また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 509555 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

乗鞍岳+笠ヶ岳〜双六岳(笠ヶ岳・双六岳編、テント泊)

日程 2014年09月13日(土) 〜 2014年09月15日(月)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き)
乗鞍岳のレコに記載
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-509554.html
帰り)
9:16新穂高ロープウェイ
9:58平湯温泉
※バス待ち時間に入浴
松本行きのバス待ちが1時間程度あるのでバス停3階のアルプス街道平湯で日帰り入浴
11:05平湯温泉
12:30松本バスターミナル
■松本
↓ 13:02〜15:03
↓ JR特急スーパーあずさ18号
↓ 2番線発
■八王子
↓ 15:04〜15:12
↓ 徒歩
■京王八王子
↓ 15:15〜15:32
↓ 京王線特急・新宿行
↓ 1番線発 → 3番線着
■府中(東京都)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間27分
休憩
4分
合計
7時間31分
S中崎山荘 奥飛騨の湯10:2411:08笠新道登山口14:42杓子平14:4316:22分岐指導標(仮称)16:2416:30笠新道分岐16:59抜戸岩17:0017:55笠ヶ岳山荘
2日目
山行
9時間20分
休憩
1時間32分
合計
10時間52分
笠ヶ岳山荘05:2405:38笠ヶ岳05:4706:02笠ヶ岳山荘07:53抜戸岩07:5508:20笠新道分岐08:28分岐指導標(仮称)08:32抜戸岳分岐08:32抜戸岳08:33抜戸岳09:40秩父平09:4210:19大ノマ岳10:2111:15弓折岳11:1612:09弓折乗越12:1212:22花見平12:33くろゆりベンチ13:11双六小屋14:0914:23双六岳巻道分岐15:03双六岳15:1815:55双六岳巻道分岐16:10双六小屋16:16宿泊地
3日目
山行
4時間16分
休憩
11分
合計
4時間27分
宿泊地04:5105:29くろゆりベンチ05:3105:44花見平05:55弓折乗越05:5806:27鏡平山荘06:56シシウドヶ原06:5907:23チボ岩07:2407:34秩父沢出合07:3608:09小池新道入口08:25わさび平小屋08:40笠新道登山口09:17新穂高温泉駅09:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【笠新道経由笠ヶ岳】
危険箇所はないが
夜間にテント場から笠ヶ岳山荘のトイレに行くのは至難の技
冷池山荘のテント場から冷池山荘のトイレに行くのも距離があるので苦労するが
笠ヶ岳テント場から笠ヶ岳山荘のトイレまでは岩岩の道を通るのでルートがわかりずらい
テント泊の人は明るいうちに済ませておくことをお勧めする
笠新道登山口には水場があるが、途中水場がないのがつらい
【笠ヶ岳山荘】
テント場800円
スーパードライ500ミリ缶800円
テント場の受付の人の対応が非常に良かった
テント場に着いたのが遅かったので怒られるか?と思ったが感じ良く対応してもらえた
【双六小屋】
テント場1,000円
カップ麺とかはないが軽食が頼める
テント場に着いた直後、カレー注文
双六岳を登った直後ラーメン注文したがうまかったです。
双六小屋から三俣蓮華岳に行くのは3ルートあるが
巻き道ルートから来た人の話では熊の糞らしきものがあったとのこと
(自分は双六岳まで稜線コースでピストンしたので未確認ですが)
【下山時の温泉】
新穂高温泉周辺にいくつかありましたが
新穂高ロープウェイに着いた直後バスが発車寸前だったので
平湯温泉バス停3階アルプス街道平湯の日帰り入浴利用
入浴料
600円
タオル小 200円
※バスのアクセスがイマイチなので利用価値大
http://www.nouhibus.co.jp/alps/furo/index.html
その他周辺情報Softbank
笠ヶ岳山荘テント場→○
双六小屋→×
双六岳→○
※双六小屋がつながらなかったのに双六岳はつながりました
なんか納得いかない
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック(パイネ) テント一式 トレッキングポール 寝袋 マット ストーブ&ライター クッカー PLATYPUS リブズフロントバック タオル ヘッドライト iphone ipad テントシューズ フリース ダウンパンツ&ダウン ランタン 行動食 2日分食事 カメラ レインコート ザックカバー

写真

新穂高バス停10:12
笠ヶ岳を目指すには時間としては遅すぎる気がしますが
とりあえず目指します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新穂高バス停10:12
笠ヶ岳を目指すには時間としては遅すぎる気がしますが
とりあえず目指します
登山指導センター
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山指導センター
ゲート
林道はスピードアップ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲート
林道はスピードアップ
笠新道入口
水場がここしか無いようなので水をくんで本番スタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠新道入口
水場がここしか無いようなので水をくんで本番スタート
1
笠新道
樹林帯がメインですがところどころ穂高方面が見えますが
残念ながら雲の中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠新道
樹林帯がメインですがところどころ穂高方面が見えますが
残念ながら雲の中
1
杓子平着
ここに着く迄きついったらありゃしない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杓子平着
ここに着く迄きついったらありゃしない
チングルマの穂でしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマの穂でしょうか?
1
笠ヶ岳は雲のなかですが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳は雲のなかですが
笠ヶ岳山頂が見えますが今日は疲れたので明日にします
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳山頂が見えますが今日は疲れたので明日にします
笠ヶ岳山荘から笠ヶ岳テント場
滝雲が綺麗です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳山荘から笠ヶ岳テント場
滝雲が綺麗です
【2日目】
夜明け前の槍ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【2日目】
夜明け前の槍ヶ岳
1
富士山確認
富士山見るとテンションあがります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山確認
富士山見るとテンションあがります
4
笠ヶ岳テント場より笠ヶ岳&笠ヶ岳山荘
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳テント場より笠ヶ岳&笠ヶ岳山荘
1
南岳付近からご来光
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南岳付近からご来光
1
笠ヶ岳山頂付近の祠
山頂は向かって左側にあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳山頂付近の祠
山頂は向かって左側にあります
1
マイテント&乗鞍岳・御嶽山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイテント&乗鞍岳・御嶽山
2
笠ヶ岳テント場をサヨナラ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳テント場をサヨナラ
1
弓折乗越
ここで下山するか双六岳方面に進むか悩む
iphoneのバッテリーが切れる寸前、バッテリーは持って来ていたのだがケーブルの接触が悪い、予備のケーブルが見つかったので双六方面に進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弓折乗越
ここで下山するか双六岳方面に進むか悩む
iphoneのバッテリーが切れる寸前、バッテリーは持って来ていたのだがケーブルの接触が悪い、予備のケーブルが見つかったので双六方面に進む
1
鷲羽岳&双六小屋が見えて来た
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽岳&双六小屋が見えて来た
双六小屋テント場到着
時間が早かったので三俣山荘という選択肢もありましたが
三俣山荘まで行けば鷲羽岳も射程圏になりますが
帰りの公共交通機関を全く調べてなかったので双六小屋にて幕営
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋テント場到着
時間が早かったので三俣山荘という選択肢もありましたが
三俣山荘まで行けば鷲羽岳も射程圏になりますが
帰りの公共交通機関を全く調べてなかったので双六小屋にて幕営
3
双六小屋
双六小屋テント場の雰囲気は良かったです
Softbankつながりません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋
双六小屋テント場の雰囲気は良かったです
Softbankつながりません
1
カレー注文
少し食べたあとですが
量が少なかったですがおいしかったです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カレー注文
少し食べたあとですが
量が少なかったですがおいしかったです
1
双六小屋テント場でテントを張った後に
双六岳登っておきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋テント場でテントを張った後に
双六岳登っておきます
1
三俣山荘巻き道・中道、稜線ルート分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣山荘巻き道・中道、稜線ルート分岐
中道・稜線ルート分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中道・稜線ルート分岐
ガスがでてきましたが雰囲気は良いです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスがでてきましたが雰囲気は良いです
双六岳山頂到着
この後、三俣蓮華岳まで行き、巻き道ルートで戻ってくるという選択肢もありましたが、巻き道で熊の糞を見たという人がいてピストンにしました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六岳山頂到着
この後、三俣蓮華岳まで行き、巻き道ルートで戻ってくるという選択肢もありましたが、巻き道で熊の糞を見たという人がいてピストンにしました
1
こんな感じの道、好きです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの道、好きです
双六小屋に戻ってラーメン注文
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋に戻ってラーメン注文
双六小屋は鷲羽岳の展望が素晴らしい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋は鷲羽岳の展望が素晴らしい
テント場でまったりしていたら鷲羽岳がすごく綺麗だという情報を聞いたので見に行きましたが少し遅かったようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場でまったりしていたら鷲羽岳がすごく綺麗だという情報を聞いたので見に行きましたが少し遅かったようです
【3日目】
双六小屋〜弓折分岐間にて

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【3日目】
双六小屋〜弓折分岐間にて

双六小屋〜弓折分岐間にて槍ヶ岳
昨日は南岳付近でのご来光でしたが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双六小屋〜弓折分岐間にて槍ヶ岳
昨日は南岳付近でのご来光でしたが
3
空が赤く燃えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空が赤く燃えます
3
乗鞍岳、奥に小さく御嶽山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳、奥に小さく御嶽山
鏡平山荘より槍ヶ岳
左側の気が邪魔ですが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡平山荘より槍ヶ岳
左側の気が邪魔ですが
2
乗鞍岳の前は焼岳?
山座同定は苦手です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳の前は焼岳?
山座同定は苦手です
角度を変えて槍ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
角度を変えて槍ヶ岳
わさび平小屋
テント場もあるようです
この後、新穂高ロープウェイ〜平湯温泉〜松本を経由して帰る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わさび平小屋
テント場もあるようです
この後、新穂高ロープウェイ〜平湯温泉〜松本を経由して帰る
1

感想/記録
by norman

【1日目】
乗鞍岳をピストンで登った後に
笠ヶ岳登山
新穂高温泉を10:20頃スタート
当初の予定では16:30頃には着くだろうと思っていたが
前回の登山と今回の登山に間がかなりある
昨日はあまり寝ていない
3時間程度の往復とは言え乗鞍岳を登った後
テント泊装備の上、なかなかの急登
危険な箇所こそ無かったが登りの連続
杓子平まで時々穂高岳が見えるが基本樹林帯
登山口から杓子平の半分進んだあたりから脚が悲鳴をあげる
騙し騙しなんとか登る
杓子平についた辺りで展望は一気に開けるが抜戸岳までの登りが相変わらず堪える
抜戸岳を下ったあたりから稜線上の道で少し楽になる
テント場になんとか着いて、テントを張った後にテントの申込のため笠ヶ岳山荘に
テント場から笠ヶ岳山荘の移動でさえもつらかった
申込後は、笠ヶ岳に登る気力もわかずテントに戻って食事して1日目終了
【2日目】
昨日、笠ヶ岳には登らなかったのでテント場から笠ヶ岳に登った
展望は素晴らしく、乗鞍岳では富士山が確認できなかったが笠ヶ岳においては富士山も確認
山頂で親切な女性の方がいて写真を撮ってもらう
テント場に戻った後どうするか検討、双六岳方面に進むことに
稜線上は気持ちよかったが、昨日の疲れがかなり残っていたので弓折岳の登りがキツかった
弓折分岐で鏡平方面に下るか双六方面に進むか悩む
この頃、iphoneのバッテリー切れる。バッテリーは持って来ていたのだがケーブルの接触が悪いのか充電されない。
予備のケーブルも持って来ていたが、テント場までは存在を確認していたのだが、テント撤収時に紛れ込んだのか?見当たらない
ケーブルが見つかったら双六方面に、見つからなかったが下山
方々探しまくったら見つかったので少し充電されるまで休憩してから双六岳方面に進む
双六小屋に着いたのが13:11
時間的には三俣山荘テント場も射程圏内
三俣山荘であれば鷲羽岳もと考えたのだが、帰りの行程が長くなるし
一番不安だったのは、今回帰りの公共交通機関をあまり調べていなかったので
帰れないという事態におちいるとシャレにならないので双六小屋で幕営
昨日と違い時間的な余裕がかなりあったので双六岳に登る
【3日目】
今日は下山のみ。
ご来光を見れたわけではないが、双六小屋から弓折分岐までの稜線上の展望が素晴らしかった。
このルートは鏡平山荘くらいまではずっと槍ヶ岳をみて歩けるので良かった
小池新道登山口から左俣林道を延々と歩き新穂高ロープウェイに至る
ちょうど着いた時に高山行きのバスが発車直前であったので平湯温泉で乗り換えて
松本駅経由で帰路に着く
訪問者数:574人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/8/9
投稿数: 2032
2014/9/19 0:13
 初めまして
笠ヶ岳のテン場ですが、風の影響は如何でしたか?
かなり山頂に近いので、少々風の影響が気に掛かっています。
(かなり軽量テントの為不安有り。過去にポール折れ)
登録日: 2010/11/7
投稿数: 46
2014/9/19 1:34
 Re: 初めまして
コメントありがとうございます
笠ヶ岳のテント場の風の影響ですが
当日は天気に恵まれたので風が殆どなく、張り綱を石に巻く方法のみ
(ペグ打ち省略)でも問題ありませんでしたが、
風が強い日は稜線上にあるので気をつけられた方が良いかと思います
登録日: 2010/8/9
投稿数: 2032
2014/9/20 12:00
 Re[2]: 初めまして
ご返信ありがとうございました。
やはりそうですよね。
軽量テントではやめておいた方が無難ですね。
ありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ