ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 922457 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

蝶ヶ岳=槍見初見参

日程 2016年07月20日(水) 〜 2016年07月21日(木)
メンバー cahier41
天候晴-2日間
アクセス
利用交通機関
電車バス
・仙台〜東京〜仙台    ― 往復東北新幹線 (7/19・7/22)
・東京八重洲南口〜上高地 ― 夜行バスさわやか信州号(7/19〜20) 
・上高地〜新島々駅〜松本 ― バス・電車(7/21)
・松本〜バスタ新宿    ― 高速バス (7/22)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

7/20(水)
・上高地バスターミナル発     6.00
・河童橋通過           6.13
・明神分岐着           7.00
・徳沢着             8.39
・長塀登山口           8.46
・登山口から2キロ標識      11.06
・長塀山             14.10
・カモシカの池          14.15
・妖精の池            14.57
・お花畑             15.10
・蝶ヶ岳ヒュッテ着        15.35    合計≒9時間半
                      (標準タイム6時間)
7/21(木)
・ヒュッテ発           7.10
・槍蝶・横尾分岐         7.45
・なんちゃって槍見台       10.14
・横尾着             12.03
・横尾発             13.10
・明神分岐            15.06
・奥穂神社            15.18
・明神池発            15.50
・岳沢分岐            16.32
・河童橋             16.51
・バスターミナル着        17.00   合計≒9時間
                     (標準タイム6時間15分)
※合計時間には休憩時間も含まれています
コース状況/
危険箇所等
徳沢〜長塀尾根 ― 階段状の木根道、泥濘は少々。
蝶ヶ岳〜横尾  ― 下りとしては非常に歩きにくいザレ場続く。

※虫はいました。虫よけシャツに虫よけスプレー、それでも刺されて後で目が腫れました。最初から蚊取り線香を付けるべきでした。
その他周辺情報上高地バスターミナルに戻ってくると、東京方面高速バスは出払った後。上高地泊を考えたが、翌日の上高地発バスは午後の便しかない。交通の利便性を考えたら松本に出たほうがよい。ともかく早く入浴したい。

松本駅前ホテル1軒目は満室で断られた。2軒目の東急REYホテルでシングル満室のためツインをシングル料金でOK(夕食も朝食もローカルカラー満載で美味しかった。東急さんありがとうございました)。
翌朝すぐ近くのバスターミナルから、バスタ新宿行松本発7時20分の
高速バスに乗車(渋滞のため20分遅れで11:06新宿着)。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

備考 非常食、行動食、ファーストエイドキット等は持ちすぎ感あり、減らして少しでも荷を軽くすべきでした。

写真

上高地バスターミナルです。売店で温かいお茶を買い簡単な朝食。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地バスターミナルです。売店で温かいお茶を買い簡単な朝食。
2
こんにちは、よろしくお願いします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんにちは、よろしくお願いします
10
穂高神社奥宮に無事登山祈願
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高神社奥宮に無事登山祈願
はじめましてと、お山に拝礼
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はじめましてと、お山に拝礼
2
こんな道を先行するМさん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな道を先行するМさん
3
針葉樹の森ですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針葉樹の森ですね
1
ゴゼンタチバナ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
1
あれ、銀ちゃんひとりぽっち?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ、銀ちゃんひとりぽっち?
あ、双子さんもいたね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あ、双子さんもいたね
1
笑っているみたいね!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笑っているみたいね!
3
カモシカの池
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カモシカの池
5
お花畑が展開しています-とても小さなクルマユリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花畑が展開しています-とても小さなクルマユリ
4
キヌガサソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キヌガサソウ
4
風格あります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風格あります
14
これは鬼百合?車百合?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは鬼百合?車百合?
3
ハクサンフウロ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ
3
もう少し、蝶の頭が見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少し、蝶の頭が見えてきました
5
ハクサンイチゲのお花畑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲのお花畑
8
チシマキキョウもたくさん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チシマキキョウもたくさん
5
あっ、あれは!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっ、あれは!
1
蝶ヶ岳ヒュッテ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳ヒュッテ
8
なんともいえない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんともいえない
7
明神岳に穂高連峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神岳に穂高連峰
4
イワツメクサ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワツメクサ
4
ヒュッテの夕食-おいしゅうございました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテの夕食-おいしゅうございました
13
いつまでも眺めていたい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつまでも眺めていたい
8
雲立ち上がり、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲立ち上がり、、
6
みんなも立って、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みんなも立って、、
3
いたるところイワツメクサあり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いたるところイワツメクサあり
2
むら雲のような⛅も、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
むら雲のような⛅も、、
3
モルゲンロート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モルゲンロート
17
常念岳の存在感
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳の存在感
2
月もともに、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月もともに、
4
霞沢岳、焼岳-右
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞沢岳、焼岳-右
2
おはよう〜〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おはよう〜〜
15
左端に御嶽山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左端に御嶽山
1
お日さま雲の中ね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お日さま雲の中ね
5
圧倒的存在感
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
圧倒的存在感
3
真ん中に霞んでいるのは富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中に霞んでいるのは富士山
2
ミヤマキンバイ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイ?
1
こちらが蝶の山頂です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらが蝶の山頂です
3
安曇野方面は雲海の下
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安曇野方面は雲海の下
1
山頂のシャクナゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂のシャクナゲ
1
まもなく此処を去ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まもなく此処を去ります
4
イワツメクサ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワツメクサ
おなごりおしゅう、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おなごりおしゅう、
5
大方の人は出立していきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大方の人は出立していきました
2
雪渓の生き残り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓の生き残り
1
蝶槍に寄ろうとしたが、ガスってきたのでパス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶槍に寄ろうとしたが、ガスってきたのでパス
1
この辺にライチョウではなくて、ホシガラスいました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺にライチョウではなくて、ホシガラスいました
1
なんどもね('ω') 大感動をありがとうございました"
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんどもね('ω') 大感動をありがとうございました"
6
舞ちゃんまだ頑張っていて、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舞ちゃんまだ頑張っていて、
1
シラビソ?の林道にゴロタ石がゴロゴロ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラビソ?の林道にゴロタ石がゴロゴロ
1
槍見台から、⛅かかってきて、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍見台から、⛅かかってきて、
アキノキリンソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アキノキリンソウ
荷も足も軽くして日帰りとのことーご免無断UPーリアルサンダル履強者が珍しかった姥で(*_*;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荷も足も軽くして日帰りとのことーご免無断UPーリアルサンダル履強者が珍しかった姥で(*_*;
3
オノエランだっけ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オノエランだっけ
3
横尾に着いた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾に着いた
横尾は明るくて自販機もあり、水はじゃんじゃん出てタダ−ここはいいわ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾は明るくて自販機もあり、水はじゃんじゃん出てタダ−ここはいいわ
1
涸沢への吊り橋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢への吊り橋
3
あの吊り橋を渡る予定で来たが、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの吊り橋を渡る予定で来たが、、
この文言読んで、もはやここまでと翻意しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この文言読んで、もはやここまでと翻意しました
3
ソバナでしょうね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ソバナでしょうね
1
センジュガンピ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
センジュガンピ
7
徳沢-短パンの外人さん多いです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳沢-短パンの外人さん多いです
1
明神分岐まで来ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神分岐まで来ました
もう、うろこ雲みたいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう、うろこ雲みたいです
4
再び渡って、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び渡って、
神社にお礼参拝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社にお礼参拝
せっかくですので明神池も見物
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかくですので明神池も見物
2
木道が河童橋まで続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道が河童橋まで続きます
長いコースでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長いコースでした
4
河童橋から最後に見る岳沢です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河童橋から最後に見る岳沢です
2
新島々駅から電車に乗りました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新島々駅から電車に乗りました
1
ヒュッテで入手したパンフとミヤマキンポウゲのバッジ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテで入手したパンフとミヤマキンポウゲのバッジ
6

感想/記録

 昔、観光で訪れた上高地で河童橋からみた穂高連峰に感嘆の声をあげたが、「登る」などという発想は微塵も浮かばなかった。高山は仰ぎ見るものとばかり思っていたのだ。時を経て山にハマった「遅れてきた老年」は憧れの槍ヶ岳は踏めなくても、せめてリアル槍を見たいと思うに到った。
 幸いなことに信州は志賀高原に在住の知人(岳人)Sさんから、
「それなら蝶ヶ岳ですね」と北ア絶好の眺望台をを紹介された。
私は前途隘々なので早いうちに、時期としては日永で寒くない七月中を
目途に「てんくら」とにらめっこの日が続いて、ようやく19日から車中泊を含めて3泊4日と決めた。新調した40ℓザックにあらゆるリスクを考えて詰め込みを始めたが、溢れてパッキングがうまくいかない。衣類は肌着を優先してシャツなど間引きしても初体験の13kgになった。これがのちの足かせとなった。
 
 八重洲から夜行バスで、早朝上高地着。蝶ヶ岳への常道は、徳沢から横尾登山口、槍見台を経由するらしいが、私は涸沢に回るつもりでいたので徳沢から長塀尾根を選んだ。登山口でお山に対していつもの挨拶「はじめまして、よろしくお願いいたします」と手を打つと「ハイ」との返事。ここまで後になり先になりしてきた中年男性からでしたので大変。超スロー足運びの私が「どうぞお先に進んでください」とお願いしても要所々で待ち構えていてくれる。
最初は木根登山道が続き、飽きるほど長いナガカベ尾根を遂に最後まで
見届けてくださった。カメラスクワットにはあらず、tired sit downを
繰り返し標準時間の1.5倍から2倍をかけて、夕食注文制限時間の4時前に何とかセーフ。おそらく親世代と認識されてのご親切に、お礼の申しようもありませんでした。
 
 相部屋になったベテラン女史からはパッキングの合理的な仕方等色々な事を教わりました。女史は夕食後に睡眠薬を服用しアイマスクを装着して早々と就寝。私は前夜の車中泊同様眠りに入れない。九時頃か屋内放送で電話の取次ぎがあったりしている。モルゲンロートまで起きているかと思っているうちに、いつしかうとうとしたらしい。物音に気づき起きて見ると窓辺が桃色に染まっている。しまった、なりふりかまわずカメラだけ持って出ると朝焼けは終わり、お日さまも雲の中に入ってしまっていた。
早くも身支度して出ようとしている人に挨拶すると、昨夜電話で訃報を受けたという福岡市の男性でした。
 
 朝食後、またもザックのパッキングに手間取り、最後の方で出て横尾を目指すが、この日このコースはひとり旅。急なザレ場が続いて難儀である。と、長靴のお嬢さんが足早に追い越して行った。二尺ばかりの角材一本と丸めた敷物か、背中には箕のようなもの、不思議ないでたちの山娘さんでした。登ってくる人は三々五々、地下足袋やサンダルの若者も。
10時までに横尾に着きたいと思ったのに、お昼という時間にやっと。
蝶ヶ岳ヒュッテで拵えていただいたおにぎり弁当の半分を道中で食したので横尾の食堂で山菜うどんを頼み、ついで珈琲ブレイクで13時近い。
涸沢への吊り橋に行き掲示板を読んで、はっきり断念した。14時に橋を渡った人が標準タイム3時間で17時には着くとして、はじめての落石注意の道筋を、下手すると私は20時になるかもしれなかったからである(ザックはは最後まで軽くならず、むしろペットボトルやゴミになった物の分増えた。ゴミは各自持ち帰りです)。 
 そうと決まりバスターミナルまでの戻り道。沢山の人に会い、会話もしました。20人パーティや数人グループ、ソロは少ない。老若男女16人パーティの引率者は78歳の紳士らしい?。お会いする一人一人に人生物語があるでしょう。みんな明るく楽し気に歩いて行かれるのが、こちらも嬉しくなり疲れた足運びに気力を入れる。
 
 今回は信州のお山で、信州の男性に大変お世話になりました。
アドバイスを頂いた志賀高原のSさんと、フォローしてくださった伊那市のМさんに、深く感謝申し上げます。Мさんは山頂で三脚を出して撮影体制をとられたほかは余り写真を撮らなかったので、ヤマレコユーザーさんではないと推察しましたが、この場を借りてお礼を申し上げます。
MISAWAさま、まことにありがとうございました。
 そして、他の方々の山談義を見聞でき、自分の体験も披瀝できる「ヤマレコ」さんに、改めて深謝いたします。また、大きな声では語らず胸に収めて山を愛してる多くの人々のいることを心していたいと思います。

 家の者からは「盗難に気をつけるように、そしてヤマ運を祈る」という餞のメールをもらいましたが、山人は善人ばかりと思いたくても、どの世界にも明暗はあるのでしょう。幸い怪我もなく失せ物もなく無事に帰還しました。仏壇にも手を合わせて感謝を申し上げました。
 短くまとめようとしながら、初めての北ア体験についつい長くなりました。正味2日間の留守宅だったのに、長い長い旅から帰還した気分でいます。大腿はパンパンになり痛んでいますが感動の余韻に浸りきり、ザックの中身はぶちまけたまま片付かないままでおります。
訪問者数:564人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/5/20
投稿数: 481
2016/7/24 8:39
 遠出お疲れ様でした。
おはようございます。
あれ偶然ですね。
自分も、三股→蝶ヶ岳(テント泊)→常念岳→三股
を22、23日計画しておりましたが天候が悪そうなので飯豊にしました。
同じく槍さんを見てみたいと思う今日この頃です。
パッキングは難しいですよね。上手くなりたい!
と自分も日々勉強しております。
登録日: 2015/2/22
投稿数: 781
2016/7/24 8:40
 遠征お疲れさまでした。
おはようございます!
朝から素敵な記録を拝見致しました。
さわやか信州号、中々寝付けないですよね。
期待と不安、ワクワク感が入り混じる感覚。
そして、東北のお山と毛色の違いにビックリです。私の場合(笑)ですが…
とにかく、その行動力に敬服です。
お疲れさまでした。
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1236
2016/7/24 10:44
 cahier41さん、びっくりです
 仙台から北アまで、大遠征にびっくり 。よくご決断されましたね。
 大変失礼ながらご年齢を考えると、東京まで出たうえ、夜行バスでのアプローチ、13圓稜颪泙蟆拱で、しかも単独で。脱帽ですm(__)m。
 その強い想いが届いたようで、お山 もそれに応えて、まずまず好天 だったようですね。愛しの彼(槍)の顔もしっかり拝めたようで 、良かった、良かった。
 山行く方のスタイルは様々ですが、素晴らしい景色、花 などに出合った時の打算のない笑みには、つい共感を覚えます。地元信州の山男が、思わずサポートしたくなるのも、Cahier41さんの山へひたむきな愛 が滲み出していたからかと

 山恋は 人にも通ず 想い槍
登録日: 2015/3/25
投稿数: 887
2016/7/24 11:31
 チョットうるうる
cahierさん こんにちは

ロングでしたね。アプローチも山歩きも。山とのふれあい、人とのふれあい。情熱。ちょっとウルウルしました。

私が、初めて登った北アルプスの山は、コースは違いますが蝶ヶ岳なんです。槍穂を眼前にテントの入り口から富士山を拝んで。懐かしいですね〜。神さんの山友も一緒だったので、前常念岳からの下りが厳しそう、なんて心配したのが思い出されました。

お互いにイイ感動味わいたいですね。いつまでも。
登録日: 2015/1/24
投稿数: 1088
2016/7/24 11:41
 桃色に染まる山への想い
cahierさん、
こんにちは〜♪
わぁ〜レコのタイトルを見て目を疑いましたよ!
はるばる仙台からお一人で蝶ガ岳に登られるとは。

無事登頂を果たすことができ、山小屋でステキな夜を
過ごされ、またお優しい方々と巡り合うことができ、
とても心に残る山旅でしたね。
また念願の槍ヶ岳を仰ぎ見ることができて良かったです。

40ℓのザックで13kgとは…うわっ!凄い健脚と体力ですね。
膝や足首などは大丈夫でしたか…? このままでしたら来年には
テント泊できるくらいの重さですよ。

桃色に染まったcahierさんの山への素敵な想い…
とても感動してしまいました。
これからもお元気で、山や自然を楽しまれて下さいね。
大変お疲れさまでした。
happuより
登録日: 2013/8/20
投稿数: 653
2016/7/24 14:18
 Re: 遠出お疲れ様でした。
juanさん こんにちは

juanさんも蝶の計画があったんですね。たしかに22日の朝
松本は雨でした。遠征の時は本当にお天気の良い時を選びたいですね。
でも、飯豊のレコで約1メートル段差を「えぇ〜いぃって」登るには
たまげました よくぞお脚があがりましたね。
いずれ北アの報告を楽しみにしています(^^)/
※私も色々教わったことを生かしたいと思っています。
登録日: 2013/8/20
投稿数: 653
2016/7/24 14:25
 Re: 遠征お疲れさまでした。
こんにちは 74moonさん

私は枕が替わると寝付けない質なので、ほんと困りました。
それと興奮が入るとなおダメですね。本当に向こうは銀座でした。
人種も色々、異人さん多いですね。疲れましたけれど楽しかった(^^)

ところで、明日から南アルプスのように思いましたが、座骨神経痛
お大事にしてください。座っているよりは歩いている方が楽と聞いた
ような気もしますが。好天に恵まれますようにお祈りします
登録日: 2013/8/20
投稿数: 653
2016/7/24 14:37
 Re: cahier41さん、びっくりです
odax師匠 びっくりさせてスミマセン
自分でもビックリしています。まだ信じられない気分でいますが、
大腿部の筋肉痛が現実と思わせてくれています。
いいところでした。無理して頑張った甲斐がありました。
秋には後期高齢者ですから、少しでも早くにと急ぎました。
師匠様の機知に富んだ句ありがとうございます。返歌は凡句です

片恋の 想いにあれど 遠く来て 面差し仰ぐ 夢かうつつか
登録日: 2013/8/20
投稿数: 653
2016/7/24 14:53
 Re: チョットうるうる
myoukohiutiさん 蝶の大先輩でしたか。

槍様とは反対に尖ったところのないのが蝶ヶ岳ですね。
なだらかで優しい雰囲気でした。展望台として最高ですね。
折角高度上げたんだから常念の方とかへ縦走したらとも勧め
られたのですが、ザックの重量さえなければそうしたかった
です。そうそう簡単には行けないところですので、しばらく
反芻して楽しみます。

道々会った方々は旧知のように気さくに言葉をかけてくださり、
こだわりなく心素直にお話しできました。恐らく同じ山への情熱が
そうさせているのでしょうか。仰る通り、いつまでもイイ感動を
味わうためには、一匹狼でいてはいけませんね(^^)/
登録日: 2013/8/20
投稿数: 653
2016/7/24 15:30
 Re: 桃色に染まる山への想い
happu1411さん こんにちは

連休好天でしたらはっぷさんも北アの企画がおあり
だったんですね。でも仙丈ヶ岳に変更されてお休みを
フイにされなくてよかったですね。
名画の数々に、おわぁ〜おわぁ〜と声を漏らしながら
拝見しました。私もザックに負けそうになりながら
何とか所期の目的を果たしてきました。想像したよりも
遥かに素晴らしい天空の聖地でした。
久しぶりに筋肉痛がつよくて、だらだらしています。
ま、心地よい疲労感ということで、、、。

南アルプスの伊那市に行けたらなぁ、と考えています。
私を助けてくださったМさんがお住いの処なんですね。
happuさんが上手に公共交通機関を利用されるので
大いに参考にしようと気を付けて見ています。
草津よいとこ、いちどはいってもみたいですしね(^^♪
登録日: 2015/3/24
投稿数: 384
2016/7/24 21:19
 また、感動をありがとうございます (*^▽^*)
お帰りなさいませ。 
上高地に向かったとお聞きして、レコを首を長くしてお待ちしておりました。
東北の山とは、別世界の景色を堪能されて、また、新たな夢をお持ちになられたんではないでしょうか?
人生の先輩の果敢なチャレンジは、後を歩く者たちに勇気と夢を与えてくれます。
飯豊のレコは今でも時々読み返して感動しておりますが、また新たな感動をありがとうございました。 
登録日: 2015/6/27
投稿数: 534
2016/7/24 21:58
 お帰りなさい!
「ちょっと上高地へ行こうかと思ってるの」
上高地=河童橋、そして涸沢カールの観光ハイキングだろうと勝手に思ってました (笑) 目指すは蝶が岳で
山への情熱と行動力に感服です!!
余韻に浸りながらまた密かに練ってるんでしょうか
まずはゆっくり休んでくださいませ
登録日: 2012/8/3
投稿数: 891
2016/7/24 22:15
 懐かしいです
cahierさん、こんばんは。
懐かしい風景です
33年前に私の唯一の北アルプス山行で歩いたのが、ほとんど同じコースでした
仙台から一日がかりで上高地に入り、翌日、明神〜徳沢園〜長塀山〜蝶が岳ヒュッテ泊で横尾に下りました。
実は常念岳を狙っていたのですが、長壁山の暗く長〜い登りで、両の足が攣ってしまい、友人が心配するので、横尾へ下ったのでした
大分雰囲気の変わったところもありますが、変わらぬ山の姿など、写真と文章から、あのときのことが思い出され、懐かしくなってコメントを書いています
山から与えられる感動は時を超え、場所や人が変わっても、同じように心のうちに湧いてくるものだな、と改めて感じた次第です
お疲れ様でした
登録日: 2013/8/20
投稿数: 653
2016/7/25 6:03
 Re: また、感動をありがとうございます (*^▽^*)
mink610さん おはようございます。

なにしろ恥ずかしいほどの亀の歩みでしたので、我ながらどうなるものかと不安でしたが荷物を投げ出すこともできず、なんとか頑張りとおしました。
ミンクさんでしたら、いともやすやすのコースだと思います。
今は脱力していて次は考えていませんが、追々気になるお山に向かえたらいいなと思っています。こちらこそ過分なお褒めに励ましていただきありがとうございました!(^^)!
登録日: 2013/8/20
投稿数: 653
2016/7/25 6:17
 Re: お帰りなさい!
fuu115さん おはようございます

行ってきました上高地 でも例の涸沢には到達できませんでした。涸沢フェスは今週でしたね。そんなで混む前にと考えたのに橋は渉れないでしまいました。フウさんにお会いした時に涸沢の様子を教えていただきましょう

今は余韻に浸りまくりで部屋も豚小屋状態ですが、今日孫ちゃんが泊りに来ると連絡きましたのでまずは片付けから始めなければです。秘策はまだないですが、筋肉痛とれて疲れがとれてのんびりしてから練りたいですね(^_-)-☆
※日記拝読しました。悲しいこに、人間界は善悪の世界なんですね。
登録日: 2013/8/20
投稿数: 653
2016/7/25 6:42
 Re: 懐かしいです
yonejiyさん おはようございます

33年前に歩かれたんですか  ほんとに飽きるくらい長いナガカベ尾根ですね。私はしばしば腰を下ろしたので足が攣らないで済んだのだと思います。昇りの人はほとんどいなくて降りて来る人沢山でした。皆さん「今日は素晴らしかった、最高だった」と口々に仰って行くんです。山の天気は気まぐれですから早くに着かないと、と気ははやるのですが、なにしろ背中がブレーキをかけてくれます。でも、ありがたいことに間に合いました。急に圧倒的な景観がドォ〜ンと現れて、疲れも何も吹っ飛びました。
同宿者から、高度を稼いだので常念岳縦走を薦められましたが、私はザックの重量でいけませんでした。

お山復帰の合図のレコを気長に心待ちしております(^^)/
登録日: 2015/12/9
投稿数: 341
2016/7/25 9:10
 お疲れ様でした!
東北の山域とは別世界のアルプス、素晴らしいですね!しっかし、カイエさんのエネルギッシュさには本当に驚愕です。私もその頃のお歳になったときに元気に山を楽しめるような人であれればと思いますが。奥羽山脈では見難い数々の山岳風景を堪能しました。心地よい筋肉痛で余韻に浸って下さい!
登録日: 2013/8/20
投稿数: 653
2016/7/25 13:15
 Re: お疲れ様でした!
kumapuuさん こんにちは

心地よい筋肉痛で余韻に浸りすぎで家事おろそかになり、来客の連絡あり慌てて掃除・片付けの半日でした(^.^)
ぷうさんも良い休日を過ごされましたね。鳥海山も憧れの山のひとつですが、雲のかかる日が多いと聞いて決行日の確定が難しそうです。
でもぷうさんの今回のようにPHではなくてゆったり山遊びにしたらすごく愉しめそうです。花のお山でもあって虫さんたちも寄ってきて観察にもってこい。蜂と蟻さん、面白く拝見しました🐜

※ところで23日のお昼ころ、9合目で落石で怪我をしたニュース見ました。ぷうさんのコースとは違っていたんでしょうけど、やはり石の山なんですね。
登録日: 2012/11/25
投稿数: 578
2016/7/25 20:02
 出発前に
バーナーやらを新しく購入していたのを見て、「慣れない場所で勝手も違うだろうし、今回は重すぎて登れないかも」と秘かに思っておりました。予定より早く下山メールを頂き、「ダメだったかな? もっと軽量化のアドバイスをすべきだったかな?」と反省しておりましたが、杞憂でしたか。

頑張りは見習わねばなりませんね。この年齢で未だ親から教わることがあることを幸せに感じます。人生、達者が一番ですね(ヽ゜ω゜)ノ
登録日: 2014/5/9
投稿数: 685
2016/7/26 9:54
 遅コメで失礼します
カイエさーん
素晴らしかったですね〜 お一人で行かれた事も圧倒的な山並みもお天気も、出会った人たちも皆さん、カイエさんの味方となって先導してくださったのですね。
私ですと絶対高山病になる高度ですから、お元気で「アルプス1万尺、小槍の上で〜〜♬」と今朝のグレートトラバースで田中陽希さんが歌っていたような想いを味われたのは羨望の眼差しでございます

この経験を基に、日本一高いお山など目指されるのでは?と勝手に期待申し上げております 私の思いつきですから、本気になさらないでくださいね
本当にお疲れ様でした。カイエさんちの来年のカレンダーは槍で決まりですね
登録日: 2013/8/20
投稿数: 653
2016/7/26 15:38
 Re: 遅コメで失礼します
micremonさん こんにちは

先程までベビーギャングがいて賑やかでしたが、静かな平常に戻りました。
ミクさんも素敵なお花紀行に出られていたんですね。私は月山まだなんです。玄海古道という響きはなにかゆかしいですね。行きたいお山まだまだあり、体力は下降ぎみになり気の揉めるところです。
MМサンズ=名シェフコンビ、山ご飯が一段と豪華にデリシャスになるのは必然。食べてもスレンダーなミクさんは、もしかしたら痩せの大食いかしら

陽希さんがアルプス一万尺、唱ったんですか。誰かのレコで小槍を知らない方がいましたよ。アルペン踊りを踊れるほどの広さはないらしいですが、蝶の方から槍を見て小踊りしたい気にはなりました。実力不足乍ら何とか行ってこられたのは周囲の皆さんのおかげでした。そのことを肝に銘じて自分の身丈に合った山行をしたいなと考えています。どうぞよろしくご指導くださいね(^^)/
登録日: 2013/8/20
投稿数: 653
2016/7/26 16:03
 Re: 出発前に
derakkumaさん こんちは

後方支援大変ありがとうございました<(_ _)> メジャーで安全な道程なのに行動食や非常食は過載気味でした。そこが初心者の浅はかでしたね(実際口にしたのはわずかに一個!)。体験は一番の勉強、次回の山行に反映させたいと思います。未知のコースで脚だけが頼みでしたが、周囲の皆さんに力づけられて成し遂げることができました。難行苦行が歓喜に変わり、充実した山旅になったことを幸福に思っています(^^♪
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7688
2016/8/14 12:43
 cahier41さん、
超・超・超・遅コメにて失礼しますm(__)m
(→決して「蝶」ヶ岳に引っ掛けた訳ではありません。)

新幹線bullettrain&バスbusでの長躯の移動も大変ですね。
それから先の超周回はカメ足と謙遜されていますが、そうそうウサギ足になれるわけではありません。
山頂での「撮りまくる」「何回も」「なごりおしゅう」・・・。
そんな時間が大切なのだと思います

拙者が1号隊員と共に蝶に挑んだ時は、大雨で蝶小屋にて停滞
山頂部の二重山稜だけを確認して上高地に下ったような・・・朧げな記憶です。
今から25年近くも前のことでしょうか?

またお元気な足跡を残されんこと、お待ちしています

  隊長
登録日: 2013/8/20
投稿数: 653
2016/8/15 10:19
 Re: yamabeeryuさん こんにちは
 蝶々の御尊子面斗、まことにありがとうございました。ここ二日ばかりPC離れしていて、気づくのが遅れて失礼いたしました<(_ _)>

隊長さんが蝶ヶ岳に行かれのは四半世紀も前のことなんですね。山小屋停滞はもったいなかったですが、それも山を理解する一面でしたね。私も涸沢へ行くつもりが荷物につぶされて挫折しました。次はあるかなぁ、と半信半疑ですが、成り行き次第で淡い期待を抱いています。
 隊長ご夫妻様はこれからも沢山の機会がおありだと思いますので、また新機構のレコの上がることを楽しみにしております(^^♪

朝晩涼しくなり、なにか夏が早掛けで去ろうとしています。今後も種々の治療で気が抜けないことと思いますが、下半身の丈夫さと体調万全で寛治なさいますようにお祈り申し上げております(^^)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ