い。滑走準備。 (12:16:22)
飛騨沢一本目滑走。上部はモナカになっていていきなり大転倒。スノーボードで来れば良かったと心底思う時。それはそれで登り辛いのだが...。このトレードオフが悩ましい。 (12:37:17)
2022年03月20日 12:37撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨沢一本目滑走。上部はモナカになっていていきなり大転倒。スノーボードで来れば良かったと心底思う時。それはそれで登り辛いのだが...。このトレードオフが悩ましい。 (12:37:17)
飛騨沢2915m滑走。このあたりは少し硬い。前日の降雪が風で飛ばされた感じか。 (12:39:31)
2022年03月20日 12:39撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨沢2915m滑走。このあたりは少し硬い。前日の降雪が風で飛ばされた感じか。 (12:39:31)
2
飛騨沢2915m滑走。 (12:39:34)
2022年03月20日 12:39撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨沢2915m滑走。 (12:39:34)
飛騨沢2645m。ここは前日の降雪がそのまま残っていて良かった。 (12:43:06)
2022年03月20日 12:43撮影 by iPhone 12, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨沢2645m。ここは前日の降雪がそのまま残っていて良かった。 (12:43:06)
1
飛騨沢の良い所は滑走終了。スケール的には槍沢の方が格段かも。 (12:44:29)
2022年03月20日 12:44撮影 by iPhone 12, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨沢の良い所は滑走終了。スケール的には槍沢の方が格段かも。 (12:44:29)
1
飛騨沢2510mにて。この頃になるとガスが断続的に上がってきてホワイトアウトする。抜けた瞬間に。 (13:02:25)
2022年03月20日 13:02撮影 by iPhone 12, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨沢2510mにて。この頃になるとガスが断続的に上がってきてホワイトアウトする。抜けた瞬間に。 (13:02:25)
ガスが抜けた時を狙って飛騨沢を降りていく。 (13:13:26)
2022年03月20日 13:13撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが抜けた時を狙って飛騨沢を降りていく。 (13:13:26)
見た目はいいけれど、前日の降雪は重くなり、下はガチガチで滑り辛い。 (13:13:29)
2022年03月20日 13:13撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見た目はいいけれど、前日の降雪は重くなり、下はガチガチで滑り辛い。 (13:13:29)
茫洋とした槍平の滑走。似たような景色が続いて勘違いする。 (13:18:38)
2022年03月20日 13:18撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茫洋とした槍平の滑走。似たような景色が続いて勘違いする。 (13:18:38)
槍平小屋に帰還。疲れた。新しく先客2名。先日の4名は今日は槍ヶ岳山荘冬期小屋。 (13:31:40)
2022年03月20日 13:31撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍平小屋に帰還。疲れた。新しく先客2名。先日の4名は今日は槍ヶ岳山荘冬期小屋。 (13:31:40)
1
水作り晩酌開始。ガスは十分にあるので今夜は湯たんぽ3l(いつもは2l)にして、確実に幸せな夜にすることにする。 (14:24:51)
2022年03月20日 14:24撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水作り晩酌開始。ガスは十分にあるので今夜は湯たんぽ3l(いつもは2l)にして、確実に幸せな夜にすることにする。 (14:24:51)
夕食は「鶏肉のカレー」。今日は長丁場だったからか、もう少し食べたい感じだった。17時半就寝。 (16:06:45)
2022年03月20日 16:06撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食は「鶏肉のカレー」。今日は長丁場だったからか、もう少し食べたい感じだった。17時半就寝。 (16:06:45)
(三日目 3/21)夜中はホカホカでぐっすり。目覚しもかけず、5時頃起床。自分一人だとそこから更に二度寝して7時くらいまで寝てしまいそうなところだけど、ここは起床。全身に疲労感。 (05:27:05)
2022年03月21日 05:27撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(三日目 3/21)夜中はホカホカでぐっすり。目覚しもかけず、5時頃起床。自分一人だとそこから更に二度寝して7時くらいまで寝てしまいそうなところだけど、ここは起床。全身に疲労感。 (05:27:05)
朝食はトムヤムクンヌードル。酸っぱいのは山用には良くないかな(食欲不振の時はカップヌードルやシーフードヌードルのような味の薄い方が喉を通り易い)と思っていたけれど一食くらいは用意しておいてもいいかな。 (06:03:29)
2022年03月21日 06:03撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝食はトムヤムクンヌードル。酸っぱいのは山用には良くないかな(食欲不振の時はカップヌードルやシーフードヌードルのような味の薄い方が喉を通り易い)と思っていたけれど一食くらいは用意しておいてもいいかな。 (06:03:29)
1
槍平小屋冬期小屋。 (06:26:47)
2022年03月21日 06:26撮影 by iPhone 12, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍平小屋冬期小屋。 (06:26:47)
槍平小屋を出発。 (06:51:42)
2022年03月21日 06:51撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍平小屋を出発。 (06:51:42)
飛騨沢を下りたのだけど、 (06:53:49)
2022年03月21日 06:53撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨沢を下りたのだけど、 (06:53:49)
飛騨沢左岸から樹林帯を抜けて南沢に入るようにした方が良かった。 (06:56:29)
2022年03月21日 06:56撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨沢左岸から樹林帯を抜けて南沢に入るようにした方が良かった。 (06:56:29)
滝谷出合に向けて滑走。ボーゲンショートターンで探り探り。 (07:03:54)
2022年03月21日 07:03撮影 by iPhone 12, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝谷出合に向けて滑走。ボーゲンショートターンで探り探り。 (07:03:54)
滝谷出合手前のデブリ帯。この先は沢が割れていて、尾根に入る。 (07:06:18)
2022年03月21日 07:06撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝谷出合手前のデブリ帯。この先は沢が割れていて、尾根に入る。 (07:06:18)
滝谷出合。 (07:10:34)
2022年03月21日 07:10撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝谷出合。 (07:10:34)
滝谷避難小屋。 (07:17:27)
2022年03月21日 07:17撮影 by iPhone 12, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝谷避難小屋。 (07:17:27)
帰りは前日のスキートレースを追うことにした。滝谷避難小屋を過ぎて沢が割れてきた所でシールを張り、夏道沿いにチビ谷に向かう。 (07:26:03)
2022年03月21日 07:26撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは前日のスキートレースを追うことにした。滝谷避難小屋を過ぎて沢が割れてきた所でシールを張り、夏道沿いにチビ谷に向かう。 (07:26:03)
1
ガチゴチのデブリ帯を苦労して行く。ここは夕方のデロデロの方が楽だろうな。 (07:46:56)
2022年03月21日 07:46撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガチゴチのデブリ帯を苦労して行く。ここは夕方のデロデロの方が楽だろうな。 (07:46:56)
ほんの少しチビ谷を滑走。 (08:09:20)
2022年03月21日 08:09撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほんの少しチビ谷を滑走。 (08:09:20)
1
チビ谷とブドウ谷の中間あたり。 (08:14:47)
2022年03月21日 08:14撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チビ谷とブドウ谷の中間あたり。 (08:14:47)
1560mあたりからシールを張り夏道へと合流。林道終点の白出沢が1550mなのでこれがベストラインなのだろう。 (09:09:17)
2022年03月21日 09:09撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1560mあたりからシールを張り夏道へと合流。林道終点の白出沢が1550mなのでこれがベストラインなのだろう。 (09:09:17)
白出沢より西穂を望む。 (09:10:05)
2022年03月21日 09:10撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白出沢より西穂を望む。 (09:10:05)
小鍋谷ゲート到着。右俣林道は、登りの感覚に反して結構斜度があり、一気に滑り下りてこれた。 (10:14:41)
2022年03月21日 10:14撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小鍋谷ゲート到着。右俣林道は、登りの感覚に反して結構斜度があり、一気に滑り下りてこれた。 (10:14:41)
つづら折りのあたりからはデブリ激しく、まだ朝でカチカチなので板を担いで下りる。上のカチカチを踏み抜くと腿まで埋まるところもあり。 (10:22:27)
2022年03月21日 10:22撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つづら折りのあたりからはデブリ激しく、まだ朝でカチカチなので板を担いで下りる。上のカチカチを踏み抜くと腿まで埋まるところもあり。 (10:22:27)
新穂高到着。 (10:35:54)
2022年03月21日 10:35撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新穂高到着。 (10:35:54)
1
ハイエースに帰還。よい山行だった。 (10:43:49)
2022年03月21日 10:43撮影 by iPhone 12, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイエースに帰還。よい山行だった。 (10:43:49)
中崎山荘で入浴、食堂で高山ラーメン。 (12:03:51)
2022年03月21日 12:03撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中崎山荘で入浴、食堂で高山ラーメン。 (12:03:51)
1
帰りは中央道が大月からずっと渋滞。平湯BTを13時に出て18時半帰宅。(12:14:45)
2022年03月21日 12:14撮影 by iPhone 12, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは中央道が大月からずっと渋滞。平湯BTを13時に出て18時半帰宅。(12:14:45)
1

感想/記録
by uch












新穂高から槍ヶ岳 BCスキー・ボード

雪の穂先はきつかった。絶好の天気に背中を押されてなんとか頑張れた。

3/19 小雨
3/20 晴
3/21 晴

日の出入 3/19 槍ヶ岳 5:55-18:00

[水]
3/19 保温ボトルに0.35l ペットボトル0.6lで出発。0.6l飲む。 (雨)
2.5l作る。湯たんぽ2.0l
3/20 1.3lで出発。 1l消費
3.5l作る。湯たんぽ3.0l
3/21 朝1.8l。0.8l捨てて1lで出発。0.5l消費

[ガス]
IP-250T 163g 雪から沸騰2.5l+3.5l。好きなだけ暖房。

[シュラフ]
EXPED HL Winter M + WM Versalite 6''で
3/19 槍平小屋 ホカホカ
3/20 槍平小屋 ホカホカ

[ラジオ]
東京594は入った。

[往路]
4:00 起床
4:15 出発
8:00 新穂高
8:35 出発

[復路]
10:40 新穂高
12:15 中崎山荘で入浴と食事
13:00 平湯BTで、おみやげを買う
18:25 帰宅

======================================================================
[幕営]
349.0 ファイントラック ツェルト2ロング(アジャスタ,ナス環,入口パッチン取付,片側ファスナー外し) ***19新品
27.1 φ2ナイロンコード5m アジャスタ付き x2 ***19新品
10.3 φ2ナイロンコードスリング100cm x 2 (大木用その他) 212cmから作る。
---
386.4 = 349.0+27.1+10.3
[寝具]
74.7 SOL エマージェンシーシート (***211231 面倒臭くても敷くこと。結構違う)
102.0 アストロフォイルt4.0 400x910
540.2 EXPED HL Winter M(471.5)(袋(7.7)、ポンプバッグ(60.0)込み) (***191214 新品)
958.0 シュラフ WM Versalite 6'' (180513 洗濯)
97.0 コンプレッションバッグ GRANITE GEAR COMPRESSION DRYSAC M 18l
220.1 シュラフカバー モンベル U.L.スリーピングバッグカバー ワイド
---
2002.0 = 74.7+ 102.0 + 540.2 + 968.0 + 97.0 + 220.1
(***211104 WM VersaliteからValadre Frejaにすると490g増える)
(EXPED UL Winter M +Valandre Freja) - (EXPED HL Winter M + WM Versalite 6'') = 655.5
---
[ザック]
1520 ザック BD EPIC45改 211030洗濯 夏装備なし
------------
3908.4 = 386.4+2002.0+1520
======================================================================
[食事道具]
184.4 ジェットボイル本体 (ZIP 軽量化バーナー70.7g + SOL TIカップ ***220202新規投入)
4.4 150mlカップ(NIKKO ディスポビーカー300改造摺り切り200ml) (***200124新作)
30.0 300ml 摺り切り400mlカップ(ウェットティッシュケース改造)
24.4 ロート(プラティパスアダプタ付き)
4.2 プラスチック茶漉し(雪少く落葉多い時には必要)
22.5 塩 (歯磨き粉)
4.5 プラスチックスプーン
6.2 Eagle Thermoplastics 140mL D140S-100 (ジェットボイルの蓋用)
7.3 歯ブラシ(システマ)(肉抜き 3.2g) (***191202新品)
6.0 袋 (***190506 新品)
冬用+
17.9 LIFELEX 食品保存容器 丸型280ml(ガス缶暖め座布団) (山行毎新品交換) ***壊れ易いのでコジーに入れて保管のこと。
16.3 おたま (雪すくい用)
2.0 ゴムバンド(風防固定用)
6.6 チタンフォイル(風防)
---
317.5
14.2 汎用袋(〜10l)CTF3自作 靴を入れたり、給水したプラティパスを運んだりする用
26.6 日本サニパック H47 チェルタス ゴミ袋45L 黒 (雪集め用)
29.0 コジー(***201026新品)
75.0 プラティパス1l x 3 ***191025 3つとも新品に。
水汲み3lで、ガス缶暖め座布団(280ml)とマグ(350ml)で0.5l、残りの0.5lを沸騰して戻せば3l給水で3l沸騰できる。
170.0 タイガーサハラマグ0.35l (MMZ-A351)
---
314.8 = 14.2 + 26.6 + 29.0 + 75.0 + 170.0
------
632.3 = 317.5+314.8
======================================================================
救急用品
37.4 三角巾
2.4 バンドエイドx4
6.0 パブロンx4
1.5 ロキソプロフェンx4
9.2 傷保護フィルム
7.7 テープバン
1.0 綿棒x4
1.8 デンタルフロスx2
11.7 メンターム
8.1 M's one ワンタッチパッドM(5cmx8cm)x3
3.7 ファイテン チタンテープX30(7cmx10cm)x2 (アキレス腱靴擦れ用) (***211014 そこそこの粘着力だが、もう少し欲しい)
-
90.5 = 37.4 + 2.4 + 6.0 + 1.5 + 9.2 + 7.7 + 1.0 + 1.8 +11.7 + 8.1 + 3.7
補修用品
5.3 タイラップ20cm x4
20.5 ガムテープ
7.4 針、糸、針金
10.4 防水マッチ
2.5 安全ピン x2
-
50.8
---
148.8 (overall 実測)

82.6 モンベル コンパクトヘッドランプ
23.7 壊中電灯 (OLIGHT i3EOS)
72.2 ソニー 山ラジオ
23.9 WobL(目覚し時計) (***190424 電池交換)
7.2 Ziploc M
---
182.4 (overall 実測 AA,AAA電池はEnergizer)

33.9 ファミマ氷袋(ゴミ袋) x3 (一つは衛星電話防水用)
---
33.9

電話
199.8 UMIDIGI A9
308.1 IsatPhone2 (210812新品 PRO+28.5g) 不意に電源が入らないようにバッテリー外しておく
---
507.9=199.8+308.1
------
873.0 = 148.8+182.4+33.9+507.9
======================================================================
胸ポケット/装着
68.8 Energizer AA x4 + AAA x1ユニパックB-8(1.1g)
75.1 PROTREK PRW-2000Y
131.3 GARMIN etrex30 (Energizer AA x2込み)
247.4 FUJIFILM XP90 +笛+コンパス(SILVA 7NL)+ビクトリノクス クラシック改 (紐長さ75cm)
57.5 XP90バッテリーx4 + ユニパックB-8(1.1g) (***211107 冬は4つ)
49.1 コンパス SUUNTO MC-2G ミラー外し 手首取付用ゴム紐追加
44.3 筆記用具
21.9 サングラス SWANS E-NOX EIGHT8 (***210723新品) ワンレンズがトラブル少なくて良い。
3.0 サングラス袋
40.0 財布(LOKSAK5.5g 中身込み)
7.3 Ziplok easy zipper M
7.0 ユニパックH-8(240x170x0.08) (地図用)
9.4 巾着(225x220 シルナイロン自作)
-
762.1 = 68.8 +75.1 + 131.3 + 247.4 + 57.5 + 49.1 + 44.3 + 21.9 + 3.0 + 40.0 + 7.3 + 7.0 + 9.4

62.2 地図(1/25000 x2) 槍ヶ岳,穂高岳,笠ヶ岳
------
824.3 = 762.1 + 62.2
======================================================================
[小物]
151.1 トイレットペーパー 防水袋(sea to summit 1l)14.2g込み)
9.0 ハンカチタオル (PackTowl ULから切り出し)
---
160.1 = 151.1 + 9.0

[積雪期装備]
273.0 スコップ(arva ULTRA ブレード肉抜き12.7g 握り手片側切取り-14.2g) ***201031クラックを溶接補修 ***201128 またクラック入った。201216溶接補修
104.4 スノーソー(SMC 肉抜き15g ナス環3.2,袋15.4込み)
51.6 カラビナ+スリング(120cm)
123.1 ロープ(ナイロンφ6.5 5mスリング)
xxx 434.0 ロープ(ケブラーφ6.5 20m)
116.4 プローブ(arva カーボン2.40)
146.0 ビーコン(PIEPS MICRO 電池込み) ストラップとナス環追加(+2.7) Energizer単三込み
38.3 スクレーパー(セメダインスーパーX流用2.4g)+スパナ(8mm/6.5mm 7.0g) + 工具(ビット +2,+3,2.5,3,4,5, T-20)
22.3 サッシブラシ
---
875.1 = 273.0 + 104.4 + 51.6 + 123.1 + 116.4 + 146.0 + 38.3 + 22.3
[積雪期小物]
44.7 シールワックス(BD) ***201027 チビてきたので新品に。
xxx 17.1 ストラップギア10''(板をAフレームで担ぐ時用) スノーボード用
15.0 ストラップギア8''(板をAフレームで担ぐ時用) スキー用
341.0 ブーツクランポン (CAMP RACE290 袋(32.4g)込み)
38.3 TLT Superlite2.0 ハイヒールリフター(自作) ***211206 片側壊れたので作り直した。ワイヤーロック外した。ゴムバンド固定式に
---
439.0 = 44.7+15.0+341.0+38.3
------
1474.2 = 160.1+875.1+439.0
======================================================================
[滑走具小物]
496.4 クライミングスキン ポモカ ナイロン G3 ZENOXIDE 177用
xxx 599.1 G3 Splitboard+ ユニバーサルクライミングスキン S/M (19/20モデル)
209.2 スキークランポン(Dynafit 90 肉抜き) 袋(17.5),横刃(27.3) 込み
xxx 212.2 スキークランポン(Dynafit 130 肉抜き) 袋(17.6)込み
417.8 ストック (BD カーボンウィペット改, スノーソー取付ネジx2 込み)
410.0 ストック (BD カーボンウィペット改)
------
1533.4 = 496.4 + 209.2 + 417.8 + 410.0
======================================================================
9245.6 = 3908.4 + 632.3 + 873.0 + 824.3 + 1474.2 + 1533.4
======================================================================
[食事2日]
(朝)
87.8 チリトマトヌードル 354kcal
85.1 トムヤムクンヌードル 354kcal
(夕)
146.7 尾西白飯(366kcal)+畑のカレー(たっぷり野菜と鶏肉のカレー)(209kcal) 575kcal
146.7 尾西白飯(366kcal)+ひきわり豆のトマトカレー(192kcal) 558kcal
107.0 ナトリ 徳用カルパス 50g x 2 (一袋153gから個別にパック) 205kcal x 2
16.0 BCAA x 3
(行動食)
190.9 有馬芳香堂 焼きカシューナッツ Net90g x 2 483.3kcal x 2
------
カップ麺はラード1cm追加。 シート長:麺,カレーライス27cm, カルパス12cm

(酒)
292.7 スピリタス:霧島志比田工場原酒(36度) 1:1割り(66度) 320ml

袋: SEA TO SUMMIT 20l
------
(overall 1215g 実測)

[燃料]
407 IP-250T x 1
======================================================================
背中荷物 (予備衣類計上せず)
10862.9 = 9240.9 + 1215 + 407
======================================================================
[滑走具]
2223 Dynafit SPEED Ski Touring Boots ***220222インナーをPDGのお古に交換。
4042 G3 ZENOXIDE Carbon88 177 + Dynafit TLT Radical ST (TOUR82 +1044g)
xxx4304 FE PED154(3474g) + SPARK R&D Dyno DH(830g)
------
6265 = 2223+4042
======================================================================
171.7 ヘルメット (Petzl シロッコ2) ***201026新品
145.6 ゴーグル スコット83X SAFARI FACEMASK スノーモービル用(メイン)
110.5 予備ゴーグル シングルレンズ SWANS(ダブルレンズ内側凍結時用)(袋3.1g込み)
---
427.8 = 171.7+145.6+110.5
[衣類]
13.3 パワーメッシュインナーグローブXL
149.2 ファイントラック ポリゴンミトンL(腕ループ取付)
40.7 川西PUマスター(薄手 軽作業用)LL 19新品(手首の面ファスナーを外す-7.0g)
188.4 防寒テムレス3L改(1-1) 21-22 メイン ***220312 穴開いていた。廃棄
184.8 防寒テムレス3L改(8-2) 18-19メイン 20-21メイン
101.3 予備靴下 ノースフェイス アルパインクライマーソックス26
69.4 靴下 スマートウール シティースリッカー L ***夏に使っている靴下
51.0 ウォームハット兼バラクラバ(LOKI)
27.9 予備帽子 (OR ダウンビーニー)
87.8 スマートウール Men's Merino Sport 150 Boxer Brief S
85.8 予備 スマートウール Men's Merino Sport 150 Boxer Brief L (***200815 新品 Lは大き過ぎSでいい)
117.9 ファイントラック ドライレイヤーウォーム ロングスリーブ XL (***191028新品 スキンメッシュより+43.8g)
270.5 ibex フーデッドインディ M (181128 新品)
228.3 MHW ゴーストウィスパラー 両袖ファスナー追加 ***19新品
338.1 ファイントラック ドラウト ポリゴン3パンツ M
1059 ノローナ ロフォテン ワンピース S (180502洗濯)
16.3 衣料袋 SEA TO SUMMIT 2l (ダウンジャケット用) ***200815新品 雨も考慮
39.4 PackTowl personal 30cmx56cm 膝のサポーターにも使えるように普通のタオルサイズ
---
3069.1 = 13.3+149.2+40.7+188.4+184.8+101.3+69.4+51.0+27.9+87.8+85.8+117.9+270.5+228.3+338.1+1059+16.3+39.4

xxx 136.5 maski ski boot mask M (ツボ足歩きになったら装着すると良い。深夜の雪かき作業にも)
xxx 135.7 SEA TO SUMMIT ULTRA-SIL ナノポンチョ(袋なし、コード外し -10.9g)
---

90.5 トランシーバー

20287.5(skinout) = 10862.9 + 6265 + 3069.1 + 90.5

ザック: 水なし食料2日燃料込み 10.6kg
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:561人

コメント

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ