ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 758343 全員に公開 ハイキング札幌近郊

阿部山 藪漕ぎなしの循環ルート

日程 2015年11月04日(水) [日帰り]
メンバー TAITYOUO
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間43分
休憩
32分
合計
3時間15分
S平和の滝、駐車場09:5510:02渡渉地点10:1110:44展望台11:00ピーク51511:2111:2611:31阿部山11:5412:32土管の橋12:40鉄骨の橋12:45平和霊園、奥の駐車場13:10平和の滝、駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
阿部山景から阿部山山頂を経由して東尾根、平和霊園まで登山道があると言えるでしょう。

尾根の降りの時は尾根の分岐を間違いやすいのでGPSなどで位置確認をすることが必要でしょう。

琴似発寒川の渡渉は増水時には渡れません。また平水時でも登山靴では渡れません、長靴が必要です。
平和霊園の宮城沢川は増水しても鉄骨の橋を使えば渡れます。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長靴(必修・渡渉のため)

写真

阿部山は三つ峰、左の最高点から喫、曲、景と呼ぶ。
2015年11月04日 09:44撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿部山は三つ峰、左の最高点から喫、曲、景と呼ぶ。
5
平和の滝駐車場
2015年11月04日 09:50撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平和の滝駐車場
手稲山への林道を歩いて行くと右側に送電鉄塔が見える。
2015年11月04日 09:57撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手稲山への林道を歩いて行くと右側に送電鉄塔が見える。
すぐに左側に冬道入口のリボンが見える。
2015年11月04日 09:58撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに左側に冬道入口のリボンが見える。
笹は深いが踏跡が見える、ここが入口、沢まで3〜4分です。
2015年11月04日 09:58撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹は深いが踏跡が見える、ここが入口、沢まで3〜4分です。
1
琴似発寒川の渡渉地点を上流側に求めたが渡れそうにない。
2015年11月04日 10:00撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琴似発寒川の渡渉地点を上流側に求めたが渡れそうにない。
下流側のリボン発見!
2015年11月04日 10:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下流側のリボン発見!
行って見ると川幅が広く浅い、対岸にもリボンがあります。
2015年11月04日 10:07撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行って見ると川幅が広く浅い、対岸にもリボンがあります。
長靴で入る、こんな感じ。
2015年11月04日 10:08撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長靴で入る、こんな感じ。
渡渉後、対岸をふり向く。
2015年11月04日 10:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉後、対岸をふり向く。
1
小沢を使って河岸台地に上がる。ヤブはありません。
2015年11月04日 10:11撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小沢を使って河岸台地に上がる。ヤブはありません。
冬は歩いているので作業道跡を歩く、鹿道がありルートは分かり易い。
2015年11月04日 10:12撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬は歩いているので作業道跡を歩く、鹿道がありルートは分かり易い。
冬道のピンクテープがある、ここから冬道は直上しているが作業道跡でも合流できることは冬場に確認済みだ。
2015年11月04日 10:15撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬道のピンクテープがある、ここから冬道は直上しているが作業道跡でも合流できることは冬場に確認済みだ。
2本の倒木の上で作業道跡は分岐する、ピンクテープがある、左へ行く。
2015年11月04日 10:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2本の倒木の上で作業道跡は分岐する、ピンクテープがある、左へ行く。
1
さらに次の倒木の上で作業道跡は分岐する、ピンクテープがある、左へ行く。
2015年11月04日 10:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに次の倒木の上で作業道跡は分岐する、ピンクテープがある、左へ行く。
作業道跡はこんな感じ。
2015年11月04日 10:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作業道跡はこんな感じ。
冬道の印のピンクリボンがある、ここから尾根を登る。
2015年11月04日 10:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬道の印のピンクリボンがある、ここから尾根を登る。
初めての方は尾根に出たか、スマホ、GPSアプリ、山旅ロガーで確認するといい。
2015年11月04日 10:30撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めての方は尾根に出たか、スマホ、GPSアプリ、山旅ロガーで確認するといい。
2
左の笹の多い所は通らず、右の林に入ると笹はほとんどない、鹿か人様か分からない踏跡がかすかについている。
2015年11月04日 10:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の笹の多い所は通らず、右の林に入ると笹はほとんどない、鹿か人様か分からない踏跡がかすかについている。
マークキングテープは所々ある。
2015年11月04日 10:35撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マークキングテープは所々ある。
何と無く踏跡ぽい所を歩いて行く。
2015年11月04日 10:35撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何と無く踏跡ぽい所を歩いて行く。
何と無く踏跡ぽい所を歩いて行く。
2015年11月04日 10:37撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何と無く踏跡ぽい所を歩いて行く。
何と無く踏跡ぽい所を歩いて行く。
2015年11月04日 10:38撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何と無く踏跡ぽい所を歩いて行く。
1
マークキングテープは所々あります。
2015年11月04日 10:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マークキングテープは所々あります。
展望台で作業道跡に合流する、ここから稜線を歩かず、作業道跡を進む。
2015年11月04日 10:45撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台で作業道跡に合流する、ここから稜線を歩かず、作業道跡を進む。
1
展望台から札幌市街地。
2015年11月04日 10:44撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台から札幌市街地。
3
作業道跡はこんな感じ。
2015年11月04日 10:46撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作業道跡はこんな感じ。
1
作業道跡は稜線を乗越しているので、このピンクテープから作業道跡から離れ、尾根筋を登る。
2015年11月04日 10:49撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作業道跡は稜線を乗越しているので、このピンクテープから作業道跡から離れ、尾根筋を登る。
ブッシュはまばら
2015年11月04日 10:52撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブッシュはまばら
このあたり、踏跡は不明瞭だがブッシュは薄い。
2015年11月04日 10:56撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたり、踏跡は不明瞭だがブッシュは薄い。
ピーク515のピンクテープ、蔓が巻きついている、ここから稜線上では無く、西側を巻くよう進む。
2015年11月04日 10:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピーク515のピンクテープ、蔓が巻きついている、ここから稜線上では無く、西側を巻くよう進む。
マークキングテープは所々あります。
2015年11月04日 11:00撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マークキングテープは所々あります。
マークキングテープは所々ある。鹿か人様か分からない踏跡を進む。
2015年11月04日 11:02撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マークキングテープは所々ある。鹿か人様か分からない踏跡を進む。
マークキングテープは所々あります。
2015年11月04日 11:03撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マークキングテープは所々あります。
2か所ほど稜線からやや西側を巻いている所がある、その内の1か所。
2015年11月04日 11:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2か所ほど稜線からやや西側を巻いている所がある、その内の1か所。
踏跡のある穴。
2015年11月04日 11:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏跡のある穴。
マークキングテープは所々ある。鹿か人様か分からない踏跡を進む。
2015年11月04日 11:16撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マークキングテープは所々ある。鹿か人様か分からない踏跡を進む。
マークキングテープは所々ある
2015年11月04日 11:19撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マークキングテープは所々ある
景の山頂に着く、ここから阿部山山頂(喫)まで踏跡ははっきりして、登山道のようだ!
景の山頂まで別ルートがあるようだ?
2015年11月04日 11:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景の山頂に着く、ここから阿部山山頂(喫)まで踏跡ははっきりして、登山道のようだ!
景の山頂まで別ルートがあるようだ?
2
曲の山頂に着く、山頂は平坦なので道は東に振って、急斜面の縁を進んでいる。
2015年11月04日 11:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曲の山頂に着く、山頂は平坦なので道は東に振って、急斜面の縁を進んでいる。
2
マークキングテープから西側を巻いている。
2015年11月04日 11:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マークキングテープから西側を巻いている。
阿部山山頂。
景から喫まで10分、登山道のおかげ。
2015年11月04日 11:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿部山山頂。
景から喫まで10分、登山道のおかげ。
6
山頂から東方面、東尾根への踏跡。
2015年11月04日 11:52撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から東方面、東尾根への踏跡。
山頂北側の展望所から札幌市街地。
2015年11月04日 11:54撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂北側の展望所から札幌市街地。
5
踏跡と言うより登山道と言ってもいい。
2015年11月04日 11:58撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏跡と言うより登山道と言ってもいい。
1
尾根の分岐は2か所ある、枯れ葉で分かりにくい所もある、スマホ、GPSアプリ、山旅ロガーで確認する。
2015年11月04日 12:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の分岐は2か所ある、枯れ葉で分かりにくい所もある、スマホ、GPSアプリ、山旅ロガーで確認する。
2
細尾根になるが道ははっきりしている。
2015年11月04日 12:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細尾根になるが道ははっきりしている。
黄色のリボンの所から尾根は分岐する左の尾根をくだります。
2015年11月04日 12:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色のリボンの所から尾根は分岐する左の尾根をくだります。
道ははっきりしているし、マークキングテープは所々あります。
2015年11月04日 12:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道ははっきりしているし、マークキングテープは所々あります。
ここから急斜面をトラバースぎみに降りている、何か所かつずら折れになってるがマークキングテープは多いが。枯葉で分かりずらい所もあります。
2015年11月04日 12:11撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから急斜面をトラバースぎみに降りている、何か所かつずら折れになってるがマークキングテープは多いが。枯葉で分かりずらい所もあります。
トラバース道はこんな感じ
2015年11月04日 12:15撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース道はこんな感じ
ここからトラバースは終わり、真直ぐ降りている。
2015年11月04日 12:16撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからトラバースは終わり、真直ぐ降りている。
道はこんな感じ
2015年11月04日 12:18撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道はこんな感じ
道はこんな感じ
2015年11月04日 12:19撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道はこんな感じ
道はこんな感じ
2015年11月04日 12:24撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道はこんな感じ
この辺は笹が深いが道はしっかりついている。
2015年11月04日 12:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺は笹が深いが道はしっかりついている。
道はこんな感じ
2015年11月04日 12:29撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道はこんな感じ
道はこんな感じ、作業道跡との合流地点が見えてきた。
2015年11月04日 12:30撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道はこんな感じ、作業道跡との合流地点が見えてきた。
作業道跡との合流地点の土管の橋
2015年11月04日 12:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作業道跡との合流地点の土管の橋
土管の橋から道をふり向く。
2015年11月04日 12:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土管の橋から道をふり向く。
作業道跡はこんな感じ
2015年11月04日 12:33撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作業道跡はこんな感じ
砂防ダムまで来ると林道と言っていい道になります。
2015年11月04日 12:36撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂防ダムまで来ると林道と言っていい道になります。
砂防ダムの所から作業道跡をふり向く。
2015年11月04日 12:36撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂防ダムの所から作業道跡をふり向く。
鉄骨の橋が見えてきました。
2015年11月04日 12:39撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄骨の橋が見えてきました。
鉄骨の橋につかまって沢をわたります。
2015年11月04日 12:40撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄骨の橋につかまって沢をわたります。
1
鉄骨の橋、ふり向きます。
2015年11月04日 12:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄骨の橋、ふり向きます。
林道はこんな感じ
2015年11月04日 12:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道はこんな感じ
平和霊園、奥の駐車場に到着しました。
阿部山山頂からここまで1時間を切っている、登山道がないと、こんなに早く降りれません。
2015年11月04日 12:45撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平和霊園、奥の駐車場に到着しました。
阿部山山頂からここまで1時間を切っている、登山道がないと、こんなに早く降りれません。

感想/記録

葉が落ち、ヤブ山の季節がやってきた。
前から気になったいた阿部山、ヤマレコでチェック。
mtakahaさんが今年登っている、登山道があるとのこと参考にさせていただく。(感謝)
平和の滝から冬道(東北尾根)は何度か登っている、東尾根(山頂から見て東)も残雪期に平和霊園から鉄骨の橋を使って登っている。
平和の滝から冬道に踏跡があることを期待して阿部山山頂から平和霊園に降りる、循環ルートを計画するが、最大の問題は琴似発寒川の渡渉だ、ダメなら戻って平和霊園からピストンしようと行ってみる。
冬道の渡渉ポイントより少し下流のにマーキングリボンがあり浅瀬を簡単に渡れた。
作業道跡も冬道も藪漕ぎと呼べる箇所はなく、ブッシュは薄い。
阿部山景から阿部山山頂を経由して東尾根、平和霊園まで登山道があると言えるでしょう。

訪問者数:369人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/21
投稿数: 10
2015/11/9 22:53
 はじめまして
はじめまして、日高の山を目指す正統派でありたいと思っているmtakahaです。
しかし実際のところは、薮山登山のようなマイナー志向に喜びを感じ、日々地形図を眺めてくすぶっています。
薮山でいきなり人と出会うと、ちょっとはずかしい気持ちになると想像しますが、それでもどこかで出会えることを期待して、日々精進したいと思います。
では、ごあいさつまで。
登録日: 2015/7/22
投稿数: 14
2015/11/10 18:52
 Re: はじめまして
コメント有難うございます。
ご丁寧にご挨拶賜りまして恐縮しております。
雪が深くなるまでヤブ山シーズン。
どこかでお会いできるといいですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ