また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 601802 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

雲ノ平・水晶岳・鷲羽岳・黒部五郎岳(折立より周遊)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2007年08月04日(土) ~ 2007年08月06日(月)
メンバー
天候1日目:くもり・2日目:晴れ・3日目:晴れのち大雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間28分
休憩
35分
合計
10時間3分
S折立05:2208:55太郎平小屋11:40薬師沢小屋12:1514:25アラスカ庭園15:25雲ノ平山荘
2日目
山行
11時間4分
休憩
9分
合計
11時間13分
雲ノ平山荘05:3007:26祖父岳09:11水晶小屋10:01水晶岳10:1010:50水晶小屋12:57鷲羽岳14:22三俣山荘16:43黒部五郎小舎
3日目
山行
11時間50分
休憩
0分
合計
11時間50分
黒部五郎小舎04:3007:58黒部五郎岳10:48赤木岳13:44太郎平小屋16:17折立16:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2007年08月の天気図 [pdf]

写真

05:22 折立駐車場(1,355m)に前日入りし、車中泊。 当初はもっと早くに発つつもりであったが、夜半に強い雨が降り、明け方に雨が上がるのを待っての出発となった。
2007年08月04日 05:22撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:22 折立駐車場(1,355m)に前日入りし、車中泊。 当初はもっと早くに発つつもりであったが、夜半に強い雨が降り、明け方に雨が上がるのを待っての出発となった。
07:39 樹林帯を抜けて草原を進む。
2007年08月04日 07:39撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:39 樹林帯を抜けて草原を進む。
09:00 太郎兵衛平に建つ太郎平小屋(2,325m)を通過し、薬師沢へと下る。
2007年08月04日 09:00撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:00 太郎兵衛平に建つ太郎平小屋(2,325m)を通過し、薬師沢へと下る。
09:52 シラネオアイ
2007年08月04日 09:52撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:52 シラネオアイ
09:55 薬師沢を渡る。
2007年08月04日 09:55撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:55 薬師沢を渡る。
11:24 カケッペガ原を行く。 この辺りの木道で2度もスリップし、気持ち良く仰向けに転倒した。(幸いザックがクッションとなりどこもぶつけなかった。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:24 カケッペガ原を行く。 この辺りの木道で2度もスリップし、気持ち良く仰向けに転倒した。(幸いザックがクッションとなりどこもぶつけなかった。)
11:46 薬師沢小屋(1,912m)に到着し、カミサンに持たされたにぎりと、小屋のラーメン(600円)を頂く。
2007年08月04日 11:46撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:46 薬師沢小屋(1,912m)に到着し、カミサンに持たされたにぎりと、小屋のラーメン(600円)を頂く。
12:16 食事中に激しい雨が降って来たのでレインウエアに着替えるも、小屋を出発するころには雨が上がってしまった。
2007年08月04日 12:16撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:16 食事中に激しい雨が降って来たのでレインウエアに着替えるも、小屋を出発するころには雨が上がってしまった。
13:33 「雲ノ平」の溶岩台地へとつづく岩の登り。
2007年08月04日 13:33撮影 by Canon PowerShot S5 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:33 「雲ノ平」の溶岩台地へとつづく岩の登り。
14:25 「雲ノ平」の一角(2,360m)に辿り着く。 辺りは文字通り、雲の平だった。
2007年08月04日 14:25撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:25 「雲ノ平」の一角(2,360m)に辿り着く。 辺りは文字通り、雲の平だった。
14:49 自然の造形による「飛翔する蝶」。
2007年08月04日 14:49撮影 by Canon PowerShot S5 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:49 自然の造形による「飛翔する蝶」。
15:11 庭園もガスにかすむ。
2007年08月04日 15:11撮影 by Canon PowerShot S5 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:11 庭園もガスにかすむ。
15:25 折立を出発してから10時間、ようやく本日の宿「雲の平山荘」(2,550m)に到着。
2007年08月04日 15:25撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:25 折立を出発してから10時間、ようやく本日の宿「雲の平山荘」(2,550m)に到着。
17:51 夕食は石狩鍋の酒粕仕立て。
2007年08月04日 17:51撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17:51 夕食は石狩鍋の酒粕仕立て。
2日目 05:02 朝食を頂き、2日目の山行がスタートする。
2007年08月05日 05:02撮影 by Canon PowerShot S5 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目 05:02 朝食を頂き、2日目の山行がスタートする。
05:47 5時半に小屋を出発し、まずは祖父岳へと向かう。
2007年08月05日 05:47撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:47 5時半に小屋を出発し、まずは祖父岳へと向かう。
07:26 祖父岳山頂(2,825m)はガスの中。
2007年08月05日 07:26撮影 by Canon PowerShot S5 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:26 祖父岳山頂(2,825m)はガスの中。
08:18 左手に雪渓を眺めながら、水晶岳をめざす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:18 左手に雪渓を眺めながら、水晶岳をめざす。
08:48 二重山稜の赤池(2,780m)からの水晶岳の山頂部。 ここにきて、ようやく雲が取れはじめた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:48 二重山稜の赤池(2,780m)からの水晶岳の山頂部。 ここにきて、ようやく雲が取れはじめた。
08:49 先ほど通過した祖父岳を振り返る。
2007年08月05日 08:49撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:49 先ほど通過した祖父岳を振り返る。
09:11 水晶小屋(2,900m)を通過し、さらに山頂を目指す。
2007年08月05日 09:11撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:11 水晶小屋(2,900m)を通過し、さらに山頂を目指す。
10:01 水晶岳(2,986m)に登頂。
2007年08月05日 10:01撮影 by Canon PowerShot S5 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:01 水晶岳(2,986m)に登頂。
10:07 山頂からの眺め。 やはり、ガスが多め。
2007年08月05日 10:07撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:07 山頂からの眺め。 やはり、ガスが多め。
10:30 山頂を後に、鷲羽岳を目指すためにもと来た道を戻る。 写真はハイマツの実。
2007年08月05日 10:30撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:30 山頂を後に、鷲羽岳を目指すためにもと来た道を戻る。 写真はハイマツの実。
10:44 水晶小屋の近くでライチョウさん♀を見かける。
2007年08月05日 10:44撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:44 水晶小屋の近くでライチョウさん♀を見かける。
10:48 水晶岳をピストンして水晶小屋に戻る。
2007年08月05日 10:48撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:48 水晶岳をピストンして水晶小屋に戻る。
12:03 水晶小屋から東へ延びる尾根、その先には「野口五郎岳(2,942m)」と「真砂岳(2,862m)」。
2007年08月05日 12:03撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:03 水晶小屋から東へ延びる尾根、その先には「野口五郎岳(2,942m)」と「真砂岳(2,862m)」。
12:18 南に見えるは、これから登頂を目指す、鷲羽岳(2,924m)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:18 南に見えるは、これから登頂を目指す、鷲羽岳(2,924m)。
12:57 鷲羽岳山頂にて。
2007年08月05日 12:57撮影 by Canon PowerShot S5 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:57 鷲羽岳山頂にて。
13:03 山頂から鷲羽池を見下ろす。 池の奥に見えるはずの槍の穂先は雲の中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:03 山頂から鷲羽池を見下ろす。 池の奥に見えるはずの槍の穂先は雲の中。
13:12 丸山(2,854m)と三俣蓮華岳(2,844m)。 中央に見える小屋はこれから通過する三俣山荘。
2007年08月05日 13:12撮影 by Canon PowerShot S5 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:12 丸山(2,854m)と三俣蓮華岳(2,844m)。 中央に見える小屋はこれから通過する三俣山荘。
13:31 黒部源流とその奥に霞む黒部五郎岳。
2007年08月05日 13:31撮影 by Canon PowerShot S5 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:31 黒部源流とその奥に霞む黒部五郎岳。
14:22 三俣山荘(2,540m)に下り、鷲羽岳を振り返る。
2007年08月05日 14:22撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:22 三俣山荘(2,540m)に下り、鷲羽岳を振り返る。
16:16 疲労により三俣蓮華岳の直登ルートをパスし、巻き道で黒部五郎小舎を目指す。
2007年08月05日 16:16撮影 by Canon PowerShot S5 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16:16 疲労により三俣蓮華岳の直登ルートをパスし、巻き道で黒部五郎小舎を目指す。
16:43 なんとか、本日お世話になる黒部五郎小舎に辿り着いた。
2007年08月05日 16:43撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16:43 なんとか、本日お世話になる黒部五郎小舎に辿り着いた。
17:50 疲労のために、折角の夕食もあまり進まず。
2007年08月05日 17:50撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17:50 疲労のために、折角の夕食もあまり進まず。
3日目 04:11 早立ちするために用意してもらった弁当を、半分ほど食べてから…
2007年08月06日 04:11撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目 04:11 早立ちするために用意してもらった弁当を、半分ほど食べてから…
04:30 暗がりの中、黒部五郎小舎を出発する。
2007年08月06日 04:30撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
04:30 暗がりの中、黒部五郎小舎を出発する。
05:11 行く手に朝焼けに染まる、黒部五郎岳が姿を現す。
2007年08月06日 05:11撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:11 行く手に朝焼けに染まる、黒部五郎岳が姿を現す。
05:19 山行の三日目でようやくの好天に恵まれる。
2007年08月06日 05:19撮影 by Canon PowerShot S5 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:19 山行の三日目でようやくの好天に恵まれる。
05:34 コバイケイソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:34 コバイケイソウ
05:48 チングルマ
2007年08月06日 05:48撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:48 チングルマ
05:58 カールに付けられた登山道を進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:58 カールに付けられた登山道を進む。
06:23 青空と花崗岩そして緑のコントラスト。
2007年08月06日 06:23撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:23 青空と花崗岩そして緑のコントラスト。
06:29 こんな場所が日本に有ったのか!?と、思えるような風景。
2007年08月06日 06:29撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:29 こんな場所が日本に有ったのか!?と、思えるような風景。
07:07 カールのふちを登り、山頂を目指す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:07 カールのふちを登り、山頂を目指す。
07:22 稜線に上がると、薬師岳が出迎えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:22 稜線に上がると、薬師岳が出迎えた。
07:32 今日は槍ヶ岳も機嫌が良さそう。
2007年08月06日 07:32撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:32 今日は槍ヶ岳も機嫌が良さそう。
07:45 飛騨の名峰、笠ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:45 飛騨の名峰、笠ヶ岳。
07:58 黒部五郎岳(2,840m)の登頂にも成功!
2007年08月06日 07:58撮影 by Canon PowerShot S5 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:58 黒部五郎岳(2,840m)の登頂にも成功!
08:14 次なる縦走路、北ノ俣岳方面の稜線。
2007年08月06日 08:14撮影 by Canon PowerShot S5 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:14 次なる縦走路、北ノ俣岳方面の稜線。
09:44 どこぞのワンゲル部とすれ違う。
2007年08月06日 09:44撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:44 どこぞのワンゲル部とすれ違う。
10:48 赤木岳(2,622m)山頂。 奥に昨日登頂した水晶岳と鷲羽岳。
2007年08月06日 10:48撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:48 赤木岳(2,622m)山頂。 奥に昨日登頂した水晶岳と鷲羽岳。
11:08 北ノ俣岳(2,661m)を見上げる。
2007年08月06日 11:08撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:08 北ノ俣岳(2,661m)を見上げる。
11:50 赤木平越しに鷲羽岳と槍ヶ岳を望む。
2007年08月06日 11:50撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:50 赤木平越しに鷲羽岳と槍ヶ岳を望む。
12:09 遠くに一昨日通過した、太郎平小屋が見える。
2007年08月06日 12:09撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:09 遠くに一昨日通過した、太郎平小屋が見える。
12:36 積乱雲が湧きたち始めた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:36 積乱雲が湧きたち始めた。
13:00 池塘と薬師岳(2,926m)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:00 池塘と薬師岳(2,926m)。
13:44 2日ぶりの太郎平小屋、ここから本格的な下山となる。
2007年08月06日 13:44撮影 by Canon PowerShot S5 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:44 2日ぶりの太郎平小屋、ここから本格的な下山となる。
13:46 小屋近くを富山県警の「つるぎ」がフライバイする。
2007年08月06日 13:46撮影 by ,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:46 小屋近くを富山県警の「つるぎ」がフライバイする。
15:53 下山するにつれ、天候が崩れ始める。
2007年08月06日 15:33撮影 by Canon PowerShot S5 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:53 下山するにつれ、天候が崩れ始める。
16:17 折立に無事に下山! 駐車場に着くころ、本降りとなった。
2007年08月06日 16:17撮影 by Canon PowerShot S5 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16:17 折立に無事に下山! 駐車場に着くころ、本降りとなった。
撮影機材:

感想/記録

折立を起点とした初めての2泊3日の山行を計画した。 1日の行動時間がかなり長めの強行軍だが長期休暇の取得が難しいのでこの日程となった。 さすがにこの工程では2日目にバテ気味となってしまったが、三日間の充実した山行を過ごす事ができた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:292人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ