また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4310797 全員に公開 ハイキング 六甲・摩耶・有馬

20220521-金鳥山南尾根(やよいみち)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年05月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
徒歩
経路を調べる(Google Transit)
GPS
01:19
距離
3.3 km
登り
295 m
下り
293 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.3~1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち40%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間19分
休憩
1分
合計
1時間20分
S岡本八幡神社16:4516:49保久良梅林方向登山口16:56保久良梅林17:16金鳥山17:20旧金鳥ステーション跡地17:27金鳥山展望休憩所17:2817:52保久良梅林18:05岡本八幡神社G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
やよいみち = 金鳥山南尾根
保久良梅林の北西の植林事業斜面から金鳥山まで、かつては藪の繁茂の中の金鳥山南尾根のルートは、周囲が刈られ、木階段が組まれて整備され、金鳥山の南西斜面の植生事業の管理道、やよいみちになっていました。

6 年前は歩き回ることができた植林事業斜面は繁茂に覆われ、足を踏み入れる、三角点に至る、松尾谷西尾根を下る、そして八幡谷東鉄塔巡視道に下ることが困難(ほぼ不可能)になっていました。

+++++

保久良梅林への登りから、2 - 3 匹のメマトイが終始目の前を飛んでいました。

装備

個人装備 ERGOSTARランニングマスク装用 半袖ポロシャツ 半袖インナーTシャツ ズボン(ジャージスラックス) 靴下(安全靴作業用) 靴(asics GEL-VENTURE 8) ハンドタオル 携帯型情報通信端末(スマホ) スマホCOVID-19接触確認アプリCocoa 地図(山と高原地図アプリ) 飲料600ml 健康保険証+山岳保険会員証

写真

今日は、保久良梅林から金鳥山へ、金鳥山南尾根(別称、やよいみち)を登ってみることにしました。
保久良梅林へは、正規の登山口から登ってみます。
2022年05月21日 16:49撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は、保久良梅林から金鳥山へ、金鳥山南尾根(別称、やよいみち)を登ってみることにしました。
保久良梅林へは、正規の登山口から登ってみます。
7
保久良梅林までの登りで堰堤 1 基目。これは、今日のように正規の登山口から入山したときに目に入ります。
いつもの登り口(正規の登山口の南側手前)からですと、あまり視界に入りません。
2022年05月21日 16:49撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保久良梅林までの登りで堰堤 1 基目。これは、今日のように正規の登山口から入山したときに目に入ります。
いつもの登り口(正規の登山口の南側手前)からですと、あまり視界に入りません。
6
堰堤 2 基目
2022年05月21日 16:50撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤 2 基目
4
堰堤 3 基目
2022年05月21日 16:52撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤 3 基目
4
登りでは左下に見える谷間、松尾谷を渡って東灘区本山町田辺(字)松尾谷の住宅地の上へ下るルートが見えます。後で下山してきてここを渡ります。

兵庫県神戸市東灘区本山町田辺松尾谷(字)
https://map.yahoo.co.jp/address?ac=28101&az=NjMuMTAyYQ&lat=34.73444&lon=135.27414&zoom=19&maptype=basic
2022年05月21日 16:53撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りでは左下に見える谷間、松尾谷を渡って東灘区本山町田辺(字)松尾谷の住宅地の上へ下るルートが見えます。後で下山してきてここを渡ります。

兵庫県神戸市東灘区本山町田辺松尾谷(字)
https://map.yahoo.co.jp/address?ac=28101&az=NjMuMTAyYQ&lat=34.73444&lon=135.27414&zoom=19&maptype=basic
5
保久良梅林の上の段のテーブルの西の奥に植林事業斜面への登り口があります。
2022年05月21日 16:57撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保久良梅林の上の段のテーブルの西の奥に植林事業斜面への登り口があります。
6
植林事業斜面への登り始め、緑の基金活用事業(管理道 やよいみち)の標識が新設されていました。
森の世話人「ほくら〜ととや森の世話人倶楽部」による事業ということです。ここの木階段も、以前はありませんでした。

ほくら〜ととや森の世話人倶楽部
http://hokura-totoya.seesaa.net/
https://www.kkr.mlit.go.jp/rokko/pr_media/plant/group/volunteer/hokuratotoya.php
2022年05月21日 16:58撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林事業斜面への登り始め、緑の基金活用事業(管理道 やよいみち)の標識が新設されていました。
森の世話人「ほくら〜ととや森の世話人倶楽部」による事業ということです。ここの木階段も、以前はありませんでした。

ほくら〜ととや森の世話人倶楽部
http://hokura-totoya.seesaa.net/
https://www.kkr.mlit.go.jp/rokko/pr_media/plant/group/volunteer/hokuratotoya.php
5
今年(令和四年、2022 年)で 7 回目ということです。6 年前にこの上の植林事業斜面に来たときは、斜面の雑木の伐採、草刈り、植樹が始まって間がないころでした。
2022年05月21日 16:58撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年(令和四年、2022 年)で 7 回目ということです。6 年前にこの上の植林事業斜面に来たときは、斜面の雑木の伐採、草刈り、植樹が始まって間がないころでした。
7
上の写真の反対面。ありがたいことです。
ここから金鳥山まで、管理道が整備され、やよいみちと名付けられていました。このやよいみちの名前は、今年(2022 年)に入ってから目にするようになりました。
2022年05月21日 16:58撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の写真の反対面。ありがたいことです。
ここから金鳥山まで、管理道が整備され、やよいみちと名付けられていました。このやよいみちの名前は、今年(2022 年)に入ってから目にするようになりました。
7
植林事業斜面へ向けて登って行きます。
写真向かって左手の木々の手前になんとなくルートが見えます。かつてはそのあたりを西進して、松尾谷の西側の尾根に進めました。いまは進むのは困難でしょう(もし進めたら、この先の左手は崖です)。
2022年05月21日 16:59撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林事業斜面へ向けて登って行きます。
写真向かって左手の木々の手前になんとなくルートが見えます。かつてはそのあたりを西進して、松尾谷の西側の尾根に進めました。いまは進むのは困難でしょう(もし進めたら、この先の左手は崖です)。
5
上野中学校の植樹の標識。去年(2021 年 2 月)は、まだ埋もれていませんでした。
20210207-人が少ない市街地散歩-保久良梅林-岡本梅林-住吉川 (13/35)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/photodetail.php?did=2906584&pid=3100b2feb8c1eb0624d1d4cbfda9a6ec
神戸市立上野中学校(灘区)
https://www.kobe-c.ed.jp/uen-ms
2022年05月21日 17:01撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上野中学校の植樹の標識。去年(2021 年 2 月)は、まだ埋もれていませんでした。
20210207-人が少ない市街地散歩-保久良梅林-岡本梅林-住吉川 (13/35)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/photodetail.php?did=2906584&pid=3100b2feb8c1eb0624d1d4cbfda9a6ec
神戸市立上野中学校(灘区)
https://www.kobe-c.ed.jp/uen-ms
5
植林事業斜面は、上下二段になっていました。下の段の上の端に来ました。6 年前はおろか、昨年とくらべても風景が大幅に変わっています。
2022年05月21日 17:04撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林事業斜面は、上下二段になっていました。下の段の上の端に来ました。6 年前はおろか、昨年とくらべても風景が大幅に変わっています。
6
12 枚の写真をぐるっと撮影して、パノラマにしてみました。

bimostitch
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.facebook.rethinkvision.Bimostitch&hl=ja&gl=US
2022年05月21日 17:04撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す|▶ 360度パノラマ
12 枚の写真をぐるっと撮影して、パノラマにしてみました。

bimostitch
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.facebook.rethinkvision.Bimostitch&hl=ja&gl=US
4
上の植林事業斜面では、魚崎中学校の植樹事業。
2022年05月21日 17:05撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の植林事業斜面では、魚崎中学校の植樹事業。
6
やよいみち(金鳥山南尾根)の登り道と植林事業エリア。ここはコナラ、エノキ、カスミザクラほか、多種の植樹。山林の多様性のためということです。

昨年のほぼ同じ所の風景
20210207-人が少ない市街地散歩-保久良梅林-岡本梅林-住吉川 (14/35)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/photodetail.php?did=2906584&pid=5624f949ec911acbc918d93c15e2f41f
6 年前は、ここよりもやや西寄り(向かって左の方)から登っていました。
20160221-八幡谷西巻道ハブ谷右俣横池雄池南北路本庄山南尾根金鳥山南尾根松尾谷西尾根 (9/9)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/photodetail.php?did=816154&pid=3ab832f75b2be89d2e24261ce866ca62
2022年05月21日 17:07撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やよいみち(金鳥山南尾根)の登り道と植林事業エリア。ここはコナラ、エノキ、カスミザクラほか、多種の植樹。山林の多様性のためということです。

昨年のほぼ同じ所の風景
20210207-人が少ない市街地散歩-保久良梅林-岡本梅林-住吉川 (14/35)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/photodetail.php?did=2906584&pid=5624f949ec911acbc918d93c15e2f41f
6 年前は、ここよりもやや西寄り(向かって左の方)から登っていました。
20160221-八幡谷西巻道ハブ谷右俣横池雄池南北路本庄山南尾根金鳥山南尾根松尾谷西尾根 (9/9)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/photodetail.php?did=816154&pid=3ab832f75b2be89d2e24261ce866ca62
6
ここは、魚崎中学校のほか、上の方には白馬堂、好日山荘の方の手によるヤマザクラの植樹もありました。
2022年05月21日 17:09撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは、魚崎中学校のほか、上の方には白馬堂、好日山荘の方の手によるヤマザクラの植樹もありました。
5
ここから木々の間の山道になります。振り返りで眺望。曇った日の夕方ですので、あまり見えません。
2022年05月21日 17:09撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから木々の間の山道になります。振り返りで眺望。曇った日の夕方ですので、あまり見えません。
4
金鳥山への登り着き。この上を北へ進めば金鳥山のかつての広場に至り、途中で右折すれば金鳥山の展望休憩所に行けます。
2022年05月21日 17:12撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金鳥山への登り着き。この上を北へ進めば金鳥山のかつての広場に至り、途中で右折すれば金鳥山の展望休憩所に行けます。
5
振り返りで金鳥山南尾根の(やよいみちへの)降下箇所。

6 年前の同じ箇所
20160306-岡本八幡風吹岩間マイナールート (120/135)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/photodetail.php?did=823726&pid=03e4b841a0d76bc82165d725a4c62b02
2022年05月21日 17:12撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返りで金鳥山南尾根の(やよいみちへの)降下箇所。

6 年前の同じ箇所
20160306-岡本八幡風吹岩間マイナールート (120/135)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/photodetail.php?did=823726&pid=03e4b841a0d76bc82165d725a4c62b02
5
写真左前方の北へ進めば金鳥山のかつての広場に至ります。ここで右折すれば金鳥山の展望休憩所に行けます。
2022年05月21日 17:13撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真左前方の北へ進めば金鳥山のかつての広場に至ります。ここで右折すれば金鳥山の展望休憩所に行けます。
5
右前方は保久良山道に出ます(見えています)。左折して北進。
2022年05月21日 17:14撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右前方は保久良山道に出ます(見えています)。左折して北進。
5
大きなヌタ場。気をつけて、まわって通過。
2022年05月21日 17:15撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きなヌタ場。気をつけて、まわって通過。
4
かつての金鳥山の広場に出ました。テーブルとベンチは繁茂に覆われたままです。

繁茂以前
20151107-風吹岩-金鳥山-八幡谷-ヤマレコの練習 (4/23)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/photodetail.php?did=761123&pid=fafa927096ace0d23f0c4e9655d34f35
2022年05月21日 17:15撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かつての金鳥山の広場に出ました。テーブルとベンチは繁茂に覆われたままです。

繁茂以前
20151107-風吹岩-金鳥山-八幡谷-ヤマレコの練習 (4/23)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/photodetail.php?did=761123&pid=fafa927096ace0d23f0c4e9655d34f35
5
一つ前の写真で左折、地理院地図では金鳥山の標高 338m の地点。刈り払われ、岩石が並ぶ広場になっていました。標高点などの公的な標識は、元々ありません。いろんな山行記録で目にします私製標識もありませんでした。
2022年05月21日 17:16撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一つ前の写真で左折、地理院地図では金鳥山の標高 338m の地点。刈り払われ、岩石が並ぶ広場になっていました。標高点などの公的な標識は、元々ありません。いろんな山行記録で目にします私製標識もありませんでした。
5
一つ前の写真の西側奥から振り返りで撮影。
2022年05月21日 17:16撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一つ前の写真の西側奥から振り返りで撮影。
5
保久良山道に出てきて、119 ばん通報プレート ひ 43-5 の標識。権現谷の本谷を詰め上がると、この標識の手前あたりに出てきます。
この左上が金鳥山の最高地点、かつては第二電電 (KDDI) 金鳥ステーションというアンテナ施設がありました。

20220116-権現谷-西天上谷鉄塔巡視道 (36/66)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/photodetail.php?did=3924547&pid=707526b2124cea5ed7a4568becd96b27
2022年05月21日 17:18撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保久良山道に出てきて、119 ばん通報プレート ひ 43-5 の標識。権現谷の本谷を詰め上がると、この標識の手前あたりに出てきます。
この左上が金鳥山の最高地点、かつては第二電電 (KDDI) 金鳥ステーションというアンテナ施設がありました。

20220116-権現谷-西天上谷鉄塔巡視道 (36/66)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/photodetail.php?did=3924547&pid=707526b2124cea5ed7a4568becd96b27
5
何年か前までは、金鳥ステーション跡に出入りできる踏み跡が、広場側、保久良山道側と数カ所あったのですが、今日はここの左手だけでした。
2022年05月21日 17:18撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何年か前までは、金鳥ステーション跡に出入りできる踏み跡が、広場側、保久良山道側と数カ所あったのですが、今日はここの左手だけでした。
5
金鳥ステーション跡に来ました。
他の山行記録で私製標識を目にすることがあるのですが、今日は見当たりませんでした。
2022年05月21日 17:20撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金鳥ステーション跡に来ました。
他の山行記録で私製標識を目にすることがあるのですが、今日は見当たりませんでした。
6
11 枚の写真でパノラマ。正面中央が繁茂に埋もれた金鳥山の広場です。
2022年05月21日 17:20撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す|▶ 360度パノラマ
11 枚の写真でパノラマ。正面中央が繁茂に埋もれた金鳥山の広場です。
3
電柱。
2022年05月21日 17:21撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電柱。
4
保久良山道に戻って下山方向。右折が金鳥山の広場です。ここの右手には、かつて広場へ案内する道標が何基かあったのですが、撤去されました。行政には、金鳥山の広場を再整備する予定はないのでしょう。
2022年05月21日 17:22撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保久良山道に戻って下山方向。右折が金鳥山の広場です。ここの右手には、かつて広場へ案内する道標が何基かあったのですが、撤去されました。行政には、金鳥山の広場を再整備する予定はないのでしょう。
5
木には小さい私製標識。
2022年05月21日 17:22撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木には小さい私製標識。
5
前方、展望休憩所の方へ下ります。
2022年05月21日 17:26撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方、展望休憩所の方へ下ります。
5
西の右下、作業道ができていました。後で行ってみます。
2022年05月21日 17:27撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の右下、作業道ができていました。後で行ってみます。
5
展望休憩所からの展望は少し。
2022年05月21日 17:27撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望休憩所からの展望は少し。
6
12 枚の写真でパノラマ。露出が違う写真が混じってしまいました。
2022年05月21日 17:27撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す|▶ 360度パノラマ
12 枚の写真でパノラマ。露出が違う写真が混じってしまいました。
4
写真向かって左が 3 枚前の写真で見た作業道、真ん中が下ってきた道、向かって右は保久良山道の方です。
2022年05月21日 17:28撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真向かって左が 3 枚前の写真で見た作業道、真ん中が下ってきた道、向かって右は保久良山道の方です。
5
作業道を西進。右上は金鳥山南尾根(やよいみち)に至る踏み跡。
2022年05月21日 17:29撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業道を西進。右上は金鳥山南尾根(やよいみち)に至る踏み跡。
5
作業道の西進はここで行き止まり。
2022年05月21日 17:29撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業道の西進はここで行き止まり。
5
引き返して、2 枚前の踏み跡へ左折。
2022年05月21日 17:29撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引き返して、2 枚前の踏み跡へ左折。
5
前方に金鳥山南尾根(やよいみち)。
2022年05月21日 17:30撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方に金鳥山南尾根(やよいみち)。
5
金鳥山南尾根を少し登って、再度下り口を撮影。24 枚前の写真と同じ箇所です。
2022年05月21日 17:31撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金鳥山南尾根を少し登って、再度下り口を撮影。24 枚前の写真と同じ箇所です。
5
下りかけて、2 枚前の写真の作業道から登り着いてくる箇所。
2022年05月21日 17:32撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りかけて、2 枚前の写真の作業道から登り着いてくる箇所。
5
作業道へ下る方向の踏み跡は薄いです。
2022年05月21日 17:32撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業道へ下る方向の踏み跡は薄いです。
5
金鳥山南尾根(やよいみち)の下り。
2022年05月21日 17:32撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金鳥山南尾根(やよいみち)の下り。
5
金鳥山南尾根(やよいみち)の下りは、時々眺望があります。
2022年05月21日 17:33撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金鳥山南尾根(やよいみち)の下りは、時々眺望があります。
5
少し下ったところの眺望。
2022年05月21日 17:35撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下ったところの眺望。
5
魚崎中学校の植樹がある植生事業斜面の上の段に下りてきました。
2022年05月21日 17:38撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
魚崎中学校の植樹がある植生事業斜面の上の段に下りてきました。
5
これはコナラの植樹。
2022年05月21日 17:39撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはコナラの植樹。
5
20 枚の写真でパノラマ。
2022年05月21日 17:46撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す|▶ 360度パノラマ
20 枚の写真でパノラマ。
4
左手の斜面は、地理院地図の破線路が描かれているところに相当します。破線路は、金鳥山の展望休憩所の南東約 30m 、標高差約 15m の地点で保久良山道に合流するように描かれています。
6 年前の探索ででも、そのルートは分かりませんでした。
2022年05月21日 17:46撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手の斜面は、地理院地図の破線路が描かれているところに相当します。破線路は、金鳥山の展望休憩所の南東約 30m 、標高差約 15m の地点で保久良山道に合流するように描かれています。
6 年前の探索ででも、そのルートは分かりませんでした。
5
前の写真から少し下って振り返り。この写真の奥から向かって右上の方へ地理院地図の破線が伸びているのですが、ルートの名残はありません。
2022年05月21日 17:47撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前の写真から少し下って振り返り。この写真の奥から向かって右上の方へ地理院地図の破線が伸びているのですが、ルートの名残はありません。
5
少し下って眺望。
2022年05月21日 17:48撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下って眺望。
6
また少し下って眺望。繁茂期ではない季節の晴れた昼間に下るのがよいです。
2022年05月21日 17:50撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また少し下って眺望。繁茂期ではない季節の晴れた昼間に下るのがよいです。
4
保久良梅林から下って、松尾谷の渡渉箇所に来ました。写真中央左奥へ下ってみます。
2022年05月21日 17:56撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保久良梅林から下って、松尾谷の渡渉箇所に来ました。写真中央左奥へ下ってみます。
5
写真右上から下ってきました。振り返りで八幡谷東鉄塔巡視道の登り口の崖を撮影。写真向かって左端近くに垂直面の間の隙間があって、登降することができます。
2022年05月21日 17:58撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真右上から下ってきました。振り返りで八幡谷東鉄塔巡視道の登り口の崖を撮影。写真向かって左端近くに垂直面の間の隙間があって、登降することができます。
5
東灘区本山町田辺(字)松尾谷の民家の敷地内の道路ギリギリの所に、兵庫県の川起点の石標。
2022年05月21日 18:02撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東灘区本山町田辺(字)松尾谷の民家の敷地内の道路ギリギリの所に、兵庫県の川起点の石標。
5
二級河川川起点。下が埋もれています。天上川はここから。
2022年05月21日 18:03撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二級河川川起点。下が埋もれています。天上川はここから。
5
写真中央右がいつもの登り口です。振り返りで撮影。正規登山道は右上へ上ったところ。二級河川川起点の石標はこの写真のほぼ中央の少し左です。
2022年05月21日 18:03撮影 by H8296, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真中央右がいつもの登り口です。振り返りで撮影。正規登山道は右上へ上ったところ。二級河川川起点の石標はこの写真のほぼ中央の少し左です。
4

感想/記録
by toshee

今日の夕方の散歩は短縮版、金鳥山までにしておいて、暑くなかったので金鳥山南尾根を登降してみました。管理道として整備され、やよいみちと名前が付けられていました。

今日の神戸の最高気温は 22.4 度。水だけ持って仕事場を出てきましたが、消費しませんでした。

金鳥山南尾根とその下の植林事業斜面の様子は、6 年前はおろか、昨年からも変わっていました。三角点があるのですが、到達できそうにありませんでした。
20160312-松尾谷西尾根 (14/45)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/photodetail.php?did=826377&pid=d87e5afc397ed2132e8a9fc7168209fe
20160306_岡本八幡風吹岩間マイナールート (124/135)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/photodetail.php?did=823726&pid=738423e0a8963fbd30b95bc1e44acb09

六甲山系アラカルートさん(ウェブは閉鎖)
3731 金鳥山南尾根 調査日:2016 年 1 月 21 日
https://web.archive.org/web/20190504150424/http://alacaroute1.web.fc2.com/3731.html

+++++

このあたりの過去の山行記録

20210207-人が少ない市街地散歩-保久良梅林-岡本梅林-住吉川
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2906584.html

20160312-松尾谷西尾根
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-826377.html

20160306-岡本八幡風吹岩間マイナールート
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-823726.html

20160227-八幡谷西巻道ツブレ池松尾谷西尾根
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-820129.html

20160221-八幡谷西巻道ハブ谷右俣横池雄池南北路本庄山南尾根金鳥山南尾根松尾谷西尾根
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-816154.html

20160207-ハブ谷右俣風吹岩金鳥山南松尾谷西尾根
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-809059.html
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:84人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ