ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 929652 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

笠ヶ岳/槍ヶ岳縦走

日程 2016年07月27日(水) 〜 2016年07月30日(土)
メンバー hosiko, その他メンバー3人
天候7/27 曇一時雨 7/28 曇一時雨 7/30 晴れのち曇・雨 7/31 雨のち晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
新穂高温泉(東京からの参加者は毎日あるぺん号利用、富山からの参加者は車)
毎日あるぺん号 6:20到着 (7/26 22:30竹橋発)
第三駐車場は無料で停められる。平日だったためか6:30の時点でまだ空き多数有り
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間43分
休憩
27分
合計
9時間10分
S市営第三駐車場07:0007:20登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)08:20笠新道登山口08:2712:40杓子平13:0014:45笠新道分岐15:15抜戸岩16:10笠ヶ岳山荘
2日目
山行
7時間25分
休憩
2時間55分
合計
10時間20分
笠ヶ岳山荘04:3004:45笠ヶ岳05:0505:17笠ヶ岳山荘05:30笠ヶ岳05:5006:00笠ヶ岳山荘06:3607:00抜戸岩07:36笠新道分岐07:4508:30秩父平10:05弓折岳(分岐)10:30弓折岳10:45弓折乗越10:5511:50双六池12:00双六小屋13:0014:00双六岳14:2014:50双六小屋
3日目
山行
5時間32分
休憩
58分
合計
6時間30分
双六小屋04:0005:00樅沢岳05:0505:30硫黄乗越07:40千丈乗越07:5008:57槍ヶ岳山荘09:1009:40槍ヶ岳10:1010:30槍ヶ岳山荘
4日目
山行
5時間54分
休憩
1時間1分
合計
6時間55分
槍ヶ岳山荘04:4006:00坊主岩屋下06:0308:25槍沢ロッヂ08:3009:00一ノ俣09:0309:20横尾 (横尾山荘)09:4510:25徳澤園10:4511:30明神館11:3511:35河童橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
新穂高温泉の案内所に登山届け・下山届けポストあり
その他周辺情報上高地からはバスで平湯温泉に移動
バスターミナル5番乗り場より約30分おきにバスが出ている \1160
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ
共同装備 調理用食材 調味料 飲料 ガスカートリッジ コンロ 食器 調理器具 ポール テント テントマット シェラフ

写真

新穂高温泉から笠ヶ岳を目指して登山開始
2010年01月01日 00:00撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新穂高温泉から笠ヶ岳を目指して登山開始
曇ってます
2010年01月01日 00:00撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曇ってます
笠新道
ここから急な登りになります
2016年07月27日 08:23撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠新道
ここから急な登りになります
とても大きな根
2016年07月27日 09:12撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とても大きな根
ガスっていて展望はありません。湿度も高くなかなか大変な登りです。
2016年07月27日 09:43撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスっていて展望はありません。湿度も高くなかなか大変な登りです。
シラタマノキ
2016年07月27日 11:06撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラタマノキ
ハクサンシャクナゲ
2016年07月27日 11:07撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンシャクナゲ
コケモモ
2016年07月27日 11:15撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケモモ
ガスが所々晴れて抜戸岳が見えてきました。
2016年07月27日 12:44撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが所々晴れて抜戸岳が見えてきました。
ミヤマリンドウ
2016年07月27日 13:10撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマリンドウ
1
コバイケイソウ 今年はあまり咲いていません
2016年07月27日 13:39撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コバイケイソウ 今年はあまり咲いていません
笠新道が終わり、稜線を笠ヶ岳山荘を目指します。
2016年07月27日 14:44撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠新道が終わり、稜線を笠ヶ岳山荘を目指します。
1
雷鳥発見
2016年07月27日 15:24撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥発見
2
親子連れでした
2016年07月27日 15:25撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
親子連れでした
2
抜戸岩
2016年07月27日 15:29撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
抜戸岩
日の出前ですがガスっていて山頂は見えず
2016年07月28日 04:27撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出前ですがガスっていて山頂は見えず
山頂到着するも全く見えません
2016年07月28日 04:45撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着するも全く見えません
3
あきらめて山荘まで下ってきたらいきなりガスが晴れてきました。悔しいのでもう一度登り返しました。
2016年07月28日 05:28撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あきらめて山荘まで下ってきたらいきなりガスが晴れてきました。悔しいのでもう一度登り返しました。
2
束の間ガスが晴れました。
2016年07月28日 05:29撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
束の間ガスが晴れました。
1
穂高がかすかに見えます。
2016年07月28日 05:32撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高がかすかに見えます。
2
太陽の光を浴びて槍ヶ岳もうっすら顔を出しました。
2016年07月28日 05:33撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太陽の光を浴びて槍ヶ岳もうっすら顔を出しました。
1
これから双六岳に向かいます。
2016年07月28日 06:39撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから双六岳に向かいます。
1
ミヤマコゴメグサ
2016年07月28日 09:04撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマコゴメグサ
1
アカモノ
2016年07月28日 09:06撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカモノ
1
ハクサンフウロ
2016年07月28日 11:10撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ
2
双六池に到着。双六山荘に荷物を置いて双六岳を登ります。
2016年07月28日 12:30撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六池に到着。双六山荘に荷物を置いて双六岳を登ります。
1
ジムカデ
2016年07月28日 13:29撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジムカデ
イワヒゲ
2016年07月28日 13:31撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワヒゲ
ツマトリソウ
2016年07月28日 13:35撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツマトリソウ
1
山頂に着きましたが、ここでも展望はなし。残念。
2016年07月28日 13:58撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に着きましたが、ここでも展望はなし。残念。
3
朝4時に双六山荘を出発。槍ヶ岳を臨む。
2016年07月29日 04:44撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝4時に双六山荘を出発。槍ヶ岳を臨む。
4
テガタチドリ
2016年07月29日 04:48撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テガタチドリ
ウメバチソウ
2016年07月29日 04:49撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウメバチソウ
朝焼けの笠ヶ岳
2016年07月29日 04:59撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝焼けの笠ヶ岳
3
ミネウスユキソウの群生がありました。
2016年07月29日 05:09撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミネウスユキソウの群生がありました。
2
だんだんと槍ヶ岳が近づいてきます。
2016年07月29日 05:25撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだんと槍ヶ岳が近づいてきます。
4
ハクサンチドリ
2016年07月29日 05:36撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンチドリ
2
タカネシオガマ
2016年07月29日 05:50撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネシオガマ
1
クモマスミレ?
2016年07月29日 05:50撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クモマスミレ?
1
シコタンソウ
2016年07月29日 06:09撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シコタンソウ
1
タカネシオガマ
2016年07月29日 06:09撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネシオガマ
2
ナデシコ
2016年07月29日 06:15撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナデシコ
1
オオヒョウタンボク
2016年07月29日 06:33撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオヒョウタンボク
段々と槍ヶ岳に雲がかかってきました。
2016年07月29日 06:58撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
段々と槍ヶ岳に雲がかかってきました。
1
槍ヶ岳山荘に到着。残念ながら雲に覆われてしまいました。
2016年07月29日 09:08撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘に到着。残念ながら雲に覆われてしまいました。
2
山頂到着。時々雲が晴れて周りの山が見えます。歩いてきた西鎌尾根。
2016年07月29日 09:41撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着。時々雲が晴れて周りの山が見えます。歩いてきた西鎌尾根。
1
槍ヶ岳山荘が見えました。
2016年07月29日 09:46撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘が見えました。
1
山頂の祠
2016年07月29日 09:53撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の祠
4
槍ヶ岳山荘に戻ってきました。時たま青空がのぞきます。
2016年07月29日 16:01撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘に戻ってきました。時たま青空がのぞきます。
2
撮影機材:

感想/記録
by hosiko

新田次郎の『槍ヶ岳開山』を読んで以来、ずっと登ってみたかった笠ヶ岳と槍ヶ岳に家族で登ってきました。
天気予報は一週間前からチェックしていましたが、雨マークばかりでちょっと不安。
北陸地方の梅雨は明けていたので天候が回復することを祈りながら新穂高温泉に集合しました。
曇ってはいましたが、雨は降っておらず、笠新道から笠ヶ岳を目指しました。
残念ながら展望は全くなかったです。晴れていれば穂高が見えたのに…。
湿度が高くて汗だくになりながら登りました。
笠新道から稜線に出ると雷鳥の親子に遭遇。母親の一鳴きで姿を隠してしまいましたが会えて嬉しかったです。
笠ヶ岳山荘について、さあ荷物を置いて山頂を目指そうとしたら雨が降ってきてしまい、断念。明日の朝登ることにして山荘で休みました。
家族4人での登山ですが、弟が2人用テントを担いできてくれたので、弟は3泊ともテント、残りの三人が交代で山荘とテントに泊まることにしました。
私は1日目は笠ヶ岳山荘に宿泊。この日は10人ほどしか泊まり客がおらず、2人で1部屋を使わせてもらいました。

2日目は日の出前に山頂に向けて出発。山頂は曇っていてまったく展望なし。がっかりしつつ山荘まで戻ったところ急に雲が晴れて青空がのぞきました。
悔しいのでもう一度登り直しました。山頂から見えた槍ヶ岳が幻想的ですばらしかったです。播隆上人のようにブロッケン現象は見られませんでしたが。
昨日歩いた道を引き返して双六山荘を目指しました。
時々雲の切れ間から周囲の山が見えました。
高山植物も多く楽しめました。
ただ、思ったより弓折岳までのアップダウンが多く疲れました。
双六山荘に着き、荷物を置いて、お昼を食べた後、双六岳を登りました。花見平のお花畑が綺麗でした。しかし、展望は全くなし。
下っている途中でぽつぽつと雨も降ってきました。
この日は双六山荘に宿泊。

3日目は4時に双六山荘を出発樅沢岳で日の出を迎えました。天気がよく槍ヶ岳が綺麗に見えました。
しばらく進むと稜線から笠ヶ岳・穂高・槍ヶ岳が一望でき、テンションも上がります。高山植物が咲き誇っておりミネウスユキソウ、イブキジャコウソウ、イワオウギなどの群生がありました。
こんなにミネウスユキソウをみたのは初めてです。
風もなく、西鎌尾根の道行きは最高でした。
槍ヶ岳山荘につく頃には残念ながら雲が出てきてしまい、槍ヶ岳は隠れてしまいました。それでも山頂を目指します。風がなく、登山者もまだ少なかったので思っていたより楽に登れました。
山頂は雲の中でしたが、時折、周りの山が見えてすばらしかったです。
この日は山荘前でビールを飲みながらのんびりしました。
テント泊をしたのですが、夜になって雨が降り出してしまい、テントの撤収がたいへんでした。

4日目は雨。ひたすら下って上高地を目指しました。途中で雨もやみましたが、22kは疲れました。
天気が回復してくれたおかげでなかなか楽しい山行きになってよかったです。
訪問者数:310人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ