ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 759248 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

高尾から大菩薩へ(最高の天気だった)/北高尾〜生藤〜日原峠

日程 2015年11月03日(火) 〜 2015年11月05日(木)
メンバー tabio
天候11月3日(火)〜5日(木)高尾〜大菩薩
 3日(火)晴れ
 4日(水)快晴
 5日(木)快晴

10月26日(月)〜27日(火)北高尾〜生藤〜日原峠
 26日(月) 晴れ
 27日(火) 晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
11月3日(火)〜5日(木)高尾〜大菩薩
往路
 立川→高尾(JR東)
復路
 川久保→金風呂(小菅村営バス)
 女の湯→奥多摩駅(西東京バス)
 奥多摩→立川(JR東)

10月26日(月)〜27日(火)北高尾〜生藤〜日原峠
往路
 立川→高尾(JR東)
復路
 駒木野→武蔵五日市駅(西東京バス)
 武蔵五日市→立川(JR東)


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

11月3日(火)〜5日(木)高尾〜大菩薩
3日(火)
 5:45 高尾駅
 7:10 景信山登山口
 8:10 景信山
 10:10 陣馬山
 10:40 和田峠
 12:50 三国山
 14:15 浅間峠
 15:30 ビバーク      
4日(水)
 6:00 出発
 6:50 土俵岳
 7:40 丸山
 8:40 数馬峠
 9:20 槙寄山
 10:50 三頭山避難小屋
 11:10 三頭山
 12:50 鶴峠
 14:40 松姫峠
 15:00 鶴寝山
 15:30 ビバーク 
5日(木)
 6:00 出発
 6:50 大ダワ(棚倉)
 8:00 榧ノ尾山
 9:40 石丸峠
 10:15 大菩薩峠
 11:05 大菩薩嶺
 12:20 介山荘
 12:50 フルコンバ
 14:20 赤沢(大菩薩峠登山口)    
 14:40 白糸の滝
 16:00 大菩薩峠東口バス停
 16:15 川久保バス停(→村営バス)  
 16:40 金風呂
 18:00 女の湯バス停(→西東京バス)
 18:40 奥多摩駅〜帰路

10月26日(月)〜27日(火)北高尾〜生藤〜日原峠
26日(月)
 10:00 高尾駅
 10:40 北高尾山稜登山口
 12:00 富士見台
 13:40 黒ドッケ
 15:00 堂所山
 15:30 ビバーク
27日(火)
 5:30 出発
 6:05 明王峠
 6:45 陣馬山
 7:10 和田峠
 7:50 醍醐丸
 9:30 生藤山
 10:10 熊倉山
 11:00 浅間峠
 12:15 日原峠
 13:20 日原峠登り口
 14:15 上川乗
 15:15 柏木野〜バス
 16:00 武蔵五日市〜帰路  

コース状況/
危険箇所等
11月3日(火)〜5日(木)高尾〜大菩薩
★牛ノ寝通りで熊に遭遇。要注意

10月26日(月)〜27日(火)北高尾〜生藤〜日原峠
★檜原街道から日原峠への登り口は道標、マーク全くなし。
人里休暇村から数馬方面へ50mぐらい進んだ所のガードレールの切れ目から南浅川へ下って橋渡って行く。
その先も道標ないので、要注意。
その他周辺情報11月3日(火)〜5日(木)高尾〜大菩薩
★小菅の湯
http://kosugenoyu.jp/
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

11月3日〜5日高尾から大菩薩
朝、5:45高尾駅スタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11月3日〜5日高尾から大菩薩
朝、5:45高尾駅スタート
2
取りあえず旧甲州街道を歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取りあえず旧甲州街道を歩く。
ゆず、実り過ぎじゃねー?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆず、実り過ぎじゃねー?
3
するさしの豆腐。
まだ6:30だというのにもう開店していた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
するさしの豆腐。
まだ6:30だというのにもう開店していた。
辛子畑発見。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
辛子畑発見。
1
7:10ようやく景信山登山口。
ここで登山靴に履き替え登り始める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:10ようやく景信山登山口。
ここで登山靴に履き替え登り始める。
1
久々来たが、こんなに道がエグれてたっけ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久々来たが、こんなに道がエグれてたっけ?
8:10景信山到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:10景信山到着。
ワォ!天気最高じゃん!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワォ!天気最高じゃん!
2
昨日の雨で靄っていた街並みの向こうにスカイツリーもはっきり見えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日の雨で靄っていた街並みの向こうにスカイツリーもはっきり見えた。
2
富士山もよく見えた。
今回の三日間の山行ではずっと見えていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山もよく見えた。
今回の三日間の山行ではずっと見えていた。
6
目的地の大菩薩山稜。
げぇ〜、遠いなぁ〜・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目的地の大菩薩山稜。
げぇ〜、遠いなぁ〜・・・
1
長い道のりが始まった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い道のりが始まった。
9:20明王峠着。祭日で小屋のおやじさんも開店準備に忙しそうだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:20明王峠着。祭日で小屋のおやじさんも開店準備に忙しそうだった。
10:10陣馬山着。既にメチャ賑わっていた。
山でこんなに人を見たの久しぶり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:10陣馬山着。既にメチャ賑わっていた。
山でこんなに人を見たの久しぶり。
2
天気、最高。風もなく寒くもなく絶好の行楽日和の休日だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気、最高。風もなく寒くもなく絶好の行楽日和の休日だった。
1
丹沢もきっと混んでいるんだろうな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢もきっと混んでいるんだろうな。
1
都心方面も朝の靄がすっかり晴れてた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
都心方面も朝の靄がすっかり晴れてた。
一休みして生藤山へ向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一休みして生藤山へ向かう。
10:40和田峠着。小屋が開いているの見たの久しぶり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:40和田峠着。小屋が開いているの見たの久しぶり。
2
笹尾根を進む。落葉した林の向こうに茅丸。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹尾根を進む。落葉した林の向こうに茅丸。
1
13:00前、一瞬黒い雲が覆う。夕立でも来るかと心配したが、杞憂に終わった。最近三つ峠の山姿が分かってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:00前、一瞬黒い雲が覆う。夕立でも来るかと心配したが、杞憂に終わった。最近三つ峠の山姿が分かってきた。
まだ、紅葉が少し残っていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ、紅葉が少し残っていた。
3
軍刀利神社元社からの富士。少し雲が・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軍刀利神社元社からの富士。少し雲が・・
午後の笹尾根を登ったり下ったり・・・
先は長い・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後の笹尾根を登ったり下ったり・・・
先は長い・・
15:40今夜のお宿
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:40今夜のお宿
3
二日目、6:00スタート。
朝からいい天気。快調に進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二日目、6:00スタート。
朝からいい天気。快調に進む。
1
へぇ〜、冬場になると丸山からも富士山が見えるんだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
へぇ〜、冬場になると丸山からも富士山が見えるんだ。
8:30数馬峠着。
笹尾根に数ある峠の中でここが一番好きかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:30数馬峠着。
笹尾根に数ある峠の中でここが一番好きかも。
理由はこの眺望。今日も天気は快晴!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
理由はこの眺望。今日も天気は快晴!
2
9:20槙寄山到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:20槙寄山到着。
4
「抱きつきの松」
勝手に命名。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「抱きつきの松」
勝手に命名。
都民の森入口。急に道標が多くなる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
都民の森入口。急に道標が多くなる。
10:30富士山を見ながら朝仕込んだ弁当を食す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:30富士山を見ながら朝仕込んだ弁当を食す。
1
大沢山への登り。もう葉も落ちて完全に冬模様。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢山への登り。もう葉も落ちて完全に冬模様。
10:50いつもお世話になっている避難小屋。
今日は素通りです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:50いつもお世話になっている避難小屋。
今日は素通りです。
11:10三頭山着。お昼時で休日ではないがハイカーがけっこういた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:10三頭山着。お昼時で休日ではないがハイカーがけっこういた。
三頭山からの富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山からの富士山
4
北側の眺望。葉が落ちると石尾根が見えるんだ・・・
雲取も見えていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側の眺望。葉が落ちると石尾根が見えるんだ・・・
雲取も見えていた。
紅葉の名残の中を鶴峠に下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の名残の中を鶴峠に下る。
2
お昼のほんわかした陽ざしの中気持ちよく進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お昼のほんわかした陽ざしの中気持ちよく進む。
まだ、ギリ紅葉・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ、ギリ紅葉・・・
1
12:50鶴峠着。ここから牛ノ寝通りへ登り返す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:50鶴峠着。ここから牛ノ寝通りへ登り返す。
JTの管理する道はさすが整備が行き届いている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JTの管理する道はさすが整備が行き届いている。
大量の落ち葉が道がよくわからなくなるくらい積っている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大量の落ち葉が道がよくわからなくなるくらい積っている。
14:40松姫峠着。駐車場にけっこう車泊っていた。人気のあるポイントだったんだ、知らんかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:40松姫峠着。駐車場にけっこう車泊っていた。人気のあるポイントだったんだ、知らんかった。
富士山もまだ見えていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山もまだ見えていた。
鶴寝山への登り。二日目の午後の登りはけっこうキツイ(泣)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶴寝山への登り。二日目の午後の登りはけっこうキツイ(泣)
癒される紅葉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
癒される紅葉。
7
やっぱ紅が一番綺麗かな・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱ紅が一番綺麗かな・・
9
15:05鶴寝山ようやく到着。コースタイム若干オーバー気味。それより足が・・・(泣)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:05鶴寝山ようやく到着。コースタイム若干オーバー気味。それより足が・・・(泣)
今夜のお宿・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今夜のお宿・・・
4
夕映えの富士。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕映えの富士。
5
三日目、樹林帯の向こう、三頭山の方向から朝焼けが始まる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三日目、樹林帯の向こう、三頭山の方向から朝焼けが始まる。
残念ながら富士山は赤く染まらなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残念ながら富士山は赤く染まらなかった。
牛ノ寝通りはまき道が多い。今回は日向道を行ってみることにした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛ノ寝通りはまき道が多い。今回は日向道を行ってみることにした。
まだ日が出てないので日向でもなんでもなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ日が出てないので日向でもなんでもなかった。
日が当たるといい感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が当たるといい感じ。
5
大ダワ。いよいよここから先は未知の領域。期待ワクワク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ダワ。いよいよここから先は未知の領域。期待ワクワク
途中、飛龍山が見えた。その右の立木の間に雲取も見えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、飛龍山が見えた。その右の立木の間に雲取も見えた。
1
高度があがってくると紅葉も終わり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度があがってくると紅葉も終わり。
今回のハイライト!初めて見た、熊!それも三頭も。
20〜30m先を登山道を横切って谷に駆けて行った。
恐怖より興奮で嬉しくなった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回のハイライト!初めて見た、熊!それも三頭も。
20〜30m先を登山道を横切って谷に駆けて行った。
恐怖より興奮で嬉しくなった。
15
これ、自然の尾根道?なんか人工っぽいが・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これ、自然の尾根道?なんか人工っぽいが・・
南斜面は日当たりのせいかまだ少し紅葉が残っていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南斜面は日当たりのせいかまだ少し紅葉が残っていた。
4
8:00榧ノ尾山着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:00榧ノ尾山着。
落葉した木々の隙間から石尾根が。
石尾根側から見るより遠くに感じるのは何故?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落葉した木々の隙間から石尾根が。
石尾根側から見るより遠くに感じるのは何故?
石丸峠への最後の登り。もう、けっこうバテバテ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石丸峠への最後の登り。もう、けっこうバテバテ。
連峰からの縦走路との合流地点。突然視界が開けて甲府、南アルプスが目の前にド〜ン、と見えて感激!疲れも吹き飛ぶ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
連峰からの縦走路との合流地点。突然視界が開けて甲府、南アルプスが目の前にド〜ン、と見えて感激!疲れも吹き飛ぶ!
2
石丸峠遠望。奥多摩ではちょっと見れない大らかさ、けっこう好き♡
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石丸峠遠望。奥多摩ではちょっと見れない大らかさ、けっこう好き♡
6
再び富士山が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び富士山が見えてきた。
奥多摩全貌。左側の雲取からの石尾根、右側の御前、大岳、三頭山・・・
最高の天気に感謝!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩全貌。左側の雲取からの石尾根、右側の御前、大岳、三頭山・・・
最高の天気に感謝!
3
介山荘が見えた。それと一緒に軽四トラックが見えてちとガックシ。車で来れるだ・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
介山荘が見えた。それと一緒に軽四トラックが見えてちとガックシ。車で来れるだ・・・
久々、山小屋らしい山小屋を見た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久々、山小屋らしい山小屋を見た。
1
10:10ついに目的地の大菩薩峠到着!
ウレピイ・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:10ついに目的地の大菩薩峠到着!
ウレピイ・・・
3
一休みして空荷で大菩薩嶺へ向かう。平日にも関わらず大勢のハイカーで賑わっていた。こんなに人気の山だったんだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一休みして空荷で大菩薩嶺へ向かう。平日にも関わらず大勢のハイカーで賑わっていた。こんなに人気の山だったんだ。
1
石尾根全貌。左端が雲取。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尾根全貌。左端が雲取。
3
左側から御前、奥の大岳、右側が三頭山。手前の尾根がずっと歩いてきた牛ノ寝通り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側から御前、奥の大岳、右側が三頭山。手前の尾根がずっと歩いてきた牛ノ寝通り。
3
南アルプス主峰。左側白根三山、真ん中千丈、右側甲斐駒。素晴らしい!!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス主峰。左側白根三山、真ん中千丈、右側甲斐駒。素晴らしい!!!
5
まったくこのまま絵になる・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まったくこのまま絵になる・・・
3
左側この奥に雷岩、大菩薩嶺。真ん中に避難小屋が少し見えてる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側この奥に雷岩、大菩薩嶺。真ん中に避難小屋が少し見えてる。
こんなシチュエーションで愛妻弁当食べたら愛が深まること確実でしょう♡
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなシチュエーションで愛妻弁当食べたら愛が深まること確実でしょう♡
2
塩山、甲府市街地。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩山、甲府市街地。
2
一応行ってみた、大菩薩嶺。うわさ通りな〜んも見えなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一応行ってみた、大菩薩嶺。うわさ通りな〜んも見えなかった。
1
何度見てもいい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度見てもいい!
4
「親不知ノ頭」?
ン?俺のことか???
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「親不知ノ頭」?
ン?俺のことか???
1
久々ケルンなど見ると改めて山に来たな・・・と思ってしまう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久々ケルンなど見ると改めて山に来たな・・・と思ってしまう。
「東アルプス」?
けっこういい総称かも・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「東アルプス」?
けっこういい総称かも・・・
介山荘に戻って昼飯食って、小菅へ下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
介山荘に戻って昼飯食って、小菅へ下る。
12:50フルコンバ着。地図によると水場が近くにあるのだが・・・わからんかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:50フルコンバ着。地図によると水場が近くにあるのだが・・・わからんかった。
北側に奥武蔵の山並み。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側に奥武蔵の山並み。
1
赤沢へ下る小菅大菩薩道はよく整備された道だったが誰にも出会わなかった。上にあれだけ人がいたのに・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤沢へ下る小菅大菩薩道はよく整備された道だったが誰にも出会わなかった。上にあれだけ人がいたのに・・・
後は下るだけ、時間にも余裕あるし、のんびり紅葉を眺めながら。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後は下るだけ、時間にも余裕あるし、のんびり紅葉を眺めながら。
1
シカの食害防止シートを全ての杉に巻いていた。林業の大変さに脱帽。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シカの食害防止シートを全ての杉に巻いていた。林業の大変さに脱帽。
高度が下がるとまだまだ紅葉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度が下がるとまだまだ紅葉。
5
俺、ってこんなに足が長かったっけ??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
俺、ってこんなに足が長かったっけ??
1
14:20登山口着。ここから林道歩き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:20登山口着。ここから林道歩き。
もみじ・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もみじ・・・
4
途中、白糸の滝に寄った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、白糸の滝に寄った。
1
こう言うことだそうだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こう言うことだそうだ。
後は延々二時間ちかくの林道歩き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後は延々二時間ちかくの林道歩き。
16:00ようやくバス停着。が、奥多摩駅行きバスは一日一本のみ。再び歩き始める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:00ようやくバス停着。が、奥多摩駅行きバスは一日一本のみ。再び歩き始める。
集落に着くと丁度小学生の下校時間。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
集落に着くと丁度小学生の下校時間。
1
川久保から小菅村営バスに乗せてもらった。小菅村営ということで小菅の端「金風呂」までしか行かなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川久保から小菅村営バスに乗せてもらった。小菅村営ということで小菅の端「金風呂」までしか行かなかった。
金風呂から再び歩き始める。以前から気になっている「ヤマメの電柱登り」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金風呂から再び歩き始める。以前から気になっている「ヤマメの電柱登り」
18:00結局暗くなった青梅街道を「女の湯」まで歩いた。ここから再びバスに乗って奥多摩駅へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
18:00結局暗くなった青梅街道を「女の湯」まで歩いた。ここから再びバスに乗って奥多摩駅へ。
1
18:40無事奥多摩駅到着。無事三日間の縦走を終えた。お疲れさん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
18:40無事奥多摩駅到着。無事三日間の縦走を終えた。お疲れさん。
1
ここから、10月26日〜27日北高尾〜生藤
10:00高尾着。遅すぎるだろう!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから、10月26日〜27日北高尾〜生藤
10:00高尾着。遅すぎるだろう!
途中の農家で発見。
何の実だろう?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の農家で発見。
何の実だろう?
久々に来た、北高尾山稜登り口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久々に来た、北高尾山稜登り口。
お地蔵さんもお変わりなく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お地蔵さんもお変わりなく。
晴れてはいたが富士見台から富士山は見えなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れてはいたが富士見台から富士山は見えなかった。
この生木を刻んだ道標が気に入ってる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この生木を刻んだ道標が気に入ってる。
この辺り、紅葉はまだまだ先の様子。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺り、紅葉はまだまだ先の様子。
13:40黒ドッケ。以前何度か夕焼け小焼けに下ったが、今日は直進
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:40黒ドッケ。以前何度か夕焼け小焼けに下ったが、今日は直進
15:00堂所山着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:00堂所山着。
向かいに見えるのは多分陣馬山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かいに見えるのは多分陣馬山
まずはいつものコーヒー。
狭いながらも楽しい我が家。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずはいつものコーヒー。
狭いながらも楽しい我が家。
けっこう難度高い、炊飯+カレーの同時調理。
ツエルトの中では真剣勝負。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
けっこう難度高い、炊飯+カレーの同時調理。
ツエルトの中では真剣勝負。
27日
朝焼けと街の日。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
27日
朝焼けと街の日。
朝日が当たり始めた杉林
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日が当たり始めた杉林
へぇ〜、ハセツネの次の週にまたトレランの大会があるんだ・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
へぇ〜、ハセツネの次の週にまたトレランの大会があるんだ・・・
6:00明王峠着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:00明王峠着。
明王峠からの富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明王峠からの富士山
富士山と大室山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山と大室山
6:45陣馬山着
おきまりのモニュメント。
山頂には誰もおらず貸し切り状態だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:45陣馬山着
おきまりのモニュメント。
山頂には誰もおらず貸し切り状態だった。
陣馬山からの富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陣馬山からの富士山
7:10和田峠。今年何度か来たが、この茶屋づ〜っと休業しているみたいな気がする・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:10和田峠。今年何度か来たが、この茶屋づ〜っと休業しているみたいな気がする・・・
7:50醍醐丸着。ここからハセツネコース。臨時の道標が至る所に立てられていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:50醍醐丸着。ここからハセツネコース。臨時の道標が至る所に立てられていた。
笹尾根〜。天気はいいが少し風が出てきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹尾根〜。天気はいいが少し風が出てきた。
この辺の紅葉はせいぜいこんなもの。まだまだこれから。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺の紅葉はせいぜいこんなもの。まだまだこれから。
「生藤山が認定ポイント」???
関東ふれあいの道の認定証のことらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「生藤山が認定ポイント」???
関東ふれあいの道の認定証のことらしい。
認定証はどうでもいいが、今回は取りあえずまじめに登った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
認定証はどうでもいいが、今回は取りあえずまじめに登った。
生藤山からの富士山。
こんなによく見えたんだ・・・
いままで気がつかなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
生藤山からの富士山。
こんなによく見えたんだ・・・
いままで気がつかなかった。
三国山から富士山。
大して変わらん。
ま、当然だろう、5分も離れてないんだから。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国山から富士山。
大して変わらん。
ま、当然だろう、5分も離れてないんだから。
そして、そのすぐ先の軍刀利神社元社からの富士山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、そのすぐ先の軍刀利神社元社からの富士山。
まったくいい天気。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まったくいい天気。
へぇ〜、浅間峠のこんな御神木があったんだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
へぇ〜、浅間峠のこんな御神木があったんだ。
12:30日原峠、水場着。
なんか今日はお疲れモードでこのまま人里へ向かって下った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:30日原峠、水場着。
なんか今日はお疲れモードでこのまま人里へ向かって下った。
13:20南浅川にかかる橋を渡って、檜原街道へ出る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:20南浅川にかかる橋を渡って、檜原街道へ出る
檜原街道側から見た日原峠への登山口。
道標もマークも何もない。これじゃ判らんよな・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜原街道側から見た日原峠への登山口。
道標もマークも何もない。これじゃ判らんよな・・・
ここから数馬方面へ50mぐらいのところが登り口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから数馬方面へ50mぐらいのところが登り口。
檜原街道から笹尾根方面を眺める。けっこう山が深い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜原街道から笹尾根方面を眺める。けっこう山が深い。
「赤ぽい」???
わからん・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「赤ぽい」???
わからん・・・
14:15、バスが来ないので歩いて上川乗まで来た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:15、バスが来ないので歩いて上川乗まで来た。
以前、ここから浅間峠に登ったはずなのだがまったく覚えてない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前、ここから浅間峠に登ったはずなのだがまったく覚えてない。
浅間嶺からここに下りてきたはずなのにそれも見覚えない・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間嶺からここに下りてきたはずなのにそれも見覚えない・・・
こんなトレランもあるんだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなトレランもあるんだ
南浅川は渓谷がけっこう深い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南浅川は渓谷がけっこう深い。
南郷神社。「南郷」ってこの辺じゃ相当有名みたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南郷神社。「南郷」ってこの辺じゃ相当有名みたい。
ほんとに矢沢林道の先から生藤山登れるの?「山と高原地図」には黒点線すら表示がないが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんとに矢沢林道の先から生藤山登れるの?「山と高原地図」には黒点線すら表示がないが・・・
浅川を見ながら優雅に・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅川を見ながら優雅に・・・
在には在の色々な問題やトラブルがあるんだろうな・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
在には在の色々な問題やトラブルがあるんだろうな・・・
その主の館のようだが、ちとヤバそうな雰囲気だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その主の館のようだが、ちとヤバそうな雰囲気だった。
手が届くところに柿が一杯実っているが多分渋なんだろうな・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手が届くところに柿が一杯実っているが多分渋なんだろうな・・
15:15結局以前三国峠みちを登った登り口の「柏木野」まで歩いてしまった。この先でようやくバスを捕まえて乗った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:15結局以前三国峠みちを登った登り口の「柏木野」まで歩いてしまった。この先でようやくバスを捕まえて乗った。
16:00武蔵五日市の駅に到着。
駅は改装中だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:00武蔵五日市の駅に到着。
駅は改装中だった。
ホームから見えた城山と網代。
最後まで天気は良かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホームから見えた城山と網代。
最後まで天気は良かった。

感想/記録
by tabio

11月3日(火)〜5日(木)高尾〜大菩薩
今回は珍しく目的地を定めての縦走。
天気予報的にこの三日間は良さそうで今年最後のチャンス、と所用、雑用みな後回しにして出かけてきた。
結果は天気にも恵まれて最高の山旅が出来た。

初日、前夜から気合い入り過ぎて早めに目覚めてしまった。
高尾へ着いたのが5:40でまだ薄暗かった。
初っ端は旧甲州街道を景信山登山口まで歩いてそこから山道に入った。
景信山で展望が開けた時、快晴の天気に超ハイテンション!始め良ければ・・・
都心、富士山、バッチリ見渡せた。

祭日のためか陣馬山へのメインルートでは朝っぱらにもかかわらずハイカーにけっこう出会った。
陣馬山に着いて驚いた。こんなに賑わっている山に来たの久しぶり!
みんな一様に天気、景色に感動していていた。自分もまったく同じ。

和田峠を超えるとまったく静か、こうも極端か!というくらい人が少ない。おかげでのんびり静かな山旅を堪能。
この辺は先週も来たのでそんなに目新しい発見もなく、3時過ぎ適当なところで寝床を設営。
夜になっても風もなく穏やかで静かな一夜を過ごせた。
意外と温度下がらず8℃ぐらいだった。

あくる朝、4:00頃に目覚め、のんびり朝食を取り、結露もなかったツエルトを畳み足元が明るくなるのをまってそそくさと出発。
今日も天気は良さそう。笹尾根は何度か往復しているのでけっこうお気楽に進んでいく。ま、大菩薩まで先はまだ長い。
日原、小棡、笛吹、数馬と峠を越えて行く。
数馬峠で富士山の眺望に感激。笹尾根の峠の中ではここが一番好きかも。

槙寄山を過ぎて、都民の森入口で富士山を眺めながら簡単に弁当。
11月とは思えないぽかぽかの陽ざしの中、シチュエーションがいいとアルファ米弁当でもなんか美味しく感じる。
11:00過ぎ、予定よりちょっと早めに三頭山。そのまま先を急ぐ。
鶴峠からの奈良倉山への登り返しあたりからキツく感じ始める。
大して難しい登りでもないが、まだまだ上下運動の筋力が足らない。
なんとか、15:00に鶴寝山に到着。適当なところにボチボチ寝床を設営。
夕方になっても風も吹かず曇ることもなかった。逆に夜は冷えるか?とちと心配した。
が、夜中でもツエルトの中で5℃ぐらいまで。まだまだ山と道の15sマットとマウンテンエクイップメントの夏用シュラフで十分耐えられた。

三日目、夜中12:00ぐらいに目覚めてしまいそれからはウトウトしかできなかった。めんどうなので3:30過ぎ早めだが起きてしまった。
のんびりまったり朝食を取って荷物片付け、ツエルト畳んで5:30には準備完了。が、まだ足元はまったく暗い。知らない道をヘッドライトで歩く勇気と根性は相変わらずない。

6:00ようやく明るくなって出発。今日も快晴、無風の最高のコンディション。
牛ノ寝通りは脇道が多くあるが前回と違った道を色々歩いてみる。
大ダワに着いたのが6:50。この辺まではまだまだゼンゼン余裕。ここから先が初めての道。
この尾根道はとっても大らかな感じで奥多摩にはちょっとない。好きかも・・・

が、ルンルン気分で歩いていたら、突然、落ち葉をザ、ザ、ザァーと大きな音を立てて谷から熊が疾走して登ってきた。そしてそのまま20〜30m前方の登山道を横切って反対側の谷へ駆け下りていった。それも三頭も!!!
ビックリ!!!この山行一番のハイライト、ハプニング!!!
一瞬の出来事だったが、怖い気持ちはまったく起きず、
「なんだ、なんだ??」
「熊だ、熊だ、熊だ!!!」
「カメラ、カメラ、カメラ・・」
だった。
多分、向こうが先に自分の落ち葉を踏む足音に気付いて逃げて行ったのだと思う。
枯葉の落ち切った見通しの良い林だったからけっこう遠目でも見ることができたが、これが普通の葉の生い茂っている中だったら本当にもっと近くならないと判らなかったかも。
熊鈴の必要性をちょっと考えた。

しかし、過ぎ去ったあとの静寂に戻ると、初めて野生の熊を見れたことに感動して嬉しくなってしまった。

コンデジのせいにしてはいけないかもしれないが、突然とは言え野生動物の写真撮影の難しさを痛感。何枚も連写したつもりだが、勝手にピントが周りの木々にフォーカスしてしまいろくな写真が撮れてなかった。
ガックシ(泣)

大菩薩は石丸峠手前の稜線との合流点で一気に視界が開けた眺望にメチャ感動。そして、平日にも関わらず多くのハイカーで賑わっていたのに驚いた。こんなに人気の山だったんだ。
確かに晴れた時の展望は抜群!眼下の甲府盆地、その向こうの南アルプス。奥多摩も全部見渡せる。
笹の原っぱも雰囲気がいい。ちょっとした岩も。人気になるのは当たり前かも。そしてアプローチも塩山側からならそんなにキツくなさそうだし。

久々、山小屋らしい山小屋と石積みのケルンなど見ると、なんか「山へ来たなぁ・・・」的な雰囲気に浸れた。

帰り、小菅側に下ったのだが、この下りではまったく人に出会わなかった。ま、登山口まで下りてもそこから林道2時間、そしてバス停についてもバスもほとんどない不便さはやはり敬遠の対象になるかも。

自分も16:00にバス停に着いたが17:45まで約2時間バスを待つのもむなしいので、村営バスを利用したりして先に進んだが、結局は真っ暗な青梅街道を歩いて17:45小菅の湯発のバスに途中で乗った。
奥多摩駅に着いたのは18:40。自分としては珍しく遅い時間になったが無事山行を終えることができた。

今回、三日間、天気に恵まれたこともあって最高に気分のいい縦走ができた。
ただ、平坦や下りなら何とかなるが、登りの脚力をもう少し付けないとこれ以上の以前のような長期縦走はまだまだ難しそうな感じだった。

ま、歳も歳だし、この先は出来る範囲で楽しむしかないかもな。
冬が来る前、雪が降る前にあと何回かどこか行ってみたい

お疲れさんでした。


目的地の大菩薩まで3日間の道のりはけっこう長かった・・・




10月26日(月)〜27日(火)北高尾〜生藤〜日原峠
日曜日の天気予報では火曜日は「曇り〜雨」だったし、二週連続の三日間縦走の疲れが残っている感じがして朝起きる気にもならなかった。
寝坊して8:00過ぎに起きて天気確認すると火曜日も晴れマークに変わってる!
月、火の二日晴れはもったいないでしょう!と、急きょバタバタ支度して取りあえず9:00過ぎて家を出る。
今からだと高尾が手っ取り早い、と行き先を決める。

10:00高尾着。
こんな時間から大きなザック担いでメインルート歩くのもこっぱずかしいので北高尾山稜を行くことにした。
天気は快晴。風もほとんどない10月下旬とは思えないいい陽気。

北高尾山稜は何度も行ったり来たりしているのだがやっぱりほとんど忘れてる。情けない・・・
ま、細かなことは忘れていても分岐点だけは一応押さえているし、急ぐあてもないので気は楽だった。
思った通り北高尾では数人のハイカーにしか出会わない静かな山行が味わえた。

15:00堂所山へ着く。
日もだいぶ落ちてきたし、今日はこの辺でねぐらを探して設営することにした。ツエルトもだいぶ張り方の手際が良くなってきた。
真っ暗になる前に飯を炊いて夕食を済ます。
まったく風のない静かな夜。ツエルトの外へ出ると、十三夜ぐらいの大きな月が煌々と輝いていた。
気温は夜から明け方でも10〜11℃ぐらいあった。
都会で10℃と言うとけっこう寒いが山で10℃と言うとまだまだ温かい気になる。
寒さも感じず、結露もない快適な一夜を過ごせた。

あくる日は4:00に目覚めた。まだ少し早いとは思ったがそのまま起きて朝食食べ、荷物片づけツエルトも畳んで出発準備万端。が、まだ真っ暗。
風は少しあるようだが、どうやら天気はよさげ。寒さも全くない。
5:30ぐらいまでうろうろしながら明るくなるのを待っていたが我慢できずにヘッドライトで出発。
しかし、みんなよくこんな周りも何も見えない夜中の歩行をするもんだ、と改めて感心した。

15〜20分ぐらいヨタヨタ歩いているうちにようやく足元が明るくなってきた。
ほどなく明王峠。富士山がバッチリ見えた。
6:45陣馬山到着。誰もいない貸し切り状態。
ここでも富士山がバッチリ。

和田峠に一度下って笹尾根を登り返す。
醍醐丸まで来るとハセツネの臨時の道標が。もう今週末だもんな。
その後も順当に生藤、三国、熊倉と進んでいく。
浅間峠で軽く昼食のパンをかじる。
日原峠でいつもの水場を確認に行く。

本当は笹尾根をもう少し先の、丸山、笛吹あたりまで行くつもりだったのが、なんかどうでもよくなってしまって、水場の先の道をそのまま人里へ向かって下ってみることにした。

イマイチ先週までの疲れが残っている気がしたしたのと途中ですれ違ったハイカーに明日の天気を確認したら、やっぱ悪いとの事だったので、無理に先に進む気力が萎えてしまった。

この日原峠から下る登山道は以前使っていた「山と高原地図」の2008年版にはまったく出ていなかった道だったので少し不安だったが、普通に整備された登山道だった。ただ、道標はほとんどなく、今回下りだったので問題なかったが、檜原街道から登ろうとしたら多分登り口が判らなかったと思う。なんせ、登り口に登山口の道標もマークもまったくないのだから。

13:15無事下界に降りたがバスがない。途中のバス停で時刻表を確認すると一時間以上来ない。ま、しょうがない、とトボトボ歩いた。
檜原街道はけっこうバイクやスポーツタイプの車が多い。多分三頭山の都民の森から奥多摩周遊道路に抜ける人気のルートになっているのだろう。

上川乗を過ぎて柏木野まで結局2時間歩いてようやくバスに乗ることができた。乗ってびっくり、ハイカーで満席!マジ?!
武蔵五日市の駅まで45分立ちっぱだった。
山歩きを早めに切り上げた分余力がまだ残っていたので助かった。

16:00武蔵五日市の駅に到着。下校の高校生がホームに一杯いたが、さすが始発駅なので座れた。

一日目5時間、二日目8時間ぐらいのユルユル山行だった割にけっこう疲れた気がした。
普段から体力のつくものもっと積極的に食べる必要があること感じさせた山行だった。

訪問者数:696人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ