また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 510915 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

奥穂高岳(上高地から涸沢経由ピストン)

日程 2014年09月13日(土) 〜 2014年09月15日(月)
メンバー
天候1日目:晴れ 2日目:晴れのち曇り 3日目:曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
沢渡大橋まで自家用車、上高地BTまでシャトルバス。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間10分
休憩
1時間20分
合計
6時間30分
S上高地バスターミナル09:3010:20明神 (明神館)10:3011:10徳澤園11:5012:50横尾 (横尾山荘)13:0014:00本谷橋14:1015:10Sガレ15:2016:00涸沢小屋
2日目
山行
6時間0分
休憩
4時間10分
合計
10時間10分
涸沢小屋06:0007:00ザイテングラード取付07:1008:50穂高岳山荘10:5011:40穂高岳12:1012:40途中待機13:5014:10穂高岳山荘14:2015:20ザイテングラード取付15:3016:10涸沢小屋
3日目
山行
4時間30分
休憩
40分
合計
5時間10分
涸沢小屋05:4007:10本谷橋07:2008:10横尾 (横尾山荘)08:2009:10徳澤園09:2010:00明神 (明神館)10:1010:50上高地バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ザイテングラード中ほどの鎖場、白出のコルのすぐ上の鎖場と2連のハシゴ。
いずれも、すれ違いができないところなので、混雑時の通過は時間がかかります。
その他周辺情報沢渡大橋の駐車場に日帰り温泉併設。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

常念岳がお出迎え!(早朝の松本IC近くのコンビニで撮影)
長野道走行中に(今回の目当ての)穂高連峰もみえたのですが、さすがに路肩駐車して撮影するわけにもいかず・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念岳がお出迎え!(早朝の松本IC近くのコンビニで撮影)
長野道走行中に(今回の目当ての)穂高連峰もみえたのですが、さすがに路肩駐車して撮影するわけにもいかず・・・
1
常念岳(中央)と横通岳(右)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念岳(中央)と横通岳(右)。
左から、爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五竜岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から、爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五竜岳。
8時頃、沢渡大橋に到着。まだ空きがありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時頃、沢渡大橋に到着。まだ空きがありました。
上高地BT。さあ、出発です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地BT。さあ、出発です。
梓川と穂高連峰です。絵になりますね?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梓川と穂高連峰です。絵になりますね?
ジャンダルムと奥穂高岳付近の拡大。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルムと奥穂高岳付近の拡大。
1
奥穂高岳から吊尾根、前穂高岳にかけての稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高岳から吊尾根、前穂高岳にかけての稜線。
「特別名勝」と「特別天然記念物」と両方兼ねるのは、上高地と黒部渓谷の2ヶ所だけだそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「特別名勝」と「特別天然記念物」と両方兼ねるのは、上高地と黒部渓谷の2ヶ所だけだそうです。
西穂高岳から奥穂高岳への稜線をバックに河童橋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂高岳から奥穂高岳への稜線をバックに河童橋。
明神池近くから撮影した明神岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神池近くから撮影した明神岳。
明神と徳沢との間の梓川の流れ。遠方の山は・・・?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神と徳沢との間の梓川の流れ。遠方の山は・・・?
1
明神岳。ここからですと全貌がみえます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神岳。ここからですと全貌がみえます。
徳沢園。まわりが非常にのびやかな場所で、思わず時間を忘れてしまいそうになります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳沢園。まわりが非常にのびやかな場所で、思わず時間を忘れてしまいそうになります。
一見単調な遊歩道?歩きも、先へ進めば周りの景観は変化してきます。(徳沢から横尾への道で)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一見単調な遊歩道?歩きも、先へ進めば周りの景観は変化してきます。(徳沢から横尾への道で)
明神岳。見る位置が変われば当然に形も変化します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神岳。見る位置が変われば当然に形も変化します。
まっすぐ進むと、槍ヶ岳又は蝶ヶ岳方向。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まっすぐ進むと、槍ヶ岳又は蝶ヶ岳方向。
横尾から先は、本格的な登山道。気を引き締めて出発です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾から先は、本格的な登山道。気を引き締めて出発です。
「俺たちちゃんと雨具をもっているのになあ・・・」といいながら恨めし気に吊り橋の途中から引き返す軽装のアベックがいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「俺たちちゃんと雨具をもっているのになあ・・・」といいながら恨めし気に吊り橋の途中から引き返す軽装のアベックがいました。
1
横尾谷沿いに、涸沢へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾谷沿いに、涸沢へ向かいます。
横尾(標高1620メートル)と涸沢(同2350メートル)のほぼ中間地点の本谷橋(同1800メートルくらい)。沿面距離では半分以上来ていますが、標高はあと500メートル登らなければなりません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾(標高1620メートル)と涸沢(同2350メートル)のほぼ中間地点の本谷橋(同1800メートルくらい)。沿面距離では半分以上来ていますが、標高はあと500メートル登らなければなりません。
絶好の休憩ポイント。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶好の休憩ポイント。
登山道は、ここで左岸から右岸に移ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は、ここで左岸から右岸に移ります。
涸沢へ向かう途中。ガレ沢を何か所かトラバースしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢へ向かう途中。ガレ沢を何か所かトラバースしました。
遠くに、白出のコルが見えてきました。穂高岳山荘の建物もわずかにみえます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに、白出のコルが見えてきました。穂高岳山荘の建物もわずかにみえます。
白出のコルの拡大。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白出のコルの拡大。
やっと、涸沢小屋が!色とりどりのテントも見えます。近くの樹木に焦点があってしまったため、肝心の涸沢小屋がピンボケになりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと、涸沢小屋が!色とりどりのテントも見えます。近くの樹木に焦点があってしまったため、肝心の涸沢小屋がピンボケになりました。
奥穂高岳から白出のコルへの稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高岳から白出のコルへの稜線。
涸沢到着。稜線はガスっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢到着。稜線はガスっています。
正面が涸沢カールと吊尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面が涸沢カールと吊尾根。
二晩続けてお世話になった涸沢小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二晩続けてお世話になった涸沢小屋。
前穂高岳の北尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前穂高岳の北尾根。
1
2日目。奥穂高岳のモルゲンロート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目。奥穂高岳のモルゲンロート。
1
白出のコルの拡大。手前がザイテングラードと呼ばれる岩尾根で、小さく登山者がみえます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白出のコルの拡大。手前がザイテングラードと呼ばれる岩尾根で、小さく登山者がみえます。
前穂高岳・北尾根のモルゲンロート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前穂高岳・北尾根のモルゲンロート。
こちらは逆光ですが、常念岳(左)と屏風岩(右)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは逆光ですが、常念岳(左)と屏風岩(右)。
色とりどりのテント。山を登らずに日がな一日、のんびりとテントに滞在するのもいいですね?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色とりどりのテント。山を登らずに日がな一日、のんびりとテントに滞在するのもいいですね?
さあ、白出のコルに向かって出発。ナナカマドが色づくのはまだしばらく先のようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、白出のコルに向かって出発。ナナカマドが色づくのはまだしばらく先のようです。
青空と岩の稜線を仰ぎながら、ガレ場を登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空と岩の稜線を仰ぎながら、ガレ場を登ります。
ハイマツの中にザイテングラードの稜線が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツの中にザイテングラードの稜線が見えます。
白出のコルから涸沢岳、涸沢槍。涸沢槍だけをみると槍ヶ岳と区別がつきません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白出のコルから涸沢岳、涸沢槍。涸沢槍だけをみると槍ヶ岳と区別がつきません。
ガレ場をトラバースし、ザイテングラードに取り付きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場をトラバースし、ザイテングラードに取り付きます。
槍ヶ岳と見紛う涸沢槍。涸沢岳から北穂高岳の間の厳しい岩の稜線を通過する登山者が涸沢槍の右側に小さく見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳と見紛う涸沢槍。涸沢岳から北穂高岳の間の厳しい岩の稜線を通過する登山者が涸沢槍の右側に小さく見えます。
2
ザイテングラードへ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザイテングラードへ!
1
ザイテングラードへの取付点で休憩。標高2650メートル。ここから白出のコル(2983メートル)まで約300メートルの急登。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザイテングラードへの取付点で休憩。標高2650メートル。ここから白出のコル(2983メートル)まで約300メートルの急登。
ザイテングラードを登る登山者がみえました。さあ出発!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザイテングラードを登る登山者がみえました。さあ出発!
2857メートルの常念岳にだんだん近づいてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2857メートルの常念岳にだんだん近づいてきました。
白出のコルに到着。快晴の奥穂高岳山頂へ向かいものすごい人の行列!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白出のコルに到着。快晴の奥穂高岳山頂へ向かいものすごい人の行列!
山荘を出てすぐ上が急峻な岩場で、鎖場、2連のハシゴを通過するのに擦れ違いができない。順番待ちの行列ができているようです。大渋滞です!(この大渋滞に比べたら中央道上りの”小仏トンネルの渋滞”も物の数ではないでしょう)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘を出てすぐ上が急峻な岩場で、鎖場、2連のハシゴを通過するのに擦れ違いができない。順番待ちの行列ができているようです。大渋滞です!(この大渋滞に比べたら中央道上りの”小仏トンネルの渋滞”も物の数ではないでしょう)
1
行列は穂高岳山荘の前をとおり、ザイテングラートへの下り口の階段のところまで続いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行列は穂高岳山荘の前をとおり、ザイテングラートへの下り口の階段のところまで続いていました。
着いたばかりで行列に加わる気持ちになれず、小屋の裏側に行ってみると見事な光景が・・・!
笠ヶ岳です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いたばかりで行列に加わる気持ちになれず、小屋の裏側に行ってみると見事な光景が・・・!
笠ヶ岳です。
笠ヶ岳の向こうの稜線は白山でしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳の向こうの稜線は白山でしょうか?
奥穂高岳の反対側は涸沢岳。こちらは行列ができていません。ああ、涸沢岳が穂高連峰最高峰であったならば・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高岳の反対側は涸沢岳。こちらは行列ができていません。ああ、涸沢岳が穂高連峰最高峰であったならば・・・
1
白出のコルに着いて1時間30分たちましたが、いまだに先へ進んでいません・・・(泣)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白出のコルに着いて1時間30分たちましたが、いまだに先へ進んでいません・・・(泣)
いっそのこと穂高岳山荘に宿泊して明朝一番の登頂を目指そうかとも思いましたが・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いっそのこと穂高岳山荘に宿泊して明朝一番の登頂を目指そうかとも思いましたが・・・
10時50分、約2時間待ってやっと山頂方向へ進むことができました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時50分、約2時間待ってやっと山頂方向へ進むことができました。
1
ほぼ垂直の岩場を登ります。上部にハシゴが見えています。昨年の8月に槍の穂を登った時のことを思い出しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ垂直の岩場を登ります。上部にハシゴが見えています。昨年の8月に槍の穂を登った時のことを思い出しました。
1
奥穂高岳山頂到着。11時40分。朝はあんなに晴れていたのに、ガスで何も見えません・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高岳山頂到着。11時40分。朝はあんなに晴れていたのに、ガスで何も見えません・・・
西穂高岳方向の稜線。晴れていればこの方向にジャンダルムが・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂高岳方向の稜線。晴れていればこの方向にジャンダルムが・・・
涸沢岳(中央)と北穂高岳(右)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢岳(中央)と北穂高岳(右)
山頂のケルン。多くの登山客が順番に記念撮影をしていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂のケルン。多くの登山客が順番に記念撮影をしていました。
人がいないタイミングを見計らって山頂を撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人がいないタイミングを見計らって山頂を撮影。
山頂で30分ほど休憩して下山開始しましたが、またしても渋滞に!やはり穂高岳山荘のすぐ上の難所がネックとなったようです。3000メートルのうすら寒い稜線で1時間近く”待機”しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で30分ほど休憩して下山開始しましたが、またしても渋滞に!やはり穂高岳山荘のすぐ上の難所がネックとなったようです。3000メートルのうすら寒い稜線で1時間近く”待機”しました。
1
無事に穂高岳山荘まで戻りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に穂高岳山荘まで戻りました。
ザイテングラードの取付きまで一気に下り、休憩。予定では涸沢を通過し、横尾経由、徳沢に宿泊予定でしたが、時間の都合で涸沢小屋に再度二晩続けてお世話になることになりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザイテングラードの取付きまで一気に下り、休憩。予定では涸沢を通過し、横尾経由、徳沢に宿泊予定でしたが、時間の都合で涸沢小屋に再度二晩続けてお世話になることになりました。
3日目の朝。朝焼けと常念岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目の朝。朝焼けと常念岳。
1
モルゲンロートの前穂高岳から吊尾根、奥穂高岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モルゲンロートの前穂高岳から吊尾根、奥穂高岳。
涸沢小屋前のともしびが、切なげな光を放っていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢小屋前のともしびが、切なげな光を放っていました。
前穂高岳・北尾根のモルゲンロート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前穂高岳・北尾根のモルゲンロート。
さらば、涸沢カール。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらば、涸沢カール。
1
さらば、涸沢小屋。2晩お世話になりました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらば、涸沢小屋。2晩お世話になりました!
奥穂高岳から涸沢岳の稜線。見慣れた光景ですが再度、目に焼き付けたく・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高岳から涸沢岳の稜線。見慣れた光景ですが再度、目に焼き付けたく・・・
10時半頃、河童橋まで戻りました。写真は焼岳と河童橋。さて、穂高連峰はみえているでしょうか・・・?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時半頃、河童橋まで戻りました。写真は焼岳と河童橋。さて、穂高連峰はみえているでしょうか・・・?
空は曇っていましたが、ガスはかかっていませんでした。2日目の晩に涸沢小屋で私の隣だった方は(2人連れの男性パーティ)涸沢を朝5時に出発しましたが、渋滞に遭わずに登頂できたでしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空は曇っていましたが、ガスはかかっていませんでした。2日目の晩に涸沢小屋で私の隣だった方は(2人連れの男性パーティ)涸沢を朝5時に出発しましたが、渋滞に遭わずに登頂できたでしょうか?
おまけ。帰りの中央道諏訪SAからみえた八ヶ岳(赤岳からキレット、権現岳への稜線)
帰りの中央道は小仏トンネルの手前で約30キロの渋滞!渋滞ずくしの山旅でござった・・・!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おまけ。帰りの中央道諏訪SAからみえた八ヶ岳(赤岳からキレット、権現岳への稜線)
帰りの中央道は小仏トンネルの手前で約30キロの渋滞!渋滞ずくしの山旅でござった・・・!

感想/記録

9月の3連休は大気が比較的安定し、晴れるとの予報だったので、早くから北アルプス奥穂高岳への登山計画を温め、当日、実行しました。同じことを考えた人が多かったようで、当日は穂高岳山荘のある白出のコルから奥穂高岳への登山道は大渋滞!
穂高山荘前で2時間待機、山頂から下山するときも、穂高岳山荘すぐ上の難所で渋滞し、ガスが巻くうすら寒い3000メートルの稜線で1時間以上待機の憂き目に遭いました。
渋滞待機はある程度やむを得ないにしても、やはり一番残念だったのは朝は見事なまでの快晴だったのに山頂到着が11時40分だったためその頃は完全にガスってしまい、展望が得られなかったことです。
横尾まで下山したとき、何回か穂高連峰の登山経験があると思われる男性が「こんなに渋滞で待たされたのははじめて」と語るのを耳にしました。
やはり、7月8月の天候が不順で涙をのんだ登山者が9月の好天候の3連休に”雪辱を晴らそう!”と考え、一度に押し寄せたといえるのでは?と考えました。(かくいう私もその一人です)
仮に私が涸沢小屋を1時間早く出発する判断力・実行力を持ち合わせ、穂高岳山荘まで休憩込でも2時間そこそこで登る脚力・体力があったならば穂高岳山荘到着は7時台で渋滞にも合わず、山頂の絶景に接することができただろうと思います。
判断力・実行力は経験に比例し、体力脚力は老若男女は関係なくある程度持って生まれた資質?もあると思います。まあ済んだことはいっても仕方がないのでやめます。
手際よい”交通整理”を怠ったなどと山小屋関係者の方に責任転嫁?する気持ちもありません。
これも山登りの一側面と考え、これに懲りずに自分なりの山登りを続けていきたいと思いました。
訪問者数:480人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ